Sudden Attack ニュース アーカイブ

1 / 15 ページ (全 141 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Sudden Attack オンラインFPS『サドンアタック2』の開発・サービスが終了へ、日本での提供も中止決定

サドンアタック2

韓国NEXONがオンラインFPS『サドンアタック2』の開発・サービス提供を終了することを発表し、日本での展開も中止となりました。

オンラインFPS『サドンアタック2』の開発・サービスが終了へ

この件については、韓国および日本のゲーム公式サイトにて発表されました。
韓国サイトによると、『サドンアタック2』はその出来についてプレーヤーからの芳しくなく、フィードバックを元に検討した結果、今後短期間でユーザーの満足いく水準にゲームを立て直すことが難しいと判断し、開発およびサービス提供を終了する決断を下したとのこと。

日本では2016年5月4日に実施された公式大会にて日本サービスの提供が決定したことが明らかにされていました。

現在、日本公式サイトには下記のようなコメントが掲載されています。

日頃はネクソンをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

サドンアタック2の日本サービス決定以降、
開発元のNEXON GTと協議を重ねサービス開始準備を進めて参りましたが、
韓国での開発及びサービス終了が決定されたことにより、
日本におけるサドンアタック2サービスも中止とさせていただくことになりました。

サドンアタック2を心待ちにしてくださっていた皆さまに深くお詫びいたします。

NEXON GTはサドンアタック2の開発及びサービス終了の決定に伴い、
サドンアタックの開発とサービス運営により一層注力いたします。

日本のサドンアタックにおいては、今後、継続的なマップの追加、モードのアップデート、
不正ツール対策ソフトの再導入、積極的な大会の実施など、
皆さまにさまざまな観点からお楽しみいただける環境をご提供できるよう尽力させていただく所存です。

終わりに、サドンアタック2を心待ちにしてくださった皆さまに改めてお詫びするとともに、
今後もサドンアタックをお楽しみいただければ幸いです。

今後とも、ネクソンをよろしくお願いいたします。

サドンアタック2(SUDDEN ATTACK2) - 公式ブランドサイト

韓国ニュースサイト「THIS IS GAME」によると、『サドンアタック2』が支持されなかった最も大きな理由は「前作と代わり映えがしないゲーム内容」であったことで、この他にも不自然なモーション、DirectX9に最適化されたプログラム、貧弱なAI、不安定なプログラム、過剰に課金を要求する仕組みなど様々な不満材料が重なり、人気を得ることが出来なかったそう。

韓国でのサービスは約2ヶ月後の9月29日をもって終了となります。

韓国はFPS『Overwatch』が独走状態

現在、韓国ではBlizzard Entertainmentの最新作『Overwatch』が爆発的な人気となっており、ネットカフェ(PC房)でのシェアは『League of Legends』の24.65%を上回る32.69%となっています。

FPSジャンルの2位は『サドンアタック』で、全体では5位・5.35%のシェアとなっていました。『サドンアタック2』はベスト10に入っておらず、以降の順位についてはサイト登録無しでは確認することが出来ませんでした。

最初は期待外れだった『CS:GO』は今や人気タイトルに

現在はFPSでは人気タイトルの地位を獲得している『Counter-Strike: Global Offensive』も、リリース直後は『サドンアタック2』の評価と同じく「前作と代わり映えがしないゲーム内容」のゲームタイトルで期待外れというファンが多かったと思います。

しかし、CS:GOはゲームシステムの地道な改善、Steam Community Market経済圏と連動した武器スキン等の仕組み、またeスポーツを支援するためのシステムなどを導入することで人気を徐々に回復し、爆発的な人気タイトルとなった実績があります。

『サドンアタック2』がこれと同じく再起の道を目指さなかった理由には、韓国では先の通り、魅力的なキャラクター・ストーリー・ゲーム性を持つ『Overwatch』が圧倒的なシェアを持つことや、クラシックなリアル系FPSの分野では先の『CS:GO』が人気を博しており、『サドンアタック2』いまから改善しても最終的に利益を確保する状態とするのは難しいというような判断もあったのではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack オンラインFPS『サドンアタック2』の日本サービス展開が決定

サドンアタック2

オンラインFPS『サドンアタック2』の日本サービス展開が決定したことが発表されました。

オンラインFPS『サドンアタック2』

『サドンアタック2』は「NEXON GT」が開発する『サドンアタック』の続編タイトルです。

ゲームのエンジンには「Unreal Engine 3」を採用し、グラフィックやエフェクトなどがよりリアルにパワーアップしています。

『サドンアタック2』特徴

  • 衝撃的なグラフィッククオリティ
  • センセーショナルなヒットインパクト (着弾の衝撃、的な意味かと)
  • スタイリッシュな武器カスタマイズ
  • 様々なゲームモード
  • 戦略的なスペシャルコンテンツ「Squad War

同タイトルの日本サービス向け特設サイトがオープンしており、トレーラーとプロモーションの動画2本が公開となりました。

サービスの正式な開始時期は現時点では未定となっています。

韓国では、先行で展開が進行しており、オフラインでのクローズドベータテストやイベントが実施されていました。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack サドンアタック公式大会『SACTL2014』のオフライン決勝が賞金総額約371万円で12/28(日)に開催

SACTL2014

サドンアタック公式大会『SACTL2014』のオフライン決勝が賞金総額約371万円で12/28(日)に開催されます。

SACTL2014

『SACTL2014』の決勝トーナメントは、1,025チームが参加した1~3次予選を勝ち抜いてきた4チームの出場で行なわれます。

開催情報

出場チーム (紹介文はリリースより)

Japan #Velika (Aトーナメント1位)
過去実績:『SAOMT 2012 Summer 3位』

何度も何度も挑戦し続けてきたオフライン決勝への道。
今回ついにその切符を手に入れた。今もっとも勢いのあるクラン。
オフラインの雰囲気に呑まれなければ、彼らが優勝を手に入れるだろう。

Japan Lythronax (Bトーナメント1位)
過去実績:『SAOMT 2014 Summer 3位』『SAOMT 2014 Spring 2位』

過去2大会で3位と2位で苦汁をなめた「Lythronax」。
恐竜AIMと異名を持つ彼らは2大会のオフライン決勝で経験が備わった。もう彼らに死角はない。

Japan Detre.R (Aトーナメント2位)
過去実績:『SAOMT 2014 Summer 2位』『SAOMT 2014 Spring 3位』

過去2大会オフライン決勝に出場するも王者『NabD』に敗退。
しかし、その王者を予選で破り、王者のオフライン決勝出場を阻んだ。
優勝の二文字は目の前だ。

Japan Kmn-Gaming (Bトーナメント2位)
過去実績:『SACTL 2013 3位』『SAOMT 2013 summer 3位』
『SAOMT 2013 spring 3位』
『SACTL 2012 3位』『SAOMT 2012 spring 3位』
『TOKYO GAME SHOW 2012 日韓エキシビションマッチ日本代表』
『SACTL 2011 winter 優勝』『SAOMT 2011 summer 準優勝』

ブロンズコレクター「Kmn-Gaming」。奇跡を起こす「Kmn-Gaming」。
過去に様々な異名を持つ彼らはSA界でもっとも人気あるクラン。
しかし、もういいだろう。ブロンズも奇跡も必要ない。
実力で優勝を勝ち取る時が来た。

優勝賞金は約321万円

今大会は、10月に期間限定で販売されたゲーム内アイテム「大会特別パッケージ」の売上のうち20%が優勝賞金に上乗せされる仕組みが採用されています。

この結果、本来200万円に1,213,200円が追加され、優勝賞金は321万3200円、大会賞金総額は371万3200円となっています。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack サドンアタック公式大会『SACTL2014』のオフライン決勝トーナメント出場4チームが決定

SACTL2014

2014年12月28日(日)に開催されるサドンアタック公式大会『SACTL2014』のオフライン決勝トーナメント出場4チームが決定しています。

SACTL2014 3次予選

『SACTL2014 3次予選』には、これまでに行なわれた予選を勝ち抜いた8チームが出場。
4チーム×2グループに別れてのダブルイリミネーション方式トーナメントで予選を行ない、各グループの上位2チームがオフライン決勝トーナメントの出場権を獲得しています。

出場チーム

  • Aグループ1位: Japan 4.Command
  • Bグループ1位: Japan #Velika
  • Cグループ1位: Japan Kmn-Gaming
  • Dグループ1位: Japan Lythronax
  • Aグループ1位: Japan NabD
  • Bグループ2位: Japan 1st_ActioN
  • Cグループ3位: Japan RealNet
  • Dグループ4位: Japan Detre.R

Aトーナメント

勝者側セミファイナル

  • Japan 4.Command [5-7] Japan NabD (第5補給倉庫)
  • Japan #Velika [9-7] Japan Detre.R (第5補給倉庫)

勝者側ファイナル

  • Japan NabD [5-7] Japan #Velika (クロスポート)

敗者側セミファイナル

  • Japan 4.Command [2-8] Japan Detre.R (クロスポート)

敗者側ファイナル

  • Japan Detre.R [7-2] Japan NabD (第3補給倉庫)

Bトーナメント

勝者側セミファイナル

  • Japan Lythronax [6-2] Japan RealNet (第5補給倉庫)
  • Japan Kmn-Gaming [6-0] Japan 1st_ActioN (第5補給倉庫)

勝者側ファイナル

  • Japan Lythronax [8-4] Japan Kmn-Gaming (クロスポート)

敗者側セミファイナル

  • Japan RealNet [6-0] Japan 1st_ActioN (クロスポート)

敗者側ファイナル

  • Japan RealNet [6-10] Japan Kmn-Gaming (第3補給倉庫)

オフライン決勝トーナメント進出チーム

  • Japan #Velika
  • Japan Lythronax
  • Japan Detre.R
  • Japan Kmn-Gaming

王者としてこれまで君臨してきた Japan NabD が3次予選で敗退となったのが大きなトピックと言えるでしょう。新王者の座は、上記4チームによって争われます。

SACTL2014

  • 開催日: 2014年12月28日(日)
  • 会場: 大田区産業プラザPIO (東京・蒲田)
  • 賞金
    • 1位: 321万3200円 (200万円 + 特別アイテム売上の20%)
    • 2位: 30万円
    • 3位(2チーム): 10万円

オフライン決勝トーナメント進出チーム

  • Aトーナメント1位: Japan #Velika
  • Bトーナメント1位: Japan Lythronax
  • Aトーナメント2位: Japan Detre.R
  • Bトーナメント2位: Japan Kmn-Gaming

オフライン決勝トーナメントでは、上記4チームによって準決勝と決勝戦が実施されます。
当日の様子は、ストリーミング配信が予定されています。
おそらく、現地での観戦も可能になるのではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack サドンアタック公式大会『SACTL2014』の優勝賞金がアイテム売上の配分によって120万円増加し約320万円に

SACTL2014

サドンアタック公式大会『SACTL2014』の優勝金額が増額され320万円を超えた事が発表されました。

SACTL2014

オンラインFPS『サドンアタック』の公式大会『SACTL2014』にて、ゲーム内アイテム売上の20%が賞金に上乗せされる仕組みが採用されました。アイテムの販売は10/15より開始され、結果は下記のようになっています。

実施結果

  • 大会特別パッケージ売上総額:6,066,000円
  • 大会特別パッケージ売上の20%(賞金加算金額):1,213,200円

賞金

  • 1位: 321万3200円 (200万円 + 特別アイテム売上の20%)
  • 2位: 30万円
  • 3位(2チーム): 10万円

この仕組みは、Valveが運営するアクションRTS『DOTA2』の世界大会にて導入されて大成功を収めており、今年に行なわれた大会では基本賞金が160万ドルから1,000万ドル以上にアップしています。現在では、『DOTA2』以外のタイトルでも採用するケースが増えてきています。

『DOTA2』の場合は、優勝以外の順位にも一定の割合で売上が配分されています。本大会は、元々1位と2位で170万円という大きな賞金差があるのに加えて、さらに優勝チームのみに増額が適用されるという仕組みになっています。その意図について考えて見たところ、サドンアタックは賞金総額の高さを前面に押し出した広告展開をしていたのを思い出しました。「日本で最も高額な優勝賞金のFPS大会」というようなPR展開を計画されているのかもしれません。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack サドンアタック公式大会『SACTL2014』がクラウドファンディング制度を採用、特別ゲーム内アイテム売上の20%を優勝賞金200万円に上乗せ

SACTL2014

サドンアタック公式大会『SACTL2014』でゲーム内アイテム売上の一部が賞金に上乗せされる仕組みが採用されています。

SACTL2014

オンラインFPS『サドンアタック』の公式大会『SACTL2014』にて、ゲーム内アイテム売上の一部が賞金に上乗せされる仕組みが採用されました。

大会特別パッケージ売り上げの20%を賞金に配分
10/15(水)より販売が開始される「大会特別パッケージ」の売上のうち20%が大会優勝賞金の200万円に上乗せされます。

いまのところ、このアイテムがいくらで販売されるかは記載されていませんでした。

賞金

  • 1位: 200万円 + 特別アイテム売上の20%
  • 2位: 30万円
  • 3位(2チーム): 10万円

増額分の金額については、公式サイトにて発表されていく予定となっています。

この仕組みは、Valveが運営するアクションRTS『DOTA2』の世界大会にて導入されて大成功を収めており、今年に行なわれた大会では基本賞金が160万ドルから1,000万ドル以上にアップしています。現在では、『DOTA2』以外のタイトルでも採用するケースが増えてきています。

また、『SACTL 2014』の参加登録期間が10/13(月)まで延長されたことが発表されていました。詳しくは情報元ページをご覧ください。

『SACTL 2014』は、2014年10月18日(土)より開幕となり、10~11月に予選を実施。予選を勝ち抜いた4チームが、12月に開催される決勝大会に進出するこどができます。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack 賞金総額5万5000円のサドンアタック大会『JCG SAマスタークラス』が8/24(日)より開幕

JCG SAマスタークラス

賞金総額5万5000円のサドンアタック大会『JCG SAマスタークラス』が8/24(日)より開幕となります。

JCG SAマスタークラス

『JCG SAマスタークラス』では、爆破ミッション 5vs5形式にて、Day1~4の日程に別れて予選が実施されます。

各日の予選には最大64チームまで参加可能で、8チームずつに分れてのシングルイリミネーショントーナメントを実施。
各トーナメントの優勝チームが、9/21(日)に実施される決勝トーナメントの出場権を得ることが出来ます。

JCG SAマスタークラス

予選

  • 2014年8月24日(日) Day1 20時20分~22時20分
  • 2014年8月31日(日) Day2
  • 2014年9月07日(日) Day3
  • 2014年9月14日(日) Day4

※各日から最大8チームずつが決勝トーナメントに進出

決勝トーナメント (最大32チーム出場)

  • 2014年9月21日(日) Day1
  • 2014年9月28日(日) Day2

ストリーミング

試合は上記のストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack オンラインFPS『サドンアタック』のチートツール使用者が電子計算機損壊等業務妨害容疑で書類送検に

サドンアタック

オンラインFPS『サドンアタック』のチートツール使用者が電子計算機損壊等業務妨害容疑で横浜地検川崎支部に書類送検されたことが発表されています

チートツール使用者が書類送検に

本日、神奈川県警は、サドンアタックにおける電子計算機損壊等業務妨害容疑で、被疑者3名を書類送検した旨の発表を行いました。

本件はサドンアタックに対し、被疑者である少年3名が共謀の上、チートツールを作動させ、サドンアタック内で当社が意図しない動作を繰り返しさせることで、当社の業務に支障を生じさせ、業務を妨害した疑いによるものです。

http://sa.nexon.co.jp/information/notice.aspx?no=4505

被疑者である3名は福島、奈良、徳島の17~18歳の少年とのこと。
3名はチートツールによって武器を強化したり、有料アイテムを無料で使用したりすることでゲームの運営会社・ネクソン社の業務を妨害していたそうです。

ネクソンは、チートツール等の利用規約違反行為は同じく電子計算機損壊等業務妨害」の罪に問われる場合があるとして、不正行為を行なわないよう呼びかけていました。

2011年には、韓国版サドンアタックでチート製作者及びチート配布者を刑事告発した事例があります。

今回の一件が抑止力となり、不正ツールの利用者が減少することが期待されます。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack 『JCG』がオンラインFPS『サドンアタック』を競技ゲームに採用、7/5(土)に記念大会を開催

JCG SUDDEN ATTACK

Japan Competitive Gaming(JCG)』がオンラインFPS『サドンアタック』を競技ゲームに採用し大会サイトをオープンしました。

JCG SUDDEN ATTACK (JCG SA)大会サイトがオープン

JCGの『サドンアタック』大会専用サイト『JCG SA』では、下記の2クラス構成で定期的に大会が開催されます。

JCG SA マスタークラス
最大256チームが参加可能なトーナメント。
64チームごとに別れた4つトーナメントを開催。
各トーナメントの上位チームが決勝大会に進出しJCG マスタークラス 優勝を賭けて競い合います。

JCG SA オープンクラス
気軽に体験・参加できる大会として開催。
最大32チームが参加可能。

『サドンアタック』を採用した理由は?

今回、『JCG』がなぜ『サドンアタック』を採用したのかをプロデューサーの松本 順一氏に質問してみました。

『JCG』にとって『バトルフィールド4』に続くFPSタイトル第2弾となりますが、様々なFPSタイトルの中から『サドンアタック』を採用したのはなぜでしょうか?
『JCG』というゲーミング・プラットフォームにとって、公式大会に1,000チーム・5,000名以上が参加するFPSタイトル『サドンアタック』の取り扱いは非常に大きな意味を持ちます。ゲームとしての歴史が深く、しかも世代交代ができていて若いプレイヤーが多いサドンアタックでJCGが大会を開催する事によって、JCGプラットフォームの利用者を一気に増大させてくれると期待しています。試行錯誤しつつも、公式大会とは違った、JCGならではの大会を開催していきたいと思います。

今後も、『JCG』にFPSタイトルを追加採用していく予定ですか?
はい。もちろん今後もFPSの採用を検討していきます。FPSに限らず、ゲームタイトルは積極的に追加していく予定です。そのタイトルで運営を行うためには、ゲームメーカー様やタイトルに詳しい有識者の協力があることで採用が促進される場合もあります。国内の有力ゲームタイトルも、世界大会が行われるような国際的ゲームタイトルについても、状況を見ながら採用を進めていきます。

JCG SA オープン記念大会

大会専用サイト『JCG SA』のオープンを記念した大会が7/5(土)に開催されます。

  • 開催日時: 2014年7月5日(土)17:30~21:30
  • 対戦形式: 爆破:5vs5
  • 参加可能数: 32チーム(上限を超えた場合は抽選)
  • 大会形式: 8チーム毎に分かれてのシングルイリミネーショントーナメント
  • ストリーミング配信: http://ch.nicovideo.jp/jcgch/live
  • 参加賞:ドミノピザ e-gift card 3,000円(抽選3名様)
  • 優勝賞:ドミノピザ e-gift card 5,000円

JCG SA オープン記念大会は、「オープンクラス」のグレードとして開催されます。
参加登録やルールについては、大会ページを参照してください。

情報元

関連ニュース

Sudden Attack フラグムービー企画『Sudden Attack Shuffle Montage』の素材シーン募集受付中

Sudden Attack Shuffle Montage

フラグムービー企画『Sudden Attack Shuffle Montage』の素材シーンの募集が受付中です。

Sudden Attack Shuffle Montage

『Sudden Attack Shuffle Montage』は、FPSを中心にフラグムービーやプロモーション映像を制作するクリエイターチーム『Rapid Waorks』によるオンラインFPS『サドンアタック』のフラグムービープロジェクトです。

このプロジェクトでは、プレーヤーが投稿したフラグシーン素材を5人のフラグムービークリエイターにランダムで割り当て、それぞれが編集を行ない1つのフラグムービーを完成させるというものです。

編集担当者

フラグシーンは、応募条件を満たしていれば誰でも投稿可能とのこと。募集は6月30日(月)まで受け付けられます。詳細については、下記のページをご覧ください。

Notchiさん情報提供ありがとうございました。

情報元

1 / 15 ページ (全 141 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp