Wolfenstein: Enemy Territory ニュース アーカイブ

4 / 4 ページ (全 37 件中 7 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4

次のページへ >>

Wolfenstein: Enemy Territory Xbox360に『Castle Wolfenstein』登場

X05というイベントにて、Raven Softwareとid Softwareの合作による『Castle Wolfenstein』がマイクロソフトブースにて発表になるそうです。

この段階ではまだムービーやスクリーンショットなどのメディアはまったく公開されていないのですが、商業メディアによるレポート記事などには、それらが掲載されるかもしれません。

情報元 : planetquake

Wolfenstein: Enemy Territory E-Sports Gaming EnemyTerrytory リーグ

E-sports gamingのtak氏らを始めとして現在ETでのリーグ開催が企画されています。
リーグ開催までの流れは以下のようになる予定です。

  1. 運営者募集 : リーグを運営する人を募集。人数は何人でもよい。運営者候補、Staffは[IRC fiend系列] #egl.rtcwへjoin
  2. 暫定ルールの作成
  3. 仮登録開始告知
  4. 仮登録終了、最終ルール作成 : 仮登録フォームで頂いた意見を元にルールを修正。
  5. 本登録開始 :本登録を開始
  6. リーグ開始 :本登録開始から1・2週間後にリーグ開始

より詳しくは下記のサイトをご覧ください。

情報元 : oops! rtcw | clan TiKi*2 news

Wolfenstein: Enemy Territory ETFがGOLDに

『Enemy Territory Fotress』がGOLDになったそうです(完成したということ)。

オフィシャルにこのニュースが書かれたのが15日のAM2時。
本文内には数時間でリリースできるだろうと書かれているので、
もう少しするとプレー可能になるのではないでしょうか。

ダウンロード

  • 本体 (filefront)
  • 1.02パッチ(filefront)
  • 本体 (GameWatch)
  • 1.02パッチ (GameWatch)

    いまのうちに本体などを落としておきましょう。

    情報元 : ETF

  • Wolfenstein: Enemy Territory ETFリリースまであと数日

    Enemy Territoryエンジンを利用した無料FPSゲーム、
    『Enemy Territory Fotress』のリリースが数日後に迫っています。

    正式なリリース日は1月15日と確定していますが、
    同日の何時にリリースになるかということはまだ発表されていません。
    よって、日本でのリリースは15~16日のいずれかの日になるでしょう。

    とりあえず、リリース後にすぐ遊びたい人は、
    ETの本体を導入しておくとよいでしょう。

    ダウンロード

  • 本体
  • 1.02パッチ

    サーバーなどの関連ファイルもほしい人は、
    Filefrontのリストからいろいろと落とすことが出来ます。

    ここまでやっておけば、リリース後にETFのファイルを入れるだけでOKなはずです。

    また、Team Fotreessシリーズでは必須なテクニック、
    「バニーホップ」と「コンクジャンプ」の解説ムービーがリリースされています。
    「バニーホップ」はエアアクセルを利用して高速移動するテクニック、
    「コンクジャンプ」はコンクグレネードの爆風を利用して
    高速移動や長距離移動などが可能になるテクニックです。
    ムービーでの解説は英語ですが、スロー再生でわかりやすく動きを見せているので
    理解がしやすいのではないでしょうか。

  • etfubasicrj.wmv
  • etfubhconc2.wmv

    情報元 : planetquake3

  • Wolfenstein: Enemy Territory True Combat : Elite テストバージョン

    True Combat:Eliteのテストバージョンがリリースされています。

    True Combat:Eliteは、Quake3 MODだったTrue Combatを
    Wolfenstein:ETに移植したものとなっています。
    よって、プレーするにはWolfenstein:EnemyTerritoryが必要になります。
    これはフリーなので、ダウンロードすれば誰でも遊べます。

  • Wolfenstein:EnemyTerritory 本体
  • Wolfenstein:EnemyTerritory 1.02パッチ

    True Combat:Eliteはベータ1.0リリース前の
    テスト版という位置づけになっています。
    利用可能なマップは、テスト版では2つとなっています。

  • ダウンロード

    情報元 : truecombat.jp

  • Wolfenstein: Enemy Territory Truecombat: Elite RC1が近日公開

    『Truecombat: Elite』のRC1がまもなく公開となるそうです。

    『Truecombat: Elite』は近代を舞台にしたリアル系FPSで、
    Wolfenstein: Enemy Territoryのエンジンを使っているとのこと。
    「TC:Eはゲーマーによるゲーマーのためのフリーゲームである」
    との説明書きがありました。

    公式サイトにはスクリーンショットが多数掲載されています。

    情報元 : planetquake3

    Wolfenstein: Enemy Territory RtCW:ETのソース公開

    Wolfenstein: Enemy Territoryのソースがオープンソースとなったそうです。
    ActivisionのHellChick氏のコメントはこんなカンジでしょうか。

    みなさんこんにちは!
    今日はグッドニュースがあります。
    Wolfenstein: Enemy Territoryのソースコードが公に利用できるようになりました!
    我々はソースコードが公開されることMOD開発チームが
    待ち望んでいたことを心得ています。
    そして、彼らがこれを有効利用してくれることを望みます。

    時代はオープンソースですなあ。
    ゲームプログラミングをしている人などは参考になるのではないでしょうか。
    今日はネタがあまりないのでたまにはこんな記事も…。

    ダウンロード

    情報元 : ESR

    4 / 4 ページ (全 37 件中 7 件)

    << 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4

    次のページへ >>

    スポンサードリンク

    ZOWIE GEAR

    SteelSeries

    Razer

    ROCCAT

    ARTISAN

    MIONIX

    EIZO

    ビットフェローズ

    注目ニュースランキング