Counter-Strike ニュース アーカイブ

9 / 518 ページ (全 5171 件中 10 件)

<< 前のページへ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13

Counter-Strike myRevenge e.V.主催の Counter-Strike1.6 トーナメント『Play for Japan CS #Cup 5』が 10 月 6 日(土) 20 時より開催

Play for Japan CS #Cup 4

myRevenge e.V.主催の Counter-Strike1.6 トーナメント『Play for Japan CS #Cup 5』が 10 月 6 日(土) 20 時より開催されます。

Play for Japan CS #Cup 5

  • 開催日時: 2012 年 10 月 6 日(土) 20:00 ~
  • 参加登録締め切り: 2012 年 10 月 6 日(土) ~ 19:30
  • 最大参加チーム: 16 チーム
  • トーナメント形式: シングルイリミネーション [トーナメント表]
  • アンチチートツール: Custodia (サーバーダウンの時は不使用)
  • 賞金: 1 位 $25、2 位 $15、3 位 $10
  • マップ: de_tuscan(1 回戦), de_nuke(2 回戦), de_train(セミファイナル), de_inferno(ファイナル)
  • IRC: irc.tri6.net #myRevenge

参加登録は以下のページから行うことが出来ます。

MamE さん情報提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike Natus Vincere が『DreamHack Bucharest』 Counter-Strike1.6 トーナメントの出場を見合わせ

DreamHack Bucharest

Ukraine Natus Vincere が 10 月 20 ~ 21 日にルーマニアで開催される『DreamHack Bucharest』 Counter-Strike1.6 トーナメントの出場を見合わせることが明らかになりました。

Na´Vi pull out of DH Bucharest

markeloffこちらの情報は、Ukraine Yegor "markeloff" Markelov 選手が動画インタビュー内で明らかにしたものです。

markeloff 選手のコメント
私と ceh9 はドバイで行われる Alienware のプロモーショナルツアーから 10 月 6 日に戻り、PRO GAMER SERIES の前からブートキャンプを開始することになるでしょう。
『DreamHack Bucharest』には CS1.6 と CS:GO のトーナメントが開催されますが、スケジュールが立て込んでいます。私と ceh9 はこれらのツアーで一ヶ月は家に帰れません。そこで、私たちは『DreamHack Bucharest』ことに決めました。

―――――

また、Counter-Strike: Global Offensive について以下のようにコメントしています。

markeloff 選手のコメント

Counter-Strike: Global Offensive についてはまだ何も決まっていません。
それについては PRO GAMER SERIES の後に話し合うことになるでしょう。

Counter-Strike: Global Offensive はまだプレーしておらず、いくつかのムービーを見ましたが全く興味を持てないゲームでした。CS とは完全に別のゲームです。
すべてが異なるので、このゲームをプレーすることになったならば一から始めることになるでしょう。
(CS:GO をプレーするつもりはある?という質問に対し)CS:GO をプレーしたいとは思わないですが、私には選択肢がありません。プレーしなければならないでしょう。長い間、私にとって CS は楽しむものでは無く仕事になっているのですから。

参加チーム

  • Ukraine KerchNet (B1ad3, Krutoi, z1, Bondik, Craft1k)
  • Brazil GamerHouse (fv, kNg, rikz, lrz, mch)
  • Ukraine NAVI(Edward, Zeus, starix, ceh9, markeloff) (不参加)
  • Brazil Pain-Gaming (felippe, MKR, atx, LuL4, dmz)
  • Denmark Anexis (BERRY , Nugg , LOMME , zanoj, raalz)
  • Denmark Fnatic (MODDII, Karrigan, trace, Friis, FYRR73, cAm)
  • Russia place2play.ru – EX Moscow 5 ( Dosia, Fox, Romjke, Hally, OverDrive)
  • Invited team
  • Denmark Wikipediots (colon, Snappi Xyp9x, turkizh, Arcadion)
  • Sweden hatersG0nnahate (keiz, schneider, xelos, kabom, twice)
  • Slovakia iNation (emi, kassad, JORDAN, 1NTEL, nIKOLINHO)
  • Slovakia BGDonLINE (shok1ca, axeler4, 3EBC, egzekut0r, MASiNA)
  • Romania TeG (DaNy, TaofiK, MARIUS, reN, manN1)
  • Romania IGG.H (tALAZIz[d], jasoN, dekciw[R, surushi, eXIt)
  • Romania neXt! (MaiaDMPPV, MMb, justinsane, PusE, jax)
  • Romania BLACKBELT(valicumvreitu , aunest , h1nt , luca , razv)

情報元

Counter-Strike Counter-Strike1.6 トーナメント『TECHLABS Cup』が 9 月 29 日(土)16 時より開催

TECHLABS Cup

Counter-Strike1.6 トーナメント『TECHLABS Cup』が 9 月 29 日(土)16 時より開催されます。

TECHLABS Cup

賞金

  • 1 位: $5,000
  • 2 位: $3,000
  • 3 位: $1,500
  • 4 位: $500

試合スケジュール

  • Japan 9/29(土)16:00 - [HLTV] Ukraine Natus Vincere [vs] Russia Virtus.pro
  • Japan 9/29(土)17:00 - [HLTV] Ukraine ESC Gaming [vs] Russia place2play.ru
  • Japan 9/29(土)18:00 - Round 2
  • Japan 9/29(土)19:00 - Round 3
  • Japan 9/29(土)20:00 - Round 4
  • Japan 9/29(土)21:30 - Grand Final (BO3)

全試合は HLTV を通じて観戦可能となります。

ESC Gaming は、今大会を最後に Counter-Strike: Global Offensive へ移行することを発表しています

情報元

Counter-Strike myRevenge e.V.主催の Counter-Strike1.6 トーナメント『Play for Japan CS #Cup 4』が 9 月 29 日(土) 20 時より開催

Play for Japan CS #Cup 4

myRevenge e.V.主催の Counter-Strike1.6 トーナメント『Play for Japan CS #Cup 1』が 9 月 29 日(土) 20 時より開催されます。

Play for Japan CS #Cup 4

  • 開催日時 :2012 年 9 月 29 日(土) 20:00 ~
  • 参加登録締め切り :2012 年 9 月 29 日(土) ~ 19:30
  • 最大参加チーム :16 チーム
  • トーナメント形式: シングルイリミネーション [トーナメント表]
  • アンチチートツール :Custodia (サーバーダウンの時は不使用)
  • 賞金: 1 位 $25、2 位 $15、3 位 $10
  • マップ: de_tuscan(1 回戦), de_nuke(2 回戦), de_train(セミファイナル), de_inferno(ファイナル)
  • IRC: irc.tri6.net #myRevenge

参加登録は以下のページから行うことが出来ます。

MamE さん情報提供ありがとうございました。

情報元

Counter-Strike 元 Anexis の Snappi が Counter-Strike1.6 チーム Wikipediots に加入

Denmark Anexis の Denmark Marco "Snappi" Pfeiffer 選手が Counter-Strike1.6 チーム Denmark Wikipediots に加入しました。

Wikipediots confirm Snappi as 5th


SnappiSnappi 選手は 9 月に学業に集中することを理由に Denmark Anexis を 脱退し 競技ゲーミングから引退することを発表していました。

Denmark Wikipediots は 6 月に Denmark Martin "trace" Heldt 選手が Denmark Fnatic へと移籍してからラインナップが固定されておらず、7 月には eSrael Gaming との契約が終了となっていました。

Snappi 選手は先日行われた『DreamHack Bucharest』予選に Denmark Anexis の一員として出場し、本戦への出場権を 獲得しています

Xyp9x 選手のコメント
Snappi が 5 人目の選手となります。Snappi はチームと完璧にフィットしており、これまでに多くの経験があります。ラインナップがそろい安定した新チームはスポンサーを探しています。

チームの未来について話し合った結果、11 月の末までは Counter-Strike1.6 のプレーを続けることにしました。

パートナーからの正式なオファーを受けた場合には、今年の最後の戦いの後に CS:GO にスイッチすることになるでしょう。私たちは非常にフレキシブルです。私たちにご連絡を。

Wikipediots

  • Denmark Timm "ArcadioN" Henriksen
  • Denmark Christian "turkizh" Bindslev
  • Denmark Morten "coloN" Johansen
  • Denmark Andreas "Xyp9x" Højsleth
  • Denmark Marco "Snappi" Pfeiffer

情報元

Counter-Strike 『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門優勝チーム myRevenge 所属 Noppo 選手のインタビュー記事和訳

Noppo『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門で優勝した Japan myRevenge 日本チームに所属する Noppo 選手のインタビュー記事を和訳しました。

Interview with japanese player noppo

myRevenge e.V: まずは自己紹介をお願いできますか?
myR|noppo: プレーヤーネームは Noppo、日本人で 24 歳です。Counter-Strike は 8 年プレーしています。WCG2006/ ESWC2008/ ESWC Asia MASTER / IEF2008, 2009 / Asia eSports CUP のために練習してきました。プロゲーマーになるためにスウェーデンへ行ったこともありますが、ビザ問題もあり、1 年以上滞在出来ずプロにはなることは出来ませんでした。

myRevenge e.V: チームのメンバーとはどのくらいプレーしていて、各選手をどのようにみつけたのですか?
myR|noppo: 日本のグッドプレーヤーはお互いに友達で、長いつきあいなんです。Sion とは 6 年以上プレーしていますし、barusa は 4 年、STABA は 3 年、rappy に至っては弟です。日本にはいくつものすばらしいチームがあり、Asia e-Sports Cup 2012 に参加するためにスカウトしました。彼らは本当にすばらしいプレーヤーですね。話をしたりミックスでプレーして友達になって、チームを作り上げました。

myRevenge e.V: myRevenge にはどのようにしてジョインしたのですか?
myR|noppo: STABA が Steam チャット経由で myRevenge の CEO である Noir からメッセージを受け取りました。「myRevenge の一員にならないか?」って。

myRevenge e.V: 週末に開催された Asia e-Sports Cup2012 で優勝を勝ち取りましたね。Noppo やチームメイトは、優勝できると思っていましたか?
myR|noppo: 五分五分だと思っていましたね。マレーシアとは対戦したことがあるのですが、それは 4 年くらい前の話です。インドやシンガポールのチームとはプレーしたことがありませんでした。僕たちはシンガポールのプロチーム Titans が本当にすばらしいチームであることを知っていて、そこに lurppis 選手が加わりました。多少の不安がありましたが、自分たちのスキルと戦術を信じていたので、Asia e-Sports Cup2012 のチャンピオンになる自信はありましたね。

myRevenge e.V: 自宅からオンラインでプレーするのと、オフラインでプレーするのとではどのような違いがありますか?
myR|noppo: それはもう全然違いますよ。会場では実況解説が大音量で流れているので、ゲーム内のサウンドをクリアに聴くことが出来ません。オフラインでは自分の足音すら聞くことが出来ないのです。自宅とは違う PC、モニタ、高さが違う机や椅子を使わなくてはいけなかったりと、自宅とオフラインのプレーは全く別物ですね。

myRevenge e.V: そのような特別な設定をしなくてはならないので、オフラインよりもオンラインの方が良いと感じるのでしょうか。
myR|noppo: そうですね。でも、オフラインでプレーすると ping は 4~6 くらいなので、オンラインよりも撃つのが簡単です。個人的には、オフラインの方がオンラインよりもお互いにコミュニケーションをしやすいですね。

myRevenge e.V: チームの将来についてどのように考えていますか?近々参加する大会はありますか?
myR|noppo: 1 つありますよ。11 月末に中国・上海で開催される World Cyber Games 2012 の Counter-Strike Online予選に出場するつもりです。

myRevenge e.V: アジアの Counter-Strike コミュニティについてどのように考えていますか?アジアの Counter-Strike シーンはより大きくなると思いますか?

myR|noppo: そうは思いませんね。でも、アジアにおける Counter-Strike1.6 と Counter-Strike Online はいまでも盛り上がっています。大きなトーナメントがあれば、より大きなコミュニティになり得ると思います。

myRevenge e.V: 最後の質問です。myRevenge とその将来についてどう思っていますか?
myR|noppo: 正直なところ、myRevenge が僕たちをサポートしてくれると思っていなかったので、myRevenge の一員になれたことを本当にうれしく思っています。myRevenge はもっと有名なチームになると思いますし、アジア、そして世界でより有名になることができるようベストを尽くしたいと思います。

myRevenge e.V: Noppo、インタビューに協力してくれてありがとう。次のトーナメントにおけるチームと Noppo の幸運を祈ります。

―――――

ということで、Japan myRevenge が次に狙うのは『Counter-Strike Online Japan Championshop 2012』の日本王者、そして『World Cyber Games 2012』における金メダルとなります。

Noir さん、MaME さん情報提供ありがとうございました。

情報元

Counter-Strike フラグムービー『myRevenge AT AEC 2012』

フラグムービー『myRevenge AT AEC 2012』

『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門のミニフラグハイライトムービー『myRevenge AT AEC 2012』がリリースされています。

myRevenge AT AEC 2012

『myRevenge AT AEC 2012』は『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門で優勝した Japan myRevenge のフラグシーンをまとめた 1 分 40 秒ほどのショートムービーとなります。

本日の朝 6 時くらいに完成のお知らせが届いていたので、大会に触発されて徹夜で制作された感じでしょうか。ムービーは以下から見ることができます。

BGM
BGM:Foster The People - Don't Stop (Oliver Remix)

視聴

URL の末尾が偶然 FPS でした。

Counter-Strike 『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門で日本チームの myRevenge が優勝

myRevenge Win

『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門で日本チームの myRevenge が優勝となりました。

Asia e-Sports Cup 2012 Counter-Strike Final

『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門決勝大会には、各国の予選を勝ち抜いた 4 チームが参加して行なわれました。

出場チーム

  • Japan myRevenge - barusa, Rappy, STABA, Sion, noppo
  • Malaysia Hybrid - KrixxKroxx, nitroN, hix, m0n$t@r, syck
  • India NSD - I am possible, Mag1X, Virus, Anakil, Rider
  • Singapore Asking Questions: amenn, lurppis, StrykerX, insanity, rAndy

順位

  • 1 位: Japan myRevenge - 80 万円
  • 2 位: Singapore Asking Questions - 32 万円
  • 3 位: India NSD - 13 万円
  • 4 位: Malaysia Hybrid

myRevenge

Asking QuestionsNSD

実況

  • 実況: Japan OooDa
  • 解説: Japan Qoofoorin

試合結果

プレーオフ

  • Japan myRevenge [16-11] Singapore Asking Questions (de_nuke) [デモ]

グランドファイナル

  • Japan myRevenge [1-2] Singapore Asking Questions [デモ]
    • Japan myRevenge [16-10] Singapore Asking Questions (de_inferno)
    • Japan myRevenge [14-16] Singapore Asking Questions (de_nuke)
    • Japan myRevenge [14-16] Singapore Asking Questions (de_dust2)

3 位決定戦

  • Singapore Asking Questions [2-1] India NSD [デモ]
    • Singapore Asking Questions [16-03] India NSD (de_nuke)
    • Singapore Asking Questions [13-16] India NSD (de_inferno)
    • Singapore Asking Questions [16-08] India NSD (de_dust2)

敗者側ファイナル

  • Singapore Asking Questions [2-0] Malaysia Hybrid [デモ]
    • Singapore Asking Questions [16-04] Malaysia Hybrid (de_dust2)
    • Singapore Asking Questions [16-07] Malaysia Hybrid (de_inferno)

勝者側ファイナル

  • Japan myRevenge [2-0] India NSD [デモ]
    • Japan myRevenge [16-05] India NSD (de_dust2)
    • Japan myRevenge [16-06] India NSD (de_inferno)

勝者側セミファイナル

  • India NSD [2-1] Malaysia Hybrid [デモ]
    • India NSD [21-18] Malaysia Hybrid (de_nuke)
    • India NSD [08-16] Malaysia Hybrid (de_inferno)
    • India NSD [16-03] Malaysia Hybrid (de_train)
  • Japan myRevenge [2-1] Singapore Asking Questions [デモ]
    • Japan myRevenge [16-09] Singapore Asking Questions (de_nuke)
    • Japan myRevenge [14-16] Singapore Asking Questions (de_dust2)
    • Japan myRevenge [16-12] Singapore Asking Questions (de_inferno)

試合レポート

ファイナルは、勝者側トーナメントから勝ち上がってきた myRevenge と、敗者側から決勝まで勝ち進んできた Asking Questions の対戦となりました。

試合はコイントスが行われ、まずはマップリストからプレーしないマップを除外し、残ったマップをプレーする方式で行われました。

myRevengeAsking Questions
試合前に作戦を打ち合わせる両チーム

1 試合目(de_inferno) - Asking Questions の lurppis 選手が世界トップレベルのプレーを見せつける

1 試合目は de_inferno を選択した Asking Questions がカウンターテロリストサイドからスタート。Asking Questions にはアメリカの United States Evil Geniueses、ヨーロッパの Finland Team WinFakt といったプロチームに所属し、世界トップレベルの Counter-Strike シーンで活躍してきた Finland Tomi "lurppis" Kovanen 選手が参加しており、要所でさすがといったプレーで流れを引き寄せラウンドを重ねていきます。

特に会場を沸かせたのが 7 ラウンド目。lurppis 選手は A サイトの T 字通路左側に位置取り、進行してくるテロリストを壁抜きで倒したと思いきや、襲いかかる myRevenge の選手を次々と撃破し、なんと 5 人抜きを達成。会場は騒然となりました。

lurppis 選手
5 人抜きで日本チームを煽る lurppis 選手

lurppis 選手
チームメイトとハイタッチ

このスーパープレーで 5-2 とリードを広げた Asking Questions はその後もラウンドを重ねていきます。9 ラウンド目に myRevenge が敵を全滅させてラウンドを獲得。これまで myRevenge はラウンドを落としていたものの、そこは非常に紙一重な展開でほとんどのラウンドで敵を倒してきました。そのため、Asking Questions は勝利を重ねているものの資金的には厳しい状況に陥ります。

Asking Questions
Asking Questions

これをきっかけに myRevenge が逆襲を開始。12 ラウンドで B サイドを 3 人に増やす配置をしてきた Asking Questions の作戦を読むかのように Sion 選手が AWP で倒したり、窓部屋のブースティングを多用していた myRevenge の作戦を読み、エコながらも lurppis 選手が USP で 3 人抜きされたりといろいろなことがありましたがラウンドを一気に獲得し 8-7 で折り返し。

myRevenge
myRevenge

重要な後半 1R は Rappy 選手、barusa 選手が 2kill ずつして敵を掃討し流れを引き継いだままの良い出足となります。2 ラウンド目は Asking Questions が DE エコで流れを立切りにかかり、rAndy 選手がなんと DE で 3 人を倒す活躍で C4 設置。Noppo 選手に解除されてしまいましたが、Asking Questions としては上々な結果。続く 3 ラウンドを Asking Questions が取り、4 ラウンド目にエコとなった myRevenge はこちらも落としてしまいます。

これで流れが Asking Questions に向くかと思いきや、myRevenge は要所で敵を倒し数的有利を作る展開を作り出していき、16-10 で勝利となりました。

Qoofoorin 氏は、試合の総評として「Asking Questions は時間を使った慎重な動きが多くみられました。それぞれのチームが繰り出した作戦の対策の重ね合いが行われており非常にハイレベルでした。」というようなコメントをしていました。

Qoofoorin、OooDa
解説: Qoofoorin 氏、実況: OooDa 氏

2 試合目(de_nuke): Asking Questions の「マイリベンジ」

2 試合目の de_nuke は、実況 OooDa さんによる「Asking Questions はマイリベンジする展開ですね!」というドヤ顔コメントと共に myRevenge がテロリストからスタート。

このコメントを理解できたのか、Asking Questions は 1 ラウンド目にグレネードで myRevenge を一気に HE で 3 人が吹き飛し、2 ラウンドは StrikeX 選手が 2 人抜きし外側ルートを封じ込め、3 ラウンド目は地下に設置されたものの撃破して解除、4 ラウンド目は A を攻めきれずもたつく myRevenge を lurppis 選手が倒し、アップになった画面でナイフ切り挑発と、マイリベンジ作戦が着々と進行。

Asking Questions の ins 選手が別館にて単独ポジショニングしているのですが、こちらが非常に効いており myRevenge は外側ルートを制圧することができません。

myRevenge vs Asking Questions

myRevenge vs Asking Questions

試合はそのまま Asking Questions が優勢に展開し 7-0 とリード。

8 ラウンド目で、STABA 選手が Asking Questions のキープレーヤーである lurppis 選手を倒したのをきっかけに C4 設置に成功。amennn 選手が 2 人抜きするなどして最終的に barusa 選手との 1vs1 となりましたが、オフライン大会に強い男 barusa 選手が流れを引き寄せるべく勝利しついに 1 ラウンドを獲得します。しかし、このあとも Asking Questions のマイリベンジ作戦はとどまることを知らず前半を 12-3 で折り返し。

後半は一転して先ほどとは真逆で myRevenge ペースで試合が進みます。
ピンチのシーンも冷静な判断で敵を倒し 6 ラウンドを連取。

myRevenge vs Asking Questions

ラジオ部屋から地下へのルールでは Sion 選手のディフェンスが光り、Asking Questions はなかなか突破することができません。Sion 選手は不利な展開でも仲間がカバーに入るまでの時間をうまく作る立ち回りなど、派手さはないファインプレーを要所で連発していました。

myRevenge vs Asking Questions

myRevenge はこのあと 15-14 まで追い上げますが Asking Questions の最後の攻撃を守り切れず、nuke は 16-14 で Asking Questions が勝利となります。

lurppis 選手は各ラウンドを勝つごとに、活躍したプレーヤーや周りのプレーヤーにハイタッチや声がけをしてチームを盛り立てチームのモチベーションを上げる動きをしていました。生声の指示も客席まで聞こえるほど大きく、世界トップレベルのプレーヤーらしさを感じました。

3 試合目(de_dust2): 優勝か、プレーオフか。壮絶な延長戦に突入する好ゲーム

3 試合目は de_dust2。myRevenge は勝者側トーナメントを勝ち上がってきているので勝てば優勝。Asking Questions は勝てばプレーオフに持ち込み優勝へのチャンスをつなぐことができます。

myRevenge が de_dust2 で有利とされるテロリストサイドからスタート。
myRevenge はアドバンテージを生かしてラウンドを獲得していき、3 マップ目では Sion 選手がダブルドアを通過するテロリスト2人を AWP の連続ヘッドショットで仕留めるスーパーショットを披露。

さらにメモと写真を照らし合わせてみると、Sion 選手は USP で 3kill も達成していました。ラウンドにズレがなかったら 5 人抜きということになります。

myRevenge vs Asking Questions

このあと、貯金し装備を調えた Asking Questions は 4 ラウンド目、5 ラウンド目を取り、6 ラウンド目もエコの myRevenge を制圧しスコアをイーブンに戻します。

8 ラウンド目では、B のトンネルを直線上から AWP で守る lurppis 選手が、スモークを下から見ることで煙の中の敵を確認するテクニックを使い、トンネルに攻め込む myRevenge を撃ち抜く知識とテクニックを組み合わせたすばらしいプレーで魅せてくれました。

myRevenge vs Asking Questions

myRevenge vs Asking Questions

myRevenge は C4 を設置させるものの、Asking Questions が見事な取り返しを成功させるなどしてポイントの獲得を阻まれ、9-6 というスコアで折り返し。

後半は CT 側の myRevenge が 4 ラウンドを連取し好発進。
5 ラウンド目は ins 選手がダブルドア越しの AWP をヒットさせ人数的有利な展開からラウンド獲得。ここで流れを断ち切った Asking Questions は 5 連続でラウンドを取りトータルスコア差を縮めていきます。

myRevenge vs Asking Questions

Asking Questions は ins 選手の AWP がとにかく絶好調で myRevenge の選手が次々に削られ数的不利になる展開が多く見られました。観客からは「強すぎる…」といったような悲痛な声も飛び出すなど多くの人が衝撃を受けていました。

その後は一進一退の攻防を繰り広げ最終ラウンドに突入。スコアは Asking Questions が 15-14 とリードし、取れば優勝、myRevenge が勝てば延長戦という運命を決定づけるラウンドになります。

Asking Questions は持ち前の着実なプレーで各個撃破し、A ロング側から 4 人が攻め込み C4 を設置。myRevenge は 2 人しかいなく「これはもうだめか」と思ったその時、Rappy 選手が Asking Questions を 3 人なぎ倒し、その隙に仲間が C4 の解除を開始。Rappy 選手が最後の1人と交戦している間に無事解除が成功し、優勝を阻み延長戦への突入が決定しました。

Rappy

延長戦はフルマネーの $16,000 でスタートし、前後半 3 ラウンドをプレー。4 ラウンドを先に勝利したチームが優勝となります。

延長は Asking Questions がテロリストサイドでスタートし前半は 2-1、後半は myRevenge が 2-1 で再延長へ。

再延長は日本がテロリストでスタート。ins 選手が 1 ラウンド目で AWP で2人を倒し、myRevenge は 1-5 と不利な状況となりラウンド獲得ならず。続く 4-5 状態から A ポイントに設置し、Rappy 選手が 3kill の活躍で全滅させます。運命の 3 ラウンド目は、Asking Questions が持ち前の堅実な動きから数的有利を作る作戦で 3-1 の状況を作り出して勝利し、プレーオフへの突入が決定しました。

プレーオフ(de_nuke): 勝ったチームが優勝、運命の de_nuke

プレーオフは、ルールブックによると再度 Best of 3 で試合を行う規定となっていますが、両チームの了承のもとに Best of 1 で実施することが決定。

ラストマップとなったのは de_nuke で myRevenge がテロリストサイドからスタート。

myRevenge は 1 ラウンド目に設置成功から STABA 選手が 1on1 で時間を稼ぎ勝利。ここから流れに乗り 5 ラウンド目までを連取。

Asking Questions は 6 ラウンド目にフラッシュで myRevenge の動きをとめ陣形がばらけたところをうまく倒していき勝利。その後も着実にラウンドを重ねて行き、徐々に追い上げを計ります。

myRevenge vs Asking Questions

myRevenge は 13 ラウンド目に非常に良い展開で C4 の設置に成功。しかし、ここから Asking Questions がすばらしい連携での取り返しから解除に突入。観客視点ではなぜ解除体制に入られているのに行かないのだろう、と思ってしまったのですが、解説の Qoofoorin さんがその疑問に答えるかのように「フラッシュやスモークが絶妙なタイミングで投げ込まれているため、解除にいかなくてはならないが進むことができない状況を作り出されていた」と解説してくれました。

最終的に前半は myRevenge が 8-7 とリード。Qoofoorin さんが「テロで 5 ラウンドは取りたいところ」と解説されていたので、上々な結果での折り返しとなります。

後半は Asking Questions がテロリスト。1 ラウンド目は全滅させて Asking Questions が獲得。myRevenge は 2 ラウンド目に DE を買ってのエコ。設置されてしまったものの、DE で敵 4 人を倒すことに成功し、barusa 選手が AK をキープ。

barusa

続く 3 ラウンド目では、AK を奪った barusa 選手が 1st kill を取りさらに作戦成功という展開になりかけましたが、やはり装備の差がありこのラウンドは Asking Questions が勝利。

装備が整った myRevenge は 4 ラウンドを獲得、5 ラウンドも DE のみの Asking Questions を全滅させて勝利。

そして 6 ラウンド目。C4 を設置する Asking Questions。人数的にも圧倒的に有利な状態から、なんと Noppo 選手が見えているとしか思えない壁抜きのみで 3 人を撃破。さらに 1 人をヘッドショットし 5 連続 kill を達成。あまりの出来事に会場は騒然。今後リリースされるでもやフラグムービーでプレーを確かめてみてください。

完全に勢いにのった myRevenge は残りのラウンドを勝ち続け、16-11 で見事アジアチャンピオンの座を獲得しました。

myRevenge Win

少ない参加国数ではありますが、日本が Counter-Strike の国際大会で優勝したのは今回が初になるかと思います。

良いシーンがたくさんありなるべく紹介したいと思い長くなってしまいました。
この他にもすばらしいプレーの連続でしたので、デモや配信録画などが公開されたら是非観戦していただきたいと思います。

myRevenge Win

写真を Facebook に追加しました。記事で使っていない写真は以下でご覧ください。

情報元

Counter-Strike 『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門決勝大会が 9/21(金)~9/23日(日)に『東京ゲームショウ2012』で開催

『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門

『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門決勝大会が 9/21(金)~9/23日(日)に『東京ゲームショウ2012』で開催されます。

Asia e-Sports Cup 2012 Counter-Strike Final

『Asia e-Sports Cup 2012』 Counter-Strike1.6 部門決勝大会には、各国の予選を勝ち抜いた 4 チームが参加して行なわれます。

出場チーム

  • Japan myRevenge - barusa, Rappy, STABA, Sion, noppo
  • Malaysia Hybrid - KrixxKroxx, nitroN, hix, m0n$t@r, syck
  • India NSD - I am possible, Mag1X, Virus, Anakil, Rider
  • Singapore Asking Questions:amenn, lurppis, StrykerX, insanity, rAndy

賞金

  • 1位: 80 万円
  • 2位: 32 万円
  • 3位: India NSD - 13 万円

実況配信

  • 実況: Japan OooDa
  • 解説: Japan Qoofoorin

試合スケジュール

グランドファイナル

  • Japan 9/23(日)13時05分 Japan myRevenge [vs] Singapore Asking Questions

3位決定戦

  • Singapore Asking Questions [2-1] India NSD
    • Singapore Asking Questions [16-03] India NSD (de_nuke)
    • Singapore Asking Questions [13-16] India NSD (de_inferno)
    • Singapore Asking Questions [16-08] India NSD (de_dust2)

敗者側ファイナル

  • Singapore Asking Questions [2-0] Malaysia Hybrid
    • Singapore Asking Questions [16-04] Malaysia Hybrid (de_dust2)
    • Singapore Asking Questions [16-07] Malaysia Hybrid (de_inferno)

勝者側ファイナル

  • Japan myRevenge [2-0] India NSD
    • Japan myRevenge [16-05] India NSD (de_dust2)
    • Japan myRevenge [16-06] India NSD (de_inferno)

勝者側セミファイナル

  • India NSD [2-1] Malaysia Hybrid
    • India NSD [21-18] Malaysia Hybrid (de_nuke)
    • India NSD [08-16] Malaysia Hybrid (de_inferno)
    • India NSD [16-03] Malaysia Hybrid (de_train)
  • Japan myRevenge [2-1] Singapore Asking Questions
    • Japan myRevenge [16-09] Singapore Asking Questions (de_nuke)
    • Japan myRevenge [14-16] Singapore Asking Questions (de_dust2)
    • Japan myRevenge [16-12] Singapore Asking Questions (de_inferno)

トーナメント形式はダブルイリミネーション方式、試合は Best of 3 にて行なわれます。

HLTV による観戦も可能となる予定で、アドレスは明日に『Survival of the fittest(SOF)』のサイトや Twitter にて発表予定となっています。

AECオープニングセレモニーレポート

CyAC のサイトには、先日行なわれたオープニングセレモニーレポートが掲載されていました。Counter-Strike1.6 部門、StarCraft II 部門の出場選手達を見ることができます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike Team ALTERNATE が Counter-Strike1.6 チームの解散を発表

Team ALTERNATETeam ALTERNATE が Counter-Strike1.6 チームの解散をRNATE">発表しました。

ALTERNATE shut down CS team

ドイツシーンは主要な大会である『ESL Pro Series Germany(EPS Germany)』が採用タイトルを Counter-Strike1.6、Counter-Strike:Source から Counter-Strike: Global Offensive に変更したことを受けて、多くのチームが Counter-Strike: Global Offensive にシフトしています。

これに伴い、Team ALTERNATE は現在の Counter-Strike1.6 チームを解散することを決定しました。

Team ALTERNATE (CS1.6)

  • Germany Navid "Kapio" Javadi
  • Germany Tobias "Troubley" Tabbert
  • Germany Manuel "approx" Zeitz
  • Germany Manuel "Tixo" Makohl
  • Germany Roman "Roman R." Reinhardt

ちなみに、Team ALTERNATE は Counter-Strike:Source チームが Counter-Strike: Global Offensive で活動を行なっています

また、ex-ALTERNATE として下記のラインナップによる Counter-Strike: Global Offensive チームが始動しているとのこと。こちらは、CS1.6 チームに所属していた Troubley 選手、マネージャーの Johannes "siGGe" Sick 氏らが参加するプロジェクトとなっています。

ex-ALTERNATE

  • Germany Tobias "Troubley" Tabbert
  • Germany Hendrik "strux1" Goetzendorff
  • Germany Dimitrios "stavros" Smoilis
  • United Kingdom Brandon "Weber" Weber
  • Sweden Alexander "rdl" Redl

チームは ESL Pro Series の次期大会に参加予定です。

追記: 9/18 22:07
rdl 選手が HLTV.org に対し、チームにはヘルプとして一時的に加入しただけで正式な参加ではないとコメントしました。所属先は ex-ALTERNATE 以外のチームとなる予定で、近日中にチームから正式発表があるとのことです。

情報元

9 / 518 ページ (全 5171 件中 10 件)

<< 前のページへ 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング