PC・ゲーミングデバイス ニュース アーカイブ

8 / 205 ページ (全 2050 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

PC・ゲーミングデバイス 東プレ『REALFORCE』がOverwatchチーム『Green Leaves』をスポンサード、最強アマチュアチームがプロゲームチームとして活動開始

DSC_9450

東プレ株式会社が日本のOverwatchチーム『Green Leaves』のスポンサードを発表しました。

東プレ『REALFORCE』がOverwatchチーム『Green Leaves』をスポンサード

REALFORCE-1

2016年11月24日(木)、東プレ株式会社の本社にて新製品の発表会が実施され、同社の事業説明、高性能キーボード『REALFORCE』のeスポーツ向けモデルとなる新製品『REALFORCE RGB』、そしてOverwatchチーム『Green Leaves』のスポンサードが発表されました。

DSC_9372

ゲームチームのスポンサードは東プレ社にとって初となる試みで、チームの選手達は新製品『REALFORCE RGB』を使用して今後の試合に挑んでいきます。

契約金等の具体的な内容について非公表。東プレは『Green Leaves』と連係してeスポーツでの活動に取り組んでいく計画です。

スポンサードに合わせて、『Green Leaves』のロゴが印象的なユニフォームが贈呈されました。両面と肩に『REALFORCE』のロゴがあしらわれています。

DSC_9376

DSC_9381
左: Noanoa選手、右: hoshimi選手

DSC_9385

Noanoa選手のコメント
今まではアマチュアチームで、活動の制限などもありました。スポンサード受けまして、国内大会のみならず海外での活動にも広げられたらと思っています。

hoshimi選手のコメント
ユニフォームに袖を通すと、(プロゲーマーになった)実感が沸いてきました。デザインがかっこいいので、早く身に付けて大会に出たいですね

DSC_9421

プロ格闘ゲーマー・ウメハラ選手、ネモ選手と同じマネジメント会社がサポート

発表会の後、短い時間でしたがチームリーダーのNoanoa選手にお話を聞いてみました。

ついにプロゲーマーになりましたね。どういった経緯で今回の話が実現したのですか?

Noanoa: いろいろなツテで東プレさんとご縁があり、今回のスポンサードが実現しました。

プロ格闘ゲーマーのネモさんのように、フルタイムのプロゲーマーではなく社会人をしながらの活動になります。
今回、僕たちのマネジメントをそのネモさんや梅原大吾さんが所属する「Cooperstown Entertainmentにお願いすることになりました。

DSC_9081
ネモ選手

DSC_9096
梅原大吾選手

また、チームのWebサイト、ロゴ、ユニフォームデザインなどをELEFANT株式会社に行なっていただいています。

今後出場を予定している大会はありますか?

Noanoa: 今週からスタートする『JCG Master 2016』のどこかに出場して、2017年1月に開催される『Winter Finals』の出場権を取りに行きます。
今後は海外大会などにも出て行く予定です。

プロになったので、これまで以上に勝ちにこだわっていきます。負けられないですね。

eスポーツ向けキーボード『REALFORCE RGB』

10年近く『REALFORCE 106』を使用している自分も気になっているeスポーツ向けキーボード『REALFORCE RGB』の説明も行なわれました。

通常の『REALFORCE』に追加して、下記の新たな特徴を備えています。

DSC_9342
頻繁に使用したり速い入力を求める場合は1.5mmに。
入力ミスをしたくないキーは3.0mmに設定することを想定。

DSC_9345
定番のLEDバックライト。専用ソフトウェアから簡単に指定が出来ます。

DSC_9349
一般的な机はもちろん、オフライン大会でもデスクが狭い場合があるので、省スペース化は単純にうれしいところ。

また、全キーの同時押し対応、タイピングしやすいステップスカルプチャー構造という従来的な特徴はもちろん引き継がれています。

DSC_9351

DSC_9354

発表会では、Green Leavesの選手達が『REALFORCE RGB』を用いた『Overwatch』デモプレーも実施されました。

DSC_9406

Noanoa選手のコメント
非常に軽いキータッチで、長時間使用できるのが良いところです。
キーストロークはよく使うキーを短く、使わないキーや誤動作しては困るキーを3mmの深いストロークに設定しています。

キーボードは常に触っているデバイスなので、『REALFORCE RGB』を使うことでミスが少なくなり、勝率が上がっていくのではないかと思います。

hoshimi選手のコメント
従来のキーボードよりもコンパクトになったことで、マウス操作の邪魔になりません。また、持ち運びが楽になりました。キーの連打がしやすく負担が軽減されていて、パフォーマンスを出しやすいキーボードです。

DSC_9409

気になる『REALFORCE RGB』の発売日は2016年12月9日(金)で、価格は28,800円(税抜き)。
全国のREALFORCE取り扱い店や大手量販店で購入可能となります。

製品の詳細については、オープンした『REALFORCE』特設サイトをチェックしてみて下さい。

発表会の写真は以下からご覧いただけます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス ゲーミングマウス発売記念イベント『NAOS QG Japan Launch Party』開催、新製品情報やWebサイト・ソフトの日本語対応を発表

c

クラウドファンディングでの支援を経て誕生したゲーミングマウス『MIONIX NAOS QG』の発売記念イベントが11/12(土)に秋葉原で開催されました。

クラウドファンディングで誕生したゲーミングマウス『MIONIX NAOS QG』

『MIONIX』は性能、品質、デザインを追求しながら製品を開発するスウェーデンのゲーミングデバイスメーカーです。

同メーカーは、2014年12月に使用者の心拍数などを測定しながら操作が可能となるゲーミングマウス『MIONIX NAOS QG(Quantified Gaming)』の開発コンセプトを発表すると共にクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて「$100,000」を目標とした資金調達を開始しました。

その後、無事に目標額を達成して開発が進められ、2016年9月に完成。2016年10月には日本国内でも販売が開始されました

ゲーミングマウス発売記念イベント『NAOS QG Japan Launch Party』

本日、このマウスの発売を記念したイベントが開催され、抽選で選ばれたファンやメディア関係者が出席しました。

イベントオープニングの乾杯の様子
DSC_8647

イベントでは『MIONIX』の国内代理店 株式会社ゲートの大野氏が司会を担当。
『NAOS QG』を含む『MIONIX』製品の紹介、『NAOS QG』の体験会、質問と回答、プレゼント抽選会などが行なわれました。

DSC_8661
『MIONIX』について説明する大野氏

ゲーミングマウス『NAOS QG』

本日のメインである最新ゲーミングマウス『NAOS QG』のパートにて、製品が誕生したきっかけについては次のように説明されました。

『MIONIX』が新たな製品を開発する際には、製品でトライしてみたいことをまず列挙し、その中から出来るかそうでないかは関係なく、製品に入れたい要素を決定するとのこと。

この過程で心拍数/ガルバニック皮膚反応センサーを組み込んだゲーミングマウスを開発することが決定され、クラウドファンディングで開発資金を調達しながらコミュニティを巻き込み製品の開発が進められていきました。

以下は製品の説明に使用されたスライドです。

DSC_8693

DSC_8694

DSC_8695

DSC_8718

DSC_8726

DSC_8723

ゲーミングマウス『NAOS QG』の外観は下記の写真の通り。
ロゴの部分についているのが、『NAOS QG』の特徴的な計測センサーです。

DSC_8652

DSC_8653

DSC_8635

『SteelSeries Ikari』ライクな右利き用デザイン。手にフィットしながらガシっと掴むことが出来ます。

会場ではゲーミングマウス『NAOS QG』を体験使用することが出来ました

DSC_8742

写真撮影に協力していただいたのはLeague of Legends情報サイト『Mikulas』のオオギさん。

画像を拡大すると心拍数を現わす数字が「107」となっているのを確認できます。
通常は70~80台なので、運動しているわけではなくこの数字は比較的高い方です。
ゲームでテンションが上がっている状態だったのかもしれません。

リニューアル新製品: プラスチック系ゲーミングマウスパッド『MIONIX PROPUS』

イベント内では、新情報として既存のプラスチック系ゲーミングマウスパッド『PROPUS 380』をリニューアルした新製品『PROPUS』が発表されました。

DSC_8678

DSC_8688

こちらは素材を変更し耐久性を向上させた他、デザインが独特の形状から一般的な長方形に変更されています。

DSC_8685

大野氏が手にしているのが旧製品です。
具体的なリリース日や価格等は今後の発表となります。

Webサイトやデバイスの設定ソフトが日本語に対応予定

『MIONIX』デバイスの設定に使用するソフトウェア、そして製品を紹介する公式Webサイトが日本語に対応します。

設定ソフトはまだ一般公開されていませんが、会場ではベータ版ソフトで日本語表示を確認することが出来ました。

DSC_8738

それぞれの公開はもう少し先になるようです。

この他にはMionix製品のプレゼント抽選会なども実施されました。
最新ゲーミングマウス『NAOS QG』を手に入れたラッキーな方も。

DSC_8768

この他の会場の様子やスライド資料の写真は下記よりご覧ください。

写真

DSC_8731
来場者に 振る舞われたMIONIXのハニートースト

参考

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Razer』の布系ゲーミングマウスパッド『Goliathus』シリーズが新デザインで登場

razer-goliathus-og-image

『Razer』の布系ゲーミングマウスパッドのデザインが一新され、2タイプ・4サイズの8種類で展開となることが発表されています。

布系ゲーミングマウスパッド『Goliathus』シリーズが新デザインで登場

『Goliathus』シリーズはコントロール重視の『Razer Goliathus Gravity Control-』、素早いマウス移動に最適な『Razer Goliathus Cosmic Speed』の2種類、それぞれ4サイズにて展開されます。

Razer Goliathus Gravity Control

Razer Goliathus GRAVITY EDITION は、表面に凹凸ができるよう繊維を編み込むマイクロテクスチャークロス加工が施されており、マウスの操作に対し適度なグリップを生み出します。ゲーム内でピクセル単位でのターゲッティングを可能にし、高いコントロール性を実現させました。

Razer Goliathus Cosmic Speed

Razer Goliathus COSMIC EDITIONは、ゲーミングマウス操作時の抵抗感を限りなくゼロに近づけ、俊敏に動かせるよう、細かく均一に織り込まれたクロスを表面に採用したマウスマットです。なめらかなクロス表面は肌触りも良く、長時間のゲームプレイでも疲労を最小限に抑えます。

製品仕様

  • 製品サイズ(共通)(D×W×H):Small約215 x 270 x 3 (mm)、Medium 約254 x 355 x 3(mm)、Large約355 x 444 x 3(mm)、Extended約294 x 920 x 3(mm)
  • 製品重量(共通):Small 110g、Medium 180g、Large 395g、Extended 540g
  • 個装重量(共通):Small 210g、Medium 290g、Large 460g、Extended 670g
  • ピクセルレベルの精度でターゲッティングとトラッキングが可能
  • すべてのマウス感度とセンサーに最適化
  • 携帯性に優れたクロス(布)ベースのデザイン
  • ほつれ止めステッチフレーム
  • 滑り止め加工を施したラバーベース

グローバルでは、これに追加して『Razer Goliathus Mobile』というノートパソコン向けのマウスパッドも展開されています。こちらはモバイル向けマウスパッドとしてラインナップされている長方形型の『Razer Kabuto』とは別展開の製品となっていくようです。

新たな『Goliathus』シリーズは、来週2016年11月18日(金)より国内販売が開始されます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『BenQ』が世界最高峰のCS:GO情報コミュニティサイト『HLTV.org』モデルのゲーミングマウスパッドをリリース

HLTV.org×ZOWIE

『BenQ』が同社のゲーミングブランド『ZOWIE』より世界最高峰のCS:GOコミュニティ情報サイト『HLTV.org』モデルのゲーミングマウスパッドをリリースしました。

『ZOWIE』から『HLTV.org』モデルのゲーミングマウスパッドが登場

リリースされるのは布系ゲーミングマウスパッド『ZOWIE G-SR』をベースとした厚さ3.5mの『G-SR-SE』と厚さ5mmの『G-SR+-SE』に『HLTV.org』の特別デザインを施したモデルとなります。

特徴

  • 滑らかで均一なテクスチャがG-SRブラックとは異なる一貫して快適な滑りを提供
  • どのような場所においても安定性をもたらす新たな設計のラバーをベースに採用
  • 全てのマウスと100%互換性あり
  • サイズ:
    • G-SR+-SE : 横480mm×縦400mm×厚さ5.0 mm
    • G-SR-SE : 横480mm×縦400mm×厚さ3.5 mm

販売サイト

『ZOWIE』ブランドは、『BenQ』に買収される前から様々なコミュニティに対してオリジナルのマウスパッドを提供しており、当サイトでも2009年に数量限定でマウスパッドを作っていただいたことがあります。

ZOWIE GEAR CM2 本体

マウスパッドは先に記載したリンク先から購入可能です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Razerのゲーミングデバイス専門フロア『RAZERZONE』が11月19日(土)秋葉原「TSUKUMO eX.」内にオープン

RAZERZONE

Razerのゲーミングデバイスを専門に取り扱うショップインショップ『RAZERZONE(レーザーゾーン)』が11月19日(土)に秋葉原「TSUKUMO eX.」の地下1階にオープンします。

『RAZERZONE』が2016年11月19日(土)、秋葉原「TSUKUMO eX.」内にオープン

『RAZERZONE』は秋葉原「TSUKUMO eX.」内の地下1階全体を占有する形で、2016年11月19日(土)午前10時にオープンとなります。

フロアは、Razerのブランドカラーであるブラックとグリーンを基調とした内装が施され、「マウス」「キーボード」「マウスマット」「ヘッドセット」「スピーカー」「マイクロフォン」「ゲーミングPC」「VR」「アパレル」「アクセサリー」など、ありとあらゆるRazer製品を取りそろえたRazerファンにはたまらない空間となります。今後は、同フロアを使ったゲーマー向けのイベントを開催していく予定とのことです。

海外で同様のスタイルのお店は『Razer Store』として展開されていますが、日本では『RAZERZONE』となり名称が異なっています。

下記は参考までに以前見に行った台湾のRazer Storeの様子です。Razerらしい世界観を感じられるすばらしい空間でした。

DSC_0579

DSC_0580

日本にもこのような場所ができるのは非常に楽しみです。

TSUKUMO eX.

参考

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Fnatic Gear』からゲーミングマウス『Clutch G1』、ヘッドセット『DUEL TMA-2』が登場

Fnatic Gear - Clutch G1 - DUEL TMA-2

プロゲームチーム Fnaticが展開するゲーミングデバイスブランド『Fnatic Gear』から、新たなゲーミングマウスとゲーミングヘッドセットが登場しました。

Clutch Optical Gaming Mouse

Clutch Optical Gaming Mouse』は右きき用デザインの光学式ゲーミングマウスです。

いわゆる「IntelliMouse Explorer 3.0」スタイルな形状に、Pixart 社のPMW 3310光学式センサーを搭載をしており、ボタン数は7つ、ホイールのLEDカラーを1,680万色から設定可能となっています。

スペック

  • センサー: PMW 3310
  • MCU/Processor: Holtek HT68FB560
  • メインスイッチ: Omron D2FC-F-7N
  • メモリ: 256kB
  • 解像度: 5000 CPI
  • トラッキングスピード:130 IPS
  • 最大加速: 30G
  • ポーリングレート: 最大1,000Hz
  • サイズ: 横68mm×縦130mm×高さ43mm
  • 重さ: 116g

プロモーションビデオにはFnatic CS:GO部門のエース Sweden Olof "olofmeister" Kajbjer Gustafsson選手のプレーが登場しています。マウスの名前「Clutch」は最後の1人となった選手が、複数の対戦相手を倒して逆転勝利する「クラッチ」プレーが由来となっています。

価格は69ユーロ(約7,900円、1ユーロ=114.51円)で、Fnatic Shopにて予約受付が開始されています。

Duel Modular Gaming Headset

Duel Modular Gaming Headset』は、デンマークのヘッドフォンブランド「AIAIAI」の「TMA-2 DJ」をベースとし、Fnaticの選手達の協力によりe-Sports向けにカスタマイズされたゲーミングヘッドセットです。

「TMA-2」シリーズ最大の特徴は、モジュラーシステムによりヘッドセットのパーツを用途に合わせて簡単に変更可能な点です。

『Duel Modular Gaming Headset』には、「Gaming」「On the Road」という2種類のスピーカーユニット、イヤーパッドが用意されており、「Gaming」はそのままゲーム用、「On the Road」は一般的な音楽鑑賞等に最適な仕様になっていると思われます。

価格は199ユーロ(約22,800円)で、こちらもFnatic Shopにて予約受付中です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』がマウスバンジー・マウスコードホルダー・キートップキットを発表

xtrfy-1

『Xtrfy』がマウスバンジー・マウスコードホルダー・キートップキットの3製品を発表しました。

『Xtrfy』がマウスバンジーなど3製品を新たに発表

B1 Mouse bungee

002-b1-led_gallery

B1 Mouse bungeeは、プロゲームチーム Sweden Ninjas in Pyjamasが開発に協力して誕生したマウスバンジーです。

マウスバンジーはベース部分が四角形となっており、背面にLED、サイドに4つのUSBポート、中央にマウスコードを固定する機構を搭載しています。
この形状により、より安定性を保ちながらマウスを快適に動かすことが可能となっています。

Emil "HeatoN" Christensen氏のコメント (NiP創設者、CS1.6元世界王者)
マウスバンジーは選手のパフォーマンスを真に発揮させるために、マウスの動きに対して抵抗なく滑らかに追従していく必要があります。
B1は新たな構造を持つB1は他のマウスバンジーよりも柔軟で、マウスの滑らかな動きとより良い操作性を提供します。

C1 Mouse cord holder

001-c1-gallery

C1 Mouse cord holderは、アタッチメントのメタルプレート、マウスコードホルダーの2つを組み合わせて使用します。

まずは机にメタルプレートを貼り付け、そこに強力なマグネットを搭載したコードホルダーを載せることでマウスコードを固定。これによりマウスコードの角度を安定し、快適なマウス操作が可能になります。

A1 Mechanical keyboard enhancement kit

003-a1-gallery

こちらはメカニカルゲーミングキーボード向けのアクセサリーキットです。
LEDの光を透過するフロストホワイトのキートップ5個、キートップ引き抜き器具、キートップの差し込み口にセットすることでキー押下時の音を静かにするOリング、掃除用のブラシがセットになっています。

002-a1-gallery

毎度のことですが、日本には『Xtrfy』の正規代理店がないため製品を欲しい場合は海外ショップ等から購入する必要があります。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス Mionix最新ゲーミングマウス発売記念イベント「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」が11/12(土)に完全招待制で開催

NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY

Mionixの最新ゲーミングマウス発売を記念したイベント「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」が11/12(土)に秋葉原で開催されます。

NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY

「NAOS QG JAPAN LAUNCH PARTY」は、クラウドファンディングの支援で完成した身体反応測定機能付きゲーミングマウス『Mionix NAOS QG』の10/28(金)国内発売を記念して実施されるイベントです。

イベントは専用フォームから参加申し込みをした中から抽選で選ばれたファンのみが参加出来る完全招待制で実施されます。

開催情報

  • 開催日: 2016年11月12日(土)13時~
  • 申し込み締め切り: 2016年11月3日(木・祝)24時
  • 会場: 秋葉原駅周辺イベントスペース
  • 参加条件: 参加抽選の当選者のみ、完全招待制
  • 参加登録フォーム: https://t.co/csd0X6Fy5V

イベント内容

  • MIONIXについてのプレゼンテーション
  • NAOS QGのご紹介
  • NAOS QG体験会
  • 来場者プレゼント、軽食をご用意

プレゼンテーションは『Mionix NAOS QG』を使用しながら行なわれます。

プレゼンで緊張する担当者の心拍数等が、『Mionix NAOS QG』を通じてリアルタイムに伝わってくる面白そうな展開となりそうです。

『Mionix NAOS QG』は10月28日(金)に店頭推奨価格15,000円(税別、オープン価格)で発売予定です。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『Xtrfy』が右きき用デザインの光学式ゲーミングマウス『XG-M3-HEATON』を発表

XG-M3-HEATON

『Xtrfy』が右きき用デザインの光学式ゲーミングマウス『XG-M3-HEATON』を発表しました。

XG-M3-HEATON

『XG-M3-HEATON』は、プロゲーマー時代にはCounter-Strikeで8回の世界王者を達成し、世界トップクラスのプロゲームチーム Ninjas in Pyjamasの創設者でもある Sweden Emil "HeatoN" Christensen氏が開発に参加して誕生しました。

同製品は、HeatoN氏が現役時代に使い続けていたというマウス「Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0」の形状をインスパイアしながら、安定した光学式センサー、CPI切り替え機能、掴みやすい表面ラバー加工、LEDライトなどを載せたゲーミングマウスとなっています。

LEDはイエロー発光仕様で、HeatoN氏のサインも光るデザインとなっています。
製品価格は79ユーロ。日本には正規代理店がないため、入手したい人は海外ショップ等からの購入となります。

Emil "HeatoN" Christensen氏のコメント

M3は私が求める完璧なゲーミングマウスで、最高のパフォーマンス、自身が信頼出来るハードウェア、ユニークな形状が特徴です。

スペック

  • センサー: Pixart 3310 optical gaming sensor
  • メインボタンスイッチ:オムロン製
  • サイドボタンスイッチ: Kailh製
  • CPI: 400/800/1600/3200/4000
  • ポーリングレート 125, 500, 1000 Hz
  • 最大反応速度: 1ms
  • 最大認識速度: 130ips
  • 最大加速: 30g
  • ケーブル長さ: 2メートル
  • 重量: 104グラム (ケーブル含まず)
  • サイズ:横55~70mm×縦130mm×高さ39mm

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス PCゲーミンング専門店『GALLERIA Lounge』がプロゲーマーのアドバイスサービスを開始、10/15(土)、16(日)にRascal Jesterの選手が登場

Rascal Jester

秋葉原のPCゲーミング専門店『GALLERIA Lounge』にて、プロゲーマーによるゲーミングデバイスや、PCゲームのお悩み相談のサービスが開始されます。

『GALLERIA Lounge』が店舗でプロゲーマーのアドバイスサービスを開始

今回のサービスでは、ゲーミングPC『GALLERIA』ブランドを展開する株式会社サードウェーブデジノスがスポンサードするプロゲーミングチーム Japan Rascal Jester 所属のプロゲーマーが登場。

来訪客は、ゲーミングデバイスの購入やゲームについて、プロゲーマーならではの視点からアドバイスを得ることが出来ます。

店舗情報

  • サービス開始日:2016年10月15日(土)12:00より
  • 店舗場所:GALLERIA Lounge - 東京都千代田区外神田1-11-4ミツワビル 1F・B1F
  • 店舗営業時間: 11:15~20:00 年中無休(元日を除く)

店舗に登場するのは Japan Rascal Jester CS:GO部門のJapan SaSRaI選手、Japan DarkMioN選手の2名。今週末は店舗に常駐し、以降は不定期でお休みの日があるとのことでした。

週末には、両選手にCS:GOの1vs1でチャレンジするイベントが開催されるそうです。
また、ドスパラ各店舗で配布されている名刺を持参するとゲーミングデバイスが5%割引となるキャンペーンも実施されます。

情報元

関連ニュース

8 / 205 ページ (全 2050 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング