Counter-Strike: Condition Zero ニュース アーカイブ

2 / 6 ページ (全 60 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

Counter-Strike: Condition Zero CS:Sプリローディング情報

CS:Sのプリローディング情報がSteam Newsに掲載されていました。
CS:Sのプリローディングはすでに開始されています。

Counter-Strike: Source Beta Pre-Loading Phase 2

Counter-Strike: Condition ZeroとATI HL2クーポンの所持者に対する
Counter-Strike: Source Betaのプリローディングを本日から開始します。
水曜日には、ベータの第二段階が開始されプレーが可能になります。

プリローディングの方法

  1. Steamを再起動
  2. メインメニューから『PlayGames』を選ぶ
  3. Counter-Strike:Source Betaをダブルクリックしてプリローディング開始

ゲームがプレー可能になるのは明日以降からです。

情報元 : steampowered.com

Counter-Strike: Condition Zero CS&CZアップデート、SRCDSリリース

CSとCZがアップデートし、CS:S用のDedicatedサーバーがリリースされしまた。

Counter-Strike: Source and Condition Zero

Counter-Strike:Sourceベータの第一段階が、
Valve Cyber Cafe Programに加入するカフェで始まりました。
公式カフェについてはこのページで確認できます(日本のカフェ)。

ベータの次の段階に備えて、我々はSource Dadicated Server(SRCDS)を
Dedicated Server Update Tool経由で利用可能にしました。

さらに、Counter StrikeとCounter Strike:CZのアップデートをリリースしました。
Steamを再起動すると自動的にアップデートします。
変更点は以下のとおり。

STEAM CLIENT CHANGES / ADDITIONS:

  • forcechase camモードが設定された場合、強制的にspec_picをオフにするようにした
  • 最後のプレーヤースポットのための保障によるラグを改善した
  • 新しいサーバー情報の問い合わせに対するエンジンの反応を変更した

    CS:S用のサーバープログラムがでましたね。
    これで国内にもサーバーがたちますかね。
    CS所有者に比べてCZやクーポンを持っている人は少ないと思うので、
    CS:Sサーバーを立てたらサーバーの宣伝になるかも?

    情報元 : steampowered.com

  • Counter-Strike: Condition Zero CS:Sプリローディング情報

    Steam NewsにCS:Sのプリローディング情報が掲載されました。
    Valveサイバーカフェプログラム加入者が本日からプリロードでき、
    CZとATIクーポン所持者が月末からとなるようです。
    とりあえずいつものあやしい翻訳。

    Counter-Strike: Source Beta Pre-Loading to Cyber Cafes

    Valveサイバーカフェプログラム加入者向けの
    Counter-Strike:Sourceベータのプリローディングが本日から始まります。
    水曜日には、ベータの第一段階が始まり、
    ゲームはValveサイバーカフェプログラムに加入している
    全てのカフェでプレーできるでしょう。

    今月の終わりに、Counter-Strike:Condition Zeroのオーナーと
    ATIクーポン所持者にベータテストは拡張されます。

    このベータは、Half-Life2とCounter-Strike:Sourceの
    開発においてソースエンジンの互換性テストとして役立ちます。

    この期間限定ベータの間はゲーム内のツールを使って
    バグをレポートすることができます。
    さらに、どのようなクラッシュも、自動的にValveのバグデータベースに
    レポートを自動的に生成するでしょう。

    我々はみなさんのベータテスト参加に感謝します。

    忍耐にも感謝を!月末かー。
    お盆休みにプレーできると思ったのになあ…。

    そういえば、CS-NationによるとCS:Sベータは20vs20でマックス40人が同時プレーできるようです。

    情報元 : steampowered.com | CS-Nation

    Counter-Strike: Condition Zero CS、CZアップデート

    CSとCZのアップデートがリリースされています。

    CZ, CS Update Released

    CS:CZとCounter-Strikeのアップデートがリリースされました。
    Steamを再起動すると自動的に更新します。
    変更点は以下のようになっています。

    COUNTER-STRIKE: CONDITION ZERO

  • プレーヤーが名前を「spec_HELP_TEXT」に変更したときの振る舞いを改善

    COUNTER-STRIKE

  • プレーヤーが名前を「spec_HELP_TEXT」に変更したときの振る舞いを改善
  • シールドのヒットボックスによってのみブロックされるようになった(?)
  • 武器が変更になったがアニメーションは同じ(?)
  • スモークグレネードを改善
  • HE、SG、FGの照準サイズが同じになった
  • famasのバーストモードでの発砲を改善した
  • 接近したシールドの振る舞いを改善した
  • ヒントメッセージのオーバーライティングの振る舞いを改善した
  • C4、グレネードに変更してもAWPの発砲音をキャンセルできなくなった
  • 違う種類の地面にジャンプした時の足音を改善した
  • グレネートを投げている間にプライマリを買うことでプライマリ+シールドを持つことができたのを修正
  • sv_restartの振る舞いを改善(リミットは60秒に増加された)
  • ラウンド後のcycler_spritesを改善(ニワトリなど)

    前回のCZアップデート内容の一部がCS1.6にも適用されています。
    訳してみると変なものがいくつかありましたが勘弁してください。

    情報元 : steampowered.com

  • Counter-Strike: Condition Zero CZとHLTVアップデート

    CZに大量の仕様変更と修正が加えられました。
    ToD、DSともに新マップ、ミッションが追加されました。
    また、HLTVも修正されています。

    CZ Update Released

    CS:CZとHLTVのアップデートがリリースされました。
    Steamを再起動すると自動的にアップデートを開始します。

    COUNTER-STRIKE: CONDITION ZERO

  • マップ『de_truth_cz』を追加
  • マップ『de_corruption_cz』を追加
  • プレーヤーヒットボックスの命中率を改善した
  • BOTのナイフ戦闘ロジックを改善した
  • 32プレーヤーでスロットが埋っている時のBOTの振る舞いを改善した
  • bot_auto_vacateの振る舞いを改善した
  • 違う種類の地面にジャンプした時の足音を改善した
  • 武器変更時のアニメーションを改善した
  • プレーヤの速度におけるbrass ejectionの振る舞いを改善した
  • スモークグレネードを改善した
  • sv_restartの振る舞いを改善(リミットは60秒に増加された)
  • ヒントメッセージのオーバーライティングの振る舞いを改善した
  • 接近したシールドの振る舞いを改善した
  • famasのバーストモードでの発砲を改善した
  • レーダー下の位置表示を改善した
  • ラウンド後のcycler_spritesを改善(cs_italy、cs_italy_czのニワトリなど)
  • シールドヒットボックスをより正確に改善
  • team_sayの振る舞いを改善
  • HEグレネードが壁やオブジェクトを通してダメージをうけなくなった
  • HEグレネードのダメージと有効範囲が50%増加した
  • HE、SG、FGの照準サイズが同じになった
  • C4、グレネードに変更してもAWPの発砲音をキャンセルできなくなった
  • オールドスタイルメニューでMilitaとSpetsnazを選べるようになった
  • プレーヤーがシールドを閉じていたらラウンドリスタート時に照準がみえなくなった
  • サーバーはチームとプレーヤー情報をチャットメッセージ用にコンソールに出力するようにした

    COUNTER-STRIKE: CONDITION ZERO DELETED SCENES

  • 未リリースミッション『Fastline』『Sandstorm『Pipe Dream』を追加

    HLTV

  • 分割パケットの問題を変更

    AWPの射撃音キャンセルのテクニックがCZでは使えなくなりました。
    HEの変更も大きな要素ですね。
    最近はCZで実験的にアップデートして次にCS1.6にも変更を加える
    というようなパターンな気がするのでそのうちCS1.6にも適用されるかも?

    また、311さんの情報によると4gamer.net
    追加ミッション『Terrorist Retaliation』の情報が掲載されていたとのこと。
    Ritualでゲーム制作をしていた人が作ったもののようです。

  • ダウンロード(fileplanetアカウントが必要)


    情報元 : steampowered.com

  • Counter-Strike: Condition Zero WCGロシア予選結果

    WCGロシア予選の結果が発表されていました。

    Counter-Strike: Condition Zero

  • Team M19

    Unreal Tournament 2004

  • FM^Navigator
  • FM^BRazer
  • Spank

    SKを倒して一気に有名になったVirtus.proは
    ESWCに参加していたためWCGロシア予選はでていないのかな。

    情報元 : schroet.com

  • Counter-Strike: Condition Zero CS:CZ:Sourceもリリース?

    ValveのErik JohnsonがフランスのHLファンサイトのフォーラムにて、
    CZもSourceエンジンに移植されるという発言をしています。

    Will CZ ever be ported into source?
    CZもSourceエンジンに移植されるのでしょうか?
    Yes -Erik Johnson
    はい

    予定タイトル

    現在、Sourceに移植されると発表されているタイトルは
    以下のようになっているとのこと。

  • Counter-Strike
  • Day of Defeat
  • Team Fortress
  • Counter-Strike:Condition Zero

    リリースに関してはHL2と同時期と言っていたと思ったのですが、
    Gpara.comに掲載されていたインタビューによると
    CS:Sの方が先にリリースされるようです。

    ―『ハーフライフ2(Half life2)』発売前に『CS:S』が「スチーム(Steam)」を通じてダウンロード方式で販売されると聞いている。公開時期は?
    Dunkil - 確かに『CS:S』が先行して販売される。発売時期はこれから2月以内に公開される予定で、現時点でははっきりと決まった事項は何もない。

    from Gpara.com

    CS:S単体版も発売されることが決定しているので、
    他のタイトルも同様に単体版が出るのでしょうか。
    HL2があればSourceのゲームは無料になるという情報もありましたし、
    関係がどうなっていくのかが微妙です。
    HL2のほうがCS:Sourceなどの単体版などより高いんですかね。

    アマゾンをみてみるとHL2は9月1日発売で8190円となっていますが。
    CS:Sはどのくらいの価格になるのでしょうか。

    現行との互換性は?

    「CS1.6とSourceはどちらがメインになるのですか」とか
    「互換性はあるのですか?」という質問をもらうんですが、
    これはまだハッキリしたことが出ていないのでよくわかりません。

    しかし、普通に考えればCS:SはHL2エンジンを利用したものなので
    CS1.6と互換性があるゲームにはならないはずです。
    HL1エンジンのCS1.6とHL2エンジン系のCS:Sの2つに分かれることになるのではないでしょうか。

    先ほども書きましたが、Valveから情報がでていないのでこれは推測にすぎませんが。

    情報元 : CS-Nation

  • Counter-Strike: Condition Zero CS:CZ 1.3情報

    ValveのJess CliffがSteamのフォーラムにて
    CS:CZのアップデート情報に関するコメントを書き込んでいました。

    次回のCZアップデートでマルチプレー用のTruthや
    他のマップをリリースします。
    未リリースのDeleted Scenesもまた3つリリースする予定です。

    Truthというのは前回のアップデートで追加されたマップです。
    これのマルチプレー版がリリースされるということですね。

    WCGの公式種目だったり、CS:Sが早くプレーできたりと
    CZネタが最近いろいろ多いなあ。

    BRZRKさん情報ありがとうございました。

    CS:CZ購入参考 :

  • Steam経由 : 約4100円、箱CDなし、マニュアルなし
  • アマゾン : 6151円、箱CDあり、日本語マニュアル付き

    情報元 : CS-Nation

  • Counter-Strike: Condition Zero CZの年齢制限緩和

    Counter-Strike:Condition Zeroの参加年齢制限が17歳から15歳に引き下げられました。

    WCG2004のカウンターストライク: コンディションゼロの年齢制限が17歳以上から15歳以上に変更されました。この変更はWCGグランドファイナル運営側とパブリッシャー側との合意の上で決定されました。それに伴い日本予選の年齢制限も17歳以上から15歳以上に変更されています。参加希望選手は改めて規約やルールを確認してください。

    Counter-Strike:Condition Zeroは、
    『ESRB』(Entertainment Software Rating Board)という
    ゲームソフトの格付けを行う機関によって
    『M』のレーティングが指定されています。

    このMは『MATURE』の頭文字で、辞書によると
    「成熟した」というような意味合いになります。

    以下はESRBのサイトに掲載されているレーティング『M』の説明。

    MATURE
    17歳以上にふさわしいコンテンツを含んでいる。
    このカテゴリーのタイトルは、セクシュアルなテーマや
    極度の暴力表現、語調を含んでいる可能性がある。

    WCG日本予選サイトからの引用にあるとおり、
    今回はこの規約が特別に変更となったというわけです。

    実力はあるのにこのルールのせいで参加できなかったプレーヤーにチャンス到来!

    CS:CZ購入参考 :

  • Steam経由 : 約4100円、箱CDなし、マニュアルなし
  • アマゾン : 6151円、箱CDあり、日本語マニュアル付き

    情報元 : WCG日本予選

  • Counter-Strike: Condition Zero WCG日本予選はCZで開催決定

    #wcgにてCSとUTの予選に関する追加情報が発表されました。

    Counter-Strike

  • 公式ルールに従い、CS:Condition Zeroにて開催
  • オンライン予選は8月中旬。決勝は8月29日(日)。
  • 日本代表は1チームのみ

    UT2004

  • オンライン予選は7月末。決勝は8月29日(日)。
  • 代表は3名(予定)

    CSはCondition Zeroでの開催となるため、
    CZがない人はdemo、HLTVともにみることが出来ません。
    WCG本選もCZでの開催が確定しているため同様です。

    また、別の話ですがCPLの打ち上げが7月10日に予定されているそうです。
    のちほど打ち上げのWebサイトが作られるとのこと。

    CS:CZ購入参考 :

  • Steam経由 : 約4100円、箱CDなし、マニュアルなし
  • アマゾン : 6151円、箱CDあり、日本語マニュアル付き

  • 2 / 6 ページ (全 60 件中 10 件)

    << 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

    スポンサードリンク

    ZOWIE GEAR

    SteelSeries

    Razer

    ROCCAT

    ARTISAN

    MIONIX

    EIZO

    ビットフェローズ

    注目ニュースランキング