Negitaku.org esports > > 1 ページ

CSPromod ニュース アーカイブ

6 / 6 ページ (全 59 件中 9 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

次のページへ >>

CSPromod 『Steam Community』に『CSPromod』公式コミュニティオープン

CSPromod

先日ベータバージョンが公開されたSteam Community』に、SouceEngineで競技的なCounter-Strikeを作るプロジェクト『CSPromod』の公式コミュニティがオープンしました。

公式サイトでは、プロジェクトの動向を追いかける方法の一つとして紹介されていました。
ここに加入していることでメリットがあるような書き方はされていません。
もしかしたら今後何かあるかも?と思ったり、純粋にプロジェクトに興味がある方は、下記のリンクから登録をしてみてはいかがでしょうか。

情報元

関連ニュース

CSPromod 『CS ProMod』クローズドベータ情報まもなく発表

CS Pro MOD
CS ProMod』のプロジェクトマーネージャーであるAlex 'alex' Garfieldが、『LA Complexity』のフォーラムにて、『CS Promod』のクローズドベータを実施することを発表しました。

Alex 'alex' Garfieldの書き込みの訳

明日(火曜日)、私たちは公式に初となるクローズドベータテストに入ります。
Yes, これは、プロジェクトが最初のリリース可能なバージョンに急速に近づいていることを意味します。
Counter-Strikeに必要なものは全て揃いました。
そして、MODは完全に機能しています。
私たちは、銃の振る舞いををさらに完全になるよう調整することを主要な目標として、クローズドベータを実施するつもりです。
公式サイトでのニュースポストに期待してください。

Alex

――――

該当の書き込みは、フォーラム内の#21になります。

現在のところ、公式サイトにはクローズドベータに関するニュースは掲載されていません。
また後ほどチェックしてみたいと思います。

情報元

関連ニュース

CSPromod 『CSPromod』 Beta2マップリリース

『CSPromod』のBeta2マップ『csp_dust2_b2』と『csp_nuke_b2』がリリースされました。

このbeta2では、これまでにCSPromodのフォーラムに報告されたバグが修正されています。
また、Beta1で箱のサイズが標準よりも大きく作られていましたが、Beta2ではほぼ原寸サイズに戻されています。
これによって、CS1.6のマップで使用されていたブースティングがBeta2でも使用可能になりました。

CSPromod Beta2マップ ダウンロード

CSPromodの公式サイトによると、マップのミラーは大歓迎とのこと。
その一方で、マップのスクリーンショットを撮影し公開することは禁止となっています。
もし、自分のサイトでマップのスクリーンショットを公開したい場合は、以前紹介したスクリーンショットのリストから画像をコピーして使用してほしいそうです。

csp_dust2_b2csp_nuke_b2

情報元

関連ニュース

CSPromod 『CSPromod』 Beta2マップ最新スクリーンショット

Counter-Srtikeを競技向けにするSource MOD『CSPromod』のBeta2マップの最新スクリーンショット14枚が公開されました。

今回公開されたのは、『csp_dust2_b2』と『csp_nuke_b2』のスクリーンショットとなります。
beta2マップは、コミュニティからのバグレポートを元にバグが修正された他、ビジュアルがよりCounter-Strike1.6版のマップに近づいています。
また、フルカラーのレーダーが追加されることが発表されていました。
リリースは数日以内を予定しているとのことです。

csp_dust2_b2csp_nuke_b2

CSPromod最新スクリーンショット

csp_dust2_b2

csp_nuke_b2

『CSPromod』の開発は順調に進んでおり、マネーシステム、レーダー、ボム設置・解除ロジック、グレネード(HE, Flashbang, Smoke), モデルアニメーションなどがコード化されているそうです。

開発チームは、最終的にユーザーが求めているのは高品質なものであると考えており、品質を保証できるものを作るために多くの時間をかけて作業を進めているとのこと。
Eスポーツでの使用を想定したものを目指しているわけですから、これは納得できる開発ポリシーではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

CSPromod ESLがCS:S Promod 5on5 Ladderの開始を発表

Electronic Sports League(ESL)ヨーロッパのオンラインゲームリーグ『Electronic Sports League(ESL)』がCS Promodマップを使用した『CS:S Promod 5on5 Ladder』を新たにスタートさせることを発表しました。

使用マップ

使用されるマップは、先日リリースされたCS ProModのベータバージョンの4マップとなります。

  • csp_dust2_b1
  • csp_nuke_b1
  • csp_inferno_b1
  • csp_train_b1

情報元

CSPromod CS ProMODマップベータ版リリース

CS Pro MOD『Counter-Strike:Source』で利用することができる、『CS ProMOD』マップのベータ版がリリースされました。

今回リリースされたのは、『csp_dust2_b1』『csp_train_b1』『csp_inferno_b1』『csp_nuke_b1』の4マップとなります。

海外サイトのダウンロードがかなり重いのでミラーしてみました。

また、Readmore.deにCS ProModのプロジェクトマーネージャーであるAlex "alex" Garfieldへのインタビューが掲載されています。全文を訳している時間がないので、気になったところを箇条書きにしてみました。

インタビュー回答箇条書き

  • 現在のところ、CEVO以外のトーナメント等に使用についての連絡を行っていない。ただ、独占契約を行っているわけではない
  • 多くのCS1.6プレーヤーがCS:Sourceを好まない理由
    1. CS:SourceはリコイルがCS1.6よりも非常に少なく簡単すぎる
    2. CS:Sourceのプレーヤーモデルは、CS1.6よりも高さで18%、表面積で36%、頭のサイズが76%も大きい。
    3. モデルのサイズが大きくなっているにもかかわらず速度が変わっていない。
    • 2はCS:SourceをプレーしたCS1.6プレーヤーが体感する、高確率でヘッドショットされて死ぬという減少の理由でしょう
    • 3はCS:SourceがCS1.6に比べて動きがもっさりしていると感じられる理由と思われます。
  • プロジェクトのメンバーは現在のところ8人。CPMA、Q4MAXの開発者でもあるarQonが開発(プログラミング)のリーダーとなった。
  • 武器は、有名なトップゲーマーにテストを行ってもらい調整する予定

情報元

関連ニュース

CSPromod 『CS:Pro MOD』マップのベータ版が1月15日にリリース

CS Pro MOD『CS:Pro MOD』マップのベータ版が1月15日にリリースされることが公式発表されました。

リリースされる予定のマップは『csp_dust2』『csp_inferno』『csp_nuke』『csp_train』の4つで、Counter-Strike:Sourceで使用することができるそうです。これらのマップはCounter-Strike1.6とほぼ同じ感覚でプレーすることができるように設計されているとのことで、『CEVO Source Season 3』の『Main』『Professional』部門で採用されることが決定しています。

そして、『CS:Pro MOD』の開発チームに、Quake3MOD『Challenge Pro Mode Arena(CPMA)』やQuake4 MOD『Quake4 Maximiser(Q4MAX)』の開発者として有名なKevin "arQon" Blenkinsoppが参加することも発表されました。
開発チームは、3月に『CS:Pro MOD』のベータ版をリリースすることを目標にしているそうです。

By`YumRaさん情報ありがとうございました。
arQonが参加するとはかなり驚きでした。プロジェクトが頓挫することなく進んでいてよかった:]

情報元

関連ニュース

CSPromod CS Pro MODのムービーとスクリーンショット公開

CS Pro MODCS Pro MODの開発チームのインタビューがgotfragに掲載されています。
その中で、CS Pro MODのムービーとスクリーンショットが公開されていました。

CS Pro MODの開発には、Team EGのAlex "alex" GarfieldやzExのAl "Drax" Mendozaなどがディレクターとして関わっており、プログラマーも見つかって現在順調に開発が進んでいるようです。

システム的にはCS1.6等のよいシステム部分を踏襲していくようで、壁抜きの追加、ジャンプの減速の調整、武器のバランス調整などが行なわれていくそうです。
また、現状のHLTVをさらに改良したゲーム観戦シテスムを構築する計画とのことでした。

MODのリリースは2006年末には行ないたいとのことで、2007年には主要なイベントでつかってもらいたいとのことでした。
あと半年ほどしか時間がないですが、予定通りいくことに期待しましょう。

情報元 : gotfrag | CS Pro MOD

関連ニュース

CSPromod CS Pro Mod公式Webがオープン

『CS Pro Mod』プロジェクトの公式Webサイトがオープンしています。

CS Pro MODの目標は、競技的で観戦者にも配慮されたシステムをつくることらしいです。
システムはCS1.5とCS1.6をベースにHalf-Life2エンジンを用いて開発を進めていくとのことで、これらのコードは公開されていないため、プロジェトクトチームがリバースエンジニアリングしてシテスムを解析していくそうです。

この他にも詳細なプロジェクト解説が掲載されていました。
かなり壮大なプロジェクトになりそうですが、相当に本気だと感じられました。

CS Pro Mod

情報元 : NiP-Gaming | CS Pro MOD

6 / 6 ページ (全 59 件中 9 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

次のページへ >>

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング