Counter-Strike ニュース アーカイブ

5 / 518 ページ (全 5171 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Counter-Strike 『Counter-Strike1.6』アップデート (2013-02-20)

Counter-Strike

『Counter-Strike1.6』がアップデートされました(2013-02-20)。

Counter-Strike 1.6 update released

私たちは Counter-Strike1.6 のパブリックリリースをアップデートしています。
このアップデートには最近の Beta における変更が全て含まれています。
テストや新機能の提案に協力してくださったコミュニティのみなさまに感謝いたします。私たちはCounter-Strike 1.6に新たな機能を追加する作業に取り組んでおり、将来のベータアップデートにおける新しいマウス入力オプションを楽しみにしています。

Features in this update include:

  • マウス入力にデフォルトで raw input ではなく Windows メッセージを使用するように戻した。これにより sensitivity が変更されたプレーヤーは修正が必要となる。
  • Options ダイアログの Mouse タブに"Raw Input"チェックボックスを追加した。このボタンで"m_rawinput" cvar をトグルで切り替えることができる。選択された raw input API がマウス入力にを得る場合、latecy は低くなるが OS の Window manager からのポストプロセスが失われる
  • Options ダイアログの Video タブに"Low video quality" オプションを追加した。古い GPU を使用していたり、FPS を上げるためにビジュアルクオリティとトレードオフしたい場合はこのチェックボックスを使用する
  • FPS 100 のキャップを再び enabled にした。より速く走らせたい場合は fps_override を 1 に設定することによってこの挙動を上書きすることができる。いくつかの MOD では適切に動作しないかもしれない。
  • 数字キーパッドのマルチキーバインドをサポートした。新しい bind 名は"kp_mul"となる。
  • Winfows キーへの bind をサポートした。キーネームは "win"となる。このキーへバインドし押下することによって、OS のアクションが実行される可能性に注意。
  • サーバーブラウザでキーパッドのエンターを押したときにアイテムをアクティベートするようにした
  • "timerefresh"コマンドを使用するために sv_cheats の設定が必要となるようにした。このコマンドは開発者のプロファイリング用で、通常使われるべきものでは無い。
  • hud_fastswitch オプションを拡張した。0 - fast switch 無し、1 - ナンバーキーとマウスホイール、2 - ナンバーキー。
  • New Game ダイアログ内の cstrike_downloads フォルダからゲームをリスト化するようにした
  • "speak_enabled" cvar を追加した。0 にセットすると"spk" や "speak" コマンドが disable になる。
  • MOD のマップで 900 エンティティ以上を使用するための"edicts"オプションを liblist.gam ファイルに追加した。
  • Counter-Strike 1.6 のエンティティカウントを増やし 1800 までサポートするようにした
  • HTTP ダウンロードのパフォーマンスを改善した
  • 100fps 以上で起動している時の移動を改善した
  • 使用されていなかった sv_voicecodec and sv_voicequality を削除した
  • "gl_ztrick" Cvar を "gl_ztrick_old" にリネームした。この Cvar の使用は deprecated やレンダリング問題を引き起こしていた

Fixes in this update include:

  • cl_minmodels が適用されていなかったのを修正した
  • 左シフトキーが適切に検知されていなかったのを修正した
  • viewdemo コマンドがクラッシュを発生させていたのを修正した
  • viewdemo コマンドの load ダイアログからデモを読み込めないのを修正した
  • Player List ダイアタログで mute が適用されないのを修正した
  • サーバーブラウザがアクティブな場合に再起動時にクラッシュするのを修正した
  • spectator UI を使用している時にマウスカーソルが表示されないことがあるのを修正した
  • オプション下の spray プルダウンリストのエンティティが二重になっていたのを修正した
  • Windows OS レベル DEP 設定が全てのプログラム用にオンにされソフトウェアモードで動いている場合にクラッシュが発生するのを修正した
  • 高解像度で起動している時に spectator UI が途切れるのを修正した
  • リンクの1つが 404 エラーになったり、ファイルがベースダウンロードフォルダにあった場合に HTTP 経由でサーバーからコンテンツをダウンロードしてしまうのを修正した
  • いくつかのコマンドが誤ったパスを config ファイルに書き込んでいたのを修正した
  • メッセージを打ち込んでいる間にバックスペースを押すとテキスト入力がおかしくなるのを修正した
  • マウスクリックがロストすることがあるのを修正した

冒頭のテキストによると、Counter-Strike1.6 は今後もアップデートが行なわれていくとのこと。Steam Pipe にシステムが切り替わって、開発がしやすくなったのでしょうか。。

情報元

Counter-Strike 『Counter-Strike1.6』アップデート (2013-02-15)、Mac OSX と Linux に対応

Counter-Strike

『Counter-Strike1.6』がアップデートされました(2013-02-15)。

Counter-Strike 1.6 update released

私たちは Counter-Strike1.6 のパブリックリリースをアップデートしています。
このアップデートには最近の Beta における変更が含まれています。
テストや新機能の提案に協力してくださったコミュニティのみなさまに感謝いたします。

  • ゲームの配信を最適化するため Counter-Strike 1.6 を新しい SteamPipe コンテンツシステムにコンバートした
  • Mac OS X と Linux に対応した
  • OpenGL レンダリングパイプラインと最近の GPU 能力に影響を及ぼす出力を改善した
  • non-latin 言語におけるゲーム内チャットのサポートを改善した

今回のアップデートは、本日リリースされた Linux 版 Steam クライアントへの対応に関連するようになっており、HLDSUpdateTool に代わり Steam Pipe が採用されました。

Counter-Strike1.6 と Half-Life1 の Steam Community Group では、ベータのアップデートリリース情報が日々掲載されています。

今回のアップデートによりバグが発生しているとのこと。
対応方法についてはこちらにまとめていただいています。

CS1.6 yare さん、Lychee jam さん情報提供ありがとうございました。

情報元

Counter-Strike Counter-Strike1.6 のフラグムービー素材コンテスト『Demo Competition (V1.0)』開催

Counter-Strike

Counter-Strike1.6 のフラグムービー素材コンテスト『Demo Competition (V1.0)』が開催されます。

Demo Competition (V1.0)

『Demo Competition (V1.0)』はフラグムービー制作コミュニティ『developing community』による、ムービー素材の収集を目的としたコンテストです。

応募締め切り

  • 2013 年 3 月 1 日(金)まで

部門

  • ノーマル部門 - フラグシーンの格好良さを競う部門
  • FUNNY 部門 - 面白プレー部門

賞品(予定)

  • 1 位: WebMoney1000 円分

応募対象は Counter-Strike1.6 の 5vs5 マッチにおけるフラグシーンで、POV(+HLTV デモ)でのエントリとなります(HLTV デモのみは不可)

応募

応募は、情報元の指定フォーマットに従って下記記事のコメントして行ないます。

より詳しくはリンク先をご覧ください。

dayo さん情報提供ありがとうございました。

情報元

Counter-Strike Counter-Strike の元プロゲームチーム 4dimensioN モデルの iPhone ケースがリリース予定

4dimensioNCounter-Strike の元プロゲームチーム Japan 4dimensioN モデルの iPhone ケースがリリース予定と発表されました。

4dimensioN モデルの iPhone ケースがリリースについて

以下はチームマネージャーの Buddha 氏からの発表です。

Buddha氏のコメント (4dimensioN マネージャー)

某 iPhone ケースメーカーからの依頼があり、4dimensioN の iPhone ケースをリリースするになりました。自分でもビックリしましたが、こういった e-Sports 関連以外の会社からのオファーは本当に嬉しいです。詳細等は後日改めて発表させて頂きますが取り急ぎご報告させて頂きます。

ケース特長

  • iPhone 4/4S 用
  • iPhone 5 用

ケースのベース部には、軽くて耐久性に優れたポリカーボネイトを採用。
柔軟性があり着脱がしやすく、割れにくいという特長を併せ持っています。
(またベース色は白・黒・クリアの 3 色から選べます)

背面のロゴプリント部分は、アルミパネルへの昇華印刷が施されているため、プリントが剥げることがなく、永久的に光沢を保っての使用が可能。
耐熱にも優れていて、プリントの上からタバコの火を消しても一切傷が残りません。
(実験としてライターの火で 10 秒間炙ってもプリント部分に一切問題なし)

デザイン等は出来次第発表させて頂くので少々お待ち下さい。
現在、チームの新ロゴを世界的に有名なアーティストにお願いしている最中なのでそちらもご期待下さい。

売れた分の利益は微々たるものになりますが、4dimensioN の公式サイト作成やチームパーカー等を作るための費用に充てる予定ですのでご期待下さい。

4dimensioN ! Buddha

――――

4dimensioN は先日開催された Counter-Strike1.6 大会『FOREVER CS1.6 League』で優勝しています

チームの今後の予定については不明ですが、チーム関連の商品がリリースされるということで、今後も何らかのタイトルで活動を行なっていくのではないでしょうか。

※画像は旧ロゴ

関連ニュース

Counter-Strike Counter-Strike1.6 大会『FOREVER CS1.6 League』で 4dimensioN が優勝

FOREVER CS1.6 League

Counter-Strike1.6 大会『FOREVER CS1.6 League』で 4dimensioN が優勝しました。

FOREVER CS1.6 League

『FOREVER CS1.6 League』は日本の Counter-Strike1.6 を盛り上げる目的で開催される大会です。

順位

  • 1位: 4dimensioN
  • 2位: Team[N]
  • 3位: Manhattan Ninjaz
  • 4位: TeamCbble
  • 5-8位: Lien.Y
  • 5-8位: Wested
  • 5-8位: Lien.A
  • 5-8位: TeamMuscat
  • MVP: misovich (4dN)

決勝

  • 4dimensioN [2-0] Team[N]
    • 4dimensioN [16-06] Team[N] (de_nuke)
    • 4dimensioN [16-08] Team[N] (de_dust2)

選手

  • 4dimensioN: KeNNy, misovich, Noppo, STABA, XrayN
  • Team[N]: Kazha, impalement, Ryozi, skajudsqw, skh

試合の流れをメモしていなかったので記憶的なシーンを紹介すると、nuke では Noppo 選手の壁抜きが決まるとデジャヴのような実況が。

dust2 では Team[N] がテロリストで 2 ラウンド目にラッシュをしかけると、きっちり対策をしていた 4dimensioN misovich 選手の HE で 4 人が飛ぶ大惨事に。
また、圧倒的劣勢から skajudsqw 選手が 4 人を AWP で抜き大逆転かというシーンもありと、素晴らしいプレーが多数みられました。

試合のデモファイルや実況配信の録画は後日公開されると思いますので、ぜひそちらで試合を見てください。

実況配信では、第 2 回大会の実施が予定されていることが発表されていました。

情報元

Counter-Strike Counter-Strike1.6 大会『FOREVER CS1.6 League』決勝戦が 21 時よりスタート

FOREVER CS1.6 League

Counter-Strike1.6 大会『FOREVER CS1.6 League』決勝戦が 21 時よりスタートします。

FOREVER CS1.6 League

『FOREVER CS1.6 League』は日本の Counter-Strike1.6 を盛り上げる目的で開催される大会です。

順位

  • 1位: 4dimensioN
  • 2位: Team[N]
  • 3位: Manhattan Ninjaz
  • 4位: TeamCbble

決勝

  • 4dimensioN [2-0] Team[N]
    • 4dimensioN [16-06] Team[N] (de_nuke)
    • 4dimensioN [16-08] Team[N] (de_dust2)

選手

  • 4dimensioN: KeNNy, misovich, Noppo, STABA, XrayN
  • Team[N]: Kazha, impalement, Ryozi, skajudsqw, skh

試合は Best of 3 で行なわれ、2 マップで先に勝利したチームが優勝となります。
決勝戦は、実況 OooDa さん、解説 QoofooRiN による実況配信、HLTV を通じて観戦することができます。

HLTV

  • connect d4u.ath.cx:27025
  • connect 118.243.216.110:27021
  • connect bb-sv.jp:27022

実況配信

  • 実況: OooDa
  • 解説: QoofooRiN

Watch live video from dayo495 on ja.twitch.tv

情報元

Counter-Strike ムービー『TOP10 DEAGLE FRAGS/PLAYS by pugt』

ムービー『TOP10 DEAGLE FRAGS/PLAYS by pugt』

Counter-Strike のフラグムービー『TOP10 DEAGLE FRAGS/PLAYS by pugt』がリリースされています。

TOP10 DEAGLE FRAGS/PLAYS by pugt

『TOP10 DEAGLE FRAGS/PLAYS by pugt』は Desert Eagle の名シーンをトップ 10 方式で紹介したフラグムービーです。
10 位から Snajdan 選手 による de_train B ポイントからの有名な壁抜きヘッドショットシーンが登場し、その後どんなシーンがくるの楽しみながら見ることが出来ました。2005 年のシーンなど、かなり前のプレーからもセレクトが行なわれています。

この他にも、AK、M4、AWP 版のムービーも公開されています。

TOP10 DEAGLE FRAGS/PLAYS by pugt

TOP16 AK-47 FRAGS/PLAYS by pugt

TOP15 M4A1 FRAGS/PLAYS by pugt

TOP13 AWP FRAGS/PLAYS by pugt

1.6もまだまだやれる!さん情報提供ありがとうございました。

Counter-Strike ムービー『Markeloff 2012 Showreel』

ムービー『Markeloff 2012 Showreel』

Ukraine Natus Vincere に所属する Ukraine Yegor "Markeloff" Markelov 選手のフラグムービー『Markeloff 2012 Showreel』がリリースされています。

ムービー『Markeloff 2012 Showreel』

『Markeloff 2012 Showreel』は Vistel 氏が制作したムービーで、2012 年における Markeloff 選手のフラグシーンをセレクトして紹介しています。

Markeloff 選手の超人的な反応による AWP ショットはもちろん、アサルトライフルのヘッドショット連発なスーパープレーが多数収録されていました。

BGM

  • Dirt Rhodes - Kevin MacLeod (incompetech.com)
  • Licensed under Creative Commons: By Attribution 3.0

視聴

gr0ssさん情報提供ありがとうございました。

Counter-Strike ムービー『The Highlights of MODDII in 2012』

ムービー『The Highlights of MODDII in 2012』

Andreas "MODDII" Fridh 選手の 2012 年におけるフラグシーンをまとめたムービー『The Highlights of MODDII in 2012』がリリースされています。

The Highlights of MODDII in 2012

『The Highlights of MODDII in 2012』は Japan MamE さんとムービー制作コミュニティ THE DEVELOPING COMMUNITY によって作られたフラグハイライトムービーです。

MODDII 選手の素晴らしいプレーシーンが 6 分にわたりまとめられています。ハイライトで 6 分は長めな部類かと思いますが、おそらく紹介せずにはいられないシーンが多すぎたのでしょう。

こちらのムービーは MODDII 選手本人も視聴しており、Facebook ページにて感謝の言葉と共に 紹介されていました 。こういうのもムービー制作の醍醐味ですね。

BGM

  • CTA Loves You - Who Cares (Banvox Remix)

視聴

gr0ss さん情報提供ありがとうございました。

Counter-Strike Counter-Strike シリーズの大会運営を支援するボランティア団体『CounterStrikeStaffTeam』が発足

Counter-Strike

Counter-Strike シリーズの大会運営を支援するボランティア団体『CounterStrikeStaffTeam』が発足しています。

CounterStrikeStaffTeam

『CounterStrikeStaffTeam』では、大会を手助けする活動を行なう団体です。

支援内容

  • 大会の中継
  • 運営のお手伝い
  • 賞品提供
  • ロゴ作成
  • 動画制作など

メンバー

  • dayo
  • veni
  • Lem0n
  • bamboo
  • xip
  • MamE
  • Creserlia
  • neka
  • ken

依頼先

  • Twitter: https://twitter.com/dayo495
  • メール: dayo495[at]yahoo.co.jp

32xip さん情報提供ありがとうございました。

情報元


CounterStrikeStaffTeam

5 / 518 ページ (全 5171 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング