Negitaku.org esports > > 1 ページ

negitaku ニュース アーカイブ

1 / 31 ページ (全 308 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

negitaku サイト更新の休止について

サイト運営者の Yossy です。

先日よりインフルエンザとなってしまい、更新の作業を行なうのが難しい状況です。
近日中には再開できるようになる見込みです。

再開まで今しばらくお待ち下さい。

negitaku Negitaku.org 2016年人気記事ランキング トップ10

Negitaku.org

Negitaku.org の 2016 年人気記事ランキングです。

Negitaku.org 2016 年人気記事ランキング

2016年に掲載した記事から、閲覧人数の多かったトップ10記事をご紹介します。
※ページビューではなく訪問人数
※集計にはGoogle Analyticsを使用

今年は、Counter-Strike: Global Offensiveの記事が多数ランクインする結果となりました。

10位: 「AVA」現世界王者『ahq e-sports club』のメンバーが「Overwatch」に転向

ahq e-sports club

『Alliance of Valiant Arms』の世界王者が、2016年世界大会を前に『Overwatch』に転向するとのことで、AVAの日本コミュニティから大きな注目を集める結果となりました。
チームとしてはまだそれほど大きな実績は残せていませんが、Taiwan EDIBOSS選手は『Overwatch World Cup 2016』の台湾代表に選抜されていました。

9位: LoL北米ランキング1位のプレーヤーがSNSやゲーム内での振る舞いを理由にプロ選手になるチャンス「NA Scouting Grounds」への参加を拒否される

2016 NA Scouting Grounds

シーズンを通したRankedゲームで優秀な実績を残し、スカウト対象の候補選手となったものの、ゲーム内チャットやSNS投稿での内容が問題視され資格を剥奪されてしまったというお話です。プロ・アマにかかわらず反面教師としていきましょう。

8位: 賞金総額5000万円のスマートフォンeスポーツ大会『モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ決勝大会』で今池壁ドンズが優勝

モンストグランプリ2016 チャンピオンシップ決勝大会

サイト的にはメインの取り扱いタイトルではないのですが、世界的に人気のスマートフォンゲーム&日本最高賞金額のモバイルeスポーツ大会ってどんなものなのだろうという興味から取材させてもらったものです。みなさんも興味があったのか、8位のランク入りとなりました。色々な大会を観戦するのは面白いことだと改めて思わされた大会でした。

7位: DeToNatorのOverwatch部門に5人目のメンバーとしてStylishNoobが加入

DeToNator Overwatch

プロゲームチーム Japan DeToNator が『Overwatch』に早期参入を発表して話題となっていましたが、5人目がストリーミング配信等で有名な Japan StylishNoob氏ということで注目となりました。国際大会・イベントなどを経て第一期チームは2016年10月で活動終了となり、現在は新メンバーでの活動に移行。フルタイムのプロ化に向けて1月3日までブートキャンプを実施中です。

6位: DeToNator、台湾プロリーグ『A.V.A Elite League 2016』デビュー戦でahqに圧勝「台湾共同生活の全てが活きた勝利」

DeToNator

日本のプロチームが海外のFPSプロリーグに参戦という歴史的瞬間ということで、台湾まで観戦しにいったレポート記事です。レギュラーシーズンも1位となりプレーオフに進出。決勝戦では長年のライバル Taiwan ahq e-sports Clubと対戦しましたが完敗という結果に。
その後、国際大会『AVA International Championship 2016』で3位となった後、メンバー4人がOverwatchに転向となりました

5位: 日本のプロチームDeToNatorが『Overwatch』Blizzard台湾公式エキシビションマッチに招待出場

Blizzard

日本から台湾Blizzardの公式大会に招待されたということでコミュニティの注目を集めました。試合は台湾選抜の勝利となりました。その後、台湾選抜チームのメンバーはプロゲームチーム Taiwan ahq Sに加入しています。

4位: CS:GO日本トップチームで複数のメンバー加入・変更が発生、有力プレーヤーをそろえた新チームも登場

Counter-Strike: Global Offensive

「ジャパンシャッフル」と言うべき、大型のチーム移籍が集中しCS:GOコミュティが動向を見守るという展開となりました。この後、日本Counter-Strikeシーンのレジェンドチーム4dimensioNが10年ぶりに復活するなどのサプライズがありましたが、2016年後半には『JCG』が主催するCS:GO大会の終了、トップチームの活動休止などが相次ぐという、当時としては予想外な状況となっています。

3位: 日本のプロゲームチームDeToNatorが台湾に専用練習場や選手住居を新設、2016年より海外での活動を開始

DeToNator

またもや Japan DeToNatorの話題がランクイン。日本を飛び出し海外でチャレンジすることが大きなインパクトとなった結果ではないでしょうか。AVA部門が『A.V.A Elite League 2016』に参戦して以降も、台湾の拠点は『Overwatch』部門のブートキャンプなどで活用されています。

2位: 日本のプロゲームチーム『Rampage』が『LoL』部門新体制、新スポンサー、『Overwatch』部門の設立、所属ストリーマーを発表

rampage

『League of Legends』部門のロスター大幅変更、Overwatch部門にKINGDOM-eX6の選手が参加、有名ストリーマーとの契約など様々なコミュニティから注目を集め、つい先週の出来事ですが年間2位に食い込むほどのアクセス数となりました。
先日は、元メンバーによる引き抜き問題の発覚などでも話題となっています

1位: 『Overwatch』のデータ統計サイト『Overbuff』がオープン

Overbuff

愛用しているDota 2の統計サイト『DOTABUFF』を展開するELO ENTERTAINMENT社によるOverwatch向けサイトということで紹介したところ、まさかの1位に。
なぜ1位になったのかは個人的には謎な感じですが、多くの方に知っていただくきっかけになったのであれば良かったということで。

今年は大会やイベントに可能な限り行くことに注力していたので、台湾や取り扱ってないタイトルの大会に足を運んで書いた記事がランクインしたのは個人的にうれしいところ。
Dota 2やゲーミングデバイスの話題が1つも入らなかったのは意外でした。

2017年はついにサイト開設から15年になります。といっても何か特別なことをする予定もなく、いままでどおりな感じで続けていくことになると思いますが。

今後ともよろしくお願いいたします。

関連ニュース

negitaku Negitaku.org 開設14周年

Negitaku.org

Negitaku.orgが2002年8月24日の開設以来14周年となりました。

Negitaku.org 14周年

またもやあっという間に1年が過ぎまして、サイトも14年目になりました。
14年も続けていると、サイトを運営していく上での考え方も結構変わっていきます。

最初の頃は「ページビューを増やしたい」とか思いながらやってきましたが、14年もやっているとほとんど興味が無くなってアクセス解析も全然みていません。
最近思うのは、サイトで紹介している情報を通じて「何かを感じてもらうことが出来れば」ということです。

例えば、単純に記事を読んで「へー」と思ってもらえるのでも良いですし、大会レポートの写真等を見て、選手がカッコイイと思ってもらえたり、自分も出てみたい、やってみたい、こんな大会なら次は行ってみたいと思ってもらえたりしたらとてつもなくうれしいという感じです。

全ての記事ではむずかしいかもしれませんが、いまはそんな思いを持って続けていくつもりですので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

関連ニュース

negitaku Negitaku.org 2015年人気記事ランキングTOP10

Negitaku.org

Negitaku.org の 2015 年人気記事ランキングです。

Negitaku.org 2015 年人気記事ランキング

2015年に掲載した記事から、閲覧人数の多かったトップ10記事をご紹介します。
※集計にはGoogle Analyticsを使用

今年は、Counter-Strike: Global Offensiveの記事が多数ランクインする結果となりました。

10位: ゲーミングマウス『SteelSeries Rival 300 CSGO Fade Edition』が公式Webストアで発売開始

SteelSeries Rival 300 CSGO Fade Edition

CS:GOのレア武器装飾「Fade」カラーを施した特別デザインのゲーミングマウス。
日本では正式に取り扱われていませんが、公式オンラインショップから購入可能です

9位: ファンがCS:GOプロゲーマーGeT_RiGhTのマネをして遊ぶ息子(3才)の動画をアップしたところ、本人からサインいりユニフォームが届く

Carter

3才のCarterくんが、GeT_RiGhT選手のマネをしながらCS:GOの細かな効果音や動き(特にナイフを持った走り方は秀逸)を再現している心温まるムービー。
この動画を本人がみて、サイン入りユニフォームをプレゼントしています。

8位: プロゲーマーの世界を描いたマンガ『Good Game』全2巻が「絶版マンガ図書館」で無料公開

Good Game

2009年8月より『コミックギア』『まんがタイムきららフォワード』にて連載されたマンガ(作者:友吉さん)が無料か公開。架空のRTSやFPSで競技に挑んでいきます。下記では無料版と合わせて、有料版の販売も行なわれています。

7位: AVAの日本トップクラン「Recycle」が公式大会3連覇を目指し期間限定のゲーミングハウスでチーム合宿を実施

AVARST 2014 Season3

『AVARST2015 Season1』に向けてオフラインでの合宿を実施。
チームは護衛部門で見事優勝という結果を残しました

6位: CS:GOの国別対抗戦『World Championship』に挑む日本代表チームのメンバー10人が明らかに

Counter-Strike: Global Offensive

  • Japan ShirleyAstre
  • Japan himajun
  • Japan zodiax
  • Japan aferax
  • Japan pace
  • Japan noppo
  • Japan Flame
  • Japan akioni
  • Japan shoushi
  • Japan implement

その後、メンバー変更があり最終的には8人でアジア予選に挑みました。
ベトナム、シンガポール、韓国と対戦し、1勝2敗の3位となり予選通過はなりませんでした。

5位: 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2015-12-08)、新武器スキン追加、公式戦の試合&C4爆破時間が変更

Counter-Strike: Global Offensive

今月初旬に来た大きな仕様変更で注目を集めました。

4位: プロゲームチームDetonatioNが機密保持契約違反による選手の解雇を発表、当人と出場大会に見解を質問

掲載後に事実と異なるという指摘をいくつかいただきました。

3位: CS:GOの一部ゲームモードでValve公式日本サーバーの稼働が開始

Counter-Strike: Global Offensive

日本にCS:GOのサーバーが設置され、かなり快適にゲームをプレーできるようになりました。
Dota 2にも日本サーバーが登場しています。一方、韓国はDota 2のローカルサービスが終了となった他、サーバーも撤去となってしまいました。

2位: 有名格闘ゲームチームBlackEyeがCS:GO部門を設立、日本トップチームCipangu.GOのメンバーが加入

Black EYE

BlackEyeが2014年の『Electronic Sports World Cup』日本代表 Japan Cipangu.GO のメンバーを中心としてCS:GO部門を設立。その後は7人体制となり、下記のメンバーで活動が行なわれています。

  • Japan ZodiaX
  • Japan himajun
  • Japan Asils
  • Japan Eroc
  • Japan DEKATORA
  • Japan LiochaN
  • Japan Crea

また、チームは先日4番目となるLeague of Legends部門の立ち上げを発表しています

1位: CS:GO日本王者DeToNatorと元CS1.6プロチーム4dNメンバーで構成されたレジェンドチームのエキシビションマッチレポート

DeToNator [vs] CS1.6レジェンドチーム エキシビションマッチ

『東京ゲームショウ2015』で開催されたCS:GOのエキシビションマッチのレポートが最もアクセスを集めました。レジェンドチームが現役チームを脅かす展開は非常に熱くなりました。

現在、世界のトップシーンでは彼らが現役の頃に活躍していた選手達が復帰する流れが続いており、2016年のCS:GOシーンがどうなっていくか興味深いところです。

今年の更新はまだ続ける予定です。
サイトをご覧頂いている皆様ありがとうございます。

引き続きよろしくお願いいたします。

関連ニュース

negitaku サイト更新の再開について(2015-12-21)

Negitaku.org

サイト運営者の体調不良により更新を一時休止とさせていただいていましたが、本日より再開に向けて再び再始動したいと思います。

といいつつも、ご存じのとおり何度か更新していましたが…。
14日にお知らせをしたあと、16日に入院となり本日ようやく退院となりました。

サイトのコメントやSNSでメッセージをいただいた皆様ありがとうございました。非常に励みになりました。
これからもよろしくお願いいたします。

negitaku サイト運営者体調不良による更新の一時休止について

Negitaku.org

先週末より連日高熱が続いておりいくつかの病院を転々としていたのですが、
本日「肺炎」との診断が下されました。

まだ初期とのことで入院は免れましたが、今後どうなっていくかは不明です。

今週末の『Red Bull 5G 2015 FINALS』までに是非とも直したいと思っているので、
しばらくは回復に向けて全力を尽くすため
数日は更新をお休みさせていただくことになります。

回復しましたらまとめて更新しますのでよろしくお願いいたします。

投稿いただいている記事の反映も遅れており申し訳ございませんが、
いましばらくお時間頂けたらと思います。

また、日曜以降のメールやSNS等のメッセージをほとんど見れていないので
申し訳ありませんが返信まで今しばらくお待ち下さい。

※12/14(月)掲載

※12/18(金)実験的に更新してみました


negitaku サイトが閲覧しにくい状況についての報告

Negitaku.org

サーバー管理会社より当サイトサーバーへのDoSアタックが行なわれたことにより、閲覧しにくい状況が発生していたとの報告が届いていました。

お客様ご利用の以下IPアドレスに対して発生したDoSアタックにつきまして、攻撃
が収束したことを確認いたしましたため、攻撃元IPアドレスのフィルタリングによ
る通信回復処理を解除いたしました。

IPアドレス :XX.XX.XX.XX

DoSアタック検知時刻 :2015年11月21日 02時44分53秒
通信回復処理解除時刻 :2015年11月21日 09時59分03秒

この度の対応では、DoSアタックの影響により他のお客様サービスにも正常に通信
ができない状態となる恐れがあったため、緊急の措置として実施させていただきま
した。

なお、再度DoSアタックが発生し、他のお客様サービスにも影響が及ぶ恐れがある
場合につきましては、改めて同様の対応を行わせていただきます。

また、同様の問題により、再び閲覧しにくい状況が発生する可能性があるとのことです。
よろしくお願いいたします。

negitaku Negitaku.org 開設13周年

Negitaku.org

Negitaku.orgが2002年8月24日の開設以来13周年となりました。

Negitaku.org 13周年

もたもや、あっという間に1年が過ぎまして、今年もサイトが存続している報告を行なう事が出来ました。

このサイトは基本的に、個人サイトとして自分が余暇時間を使って運営しています。
開設当時は学生で時間に余裕がありましたが、13年も経つと家族が増え年々大きくなったり、仕事の方も忙しくなったりと、サイトに割ける時間がどうしても少なくなってきたことを実感しています。ピーク時に比べれば紹介できる情報量もかなり減ったと思いますが、それでも多くの人に日々ご覧いただいてありがたい限りです。

サイトを運営しているのはなぜか振り返ってみました

たまにですが、お会いした方などに「サイトをそこまで継続して運営するモチベーションは何なのですか?」と聞かれることがあります。

今回、この13周年に関するエントリを書くにあたり、「なぜサイトを運営するのか」、さらに振り返っては「なぜサイトを始めたのか」ということを考えてみました。

結果、まず前提として「自分がゲームを好きであること」、そして「自分が好きなゲームに関することを色々な人に知って欲しい」ということが根底になっているのではないかと思います。

今後も基本を継続予定

サイトを開設する前は大好きな「QUAKE III ARENA」や「Counter-Strike」に関することを、当時参加していたIRCチャンネルに投稿して紹介していたのですが、「サイトを作って紹介したらもっと多くの人に知ってもらえるのでは」と考えたのがこのサイト立ち上げのきっかけです。

この2ゲームの世界的な競技シーンはいつのまにやら「eスポーツ」と呼ばれるようになり、そのような世界も紹介していくうちに、さらに関連して様々なゲームに関する情報をサイトで取り扱うようになってきました。

ただ、最初にも書いたとおり基本的には個人が主体となって運営しているので取り扱う量には限界があります。なので、これからも基本的には自分ができる限りの範囲で「自分が好きなゲームに関すること」を紹介していくのではないかなと思っています。

ここ数年で、写真を撮ることが結構好きになったので大会で良さげな写真を撮ってゲームやゲーマーの格好良さみたいなものが伝えられないかなとも思っていたりします。

長くなりましたが、サイト開設の区切りに始めた当初に思っていたことなどを振り返ってみました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

関連ニュース

negitaku Negitaku.org 2014 年人気記事ランキング

Negitaku.org

Negitaku.org の 2014 年人気記事ランキングです。

Negitaku.org 2014 年人気記事ランキング

例年はサイトの独自カウンターの数値を元に算出していたのですが、今年はより正確な結果となるようGoogle Analyticsのデータを使用しました。

10位: BenQが144Hz駆動、応答速度1ms、ブレ軽減モードを搭載したFPS向けのゲーミングモニタ『XL2411Z』を3/25(火)より発売

XL2411Z

『XL2411T』の後継モデルとなるFPS向けゲーミングモニタです。
FPSゲーマーの読者が多いと思いますので、やはりモニタは注目度が高いです。

9位: 『アマゾン』の「ゲーミングデバイスストア」がリニューアルオープン、日本のプロゲーマーたちが「勝てる」デバイスの選び方を紹介

Amazon.co.jp: ゲーミングデバイスストア

ゲーミングデバイスブランドの紹介、日本のプロゲーマーによる勝てるデバイスの選び方の紹介コーナー等が追加されています。

8位: FPS『Counter-Strike』がリリース 15 周年に

Counter-Strike

ここ数年はRTSやMOBAが競技シーンの中心となっていましたが、『Counter-Strike: Global Offensive』が様々な改良の結果、賞金総額25万ドルの大会が3度も開催されるほどに。
『Counter-Strike』シリーズファンにとってはうれしい年だったのではないでしょうか。

7位: Ninjas in PyjamasのGeT_RiGhTがFifflarenに対する批判について言及

GeT_RiGhT

チームメイトの成績不振に対するGeT_RiGhT選手の言及が話題となりました。
Fifflarenは残念ながら8ヶ月後の11月にプロゲーマーを引退。代わりにMaikelele選手がチームに加入しています。来年早々に正式契約を結ぶ計画のようです。

6位:Negitaku.org 12周年記念『ZOWIE GEAR』のゲーミングデバイス プレゼント企画を実施

Negitaku X ZOWIE

サイトの周年記念でプレゼント企画を実施していただきました。
いつも見ていただいているみなさん、ありがとうございます。

5位: 日本のプロゲームチームDeToNatorがCS:GO、DOTA2、LoLを新設部門の候補タイトルとして検討中

DeToNator

様々なスポンサーからの支援を受けオンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』で活動する DeToNator が新たなゲームへの進出を計画中。

先日AVAの大会でお会いした際に話を聞いたところ、2015年の早い段階で発表出来そうとのことでした。

4位: CS:GOの大型アップデート『Operation Breakout』リリース、壁抜きシステムが大きく変更に

Operation Breakout

このアップデートから大会で使用されるマップが「Dust2」「Nuke」「Mirage」「Inferno」「Cobblestone」「Overpass」「Cache」に変更されました。

3位: SteelSeriesが10年以上のノウハウを元に作り上げた究極の布系ゲーミングマウスパッド『SteelSeries Dex』を発表

SteelSeries Dex Gaming Mousepad

このマウスパッドも含め、2014年はゲーミングデバイスファンの間で様々なブランドから登場した新しいパッドが話題となっていたように感じています。

2位: 『Hearthstone: Heroes of Warcraft』を始めて約7日でトップラダーのLegendaryに到達したMagic: The Gatheringの元世界王者Gabe Walls氏のAMA和訳

Hearthstone: Heroes of Warcraft

nemukeさんが寄稿してくださった記事です。これを読んで『Hearthstone: Heroes of Warcraft』に興味を持った方もたくさんいたようです。nemukeさんありがとうございました。

1位: 日本初となるeスポーツの情報&バラエティ番組「eスポーツ MaX」が4/6(日)よりTOKYO MX2(092ch)で毎週放送決定

ゲームクラブeスポーツMaX

深夜枠での放送だった「eスポーツMaX」は、「ゲームクラブeスポーツMaX」にリニューアルされ、現在は毎週金曜日の18:30よりTOKYO MXで放送中です。

今年は、『Counter-Strike: Global Offensive』関連記事が多めにランクインしたのが個人的にはうれしいところです。

今年もサイトをご覧頂きありがとうございました。
2015年もよろしくお願いいたします。

関連ニュース

negitaku Negitaku.org 12周年記念『ZOWIE GEAR』のゲーミングデバイス プレゼント企画の当選者決定

Negitaku X ZOWIE

Negitaku.org 12周年を記念し、『ZOWIE GEAR』のゲーミングデバイス プレゼント企画の当選者が決定しました。

Negitaku.org 12周年× ZOWIE GEAR

Negitaku.orgは、2014年8月24日に2002年の開設以来12周年となりました。

これを記念し、ゲーミングデバイスメーカー『ZOWIE GEAR』と日本代理店のマスタードシード社の協力を得てゲーミングデバイスのプレゼント企画を実施していました。

マスタードシード社のご担当者による抽選の結果、当選者は下記のみなさまに決定しました。おめでとうございます。

当選者

ゲーミングマウスパッド『G-TF Rough』× 3名

ゲーミングマウスパッド『G-TF Rough』

ゲーミングマウスパッド『SWIFT BLACK』× 3名

ゲーミングマウスパッド『SWIFT BLACK』

ゲーミングマウス『EC1 EVO CL』× 1名

ゲーミングマウス『EC1 EVO CL』

ゲーミングキーボード『CELERITAS Limited Edition』× 1名

ゲーミングキーボード『CELERITAS Limited Edition』

ゲーミングヘッドセット『ZOWIE MASHU WHITE』× 1名

ゲーミングヘッドセット『ZOWIE MASHU WHITE』

当選者の方には、マスタードシード社より当選のご連絡を行なわれています。
早い方は製品がお手元に届いているようです。

多数のご応募ありがとうございました。
また、プレゼント企画に協力いただいたZOWIE GEAR とマスタードシード社にも感謝いたします。

これからも当サイトをよろしくお願いいたします。

参考

1 / 31 ページ (全 308 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp