esports(eスポーツ) ニュース アーカイブ

5 / 241 ページ (全 2409 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

esports(eスポーツ) 賞金総額50万ドルの『ROG MASTERS 2017』がCS:GO、Dota 2で開催、オンライン日本予選も実施

ROG MASTERS 2017

賞金総額50万ドルのCS:GO & Dota 2大会『ROG MASTERS 2017』の開催が発表されました。

ROG MASTERS 2017

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

「アジアパシフィック」「ヨーロッパ・中東・アフリカ」「アメリカ」「中国」の4地域を対象に予選を開催し、最終的に各地域の代表6チームが、2017年11月に実施される「Grand Finals」に進出することが出来ます。

大会フェーズ

以下では、日本が出場可能な「アジアパシフィック予選」を対象に流れを紹介します。
※『CS:GO』『Dota 2』共通

  • Phase 1: Open Qualifiers
    • 下記各国で誰でも出場可能なオープン予選を開催。各1位チームが「Regional Qualifier」に進出
    • 台湾、韓国、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシア、ベトナム、日本、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、南アジア(インド、バングラデシュ、スリランカ)
  • Phase 2: Regional Qualifier
    • 「Phase 1」を通過した12チームが出場。1位チームが「Regional Finals」に進出。
  • Phase 3: Regional Finals
    • 招待7チーム + 「Regional Qualifier」通過1チームが出場
    • 上位2チームが「Grand Finals」に進出
  • Phase 4: Grand Finals
    • Regional Finalsを勝ち抜いた「6チーム」が進出。「アジアパシフィック」×2、「ヨーロッパ・中東・アフリカ」×2、「アメリカ」×1、「中国」×1

出場登録

参加登録の詳細は改めて発表予定となります。

2016年大会は『CS:GO』で Mongolia The MongolZ、『Dota 2』で Europe Team Secretが優勝しました。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) プロゲームチーム『mousesports』が携帯電話キャリア「Vodafone Germany」とスポンサー契約

mousesports

ドイツを拠点とするプロゲームチーム『mousesports』が、携帯電話キャリア「Vodafone Germany」とスポンサー契約を締結したことを発表しました。

mousesports×Vodafone

今回の契約により、「Vodafone Germany」は Germany mousesports のヘッドスポンサーとなり、チームユニフォームの全面に大きく「Vodafone」のロゴが掲出されます。

「Vodafone Germany」は Germany mousesports の『CS:GO』『Dota 2』『Street Fighter V』『Vainglory』部門を全面的にサポートしていきます。

両者は、今後実施するブートキャンプ(強化合宿)においてそれぞれがもつソーシャルメディアを使用したコンテンツ展開を計画しています。

Cengiz Tüylü氏のコメント (mousesports, CEO)

mousesportsはチームやeスポーツを共に発展させる事を望む情熱を共有出来る強力かつ魅力的なブランド「Vodafone」を見つけました。通信ネットワークはeスポーツの生命線であり、素晴らしく国際的に有名なパートナーを得た事をうれしく思います。

Gregor Gründgens氏のコメント(Vodafone Germany, Director Brand Marketing)

Gamerたちは高速な回線を必要としており、それは私たち「Vodafone」を象徴するものです。
ドイツ国内で最高速を誇るギガビット企業として、mousesportsへと積極的にコミットメント氏、eスポーツの分野において新たな一歩を踏み出すことを誇りに思います。

コミュニケーションはより相互接続となっており、同様のことがeスポーツでも起こっています。高速インターネットは、eスポーツ、そしてチームだけでなくファンにとっても自然で重要な前提条件です。

Vodafoneはeスポーツへのコミットメントによって、サーバー上、それ以外でも競技、公平性、スポーツマンシップに取り組んでいきたいと思っています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) eスポーツ特集がテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」で5/29(月)23時より放送、プロゲームチーム『Unsold Stuff Gaming』が登場

ワールドビジネスサテライト

2017年5月29日(月)23時よりテレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」でeスポーツの特集が放送されます。

テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」でeスポーツ特集

番組の放送内容について、公式サイトには以下のように記載されていました。

番組の見どころ5月29日(月)
視聴者数で米大リーグのワールドシリーズをしのぐ「eスポーツ」。テレビゲームの対戦をスポーツ競技と捉え観戦するもので欧米を中心に人気を集めている。日本でも旋風を巻き起こすか。人間の心を読む最新の人工知能とは。

http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

特集内では、日本のプロゲームチーム Japan Unsold Stuff Gaming のOverwatch部門 Japan USG Iridata が登場予定とのこと。

Japan USG Iridataはプロサッカーチーム Japan 東京ヴェルディと提携しJapan 東京ヴェルディのOverwatch部門としても活動しています。Japan 東京ヴェルディは6月4日(日)より開幕となる『日本eスポーツリーグ 2017 summer』に参戦を予定しており、これに向けて練習などを行なう様子等を見ることができるかもしれません。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) フジテレビのeスポーツ専門番組「いいすぽ!」が 『Tokyo E-sports Festival』を東京・お台場で2017年11月18日(土)・19日(日)に開催

Tokyo E-sports Festival

ゲームイベント『Tokyo E-sports Festival』が、フジテレビのeスポーツ専門番組「いいすぽ!」の主催にて2017年11月18日(土)・19日(日)に開催されます。

Tokyo E-sports Festival

フジテレビは、さらなるeスポーツの発展とプレーヤーの認知と拡大に寄与することを目的に「Tokyo E-sports Festival」を開催します。

開催情報

  • 開催日: 2017年11月18日(土)・19日(日)
  • 会場: フジテレビ社屋(東京・お台場) - 1F広場、オフィスタワーエントランス、シアターモール、22Fフォーラム
  • 入場料: 無料(※球体展望室他一部エリア、販売コンテンツは有料)

放送情報

  • 番組名:『いいすぽ!presents Tokyo E-sports Festival』
  • 放送日時:11月18日(土)19日(日)両日、2時間生中継(放送時間調整中)
  • 放送:フジテレビONE スポーツ・バラエティ(CS放送)
  • 配信:フジテレビONEsmart(インターネットチャンネル)
  • 出演者:MC バカリズム/実況 鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)他/解説 調整中
  • ゲスト:調整中
  • 出演:e-Sportsプレーヤー

門澤 清太 氏のツイート (番組プロデューサー)

現在のところ『実況パワフルプロ野球チャンピオンシップ2017』の全国大会『パワプロチャンピオンシップス2017』の東京大会決勝をイベント内で実施することが決定しているとのこと。

イベントに関する詳細は改めて発表されていく予定です。
これまで番組で採用されたタイトルは、このイベントでピックアップされる可能性が高いのではないでしょうか。

採用タイトルリスト

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 飲料メーカー大手『ペプシコ』がプロゲームチーム『Virtus.pro』の親会社とパートナーシップ契約を締結

PepsiCo

飲料メーカー大手の『PepsiCo(ペプシコ)』が、プロゲームチーム『Virtus.pro』の親会社とパートナーシップ契約を締結したことを発表しています。

『ペプシコ』が『Virtus.pro』の親会社とパートナーシップ契約を締結

2017年5月18日に、『PepsiCo』と『Virtus.pro』や『SK Gaming』の親会社『ESforce Holding』がパートナーシップ契約を締結したことが明らかにされました。

今回の契約を通じたプロジェクト第一弾として、『Counter-Strike: Global Offensive』『Dota 2』『League of Legends』『Hearthstone』などで活躍する Virtus.pro のユニフォームに『PepsiCo』のロゴが掲出されるようになります。

また、選手達は『PepsiCo』が展開するエナジードリンク『Adrenalie Rush』のプロモーション、イベント、ソーシャルメディアのコンテンツなどに登場していく予定とのことです。

Anatoly Gordeev, Director of marketing for energy drinks, PepsiCo:

2016年は『Adrenaline Rush』の歴史におけるeスポーツ時代の幕開けでした。

プロeスポーツプレーヤーのために「Adrenaline Open Cyber Cup」や「Adrenaline Cyber League」を立ちあげ成功させ、ロシア全域に新天地を開拓しました。

Adrenaline Rushブランドはこの新たなシーズンにおいてeスポーツファンとより密接な関係となり、最強チームの一つであるVirtus.proと共に成功のために活動していきます。

Roman Dvoryankin氏のコメント (Virtus.pro, General manager)

食品・飲料における世界的なリーダーである『PepsiCo』を私たちの重要なパートナーとして歓迎します。PepsiCoの圧倒的な経験と、Virtus.pro所属選手のメディアとしてのポテンシャルが組み合わさることにより、私たちが掲げる目標達成の手助けになると確信しています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) フランスで開催『Forza Racing Championship Season 3』に参戦予定の日本AziDhk選手が通訳のサポートを募集中

forza

2017年6月17~18日にフランスで開催される『Forza Racing Championship Season 3』に参戦予定の Japan AziDhk選手が通訳のサポートを募集しています。

追記 5/22(火)

本件について、ご本人より上記のようにアナウンスがありました。
募集は継続となりますが、「ル・マン24時間レース」の時期と重なり渡航宿泊費が高騰していることから、現地から同伴可能な方にお願い出来ればとのことです。

Forza Racing Championship Season 3

『Forza Racing Championship Season 3』は「Forza Motorsport 6」と「Forza Horizon 3」で開催されている大会です。大会には「ライバル部門」「レース部門」の2つが存在し、5月28日(日)まで予選を開催。

最終的に「ライバル部門」の上位50名と「レース部門」の地域上位選手(アジアは3名)ががフランスで開催されるファイナルへの出場を獲得することが出来ます。

Japan AziDhk選手が参戦しているのは「Forza Motorsport 6」で、現在の成績は「ライバル部門: 世界15位」「レース部門: アジア1位」となっておりこのままいけばファイナル進出の可能性が高いとのこと。

海外への渡航経験が無いことや、英語やフランス語などの言語に不安があることから、現地でボランティアにて通訳等をサポートしてくれる方を募集しているそうです。

AziDhk選手に条件・待遇等についてお聞きしたところ、以下のような回答を得ました。

条件・待遇

  • 大会開催場所 : フランス ※詳細場所はアナウンスされていません。ル・マン24時間レースの表彰台で一緒に表彰されるという記載を見る限り、開催地であるサルト・サーキットからそう遠くない場所と思われます
  • 拘束期間: 2017年6月17日(土)、18日(日)の2日間 (プラス1~2日)
  • 渡航費用・宿泊費: 自費
  • 報酬の有無: 賞金獲得範囲に入賞した場合、渡航費の補填やお礼の支払いを考えているとのこと
  • 連絡先: :doublereideen●yahoo.co.jp ※●を@に置き換えて下さい

大会の賞金総額は$100,000で、それぞれ1位$20,000、2位15,000、3位$10,000の賞金が贈られる予定です。

日本から同行するというのはかなり厳しいかと思いますが、現地で支援が出来る可能性があるという方がいたら上記のアドレス宛に連絡してみていただければと思います。

参考

esports(eスポーツ) 『NRG Esports』のモバイルゲーム部門が「Amazon Appstore」とパートナーシップ契約を締結

nrg

United States NRG Esportsのモバイルゲーム部門が「Amazon Appstore」とパートナーシップ契約を締結したことが発表されました。

『NRG Esports』が「Amazon Appstore」とパートナーシップ契約を締結

United States NRG Esportsは「Hearthstone」や「Vainglory」といったモバイルゲームで活動を行なっています。

今回のパートナーシップにより、両部門の所属選手は「amazon coins」のロゴが入ったユニフォームを着用して試合に出場していくことになります。

これ以外の条件については具体的には公開されていませんでしたが、チームによればモバイルeスポーツにおける最も密接なパートナーシップ契約になるとのことでした。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Rocket League』がプロレス団体『WWE』のプロモーションパートナーに、5/22(月)中邑真輔選手のデビュー戦等でCMを放送

Rocket League×WWE

eスポーツタイトルとしても注目を集める『Rocket League』が、プロレス団体『WWE』の正式なプロモーションパートナーとなったことを発表しました。

『Rocket League』がプロレス団体『WWE』のプロモーションパートナーに

『Rocket League』はラジコンとサッカーをミックスしたゲームで、『WWE』とのプロモーションパートナーシップは2017年5月20日(土)に実施される「NXT Takeover Chicago」からスタート。

この様子は有料のビデオオンデマンドサービス「WWE Network」を通じて配信され、その中で『Rocket League』のテレビ用新CMが放送されます。

ss_b7e945ac18d86c48b279f26ff6884b5ded2aa1b7.600x338

CMは、中邑真輔選手の「WWE SmackDown」公式デビュー戦となるペイパービュー大会「WWE Backlash」(日本時間の5月22日(月)9時よりスタート予定)や、今後のイベントでも放送予定です。

ユーザー数3,000万人突破、Rocket League Esportsも展開中

『Rocket League』は全世界のユーザー数が2017年4月に3,000万を突破。

eスポーツ展開にも力を入れており、ゲーム配信サービス『Twitch』と提携して『Rocket League Championship Series Season 3』等を開催しています。

日本では、5月3日~5日に東京・浅草橋で開催されたLANゲームパーティ『C4 LAN 2017 SPRING』会場内にてロケットリーグ大会『Rocket League Skylanders Cup』のGrand Finalが開催されています。

配信アーカイブ

DSC_8294

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『ESL』が「エミレーツ航空」と提携、機内上映サービスにeスポーツコンテンツを提供

ESL×エミレーツ航空

世界最大級のeスポーツ組織『ESL』が、「エミレーツ航空」との提携を発表しています

『ESL』が「エミレーツ航空」と提携

「エミレーツ航空」は世界6大陸150都市以上に発着する、アラブ首長国連邦の国際航空会社です。

今回の提携により、『ESL』は2017年5月から2018年6月まで「エミレーツ航空」の機内上映サービスに、『ESL One New York 2016』や『Intel Extreme Masters World Championship Katowice 2017』など近年のeスポーツ史における最大級のeスポーツコンテンツを提供します。

Torsten Haux氏のコメント(ESL, VP of Global Media Rights)

ESLはeスポーツを目にする機会を常に向上させることを目指しており、世界最大の国際航空「エミレーツ」と初となるeスポーツ機内エンターテインメントの取り組みを行っていく事をうれしく思います。

世界中でイベントを開催する真のグルーパル企業として、プレーヤーやファンたちが「エミレーツ航空」で旅行する際にESLのeスポーツハイライトを楽しむことを確信しています。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 24時間営業の複合eスポーツ施設『Yota Arena』が2017年5月19日にロシアでオープン

Yota Arena

24時間営業の複合eスポーツ施設『Yota Arena』が2017年5月19日にロシアでオープンすることが発表されています。

Yota Arena

『Yota Arena』はeスポーツを中心に、レストラン、VRバー、カラオケホール、eスポーツストア「FragStore」の旗艦店などを備えた複合施設としてロシアのモスクワにオープンします。

施設2階にはモスクワ最大という巨大スクリーンを備えたトーナメント施設となり、eスポーツ大会、ストリーマーによるイベントが実施されていく予定で、365日24時間営業とのこと。

6_big

fragstore3-big

ロシアを含むCISエリアは、Virtus.pro、Natus Vincere、 Team Empire、 Vega Squadron、Gambit Esports、FlipSid3 Tacticsといった有力チームが存在し、『Counter-Strike: Global Offensive』『Dota 2』『League of Legends』『World of Tanks』等で活躍しています。こういった施設から、新たな才能が発掘されていくかもしれません。

情報元

関連ニュース

5 / 241 ページ (全 2409 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング