Counter-Strike: Condition Zero ニュース アーカイブ

5 / 6 ページ (全 60 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

Counter-Strike: Condition Zero カプコンCZサイト更新

カプコンのCS:CZサイトが更新されています。
更新されたのは以下の3点。

  • Deleted Scenesミッションブリーフィング翻訳
  • Tour of Dutyキャンペーン(EASYモード)
  • 最終仕様変更に伴うマニュアル修正

    シングルそれぞれのモードのクリア条件の和訳です。
    まとめようかと思っていたけど手間がかからなくてよかった!
    あとは、日本語マニュアルの修正がpdfで配布されています。

    聞いた話によると、日本語マニュアルにはSteam関連の話が
    あまり出ていないらしいので、前に書いたのが参考になるかもしれません。

  • Steamのインストール
  • Steamメールアドレス登録

    cz

    購入参考をしばらく貼ることにしました :]
    negitaku.orgはCZの情報を照会するのを装って…

    購入参考 :

  • Steam経由 : 約3100円(4/1まで。以降は約4100円)、箱CDなし、マニュアルなし
  • アマゾン : 5858円、箱CDあり、日本語マニュアル付き

  • Counter-Strike: Condition Zero CS:CZアップデート

    CZがリリース3日目にして早くもアップデートです。
    CZのマルチ向けの内容となっています。

    Small Condition Zero Steam Update Tonight

    Counter-Strike: Condition Zeroの小規模なアップデートがリリースされます。

  • 標準CSマップ向けBOTナビゲーションファイルを追加(CZサーバー用)
  • Linux CZサーバー上でBOTを利用可能にした

    CZ dedicated server管理者はサーバーのアップデートと再起動が必要になります。

    CZがリリースされて更新ネタがまた1つ増えてしまいました…。

    情報元 : steampowered.com

  • Counter-Strike: Condition Zero Steam Gameエンジンアップデート

    Steamのゲームエンジンに変更が入るとの事です。

    Small Game Engine Update Released

    今晩、Steamの全ゲーム向けの小規模アップデートをリリースします。
    変更点は以下のとおりです。

  • Windows下のdedicated serverでCounter-Strike: Condition Zeroが動作するようにした
  • 『connection to server lost due to level change』エラーを防ぐようにした

    Conditon Zeroのdedicated serversはアップデートが必要になりますが、
    他のdedicated serversはアップデートする必要はありません。

    Valveさん、ここ数日かなりがんばってますね。
    残業とかヤバイことになっていそう。おつかれです。

    情報元 : steampowered.com

  • Counter-Strike: Condition Zero CSとCZの互換性について

    BOTと同じくらい気になるのが、CZとCSの互換性について。
    コメントでもいろいろやりとりがあったようなので調べてみました。

    ちょうどよく、Steamのフォーラムに『1.6 vs CZ--not compatible??
    というトピックがあったので見てみると、ValveのChris Bokitchがこう答えています。

    People with CZ will be able to:
    * Run and play on Condition Zero specific servers.
    * Run and play on normal Counter-Strike servers.
    People with CS will be able to:
    * Run and play on normal Counter-Strike servers.
    Seems simple to me.

    訳すとこういうことです。

    CZを持っている人

  • Conditon Zero用サーバーでプレーできる
  • Counter-Strikeサーバーでプレーできる

    CSだけをもっている人

  • Counter-Strikeサーバーでプレーできる

    つまりCSしかない人は、CZに関するゲームはできません。
    逆に、CZがあればCZのゲームもCSもできます。上の訳のとおりのことですが。

    この文章からするとHL製品+CZを購入しなくても、
    パッケージ版のCZのみを買えばCSもできることになりますね。
    気になる人は、カプコンさんに問い合わせてみたらいいんじゃないでしょうか。

    cz

    購入参考 :

  • Steam経由 : 約3100円(4/1まで。以降は約4100円)、箱CDなし、マニュアルなし
  • アマゾン : 5858円、箱CDあり、日本語マニュアル付き

  • Counter-Strike: Condition Zero CS:CZインプレッション

    Steam経由で購入したので1時間くらいやってみた。
    1時間やった感想を簡単に書いてみることに。

    クレジットカードで購入して5分後くらいにはプレー開始。
    Steamのニュースにあるように、『Games』からダブルクリックでOK。

    設定

    1回CZを起動したら以下のようなフォルダができていたので、
    『C:\Program Files\Steam\SteamApps\メールアドレス\condition zero\czero\』に
    counter-strikeフォルダ内からautoexec.cfg、userconfig.cfg、config.cfgを
    コピーして貼りつけてみた。
    最初はなぜか有効にならなかったけど、1ラウンドやったらなぜか次から有効に。

    シングルモード(Tour of Duty)

    Tour of Dutyは『Turtle Rock Studios』が開発したシングルモード。
    BOTとともに、リメイクされたマップで与えられたミッションをこなしながらプレーする。
    ポイントを持っていて、それを使うと仲間を雇うことが出来る。
    マップをクリアするとこのポイントが増えるもよう。
    最初は、『de_dust』『cs_office』『de_prodigy』しかプレーできない。
    5段階の難易度があり、マップごとにミッションが指定されている。
    それらをこなして規定のラウンドを終えるとクリア。
    「サブマシンガンで敵を倒せ」とか「75秒以内に勝利しろ」など。
    難易度を上げるとこの条件が厳しくなり、敵の動きもよくなるみたい。
    クリアしていくとプレーできるマップが増える。
    モードもこれで増えたりするんだろうか。

    シングルモード(CZ:Deleted Scenes)

    今朝、Steamをいじっていて気づいた。
    ダブルクリックでアクティブになる。
    Deleted Scenesは『Ritual』が開発していた以前のCZ。
    まだプレーしていないが、ロケットランチャーや火炎瓶など
    新しい武器などを使うことができるはず。
    キャッシュは約1GBあり、160kb/sくらいの速度でDL中。

    マップ

    テクスチャが違うのはみてのとおりだが、
    マップのオブジェクトの配置などがこれまでと若干違う。
    違いを出すための苦肉の策かな:]


    BOT

    さて、気になるBOTだがいろいろすごい。
    cfgが有効になっていなかったのでいきなり『/kill』してスペクトモードにしたら
    「おい、敵が死んだぞ!」「何が起きたんだ?!」とボイスチャットしはじめて爆笑。

    BOTルームクリアリングを適度にこなし、敵の数や位置を報告してくれる。
    仲間のBOTには、ラジオコマンドを使って指示を出すことができる。
    CZのシングルをする場合はラジオ必須。
    難易度が低い場合は、自分1人でやったほうが楽かもしれない。

    いいことばかり書くとウソくさいので悪いところも書く。
    ノーマルモードでBOTをスペクトしていたのだけど、
    CTのBOTがdustのロングを超えて敵を探しに行く。
    慎重さはあまりないのかもしれない。
    また、ありえない位置にaimingして射撃したりもする。

    エキスパートモードを試してみたら射撃が正確になった。
    スペクトするとありえないことはしていなく、
    人間がプレーしているかのように照準をあわせる。
    BOTみたいに瞬間的にaimしたりしない。BOTなんだけどね。

    結局買いなの?

    1時間しかやってないけど、買いでOKだと思う。
    そのへんのパブリックサーバーでゲームしているより面白いかも。
    意外とBOTにやられたりするのでくやしかったり。

    Counter-Strike: Condition Zero CSコンディションゼロ リリース

    開発会社が変更したりといろいろありましたが、
    CSコンディションゼロがついにリリースされました。

    Counter-Strike: Condition Zero Released!

    あらかじめ、Counter-Strike: Condition ZeroをSteam経由で予約しているならば、
    Steamを再起動し『Games』にあるCS:CZのアイコンをダブルクリックすることで
    プレーを開始することが出来ます。

    予約していない人は、Steam経由でいつでもCS:CZを購入することが出来ます。

    すでにCounter-Strikeを持っているならば、
    Steam経由で4月1まで29.95ドルにて購入できます。

    CZ向けのdedicated serverはすでにリリースしました。
    ダウンロードページから落としてください。

    ついにでた! 本当にでたのか!?
    公式発表がでたにも関わらずウソじゃないかと思ってしまいます。
    二日も早くプレーできるならSteamで買えばよかったかなぁ。
    FPS史上最高の出来というBOTはどんな出来なのか気になります。

    気になったので今、Steam経由で買いました。
    早速プレーしてみます。SSとかあとでアップする時間あったらしてみます。

    情報元 : steampowered.com

    Counter-Strike: Condition Zero CS:CZ発売記念イベント

    3月25日に発売されるCSコンディションゼロの発売記念イベントが秋葉原にて開催されるそうです。

  • ラオックス アソビットシティ6番街 オンラインゲームスタジアム
  • 3月25日(木) 13:00~18:00

  • オーバートップ(秋葉原店)
  • 3月25日(木)~4月2日(金)

  • インターネットカフェ「Necca」秋葉原店
  • 3月25日(木)~4月2日(金)

    各店では最新のPCにCZをインストールしたマシンで
    体験プレーができるとのこと。
    CZのLANゲームをいち早く体験したい人は秋葉原にGO!

    家から出るのが面倒くさいという人は、アマゾンで買うといいですよね :] アマゾンだと5858円です。
    Steam経由で買うと29.95ドルとバカみたいに安いです。

    cz

    情報元 : Game Watch! | カプコン | アマゾン

  • Counter-Strike: Condition Zero CZ公式プレオーダー開始

    Steamを経由したCZの予約がスタートされました。

    CS:CZ Steam Pre-Order

    CSプレーヤーのための特別なオファーを含んだ
    Counter-Strike: Condition Zeroのプレオーダーが今日からスタートしました

    もし、すでにあなたがSteamを使用しているのならば、
    『My Games』から『Coing Soon』をダブルクリックしてください。

    Steamを持っていないならば、ダウンロードしてインストールしてください。
    Steamにプレオーダーをコピーしておけば、
    リリースされたらすぐにCZをプレーし始めることができます。

    よりくわしくはwww.steampowered.comを訪れてください。

    Gamers.nuによると、Steamで予約購入することによって、
    店頭販売価格で買うよりも10ドル割引されるそうです。
    店頭価格は39.95ドルで、Steam購入は29.95ドルとのことです。

    日本での販売価格は6000円前後だから(Amazonだと5858円)、
    Steamで買ったほうが3000円くらい安いことになりますなあ。

    情報元 : counter-strike.net | CZプレオーダーページ

    Counter-Strike: Condition Zero Jess Cliffeインタビュー

    Valve社のJess CliffeがCZに関するインタビューに答えています。
    CZは、カプコンのCZページで紹介されている概要とは
    若干違ったものであることがわかります。

    訳は完全に訳したものではないですが、だいたい伝わるはず…。
    重要そうなところ2つを選んでみました。

    ――Condition Zeroの概要について紹介してもらえますか?

    Condition Zeroはシングル、マルチのコンテンツを提供します。

    まず、『Tour of Duty』はオフィシャルCS BOTと戦いながら18のマップを攻略していきます。

    次に、『Deleted Scenes section』でのシングルプレーヤーエピソードを含んでいます。
    これらは、伝統的なシングルモードのことです。

    最後に、オンライン体験(?)はオフィシャルCS BOTによって非常に拡張します。
    CS BOTは、LAN、インターネットプレーで利用可能です。
    その他に、新しいマルチプレー、グラフィカルバージョンのクラシックCSマップを含んでいます。

    ――Condition Zeroはいくつもの開発会社をへて来ましたがこれについてはどうですか

    新しいゲームを開発する場合、我々は、自分たちが面白いと思うまで繰り返し錯誤する傾向があります。
    Condition Zeroのために、我々が多くの才能をもつ人たちと(Turtle Rock Studios、Ritualなど)
    仕事をするというぜいたくな事がありました。
    最も重要なことは、開発サイクルの終わりに、
    製品がゲーマーに対して誇れるものとなっていることです。

    スクリーンショット

    17枚のスクリーンショットへのリンクです。
    一枚開いたら、右上の『NEXT』を押していった方が楽かも。

  • cs_office Tベースサイド?
  • de_dust2センターDD前
  • de_dust2 キャット
  • de_inferrno センター付近
  • cs_backalley HOSレスキューポイント付近
  • de_prodigy CTベース
  • de_prodigy 崖ルート
  • 新マップ?(cs_backalley?)
  • de_prodigy ドアルート
  • de_prodigy ドアルート2
  • 新マップ? 1
  • 新マップ? 2
  • 新マップ? 3
  • 新マップ? 4
  • cs_militia 窓下
  • cs_militia CTベース付近
  • cs_militia HOSポイント

    見た目的にはそんなに変わっていないな、やはり。

    情報元 : CS-Nation

  • Counter-Strike: Condition Zero Condition Zero、condition green

    ナイスタイトルだったので、情報元のをそのままパクリ。
    Vivendi Universal GamesがCZのリリースを発表したらしいです。
    2004年3月23日リリースでほぼ間違いないもよう。

    ここはもうAmazonで予約…!

    そういえば、トレカがつくような話もありましたなあ。

    動作スペック

  • CPU:Pentium III-500以上(Pentium III-800以上推奨)
  • 対応OS:Windows98/Me/2000/XP
  • メモリ:96MB以上(128MB以上推奨)
  • HDD:500MB以上
  • メデイア:CD-ROM
  • その他:[VRAM]16MB以上(32MB以上推奨)

    情報元 : gamespot.com

  • 5 / 6 ページ (全 60 件中 10 件)

    << 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

    スポンサードリンク

    ZOWIE GEAR

    SteelSeries

    Razer

    ROCCAT

    ARTISAN

    MIONIX

    EIZO

    EDGE

    ビットフェローズ

    Gunnar

    注目ニュースランキング

    最新ゲーミングデバイス from wasd.jp