Team Fortress 2 ニュース アーカイブ

2 / 63 ページ (全 622 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Team Fortress 2 『Team Fortress 2 Workshop』クリエイターへの報酬支払いが1,000万ドルを突破

TF2

『Team Fortress 2 Workshop』クリエイターへの報酬支払いが1,000万ドルを突破したことが公式ブログで発表されています。

Team Fortress 2 Workshop

2011年11月に『Team Fortress 2 Workshop』オープン
2011年11月に実施された大型アップデート『The Mann-Conomy Update』により『Steam Workshop』がオープンしました

コミュニィのクリエイターが『Steam Workshop』に投稿したアイテムがゲームに採用されるとゲーム内で販売されと、作者はアイテムの売り上げから収入を得ることが出来るしくみとなっています。

支払い報酬総額が1,000万ドルに
公式ブログによると、400人以上のクリエイターやパートナーに対する報酬支払いが1,000万ドル(約9.6億円, $1=約96.29円)を突破したとのこと。

先日18日にリリースされた『Robotic Boogaloo』コミュニティアップデートにアイテムが採用された60人以上のクリエイターに対する報酬はトータルで $250,000(約2,400万円)になるそうです。

アイテムの品質を向上させるGold Starシステム導入
Valveはアイテムの品質を保証しテスト時間を短縮するためGold Starシステムを導入することを発表しました。

ゲーム内のインポートツールを通じてアイテムを投稿することで自動的にテストが行なわれ、一定の基準を達成するとアイテムにはGold Starが与えられます。
Gold Starがついていないアイテムは採用のチャンスが低くなるとのことです。

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-06-10)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-06-10)。

Team Fortress 2 Update Released

  • 新しいプロモアイテムを追加した
  • トレード可能な Unusual hat を Steam Community Market 上にリスト表示できるようになった。これにより、設定値をアップデートするために[classname].cfg を自動的に実行することができる用になる。
  • "Upgrade to Premium"アイテムを使用したプレーヤーがアップグレードのあとに他のプレーヤーにお礼ができなくなる原因となるバグを修正した。このバグによって影響を受けたアカウントはさかのぼって修正され、次にログインした時に自動で助けてくれたプレーヤーに感謝するオプションを持つ。
  • ITFItems/GetPlayerItems と ITFItems/GetSchema WebAPI インターフェースを利用不可とし削除した。外部ツールは IEconItems/GetPlayerItems と IEconItems/GetSchema で現在のデータを呼び出すことができる。

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-06-06)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-06-06)。

Team Fortress 2 Update Released

  • Mac OS X 10.5 でゲームを起動したときに落ちてしまうのを修正した
  • カスタム HUD ファイルを使用することによって発生するクライアントクラッシュを修正し他
  • hatless hat やキャラクター Loadout 画面に関連するクライアントクラッシュを修正した
  • network interpolation を更新し、死亡中に conver を変更出来るようにアップデートした

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-06-05)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-06-05)。

Team Fortress 2 Update Released

  • Unusual effects:
    • Unusual Hat 上の particle effect のアタッチメントポイントやオフセットをキャラクター Loadout 画面から調整できるようになった
    • 死亡したプレーヤーの空中に Unusual effect が浮いてしまうバグの原因を修正した
    • 他のプレーヤをー観戦している時に正しくない Unusual effect が時々表示される原因となるバグを修正した
  • ネットワークを改ざんしたり更新できる convar はプレー中に変更できないようになった。変更するには、サーバーに接続しないか spectator になる必要がある
  • アニメーションシーケンスの数が範囲外となることによって発生するサーバークラッシュを修正した
  • Community Market に並んでいる Crate はシリーズごとに分けられるようになった。
    • 現在存在しているリストは数日中に統合される

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-06-03)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-06-03)。

Team Fortress 2 Update Released

  • Mann Co. Store に新しい Adult Swim アイテムを追加した
    • The Breather Bag, The Weather Master, The Bacteria Blocker
  • Added ETF2L Highlander Season 4 and ETF2L 6v6 Season 14 tournament medalsのメダルを追加した
  • mat_viewportupscale が DirectX8 を使用しているクライアント向けに誤ったマテリアルを使っているのを修正した
  • dedicated servers がアップデートした時に、config_arena.cfg がデフォルトバージョンによってリプレースされていたのを修正した
  • Full Metal Drill Hat や Soldier's Sparkplug を装備している時に Soldier のグレネードが隠されるのを修正した
  • dispenser 上に LOD が不足しているのを修正した
  • デリミタをカンマからセミコロンにする「-insert_search_path」をアップデートした
  • Practitioner's Processing Mask 上の装備リージョンを Physician's Procedure Mask にマッチするようアップデートした
  • The Conscientious Objector と The Bat Outta Hell をクラフト可能にし、他のアイテムをクラフトするのにも使えるようにした

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-05-20)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-05-20)。

Team Fortress 2 Update Released

  • OSX における VR モードをサポートした
  • HDMI Patch での悪い素材を修正した
  • 初期された Replay システムが正しく動作していない時に changelevel でサーバーがクラッシュするのを修正した
  • Full Metal Drill Hat と Soldier's Sparkplug を装備している時に Soldier のグレネードが隠れてしまうのを修正した
  • 保存場所から replay.cfg を削除しユーザの replay.cfg をおかしくするのを避けるための replay_example.cfg を追加した

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-05-17)、Robotic Boogaloo コミュニティアップデートリリース

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-05-17)。

Team Fortress 2 Update Released

Source Engine Changes

  • ストリングテーブルやパケットの圧縮によるサーバーの CPU スパイクを修正した
  • サーバーのパフォーマンスを調査するための Convar 「sv_netspike」「sv_netspike_sendtime_ms」「sv_netspike_output」を追加した
  • 「net_compresspackets_minsize」のデフォルト値を 1024 にした。この convar は"fragment"がいつ圧縮されるのかを決定する
  • 「vprof_vtrace」「vprof_report_oninterval」を追加した。「vprof_dump_spikes」と「vprof_dump_oninterval」の出力を減らすよう調整した。

Team Fortress 2

  • Robotic Boogaloo コミュニティアップデートを追加した v
  • 他のクライアントが dedicated server からタイムアウトする原因となる chat の exploit を修正した
  • Mann Co. Store をアップデート
    • RoboCrate Keys を追加した
    • Random RoboKey Gift を追加した
    • Pile of RoboKey Gifts を追加した
    • Backpack Expanders の 80% オフセール実施中
  • ローカライズファイルをアップデートした

Team Fortress 2: Robotic Boogaloo

Robotic Boogaloo

Robotic Boogaloo』はコミュニティが作成した 57 個のアイテムが追加されたアップデートです。
どのようなアイテムが追加されたかは、Team Fortress 2 の公式 Wiki で見ることができます。

特設サイトも公開されており、定番のコミックなどを読むことが出来ます。

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-05-14)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-05-14)。

Team Fortress 2 Update Released

  • UGC メダルに不足していたマテリアルを追加した
  • サーバーネットワークと CPU 利用を調査するのに関連するサーバー convar を追加した
    • sv_netspike
    • sv_netspike_sendtime_ms
    • sv_netspike_output

先日のアップデートでお知らせしていなかった内容

  • votekick メニューにプレーヤーのアバターを追加した
  • Added -insert_search_path command line argument
コマンドライン引数に -insert_search_path を追加した
  • 跳ね返された Cow Mangler 5000 の projectiles が minicrit ダメージではなくフル crit ダメージになっているのを修正した

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』アップデート(2013-05-14)

Team Fortress 2

Team Fortress 2』のアップデートがリリースされました(2013-05-14)。

Team Fortress 2 Update Released

  • UGC Highlander Season と UGC 6vs6 Season 11 のメダルを追加した
  • Botkiller Sniper Rifle, Rocket Launcher , Spy Knife で腕に正しくないチームマテリアルが使用されるのを修正した
  • Mann Vs. Machine でレベル 3 ミニセントリーが使用できたのを修正した
  • 水中での爆発によってグラフィックがおかしくなる問題を修正した
  • いくつかのエリアで auto-exposure がおかしくなる HDR レンダリングに関連する問題を修正した
  • 水面下のオブジェクトが適切にレンダリングされない問題を修正した
  • Mac 版でテキストが正しく ellipsizing されないケースがあるのを修正した
  • Mann Vs. Machine モードでタンクやロボットを攻撃している時の、Phlogistinator の MMMPH ゲージ上昇レートを減らした
  • Tuxxy をクラフト可能にした
  • The Wilson Weave と The Ham Shank をクラフト、トレード、ギフト包装できるようにした
  • Linux や Mac でゲームを起動するのにターミナルからアクセス可能となるようコンソールをアップデートした
  • Linux 版をアップデート
    • 特定のゲームコントローラーで"released" をトリガーとして登録しないようにした
    • いくつかの window マネージャーにおけるクリップボード問題を修正した(特に KDE)。
    • map list が逆順になるバグを修正した
    • 特定のフォントを使うサードパーティ製 HUD 用にカスタムフォントを読み込むようにした

情報元

関連ニュース

Team Fortress 2 『Team Fortress 2』がコンテンツ配信システムを『SteamPipe』に移行

Team Fortress 2

『Team Fortress 2』がコンテンツ配信システムを『SteamPipe』に移行しました。

SteamPipe: Just a Heads-Up

『SteamPipe』は Steam が Linux に 2013 年 2 月に対応してから順次各種タイトルに導入されていました。

SteamPipe 導入のメリット

  • より高速で快適なダウンロード
  • より高速なゲーム起動とマップ読み込み
  • より簡単な配信、インストール、MOD 管理
  • よりスムースな dedicated server 配信とアップデート

Team Fortress 2 はこれまで Beta にてテストが行なわれていましたが今回正式版にも導入されています。

これにともない、Team Fortress 2 を起動するさいに『SteamPipe』へのコンテンツ変換処理が行なわれます。ある程度の時間がかかるので、余裕がある時などに実行しておくのが良いでしょう。

情報元

関連ニュース

2 / 63 ページ (全 622 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング