PC・ゲーミングデバイス ニュース アーカイブ

7 / 204 ページ (全 2034 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』がマウスバンジー・マウスコードホルダー・キートップキットを発表

xtrfy-1

『Xtrfy』がマウスバンジー・マウスコードホルダー・キートップキットの3製品を発表しました。

『Xtrfy』がマウスバンジーなど3製品を新たに発表

B1 Mouse bungee

002-b1-led_gallery

B1 Mouse bungeeは、プロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasが開発に協力して誕生したマウスバンジーです。

マウスバンジーはベース部分が四角形となっており、背面にLED、サイドに4つのUSBポート、中央にマウスコードを固定する機構を搭載しています。
この形状により、より安定性を保ちながらマウスを快適に動かすことが可能となっています。

Emil "HeatoN" Christensen氏のコメント (NiP創設者、CS1.6元世界王者)
マウスバンジーは選手のパフォーマンスを真に発揮させるために、マウスの動きに対して抵抗なく滑らかに追従していく必要があります。
B1は新たな構造を持つB1は他のマウスバンジーよりも柔軟で、マウスの滑らかな動きとより良い操作性を提供します。

C1 Mouse cord holder

001-c1-gallery

C1 Mouse cord holderは、アタッチメントのメタルプレート、マウスコードホルダーの2つを組み合わせて使用します。

まずは机にメタルプレートを貼り付け、そこに強力なマグネットを搭載したコードホルダーを載せることでマウスコードを固定。これによりマウスコードの角度を安定し、快適なマウス操作が可能になります。

A1 Mechanical keyboard enhancement kit

003-a1-gallery

こちらはメカニカルゲーミングキーボード向けのアクセサリーキットです。
LEDの光を透過するフロストホワイトのキートップ5個、キートップ引き抜き器具、キートップの差し込み口にセットすることでキー押下時の音を静かにするOリング、掃除用のブラシがセットになっています。

002-a1-gallery

毎度のことですが、日本には『Xtrfy』の正規代理店がないため製品を欲しい場合は海外ショップ等から購入する必要があります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Mionix最新ゲーミングマウス発売記念イベント「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」が11/12(土)に完全招待制で開催

NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY

Mionixの最新ゲーミングマウス発売を記念したイベント「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」が11/12(土)に秋葉原で開催されます。

NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY

「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」は、クラウドファンディングの支援で完成した身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の10/28(金)国内発売を記念して実施されるイベントです。

イベントは専用フォームから参加申し込みをした中から抽選で選ばれたファンのみが参加出来る完全招待制で実施されます。

開催情報

  • 開催日: 2016年11月12日(土)13時~
  • 申し込み締め切り: 2016年11月3日(木・祝)24時
  • 会場: 秋葉原駅周辺イベントスペース
  • 参加条件: 参加抽選の当選者のみ、完全招待制
  • 参加登録フォーム: https://t.co/csd0X6Fy5V

イベント内容

  • MIONIXについてのプレゼンテーション
  • NAOS QGのご紹介
  • NAOS QG体験会
  • 来場者プレゼント、軽食をご用意

プレゼンテーションは『Mionix NAOS QG』を使用しながら行なわれます。

プレゼンで緊張する担当者の心拍数等が、『Mionix NAOS QG』を通じてリアルタイムに伝わってくる面白そうな展開となりそうです。

『Mionix NAOS QG』は10月28日(金)に店頭推奨価格15,000円(税別、オープン価格)で発売予定です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』が右きき用デザインの光学式ゲーミングマウス『XG-M3-HEATON』を発表

XG-M3-HEATON

『Xtrfy』が右きき用デザインの光学式ゲーミングマウス『XG-M3-HEATON』を発表しました。

XG-M3-HEATON

『XG-M3-HEATON』は、プロゲーマー時代にはCounter-Strikeで8回の世界王者を達成し、世界トップクラスのプロゲームチーム Ninjas in Pyjamasの創設者でもある Sweden Emil "HeatoN" Christensen氏が開発に参加して誕生しました。

同製品は、HeatoN氏が現役時代に使い続けていたというマウス「Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0」の形状をインスパイアしながら、安定した光学式センサー、CPI切り替え機能、掴みやすい表面ラバー加工、LEDライトなどを載せたゲーミングマウスとなっています。

LEDはイエロー発光仕様で、HeatoN氏のサインも光るデザインとなっています。
製品価格は79ユーロ。日本には正規代理店がないため、入手したい人は海外ショップ等からの購入となります。

Emil "HeatoN" Christensen氏のコメント

M3は私が求める完璧なゲーミングマウスで、最高のパフォーマンス、自身が信頼出来るハードウェア、ユニークな形状が特徴です。

スペック

  • センサー: Pixart 3310 optical gaming sensor
  • メインボタンスイッチ:オムロン製
  • サイドボタンスイッチ: Kailh製
  • CPI: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート 125, 500, 1000 Hz
  • 最大反応速度: 1ms
  • 最大認識速度: 130ips
  • 最大加速: 30g
  • ケーブル長さ: 2メートル
  • 重量: 104グラム (ケーブル含まず)
  • サイズ:横55~70mm×縦130mm×高さ39mm

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス PCゲーミンング専門店『GALLERIA Lounge』がプロゲーマーのアドバイスサービスを開始、10/15(土)、16(日)にRascal Jesterの選手が登場

Rascal Jester

秋葉原のPCゲーミング専門店『GALLERIA Lounge』にて、プロゲーマーによるゲーミングデバイスや、PCゲームのお悩み相談のサービスが開始されます。

『GALLERIA Lounge』が店舗でプロゲーマーのアドバイスサービスを開始

今回のサービスでは、ゲーミングPC『GALLERIA』ブランドを展開する株式会社サードウェーブデジノスがスポンサードするプロゲーミングチーム Japan Rascal Jester 所属のプロゲーマーが登場。

来訪客は、ゲーミングデバイスの購入やゲームについて、プロゲーマーならではの視点からアドバイスを得ることが出来ます。

店舗情報

  • サービス開始日:2016年10月15日(土)12:00より
  • 店舗場所:GALLERIA Lounge - 東京都千代田区外神田1-11-4ミツワビル 1F・B1F
  • 店舗営業時間: 11:15~20:00 年中無休(元日を除く)

店舗に登場するのは Japan Rascal Jester CS:GO部門のJapan SaSRaI選手、Japan DarkMioN選手の2名。今週末は店舗に常駐し、以降は不定期でお休みの日があるとのことでした。

週末には、両選手にCS:GOの1vs1でチャレンジするイベントが開催されるそうです。
また、ドスパラ各店舗で配布されている名刺を持参するとゲーミングデバイスが5%割引となるキャンペーンも実施されます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス クラウドファンディングの支援で完成した身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』が10/28(金)に国内発売決定

Mionix NAOS QG

マウスに複数のセンサーを内蔵しプレーヤーの身体反応や操作情報をトラッキングし分析可能とするゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の国内販売が決定しました。

身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』

ゲーミングマウス『Mionix NAOS QG(Quantified Gaming)』は、2014年12月に開発コンセプトが発表され、合わせてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達が開始されました。

その後、無事に目標額を達成し開発が進められ2015年9月に完成したことが報告さてれいました。

そしてこのマウスが10/28(金)より店頭推奨価格15,000円(税別、オープン価格)にて国内販売されることが発表されました。

特徴

  • 心拍数、マウスの動き、動作データのモニタリング
  • 心拍数、ガルバニック皮膚反応センサー搭載
  • インゲームオーバーレイ表示機能
  • デベロッパー向けAPIの公開
  • 12000DPIオプティカルセンサー(PMW-3360)
  • 安定したグリップと自然な手触りを持ったダークグレー4層ラバーコーティング
  • 1msレスポンスタイム、1000Hzポ―リングレート
  • 32bit ARM Cortex M3 32Mhzプロセッサ搭載
  • 最大5つのプロファイルを保存できる128kBオンボードメモリ
  • アングルチューニング: X/Y軸の角度設定機能
  • アングルスナップ(直線補正)機能
  • 7つのプログラム可能なボタン
  • ゲームプレイ中に変更可能な4段階のDPIセッティング
  • 1680万色、ライトニングエフェクトに対応するLEDイルミネーション
  • かぶせ持ち、右利き用エルゴノミックデザイン

スペック

  • 心拍数センサー: Pixart PAH8001EI‐2G, 最大3000 fps, 6.8Mhz
  • GSRセンサー :チタンコーティング電極
  • マウスセンサー: Pixart PMW-3360, 12000 DPI, 70MHz, 最大12000 fps, 250ips
  • 形状: 右利き、かぶせ持ち用エルゴノミクスデザイン
  • 表面加工: グリップに適した4層ラバーコーティング(ダークグレー)
  • ボタン数: 7つのプログラム可能なボタン
  • DPI設定: マウス上で変更可能な4段階のDPI設定
  • スイッチ: L/R - オムロン、DPI/サイドボタン、ホイール - TTC
  • イルミネーション: 2ゾーン、2 LEDs、ライトニングエフェクト搭載、1680万色フルカラーイルミネーション
  • オンボードメモリ: 128kB ビルトインメモリ
  • プロセッサ: 32bit ARM 32Mhz
  • マウスソール: 大型PTFEソール
  • USB: 金メッキ加工, プラグアンドプレイ対応フルスピードUSB2.0
  • ケーブル: 2m、布巻きケーブル
  • 重さ(ケーブル込): 152g

Mionix NAOS QG

Mionix NAOS QG

マウスの設定は、無料ソフトの『MIONIX HUB』を通じて行なうことが可能。
また、同じく無料ソフトの『Overwolf』を使用する事でゲームでオーバーレイさせることが出来るとのことです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『QUAKE LIVE』世界王者rapha選手が日本製ゲーミングマウスパッド『ARTISAN 飛燕』を使用し『Overwatch』大会に出場

rapha

『QUAKE LIVE』にて幾度も世界王者となった United States Shane "rapha" Hendrixson選手が日本の『ARTISAN』ブランドのゲーミングマウスパッドを使用しているシーンが確認されました。

世界王者rapha選手が日本製ゲーミングマウスパッド『ARTISAN 飛燕』を使用

United States rapha 選手は今年の『QuakeCon 2016』を含め、『QUAKE LIVE』の1vs1トーナメントで多数の優勝を達成した世界王者です。今年からは『Overwatch』に活動の場を移し、チームFPSでの世界一獲得に意欲を見せています。

rapha選手が現在所属する United States Team Liquidは、先日にELGEAGUEとFACEITが共同開催する『Overwatch Open』に出場。
ストリーミング配信にてrapha選手がプレーする様子が映され、日本のゲーミングデバイスブランド『ARTISAN』の布系マウスパッド『飛燕』を使用している様子が確認されました。

『ARTISAN 飛燕』は速い滑りと止めやすさを実現したその性能と、フラットで安定した形状が特徴。

ARTISAN飛燕

Team Liquidは『Razer』がスポンサーとなっているため特別措置として使用を許されているのだと思いますが、『ARTISAN』のマウスパッドが世界最高のFPSプレーヤーにその良さを認められ、これ以外はいまのところ使いたくないということなのではないでしょうか。

10月8日(土)~10日(月・祝)にかけて東京・浅草橋で大規模なLANパーティイベント『C4 2016 Fall』を開催に向けて参加者を絶賛募集中という Japan taharasan さん情報提供ありがとうございました。

『ARTISAN』開発者の最新インタビューが4Gamer.netに掲載されていますので、合わせてチェックしてみてください。

参考

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』から24型ゲーミングモニター『XL2411』が10月7日(金)に登場

XL2411

台湾『BenQ』のゲーミングブランド『ZOWIE』から24型ゲーミングモニター『XL2411』が10月7日(金)開始となることが発表されました。

ゲーミングモニター『XL2411』

『XL2411』は『BenQ』のゲーミングディスプレイとして発売されている『XL2411Z』の後継機種となる製品です。

特徴

  • 144Hz駆動
  • 1ms(GTG)の高速応答性
  • ちらつきゼロのフリッカーフリーバックライト
  • 暗いシーンの視認性を高めたBlack eQualizerカラーエンジン技術の搭載
  • 元プロゲーマーによりカスタマイズされたFPS/RTSモードを搭載

また、XLシリーズはその性能を評価され、様々なeスポーツの世界大会で公式競技モニタに採用されています。
競技者としてゲームをプレーしている人は、信頼感を持って使用できること間違いナシです。

『XL2411』は基本的に旧製品とスペック的なところにかわりは無いため、すでに使用している人は新たに購入する必要は特にないでしょう。

『BenQ』は買収した『ZOWIE』ブランドにゲーミング関連製品の統合を進めており、『XL2411』が登場したのはこの動きの一巻になります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Valveストア限定ゲーミングマウス『Rival 300 CS:GO Hyperbeast Edition』が登場

SteelSeries Rival 300: CS:GO Hyper Beast Edition Gaming Mouse

Valveストア限定販売となるゲーミングマウス『Rival 300 CS:GO Hyperbeast Edition』が登場しました。

Rival 300 CS:GO Hyperbeast Edition

『Rival 300 CS:GO Hyperbeast Edition』は、『SteelSeries』の右利き用ゲーミングマウス『Rival 300』にSteam Workshopのコントリビューターの「Hyper Beast」デザインを採用した限定モデルとなります。

Valve Storeでは、この他にも『CS:GO Hyper Beast Edition Gaming Mousepad』というゲーミングマウスパッドが登場しています。スペック的にベースは『SeelSeries QcK+』の4mm厚バージョンだと思われます。

Valve Store:SteelSeries: CS:GO Hyper Beast Edition Gaming Mousepad

販売ページ

製品の発送は2016年10月14日が予定されています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス クラウドファンディングで支援された身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』がついに完成

Mionix NAOS QG

マウスに複数のセンサーを内蔵しプレーヤーの身体反応や操作情報をトラッキングし分析可能とするゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の完成がついに発表されました。

身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』

ゲーミングマウス『Mionix NAOS QG(Quantified Gaming)』は、2014年12月に開発コンセプトが発表され、合わせてクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達が開始されました。
その後、無事に目標額を達成し開発が進められてきましたが、予定より1年近く遅れてようやく完成したことが報告されました。

センサーには解像度12,000dpiのPMW-3360(光学式)を採用。
当初のコンセプト通り、身体反応読み取りセンサーを通じて「心拍数」「皮膚電気反応」「1分間のクリック数」「マウスの移動データ」などをトラッキングしゲーム画面にリアルタイムで表示するほか、それらのデータをゲーム後に分析することが可能となります。

Mionix NAOS QG

Mionix NAOS QG

マウスは2016年10月28日に129.99ユーロで発売予定で、9月30日~10月2日にかけてアメリカで開催される『TwitchCon 2016』会場にて先行展示が行なわれます。

下記の特設サイトにてマウスを予約購入することが出来ます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 東プレがゲーミングキーボード『Realforce RGB』を東京ゲームショウ2016で披露、2016年12月発売予定

東プレ

千葉県・幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2016」の東プレ(10-W03)ブースにて、ゲーミングキーボード『Realforce RGB』が展示されていました。

東プレのゲーミングキーボード『Realforce RGB』

東プレが2016年9月の国内リリースに向けて、ゲーミングキーボード『TYPE HEAVEN』の開発を進めていることを以前ご紹介しましたが、今回正式に同社のキーボードブランド『Realforce』シリーズから『Realforce RGB』としてリリースされることが明らかになりました。

東プレ

『Realforce RGB』は静電容量無接点方式キースイッチを採用し、専用ソフトウェアからキー個別にキーストロークの深さを「1.5mm」「2.2mm」「3mm」に設定出来るのが特徴。
入力を素早くしたい場合は浅く、誤爆を少なくしたい時は深くといった使い分けが出来ます。

東プレ
あまりはっきり写っていませんが、キーごとにストロークの深さを指定可能

LEDカラーはキーごとに1680万色から設定可能で、ソフトウェアからマウスによる範囲選択で一気にカラーを指定出来るようになっていました。

ブースで質問させていただいたところ、発売予定時期は2016年12月頃で、想定価格は約28,000円前後。最初は英語配列がリリースされ、日本語配列やテンキーレス版なども展開出来ればとのことでした。

自分は10年近く自宅と職場の両方で『Realforce』を使用するコアなファンなので28,000円というのも今後長く使えるであろうという判断が出来ますが、様々な価格帯のゲーミングキーボードが展開されている状況もあり、その価格に見合う良さであることをわかってもらうことが大変そうです。

東京ゲームショウ2016に行く予定がある方は、ブースで試しに使用してみてください。

参考

関連ニュース

7 / 204 ページ (全 2034 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング