StarCraft II ニュース アーカイブ

3 / 20 ページ (全 199 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

StarCraft II 未来のeスポーツをモチーフにした『StarCraft II World Championship Series Europe 2014』のイントロムービーが公開

StarCraft II World Championship Series Europe 2014

未来のeスポーツをモチーフにした『StarCraft II World Championship Series Europe 2014』のイントロムービーが公開されています。

WCS 2014 Intro

『WCS 2014 Intro』とシンプルなタイトルがつけられたムービーがESL TVによってリリースされました。近未来のeスポーツプレーヤーをモチーフとした、非常に格好良い仕上がりのムービーです。こんな風にプレーするような時代がいつかやってくるのでしょうか。

StarCraft II World Championship Series Europe 2014

StarCraft II World Championship Series Europe 2014

StarCraft II World Championship Series Europe 2014

視聴

『StarCraft II World Championship Series Europe 2014』のPREMIER LEAGUEのGroup B が本日よりスタートとなります。詳細は特設サイトをご覧ください。

情報元

StarCraft II e-sports専用施設『e-Sports SQUARE AKIHABARA』が『StarCraft II』プロリーグの観戦イベント『Barcraft』を2月11日(火)に開催

Barcraft

e-sports専用施設『e-Sports SQUARE AKIHABARA』が2月11日(火)17:00より『StarCraft II』のプロリーグ観戦を楽しむイベント『Barcraft』の開催を発表しました

Barcraft

『e-Sports SQUARE AKIHABARA』は2014年1月25日(土)に秋葉原にオープンしたe-sports専用施設です。

今回のイベントは、韓国で開催される『2014 SK Telecom Proleague』の正式ライセンス許可を受けて行なわれもので、同大会の『Round 1 Final』観戦のほか、日本最強プレイヤーによるエキシビジョンマッチも予定されています。

イベント詳細

日時

  • 2月11日 17:00~試合終了まで

入場料

  • 無料
※店内は通常営業
※参加申し込み不要
※飲食は別途料金が必要

イベントスケジュール

  • 17:30 日本最強SC2プレイヤーによるエキシビジョンマッチ(BO3)Japan Vaisravana(Z) [vs] Japan Crimson(T)
  • 18:30 『2014 SK Telecom Proleague Round 1 Final』Korea KT Rolster [vs] Korea TBD(2/5現在未確定)
  • 観戦後 プレゼント抽選会
※会場内配信はありません

情報元

関連ニュース

StarCraft II 『Intel Extreme Masters Season VIII StarCraft II World Championship』は優勝者が賞金10万ドルを総取りするルールで開催

Intel Extreme Masters Season VIII StarCraft II World Championship

『Intel Extreme Masters Season VIII StarCraft II World Championship』が優勝賞金10万ドルで開催となることが発表されています。

StarCraft II World Championship

『Intel Extreme Masters Season VIII StarCraft II World Championship』は、2014年3月14~16日にポーランドで開催されます。

公式サイトの発表によると、『StarCraft II World Championship』は予選を勝ち抜いた16プレーヤーがシングルイリミネーション方式のトーナメントで競い合い、チャンピオンとなったプレーヤーが賞金10万ドル(約1,027万円, $1=102.70円)を総取りとなります。

Michal Blicharz氏のコメント(ESL Pro Gaming マネージングディレクター)

『Intel Extreme Masters』の毎シーズンは、年間を通じ致最も勝利するのが困難なトーナメントの1つでした。2014年、私たちはトーナメントを極限の新たなレベルに導きたいと思います。プレーヤー達が最も極限なシチュエーションで才能を示した時に真のチャンピオンが誕生します。私たちはこれまでに観客が見たこともないハイプレッシャーのトーナメントを作り上げたかったのです。

出場確定プレーヤー

  • Korea Kim "Revival" Dong Hyun (IEM Shanghai 1位)
  • Korea Kim "Oz" Hak Soo (IEM Shanghai 2位)
  • Korea Lee "Life" Seung Hyun (IEM New York City 1位)
  • Sweden Johan "naniwa" Lucchesi (IEM New York City 2位)
  • Korea Kim "herO" Joon Ho (IEM Singapore 1位)
  • Korea Kang "san" Cho Won (IEM Singapore 2位)

これまでに、出場が確定しているのは上記6選手です。
現在、ブラジルで開催されている『IEM Sao Paulo』の上位4選手と、予選・招待枠からの6選手が World Championship への出場権を得ることが出来ます。

情報元

関連ニュース

StarCraft II 『Starcraft2』と『Starcraft: Brood War』の特徴をかけあわせたMOD『Starbow』が話題

Starbow

『TeamLiquid.net』のフォーラムで2014年1月12日に公開された『Starbow』というMODが話題を集めています。

Starbow

『Starbow』は有志の開発チームが2年間の開発期間を経て製作したMODで、『Starcraft2』と『Starcraft: Brood War』の特徴をかけあわせた下記のような特徴を持っています。
Starbowの特徴

  • BWの内政システム
  • 高地補正(ユニットが高い位置のユニットを攻撃するとき50%の確率でミスする)
  • SC2に比べて1回の戦闘の時間が長く、マップ上のさまざまな場所で発生する
  • より位置取りが重要なゲームシステム
  • SC2のインターフェイスを使用(ユニット選択数に制限がないなど)
  • BWを元に設計されたバランス

『Starbow』は現在『Starcraft2』のNAとEUサーバーのアーケードにアップロードされており、『Starcraft2』のアカウントを持っている人なら誰でも、Battle.net内のチャンネル「Starbow」でプレイヤーを募集して遊ぶことができます。

『Starbow』は公開されたばかりのMODであるため、現在BetaTest中であり、特にバランス調整の面において多くのパッチを予定しています。

フォーラム内には『Starbow』のパッチノートやQ&Aが記載されているほか、現役のSC2プロゲーマー Ax.Ryung などがプレイしている対戦動画もアップされています。

対戦動画: Ax.Ryung vs Ax.Impact

情報元

関連ニュース

StarCraft II 『GOM eXP』が年間視聴登録売り上げの10%をStarcraft2大会『2014 GSL Global Championship』の賞金に還元することを発表

2014 GSL Global Championship

『GOM eXP』が年間視聴課金売り上げの10%をStarcraftII大会『2014 GSL Global Championship』の賞金に還元することを発表しました

GOM eXP adding 10% of subscription revenue to prize pool total

『2014 GSL Global Championship』は、2014年4月17日~19日に『StarCraft II World Championship Series』のティア3として開催される大会です。

現在の賞金総額は $10,000 ですが、Twitchにおけるストリーミング配信の年間視聴登録売り上げの10%が賞金に割り当てられます。

賞金内訳 ($10,000)

  • 1位: $4,000
  • 2位: $2,000
  • 3~4位: $2,000
  • 5~8位: $2,000

GSL Yearly Regular ($54.99)

  • キャスターの直接的なサポート
  • Twitchに表示される課金者バッジアイコン (シルバー)
  • 5つの登録者用エモーティコン
  • 登録者限定モードでのチャット利用
  • 高画質ムービーヘのアクセス権
  • https://secure.twitch.tv/products/gsl_2014/ticket/new

GSL Yearly Regular ($89.99)

  • キャスターの直接的なサポート
  • 広告無し
  • Twitchに表示される課金者バッジアイコン (ゴールド)
  • 10個の登録者用エモーティコン
  • 登録者限定モードでのチャット利用
  • 映像ソースクオリティのビデオアクセス権
  • VODへのアクセス権
  • https://secure.twitch.tv/products/gsl_premium_2014/ticket

『StarCraft II World Championship Series』にはティア制度が導入されており、視聴課金によって賞金総額が$25,000以上になった場合、大会はティア2にアップグレードされます。そうなった場合は、各選手に割り当てられる WCSポイントが飛躍的にアップされることになります。

ティアごとの内訳については下記サイトにまとめられています。

課金の一部が賞金に還元される仕組みは、Valveが『DOTA2』の世界大会『The International 3』で導入し、元の賞金総額160万ドルが280万ドルに増額された実績があります

また、この仕組みは様々な『DOTA2』トーナメントやCounter-Strike: Global Offensiveの『2013 DreamHack SteelSeries CS:GO Championship』などでも導入されており、ファンが大会を応援する仕組みとして定番化しつつあります。

情報元

関連ニュース

StarCraft II 韓国e-sports協会セミプロ認定をかけたStarCraftIIトーナメント『第10回Rookie League』で日本のvaisravana選手がベスト8に

vaisravana

韓国e-sports協会(KeSPA)のセミプロ認定をかけたStarCraftIIトーナメント『第10回Rookie League』にチャレンジした Japan vaisravana選手がベスト8という結果となった事が発表されています。

『第10回Rookie League』

『第10回Rookie League』は、韓国e-sports協会セミプロ認定をかけたアマチュアゲーマー向けのトーナメントで、日本の Japan vaisravana選手が KeSPA協力の元に参戦していました。

予選結果

グループC

  • Japan Vaisravana(Z) [2-1] Korea HwanghOn (P)
  • Korea ChAos (P) [2-0] Korea DkBuzZ (P)
  • Japan Vaisravana (Z) [2-0] Korea ChAos (P)
  • Korea HwanghOn (P) [2-0] Korea DkBuzZ (P)
  • Korea ChAos (P) [2-0] Korea HwanghOn (P)

大会公式サイトによると、予選グループCの結果は上記の通り。
Japan Vaisravana は2勝で予選を通過し決勝トーナメントに進出。

決勝トーナメント結果

Best 16

  • Japan Vaisravana(Z) [2-0] Korea Cleric (P)

Best 8

  • Japan Vaisravana(Z) [0-2] Korea lllllll (P)

決勝トーナメントはシングルイリミネーション方式、試合は2セット先取で勝利となる Best of 3 で進行となりました。
1回戦は2-0で勝利しましたが、Best 8 の対戦相手はStarcraft1時代にプロ資格を有するプレーヤーで0-2で敗退となっています。

大会公式サイトのトーナメント表によると、Korea lllllll 選手はそのまま決勝まで勝ち上がりましたが、Zerg を使用する Korea Adios 選手に0-2で敗北し優勝を逃す結果となっていました。

情報元

StarCraft II ムービー『StarCraft II Top 5 Highlights 2013』

ムービー『StarCraft II Top 5 Highlights 2013』

Blizzard Entertainmentがムービー『StarCraft II Top 5 Highlights 2013』をリリースしました。

StarCraft II Top 5 Highlights 2013

『StarCraft II Top 5 Highlights 2013』はタイトルの通り、2013年のStarCraftII TOP5プレーを紹介する公式ムービーです。

各プレーを実況解説付きで紹介していく形式のムービーとなっています。
各選手がプレーする様子や観客の盛り上がりも収録されており、短いながらも見応えがあります。

情報元

StarCraft II 韓国e-sports協会セミプロ認定をかけたStarCraftIIトーナメント『第10回Rookie League』に日本のvaisravana選手が出場

vaisravana

社団法人韓国e-sports協会(KeSPA)のセミプロ認定をかけたStarCraftIIトーナメント『第10回Rookie League』に Japan Team DetonatioNに所属する Japan vaisravana選手が出場することが発表されていますす。

KeSPA主催『第10回Rookie League』

『第10回Rookie League』は、KeSPAが主催するプロデビューの登竜門となる大会です。

同大会はアマチュアプレイヤーが参加して行われる1Dayトーナメントで、1・2位となった選手には、KeSPAよりセミプロのライセンスが授与され韓国プロチームのドラフトに参加することが可能となります。

今回、vaisravana選手の実績が認められ、KeSPAの協力により大会への出場が決定したそうです。

開催情報

  • 日程: 2013年12月29日(日)
  • 参加資格: 12歳以上のアマチュアゲーマー
  • 会場: 龍山I’Park mall eスポーツ補助競技場 9F
  • 賞与:
    • 1位: 賞金10万ウォン、セミプロ資格、ルーキーリーグ本戦参加資格
    • 2位: セミプロ資格、ルーキーリーグ本戦参加資格

Japan Kitahashi "vaisravana" Masanobu 選手実績 (Zergプレーヤー)

  • 日韓交流戦 日本選抜 VS韓国プロチームCJ Entus 出場 (e-sportsSQURE主催)
  • JCGプレミアリーグSeason3・Season4 優勝(企業主催)
  • JCGプレミアリーグSeason2 準優勝(企業主催)
  • WCG2013日本予選 準優勝(ソリッドレイ研究所主催)
  • TGN42 SC2トーナメント 優勝(TokyoGameNight!!主催)
  • ESWC 2012 SC2日本予選 準優勝(CyAC主催)

プロゲーマーを資格制度化しているのはおそらく現状韓国のみで、韓国ではプロゲーマーに憧れる若者が多く、それぞれがプロを目指しアマチュアトーナメントにチャレンジしているそうです。これらについては以下のようなドキュメンタリムービーが出ているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。トレーラーは無料で見ることができます。

情報元

関連ニュース

StarCraft II StarCraft2プレーヤーのviOLet選手がアメリカ政府に同タイトル初となるアスリートとして認定されP-1Aビザを取得

viOLet

StarCraft2プレーヤーの Korea Kim "viOLet" Dong Hwan選手がアメリカ政府に同タイトル初となるアスリートとして認定されたとの情報が掲載されていました

Korean Pro Gamer viOLet Secures 5-Year Pro Athlete Visa

情報元の記事によると、Korea Kim "viOLet" Dong Hwan選手はアメリカ政府に同タイトル初となるアスリートとして認定され、アスリートに発行されるP-1Aビザを取得したそうです。これにより、viOLet選手は5年間ビザ問題を気にすることなくアメリカでの活動が可能となります(これまでに3回ビザ問題でアメリカ行きを断念したことがあるとか)。

今年の7月には、『League of Legends』のプレーヤーがアスリート認定されたとの発表が行なわれていました。『StarCraft 2』でアメリカ政府にアスリート認定を受けたのは viOLet 選手が初となるそうです。

情報元

StarCraft II StarCraftシリーズのレジェンドプレーヤーBoxeRがプロのポーカープレーヤーに転向

Lim

StarCraftシリーズのレジェンドプレーヤーLim "BoxeR" Yo Hwan 氏がプロのポーカープレーヤーに転向するとの情報が掲載されていました。

Top 10 Video Gamer of All Time Switches to Pro Poker

Lim "BoxeR" Yo Hwan 氏は「The Emperor of Terran」の異名を持つStarCraftプレーヤーとして活躍し、『World Cyber Games』にて2001~2002年に金メダルを獲得し殿堂入り。

ファンクラブ会員は100万人以上、賞金とスポンサー料などを合わせこれまでに500,000ドル以上の収入を得ているそうで、2006年にはMTVによる「最も影響力のあるビデオゲーマー10人」に選出されています。

2014年より世界のポーカートーナメントに出場

BoxeR氏は韓国のプロゲームチーム SK Telecom T1のヘッドコーチを務めていましたが、2013年9月に体調問題により同職を辞任。

情報元の記事によると、韓国のテレビ番組にてBoxeR氏が2014年より『Asian Poker Tour』(APT)や『World Series of Poker』(WSOP)といったポーカーとナメントに出場していくことが明らかにされたとのこと。

BoxeR氏はすでに「FulPotPoker」のプロモーション活動に行なっており、「テキサスホールデムは敵の動きを予想することが必要であるという点において、StaCraftと非常に似ていると感じています」とコメントしているそうです。

プロゲーマーがポーカーに転向し成功を収める例は、これまでにいくつか登場しています。興味のある方は、関連記事を参照してみて下さい。

Buddhaさん情報提供ありがとうございました。

※画像は2011年のものです

情報元

関連ニュース

3 / 20 ページ (全 199 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング