PC・ゲーミングデバイス ニュース アーカイブ

8 / 203 ページ (全 2026 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』がBluetooth対応のワイヤレスゲーミングヘッドセット『Siberia 840』を発表

SteelSeries Siberia 840

『SteelSeries』がBluetooth対応のワイヤレスゲーミングヘッドセット『Siberia 840』を発表しました。

SteelSeries Siberia 840

『SteelSeries Siberia 840』ナンバリング的に『Siberia 800』の上位にあたるワイヤレスゲーミングヘッドセットです。

連続稼働を可能とする2つの交換式バッテリー搭載、ドルビー7.1chサラウンドサウンド対応、PC・Xbox・Playstaton4・スマートデバイスといったマルチデバイス対応といった特徴を引継ぎながら、Bluetooth接続、無料ソフトウェア「SteelSeries Engine 3」を通じたカスタマイズに対応しています。

Brian Fallon氏のコメント(SteelSeries オーディオカテゴリーマネージャー)

Siberia 840 は、Siberia 800 と同等の優れた音質を持ちながら、数多くのモバイルデバイスと互換性を持つ Bluetooth 接続に対応しています。単なるゲーミングヘッドセットというだけでなく、優れたオーディオシステムとして、日常のリスニングや通話にも使用して頂けるでしょう。

スペック

スピーカードライバ

  • 40mm Neodymium Drivers
  • Effective Range: 10 m, 30 ft
  • Headphone Frequency Response: 20Hz - 20000KHz
  • Weight with Battery: 318g, 11oz
  • Weight without Battery: 297g, 10oz
  • Max Volume: 100dB* SPL @ 1kHz
  • Ports: Wired Mode / Share Port,
  • Chat port, mini USB FW update port

マイク

  • Frequency Response: 100Hz - 10000Hz
  • Mic Pattern: Unidirectional
  • Microphone Sensitivity -44 dB
  • Microphone Impedance 2200 Ohm
  • Indication: Red LED on mute

グローバル公式オンラインショップでの価格は€349.99で、日本国内での販売も予定されているとのこと。€299.99の「Siberia 800」が日本公式オンラインショップだと「32,184円」となっているため、おそらく「Siberia 840」の販売価格は35,000円近い価格になるのではないかと思われます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Mionix GO』イベントが8/15(月)に秋葉原で開催、街でスタッフを探してゲーミングデバイス獲得にチャレンジ

Mionix

『Mionix』のゲーミングデバイスが当たる可能性があるリアルイベント企画『Mionix GO』が8/15(月)に開催されます。

Mionix GO

『Mionix GO』は8月15日(月)13~15時に秋葉原で開催。
街の中で「Mionix」のTシャツを来たスタッフを見つけじゃんけん勝負を挑むことで、ゲーミングマウスやマウスパッドを獲得するチャンスが得られる企画となります。

また、8月12日(金)からは対象店舗で8,000円以上の製品購入者に「Mionix」オリジナルTシャツがプレゼントされ企画も実施となるそうです。

Mionix

このTシャツを来て8月15日(月)にスタッフになりすます人が登場すると大変なイベントに発展しそうです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Razerから『Overwatch』エディションのゲーミングデバイス4種が登場、7/29(金)に国内販売開始

Overwatch

Razerから『Overwatch』エディションのゲーミングデバイス4種が/29(金)に国内販売開始となります。

Razer × Overwatch

今回発表された製品は、ブラックを基調に『Overwatch』の世界観に合わせたオレンジとホワイト、そしてゲームのロゴを採用した特別デザインとなっています。
また、Razer独自のイルミネーション機能「Chroma」に対応しており、デバイスに搭載されたLEDがゲームと連動してカラフルかつダイナミックな演出を提供します。

コラボデバイス

  • Overwatch Razer DeathAdder Chroma (マウス) - 8,800円
  • Overwatch Razer BlackWidow Chroma (キーボード) - 22,000円
  • Overwatch Razer ManO’War Tournament Edition (ヘッドセット) - 18,000円
  • Overwatch Razer Goliathus Speed Extended (マウスパッド) - 4,000円

※価格は税抜き。

『Overwatch』にハマっている人にはたまらない製品となりそうです。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Acerゲーミングブランド「Predator」専門ストアがソフマップ秋葉原本館にオープン、7/23(土)、24(日)にAVAチームF4Eとの対戦イベントを開催

Predatorストア

Acerのゲーミングブランド「Predator」の専門ストアがソフマップ秋葉原本館にオープンしています。

「Predatorストア」オープン記念イベント

2016年7月22日(金)、「Predatorストア」がソフマップ秋葉原本館4Fにオープン。
こちらでは、「Predator」ブランドのゲーミングPC、ラップトップ、タブレット、モニタなどを体験試用することが可能となっています。

同ストアのオープンを記念したイベントが今週末/23(土)、24(日)に開催されます。

開催情報

  • 開催日: 2016年7月23日(土)~24日(日)
  • 時間: 12:00~13:00、14:00~15:00、16:00~17:00
  • 会場: ソフマップ秋葉原本館4F

Predator CUP sponsored by Acer

イベントでは、2015年の『Alliance of Valiant Arms』世界大会で準優勝となった Japan F4EのTaki選手、Apina選手や、グラビアアイドルの野々宮ミカさん、雪乃しほりさんとのAVA対戦イベントを実施。

ゲスト

  • Taki選手 (F4E所属)
  • Apina選手 (F4E所属)
  • 野々宮ミカさん (7/23参加)
  • 雪乃しほりさん (7/24参加)

Predatorストア

イベント参加希望者には、各回の開催一時間前から整理券を配布。
また、F4E選手やアイドルの方々との記念撮影も可能とのことです。

イベント期間中にPredator製品を購入した人を対象としたプレゼントの実施も行なわれるそうです。

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス テンキーレスのゲーミングキーボード『Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma』が7/29(金)に国内販売開始

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma

『Razer』のテンキーレスゲーミングキーボード『Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma』が7/29(金)に国内販売開始となります。

Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma

『Razer BlackWidow X Tournament Edition Chroma』は、一般的なメカニカルキースイッチを上回る性能を持つRazer独自開発のキースイッチ『Razer Mechanical Switch』、各キーを1680万色のカラーで設定可能なCHROMAバックライトを採用。テンキー部分をカットすることにより、省スペース化を実現。狭い机を使用していたり、机におけるマウスパッドの占める割合を高くしたいというような要望を持つゲーマーにうれしい仕様となっています。

スペック

  • 87 US 英語レイアウト
  • 押下圧50g の Razerメカニカルスイッチ採用
  • 8,000万回以上のキーストローク寿命
  • 1,680万色のカラーオプションでカスタマイズ可能な Chroma バックライト
  • Razer Synapse 対応
  • アンチゴースト / nキーロールオーバー値(10個の同時押しに対応)
  • 筐体裏面にケーブルマネージメント機構搭載
  • 編組ファイバー仕上げのUSBケーブル
  • ポーリングレート:1,000Hz
  • 製品重量:1150g
  • 製品サイズ(W×D×H):約360 x 160 x 45 (mm)
  • ケーブル長:1.5m

価格は17,800円税抜きで、7月29日(金)より国内で発売開始となります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングチェアブランド「AKRacing」がLJL CS出場チーム「KINGDOM」をスポンサード

AKRacing

ゲーミングチェアブランド「AKRacing」がLJL CS出場チーム「KINGDOM」をスポンサード
することが発表されました。

AKRacing × KINGDOM

『League of Legends』日本プロリーグの登竜門『League of Legends Japan League Challenger Series 2016 Summer Split』(LJL CS 2016 Summer Split)に出場するゲーミングチームです。

同チームをゲーミングチェアゲーミングチェアブランド「AKRacing」がスポンサード。
その具体的な内容については明かされていませんが、他チームと同じく製品の提供が実施されることになるのではないかと思います。

KINGDOM 代表 児玉 信城からのコメント

AKRacing 様より支援して頂けるのはとても光栄でな事です。
AKRacing は国内外問わず数多くのゲーマーから支持されており、当チーム所属Streamer Cookiezi、LoL 部門OW 部門の選手達と共にAKRacing の更なる発展に貢献していきたいと思っております。
また、このスポンサーシップを機に改めてLeague of Legends Japan League 出場を目指して邁進してまいります。
皆様、今後とも応援よろしくお願いいたします。

AKRacing

Japan KINGDOMは LJL CS 2016 Summer SplitのRound5&6終了時点で2位に付けており、明日7/21(木)には Japan 7th heaven Xと対戦予定です。

また、AKRacingは『League of Legends Japan League』に出場する Japan 7th heaven、Japan Rampage といったチームも支援しています。

情報元

  • プレスリリース

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス MOBA向けゲーミングマウス『Razer Naga Hex V2』が7/29(金)に国内販売開始

Razer Naga Hex V2

MOBA向けゲーミングマウス『Razer Naga Hex V2』が7/29(金)に国内販売開始されます。

MOBA向けゲーミングマウス『Razer Naga Hex V2』

『Razer Naga Hex V2』は、既存の『Razer Naga Hex』を改良・パワーアップさせたMOBA(Multiplayer Online Battle Arena)タイトル向けのゲーミングマウスです。

大きな特徴は、マウスの左側面に親指用のサムグリップ、その周辺に6個のボタンを配置した構造です。以前に比べてサムグリップが大きくなったほか、各ボタンの配置・形状が変更され操作性の向上や押し間違い防止が行なわれました。

Razer Naga Hex
Razer Naga Hex V2

Razer Naga Hex V2
Razer Naga Hex V2

また、高スペックセンサーなど最新のパーツが採用された他、Razer Synapse 対応に対応、形状や素材も変更されています。

スペック

  • 7 ボタンのメカニカルキー採用サムホイール
  • 合計 14 個の MOBA 向けに最適化されたプログラム可能なボタン
  • ゴム製のサムグリップ
  • 最大 16,000 DPI 5G レーザーセンサー
  • チルトクリックスクロールホイール
  • 1,680 万色のカラーオプションを備えた Razer Chroma™ ライティング
  • デバイス間での色同期
  • 最大毎秒 210 インチ / 50g の加速度
  • 1000Hz の Ultrapolling / 1 ミリ秒の応答時間
  • Razer Synapse 対応
  • Zero-acoustic Ultraslick マウスフィート
  • 2.1 m / 7 ft 編組ファイバー USB ケーブル
  • 概算寸法:119 mm / 4.68 in (長さ) x 75 mm / 2.95 in (幅) x 43 mm / 1.69 in (高さ)
  • 概算重量:135g/0.30 lbs (ケーブルあり)

Lee "Faker" Sang-hyeok選手のコメント(SK Telecom T1所属、League of Legends選手)

このマウスを使用することにより、MOBAゲーマーはコマンドの発動をキーボードとマウスの使用比率のバランスを改善することができ、様々な状況でもより良い対応することが可能になります。また、親指ボタンの配置は、押間違いを防ぎ、プレイにおける正確性を向上させます。

価格は8,800円(税抜)が予定されています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス センサーやケーブルを変更可能な『SteelSeries』のフラグシップゲーミングマウス『Rival 700』が7/22(金)より国内販売開始

SteelSeries Rival 700

『SteelSeries』がフラグシップとなるゲーミングマウス『Rival 700』を7/22(金)より国内販売開始することを発表しました。

Rival 700

『Rival 700』は、ゲーミングマウス『Rival』シリーズの上位モデルにあたるフラグシップのゲーミングマウスです。

グリップ力を増すサイドのラバーグリップ、押しやすいサイドボタン、有機ELディスプレイ、バイブレーション機能、ジュラーシステム、といった新たな特徴があります。

特徴

OLEDディスプレイ

SteelSeries Rival 700

「OLEDディスプレイ」に好きな画像やテキスト、ゲームと連動したデータなどを表示可能。サイトのデモでは、CS:GOでのヘッドショット数や体力が表示されていました。

バイブレーション機能

SteelSeries Rival 700

ゲーム内のイベントを検知し、統合ソフトウェア『SteelSeries Engine』から振動パターンを割り当てて通知することが可能になります。

MOBA等のスキルクールダウンが完了した際や、体力が特定値よりも下回った場合に振動通知を通じてその情報を得ることが出来ます。

モジュラーシステム

SteelSeries Rival 700

マウスのケーブルを2種類から選択してつけ替え可能。
また、センサーがモジュール化された部品となっており、こちらをつけ替えることで自分の好みのセンサーを利用することが可能となります。
デフォルトは光学式センサーのPixArt 3360で、別売りの PixArt 9800 レーザーセンサーモジュールに交換することが出来るそうです。今後、様々なカスタム用パーツがリリースされていく予定とのことです。

スペック

  • 素材: マット仕様のトップカバー
  • 人間工学に基づいた右きき用デザイン
  • グリップスタイル: Palm, Claw, Fingertip
  • ボタン数: 7
  • スイッチ: SteelSeries Switches(耐久性3,000万クリック)
  • 本体重量: 135g
  • サイズ: 縦124.85mm × 横 68.46mm ×高さ 41.97mm
  • ケーブル長さ: 1メートル(短い)、2メートル(長い、編みあげケーブル)

センサー

  • センサー名: PixArt PMW3360
  • タイプ: Optical (光学式)
  • CPI: 100 to 16,000
  • 最大読取速度: 300ips
  • 最大加速: 50g
  • ポーリグレート: 1 ms (1000 Hz)
  • ハードウェアによる加速なし
  • Tracking Accuracy: 1:1

販売価格は12,000円(税別)が予定されています。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』が15周年、ゲーミングデバイスやValve本社訪問ツアーがあたる記念キャンペーンを開始

SteelSeries

ゲーミングデバイスブランド『SteelSeries』が15周年を記念したキャンペーンの実施を発表しました。

『SteelSeries』が15周年

『SteelSeries』はデンマークをルーツとするゲーミングデバイスブランドです。

eスポーツシーンの初期から、競技ゲーマー向けのゲーミングデバイス開発、選手・チームや大会の支援・スポンサードしてきました。

『SteelSeries』は15周年を記念し、自身の好きな「マウス」「キーボード」「マウスパッド」「ヘッドセット」を選ぶことでそのセットが手に入る他、アメリカのValve本社ツアー、MSIのGE62 Apache Pro Gaming Laptopが当たるキャンペーンをスタートしました。
当選者は7月15日に発表されます。
その間、ゲーミングデバイス、ギフトカード、ゲームなどが当たるキャンペーンも合わせて実施されるそうです。

賞品

SteelSeriesの15周年を祝うと共に、以下のキャンペーンサイトにぜひアクセスしてみてください。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『BenQ』がeスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』を正式発表

『BenQ』がeスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』をリリース

『BenQ』がeスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』を正式発表しました。

eスポーツ向けのUSBサウンドカード『ZOWIE VITAL』

『ZOWIE VITAL』は「使いやすさ」「パースナライズ」「音質の一貫性」を実現することを目標に開発されたゲーマー向けのUSBサウンドカードです。
台湾の展示会などで先行して公開されていましたが、公式サイトにて正式にアナウンスが行なわれました。

『ZOWIE』ブランドのゲーミングデバイスということで、他の製品とな同じく「ドライバレス」「プラグアンドプレイ」で動作する仕様となっています。一度設定を決めれば、後は『ZOWIE VITAL』を抜き差しするだけでいつでも同じサウンド設定を利用することが出来ます。

また、設定を変更したい場合は、Windowsのオーディオ設定画面を立ちあげることなくタッチパネルから簡単に調整可能。大会の会場に合わせて手元でオーディオ設定を簡単に反映することが出来るというわけです。

USBサウンドカード『ZOWIE VITAL』

USBサウンドカード『ZOWIE VITAL』

特徴

  • Bass / Treble / Vocal をタッチパネルから簡単に調整可能
  • 全てのサウンドをゲーム中に調整可能
  • ヘッドセット、スピーカーを同時に接続し、ボタンによって選択可能
  • サウンドパフォーマンス、ボイスクオリティをアップ
  • プラグアンドプレイで動作 (ドライバ不要)

製品の価格はいまのところ明らかにされていません。

2016年6月18~21日にスウェーデンで開催される『DreamHack Summer 2016』の「BenQ ZOWIE expo」ブースで製品を試用出来る他、会場内の「DreamStore」にて先行購入が可能になるとのことでした。

情報元

関連ニュース

8 / 203 ページ (全 2026 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp