Counter-Strike: Global Offensive ニュース アーカイブ

1 / 195 ページ (全 1942 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』アップデート(2017-05-23)、新オペレーション『Hydra』がスタート

Operation Hydra

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-05-23)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

今回リリースされた『Operation Hydra』は、2016年2月17日にリリースされた『Operation Wildfire』以来なる新オペレーションとなります。

『Operation Hydra』は基本的に全CS:GOプレーヤーが参加可能で、様々なゲームモードやオペレーションマップでのプレーを楽しむことが出来ます。

$5.99(710円)の「All Access Pass」購入することで、新たな武器スキンやミッションなどの限定コンテンツへのアクセス権が付与されます。

Release Notes for 5/23/2017

Operation Hydra

  • Operation Hydra Events - 1週間ごとに利用可能となるユニークなゲームモード。
    • WAR GAMES: 「HEAVY ASSAULT SUIT」「HEADSHOTS ONLY」「HUNTERS-GATHERERS」「STAB STAB ZAP」「THE FLYING SCOUTSMAN」「TRIGGER DISCIPLINE」などを含むクラシックなゲームモード
    • WINGMAN: 設置箇所1つの爆破マップで行なわれる2vs2 competitive match。Best of 16ラウンド方式。Wingman skillグループ対応。
    • WEAPONS EXPERT: 最初に購入した武器のみで実施する5vs5マッチ。Best of 30ラウンド方式。Wingman skillグループ対応。
  • コミュニティ製の新マップ4つ、復活マップ3つが「Hydra Events」に登場。「Casual」や「Competitive」のマッチメイキングでもプレー可能。「Austria」「Shipped」「Lite」「Thrill」「Agency」「Insertion」「Black Gold」
  • Operation Hydra All Access Pass ($5.99)
    • 自身のペースで挑戦可能な30個のミッションを含む「Guardian Mission」キャンペーン-- 「Operation」武器や「Operation Hydra Case」のドロップ入手権
    • 「Diamond」レベルまでアップグレード可能な「Operation Hydra Challenge Coin」
    • スタッツのトラッキングやフレンドリーダーボードを提供する「Operation Hydra Journal」

SOUND

  • HRTFを利用している時の3人称における武器サウンドの忠実性を増した
  • マイナーなミックスの調整を実施

GAMEPLAY

  • 「UMP45」のダメージをサブマシンガンカテゴリに合わせて減少させた(rangemodifierを0.85から0.75にした)
  • プレーヤーがDeathmatchでボーナス武器をアップデートさせる時にrespawnしないようにした
  • Demolitionモードのローカル・コミュニティーサーバーで「hostage」マップをサポートするようにした
  • 「mp_teammates_are_enemies」がオンになっている時のレーダースポッティングを改善した
  • Zeusの保有有無をピストルホルスターに反映表示するようにした
  • 「mp_teammates_are_enemies」がオンとなっている時に弾丸がチームメイトを貫通しないのを修正した

SERVER OPERATORS

  • 「sv_disable_motd」のデフォルトを「1」に変更した
  • convar「mp_free_armor」を変更した (0 = none, 1 = kevlar, 2 = kevlar + helmet)

MAPS

  • 「War Games」「Wingman」によりフィットするようレイアウトを調整した「Safehouse」「StMarc」「Lake」「Bank」
  • Canals
    • 「CT spawn」を前に移動させた
    • Tに簡単にアクセス出来るようAポイントにベンチを設置した
    • Fixed clip brushes poking through top flight of tunnel stairs.
    • プレーヤーがスタックしてしまうlamp posts にクリップを追加した
    • いくつかのprops上でのフェード距離を調整した
    • Fixed visible nodraw seen from arch.
  • Rialto
    • 「Guardian」と「2vs2」モード用の新マップを追加
  • Dizzy
    • 「Flying Scoutsman」用の新マップを追加

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』大会を運営する『PGL』が主催大会参加のアカデミーチームにネームタグ、チームロゴをメインチームと異なるものにするよう通達

CS:GO

『CS:GO』大会を運営する『PGL』が、主催大会におけるアカデミーチームに関して通達のツイートを行ないました。

『PGL』が主催大会参加のアカデミーチームについて

『PGL』が行なった投稿は下記となります。

「CS:GO Academyについて。アカデミーチームがプレーすることは認められますが、メインチームとの混乱を避けるために異なるネームタグ・ロゴを使用しなければなりません。」

『PGL』はCS:GOの「Major」「Minor」大会の運営を行なっています。PGL Major Kraków 2017』のCIS予選に Russia Team Spirit と Russia Team Spirit Academy、本戦に Sweden Fnatic、ヨーロッパ予選に Sweden Fnatic Academy が出場していますが、両チームはこの通達に対し対応を行なわなければなりません。

Fnatic はチーム公式サイトにて、Sweden Fnatic Academy を「卒業」させ新たな所属先に移籍させる計画を発表しています

同様の話題として、大会運営団体の『ESL』は、2017年4月に『ESL One』シリーズに参加出来るのは1団体につき1チームのみとアナウンスしています

『League of Legends』の公式プロリーグでも1オーナーにつき1チームのみしか出場できないルールが制定されており、『CS:GO』もこの方式が浸透していくことになりそうです。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOのリアリティショー『GAMERZ』でJW選手(Fnatic)の弟を含むブルーチームが勝利し、半年間のプロゲーマー契約を獲得

gamerz

CS:GOのプロを目指す12名を追うリアリティショー『GAMERZ』がフィナーレを迎え、新たなCS:GOプロゲーマー5名が誕生しました。

GAMERZ CS:GO NORDIC EDITION SEASON 01

『GAMERZ CS:GO NORDIC EDITION SEASON 01』は、次世代のプロフェッショナルCS:GOチームを創り上げることを目的とし、プロ契約5枠をかけて若き12名のゲーマーが挑んでいく様子を追うリアリティショーです。

5月2日から放送が開始され、スウェーデンを代表する元プロゲーマー Sweden Oskar "ins" Holm氏(元Fnatic所属)、Sweden Abdisamad "SpawN" Mohamed氏(元SK Gaming)による指導のもと20日間のトレーニングを実施。先日、総仕上げとしてプロ契約をかけた5vs5対決がスタジオに観客を入れて実施されました。

試合はSpawN氏率いるブルーチームと、ins氏のレッドチームにわかれてBest of 3 形式で実施され、3マップ目の延長戦にまで突入する接戦を制したブルーチームが2-1で勝利。『GAMERZ』と6ヶ月のプロ契約をを獲得しました。

contract

試合結果

  • GAMERZ Blue [2-1] GAMERZ Red
    • GAMERZ Blue [16-07] GAMERZ Red (de_inferno)
    • GAMERZ Blue [07-16] GAMERZ Red (de_mirage)
    • GAMERZ Blue [19-16] GAMERZ Red (de_cobblestone)

メンバー

GAMERZ Blue

  • Sweden Adam "WolfY" Andersson
  • Sweden Linus "Limpone" Wecksell
  • Sweden Dylan "DH" Hamrini
  • Norway Sebastian "ensa" Aas
  • Denmark Jonas "Queenix" Dideriksen

GAMERZ Red

  • Sweden Ludvig "Brollan" Brolin
  • Sweden Hannes "hns" Johansson
  • Sweden Fredrik "elo" Annerström
  • Sweden Isak "Blandfers" Alexius
  • Sweden Emir "rhyme" Muminovic

Sweden Linus "Limpone" Wecksell選手は、Sweden Fnaticに所属する Sweden Jesper "JW" Wecksell選手の弟で、兄弟そろってのプロゲーマーとなりました。

これまでの配信アーカイブは、下記のYouTubeチャンネルから閲覧可能となっています。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Call of Dutyシリーズの有名チーム『Rise Nation』が『CS:GO』シーンに参入

Rise Nation

Call of Dutyシリーズの有名チーム United States Rise Nationが『CS:GO』チームを結成したことを発表しました。

『Rise Nation』が『CS:GO』シーンに参入

『Rise Nation』は2014年に結成されたアメリカを拠点とするプロゲームチームで、『Call of Duty Championship 2014』準優勝や『ESWC Zénith 2016』3位などの入賞歴があり、コントローラーの「Scuf Gaming」やeスポーツ向けのエナジードリンク「GFuel」などのスポンサードを受けて活動しています。

Ace選手、vSa選手、Moose選手は『ESEA Season 24 NA CS:GO Premier』部門に Canada Ace CS として出場しセントラルカンファレンスを14勝2敗の2位で通過した実績を持ちます。

この3選手を主体とした下記5名が United States Rise NationのCS:GO部門として活動していくことになります。

Rise Nation

  • Canada Andy "vSa" Xu
  • Canada Kaleb "Moose" Jayne
  • United States Brandon "Ace" Winn
  • United States Will "dazzLe" Loafman
  • United States Jonathan "Jonji" Carey

Kahreem Horsley氏のコメント(Rise Nation共同オーナー)

私たちはCS:GOシーンに参入したいと思い続けてきましたが、適切なタイミングに恵まれませんでした。このメンバーを獲得出来る機会を得て、このチャンスに飛びつきました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Ninjas in PyjamasがCS:GO部門pyth選手との契約を終了、更新を見合わせ

Ninjas in Pyjamas

Sweden Ninjas in PyjamasがCS:GO部門に所属する Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi 選手との契約を終了しました。

Ninjas in PyjamasがCS:GO部門pyth選手との契約を終了

こちらの情報は、Sweden pyth 選手が自身のTwitterに投稿したことで明らかとなりました。

「本日でNiPとの契約は事前の承諾に基づき終了となりました。つまり、私はもうNiPの一員ではありません。全てに感謝します!」

チームはこれをリツイートしたのみで、チーム公式サイトでの発表は行なっていません。

pyth選手は2015年末に2016年に向けたメンバーの一員としてチームに正式加入
2017年3月にAWPを担当する Sweden William "draken" Sundin 選手が加入してからはスタメンを外れており、約1年半の活動を経て脱退となりました。

Ninjas in Pyjamas

  • Sweden Patrik "f0rest" Lindberg
  • Sweden Christopher "GeT_RiGhT" Alesund
  • Sweden Adam "friberg" Friberg
  • Sweden Richard "Xizt" Landström
  • Sweden William "draken" Sundin

契約終了

  • Sweden Jacob "pyth" Mourujärvi

Sweden Ninjas in Pyjamas は2016年11月に開催された『Intel Extreme Masters Oakland』優勝以降は成績が芳しくなく、先日開催された『PGL Major Kraków 2017』の Closed Qualifier は12-14位で予選落ちとなっています。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOオフライン大会『ESC CS:GO Cup』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で6/4(日)に開催

esc-csgo

CS:GOのオフライン大会『ESC CS:GO Cup』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で6/4(日)に開催されます。

CS:GOオフライン大会『ESC CS:GO Cup』

『ESC CS:GO Cup』は Japan chiara氏と「e-sports cafe」が共同で開催する『Counter-Strike: Global Offensive』大会です。

大会はCS:GOファンの交流や店舗の認知を目的として行なわれ、賞金付きで実施されます。

開催情報

  • 開催日:2017年6月4日(日)
  • 時間: 受付開始 12:00、受付終了 12:30、試合開始 13:00
  • 募集定員: 30名(6チーム)
  • 大会形式: 個人参加による即席5vs5(チーム分けは主催者が実施)
  • 試合形式:
    • 3チーム×2グループによるBest of 1のリーグ戦
    • リーグ1位チーム同士の決勝戦、2位同士の3位決定戦
  • マップ: Dust2、Nuke、Mirage、Cache、Overpass、Cobblestone、Train (Ban/Pick方式で決定)

賞金

  • 1位: 15,000円(1人3000円)
  • 2位: 5,000円(1人1000円)

参加登録

  • オンライン受付締め切り: 6/3(土)23:59
  • 当日店舗受付締め切り: 6/4(日)12:40(欠員が出た場合のみ)
  • 申し込みフォーム: http://esportscafe.co.jp/csgoevent2/

前回は4月2日(日)に開催し、30名近いCS:GOプレーヤーが参加しました

DSC_7167

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-05-18)

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-05-18)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 5/18/2017

MISC

  • 公式のデータセンターを南アフリカに設置した
  • Windows XPでゲームをスタート出来ないバグが再発生していたのを修正した
  • タイムアウトやマッチポーズ向けのゲーム状況出力を追加した
  • C4解除カウントダウン向けのゲーム状況出力を追加した
  • サーバーのBANリストフィルターがクライアクト接続のパケット処理の初期段階で適用されるようになった

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『Intel Extreme Masters Sydney 2017』の観戦データが公開、会場来場7000人越え、オンラインユニーク試聴数は800万以上に

Intel Extreme Masters Sydney 2017

2017年5月3~7日にオーストラリアで開催されたCS:GO大会『Intel Extreme Masters Sydney 2017』の観戦者データが発表されました

Intel Extreme Masters Sydney 2017

『Intel Extreme Masters Sydney 2017』は、シドニーオリンピック等で使用されたオーストラリアで最も歴史のあるスポーツ競技場「Qudos Bank Arena」にて実施され、招待6チーム、中国・オセアニア予選を通過した2チームを併せた計8チームが出場。賞金総額は$260,000AUD (約2,130万円)とオーストラリア最大級のeスポーツイベントとなりました。

観戦データ

  • 会場来場客: 開催期間中 毎日7,000人以上
  • オンライン視聴数: ユニーク視聴数800万以上(30のプラットホームにて22言語の放送を実施)

この観戦データは、2016年11月にアメリカのオークランドで開催された『IEM Oakland 2016』を上回っているとのことです。ShilverTVが提供する『VR』観戦は、オークランドが13万ユニーク視聴だったのに対し、今回は15万まで増加していました。

『Intel Extreme Masters Sydney 2017』関連の記事では、以下の2つが興味深い内容となっていますので合わせてチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『DreamHack ASTRO Open Summer 2017』が6/17(土)~19(金)にスウェーデンで開催、試合スケジュール発表

DreamHack Open 2017

2017年6月17日(土)~19日(金)にスウェーデンで開催される『DreamHack ASTRO Open Summer 2017』の試合スケジュールが発表されました

DreamHack ASTRO Open Summer 2017

『DreamHack ASTRO Open Summer 2017』は、世界最大級のLANパーティイベント『DreamHack Summer 2017』の会場にて実施されます。

賞金総額は10万ドルで、招待6チーム、アメリカ・ヨーロッパで実施される予選を勝ち抜いた2チームを併せた8チームが出場となります。

開催情報

  • 開催日: 2017年6月17日(土)~19日(金)
  • 会場: DreamHack Summer 2017
  • 出場チーム数: 8
  • 賞金: $100,000
    • 1位: $50,000
    • 2位: $20,000
    • 3-4位: $10,000
    • 3-4位: $10,000
    • 5-6位: $3,000
    • 5-6位: $3,000
    • 7-8位: $2,000
    • 7-8位: $2,000

出場チーム

招待

  • Brazil SK Gaming - FalleN, fer, coldzera, TACO, felps
  • Russia Gambit Esports - Dosia, AdreN, mou, Zeus, HObbit
  • 後日発表
  • 後日発表
  • 後日発表
  • 後日発表

ヨーロッパ予選

  • 2017年5月21日(日)開催

アメリカ予選

  • 2017年5月21日(日)開催

スケジュール (日本時間)

6/17(土)

  • 20:00 Group A – Match #1
  • 21:30 Group B – Match #1
  • 23:00 Group A – Match #2

6/18(日)

  • 00:30 Group B – Match #2
  • 02:00 Group A – Winners Match
  • 03:30 Group B – Winners Match
  • 18:00 Group A – Elimination Match
  • 21:00 Group B – Elimination Match

6/19(月)

  • 00:00 Group A – Decider Match
  • 03:00 Group B – Decider Match
  • 16:00 Semi-final #1
  • 22:00 Semi-final #2

6/20(火)

  • 02:00 Grand Final

昨年は決勝戦で Brazil Immortals と Sweden Ninjas in Pyjamas が対戦し、Brazil Immortalsが勝利。『DreamHack Summer』で初となるヨーロッパ勢以外の優勝を達成していました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO最強タッグ決定戦『HTC 2v2 Invitational by PGL』でG2 Esports(shox&kennyS)が優勝

HTC 2v2 Invitational by PGL

CS:GOの最強タッグを決定する2on2大会『HTC 2v2 Invitational by PGL』でG2 Esports(shox&kennyS)が優勝しています。

HTC 2v2 Invitational by PGL

『HTC 2v2 Invitational by PGL』は、2016年4月に開催された最強プレーヤー決定戦『HTC 1v1 Invitational by PGL』に続く大会として、2017年5月13日(土)~14日(日)にルーマニアで開催されました。

大会には、招待された8チーム16選手が出場。4チーム×2グループのグループステージをダブルイリミネーション方式トーナメントで実施し、各グループの上位2チームずつがプレーオフに進出。プレーオフはシングルイルミネーション方式トーナメントで実施されました。

順位

  • 1位: France G2 Esports - shox, kennyS
  • 2位: Denmark North - cajunb, aizy
  • 3位: Turkey Space Soldiers - XANTARES, Calyx
  • 4位: Europe FaZe Clan - rain, NiKo
  • 5-6位: Denmark Heroic - niko, JUGi
  • 5-6位: Ukraine Natus Vincere - seized, s1mple
  • 7-8位: France Team EnVyUs - Happy, ScreaM
  • 7-8位: Sweden Team Secret Female - juliano, zAAz

ムービー

プレーオフ

ファイナル

  • France G2 Esports [2-1] Denmark North

配信アーカイブ

グループステージ

Group A

  • Europe FaZe Clan [プレーオフ進出]
  • Denmark North [プレーオフ進出]
  • Ukraine Natus Vincere
  • Sweden Team Secret Female

Group B

  • France G2 Esports [プレーオフ進出]
  • Turkey Space Soldiers [プレーオフ進出]
  • Denmark Heroic
  • France Team EnVyUs

今回同様のリテイクマップを使った2on2は、昨年6月に日本で開催された『NVIDIA CS:GOプロゲーマー頂上決定戦』でも行なわれていましたが、短時間で決着が付くうえに非常にわかりやすいため、個人的にはなかなか面白いルールだと思います。

情報元

関連ニュース

1 / 195 ページ (全 1942 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp