Counter-Strike: Global Offensive ニュース アーカイブ

7 / 206 ページ (全 2055 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Counter-Strike: Global Offensive FaZe ClanがFnaticのOlofmeisterを正式獲得、kioShiMaに代わりラインナップ入り

faze-clan

Europe FaZe Clanが、Sweden Fnatic の Sweden Olof "Olofmeister" Kajbjer選手を正式獲得したと発表しました。

FnaticのOlofmeisterがkioShiMaに代わりFaZe Clanへ加入

Sweden Olofmeister 選手は、CS:GOメジャー全大会に「Legends」ステータスで出場を続けている他、HLTV.orgによる2015年ベストプレーヤーに選出された実績を持ち、ピストル・アサルトライフル・スナイパーライフルの全てを使いこなすCS:GOシーンを代表する選手です。

Europe FaZe Clanはシーン屈指のスナイパー Slovakia GuardiaN選手に引き続き、モンスター Sweden Olofmeister 選手を正式交渉を経て獲得。現在のシーンにおけるドリームチームといえるラインナップを完成させました。

今回のラインナップ変更に合わせて、Fabien "kioShiMa" Fiey選手が脱退となっています。kioShiMa選手の新たな所属先については今の所未定です。

ラインナップ

FaZe Clan

  • Norway Håvard "rain" Nygaard
  • Denmark Finn "karrigan" Andersen
  • Bosnia And Herzegovina Nikola "NiKo" Kovač
  • Slovakia Ladislav "GuardiaN" Kovács
  • Sweden Olof "Olofmeister" Kajbjer
  • Sweden Robert "RobbaN" Dahlström (Coach)

脱退

  • France Fabien "kioShiMa" Fiey

新ラインナップのFaZe Clanは、8月23日より開幕する『ESL Pro League Season 6』のヨーロッパ部門に出場。初のオフライン大会となるのは、8月30日からスウェーデンで開催される『DreamHack Masters Malmö 2017』となります。

下記のOlofmeister選手のコメントにおいて、FaZe Clanのファンについて一言触れていますが、チームは現在のところTwitterフォロワー300万以上、Facebook 37万いいね以上、YouTubeチャンネル登録数450万以上、Instagramフォロワー 170万以上というシーントップクラスのファンを抱えています。

Olof "Olofmeister" Kajbjer選手のコメント

FaZe Clan、そして私のファンの皆さん、自身の新たなゲーミングキャリアにおいてFaZe Clanのメンバー達とチームを組むことを発表するのをうれしく思います。

Fnaticを去るのは非常に難しい決断でしたが、いつも心に引っかかっていたFaZe Clanに加入を決めるのはとても簡単なことでした。

FaZe Clanは素晴らしいファンや、私が賞賛するとんでもない才能とハングリーさを兼ね備え、友人としての視点、Counter-Strikeで世界一になるという同じコミットメントと目標をもつ選手がいるとてつもない組織です。

私はこのような興奮やポジティブな緊張感を長らく感じていませんでした。今日は新たな始まりです。競技上でお会いしましょう。

Robert "RobbaN" Dahlström 氏のコメント(FaZe Clan, コーチ)

Olofmeisterを獲得したことにとてつもなく興奮しています。
彼はみんなが望む全てを持つ選手です。

FaZeで取り組みをする中で、素晴らしいケミストリーがあり目標を共有出来るラインナップを見つけるため多くのロスター変更をしてきましたが、ついにそれを手にしました。

現在は、ハードな練習を通じて、それぞれの最高の起用方法を模索しています。

kioShiMaとトロフィーを共に獲得した素晴らしい思い出に感謝します。そして、ようこそOlof!

関連

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『ROG MASTERS 2017』CS:GO日本予選でSZ.Absoluteが優勝、アジア地域予選ファイナルの出場権を獲得

ROG MASTERS 2017

ROG MASTERS 2017』の日本予選「CS:GO」部門で Japan SZ.Absolute が優勝となりました。

ROG MASTERS 2017

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

大会は4フェーズに別れて行なわれ「フェーズ1」の日本予選は13チームが出場しオンラインで開催されました。大会フォーマットはシングルイルミネーション方式、各試合は準々決勝までがBest of 1、準々決勝・決勝がBest of 3形式で、決勝戦は Japan SZ.Absolute と Japan TeamMISOの対戦となり、Japan SZ.Absoluteが2-0で勝利となりました。

優勝した Japan SZ.Absolute は日本代表として10月26日~29日にフィリピンで開催される「フェーズ3」の「Regional Finals」に出場します。

※アジアパシフィックエリアは「フェーズ2」と「フェーズ3」を合わせて実施するとの説明がありました

順位

rog-masters-japan-result

  • 1位: Japan SZ.Absolute - barce, crow, Laz, poem, t4k3J
  • 2位: Japan TeamMISO - kuririn, kvro._., M4sh, momiji, RIPabloEscobar, tsubaki
  • 3-4位: Japan Impulse Gaming Japan - balloon0, cln, EROC, Flax, Zebry
  • 3-4位: Japan Anti Liliy - bazooka, marin, million, nagahori25, Winter

  • 5-8位: Japan DeToNator - norisen, Ayanox, Freak, guin, impalement, Npoint, v0rtrix
  • 5-8位: Japan NUE - ikinoko, mohamed., Murchi, taka193, Thx
  • 5-8位: Japan BlackEye - Asils, Anker, aquila, ATR, Easy
  • 5-8位: Japan SCARZ - eNgi, Entai, Guttei, p0bear, SILVEM, zyoutan
  • 9-13位: Japan 野良連合 - aka, grit0, HederaHelix, Mato.Kt, Outlaw, pekonan, tengaiV, TRexsGr
  • 9-13位: Japan Nankatsu - BrunoGOD, Dub., iod1, Massato-sV2, Nandu, ryutwN
  • 9-13位: Japan zxcv - shoushi, akioni, Kuronon, laf, oitaN
  • 9-13位: Japan OUTLANDISH - abnormaL, hippy, Naokich1, syunG, volwie2k
  • 9-13位: Japan Revival clan - kuromu, Marmelo, popogachi, SepiaMars, Tavis

試合結果

決勝 (Best of 3)

  • Japan SZ.Absolute [2-0] Japan TeamMISO
    • Japan SZ.Absolute [16-04] Japan TeamMISO (de_train)
    • Japan SZ.Absolute [16-09] Japan TeamMISO (de_cobblestone)

準決勝 (Best of 3)

  • Japan Impulse Gaming Japan [1-2] Japan TeamMISO
    • Japan Impulse Gaming Japan [16-03] Japan TeamMISO (de_cache)
    • Japan Impulse Gaming Japan [09-16] Japan TeamMISO (de_mirage)
    • Japan Impulse Gaming Japan [09-16] Japan TeamMISO (de_inferno)
  • Japan Anti Liliy [0-2] Japan SZ.Absolute
    • Japan Anti Liliy [05-16] Japan SZ.Absolute (de_overpass)
    • Japan Anti Liliy [11-16] Japan SZ.Absolute (de_mirage)

準々決勝

  • Japan Impulse Gaming Japan [16-08] Japan DeToNator
  • Japan NUE [06-16] Japan TeamMISO
  • Japan Anti Liliy [16-05] Japan BlackEye
  • Japan SZ.Absolute [16-03] Japan SCARZ

Round 1

  • Japan 野良連合 [01-16] Japan DeToNator
  • Japan Nankatsu [04-16] Japan NUE
  • Japan TeamMISO [16-12] Japan zxcv
  • Japan DetonatioN Gaming [×不戦勝○] Japan Anti Liliy
  • Japan OUTLANDISH [11-16] Japan BlackEye
  • Japan Revival clan [01-16] Japan SZ.Absolute

配信アーカイブ

  • 実況:Japan MamE
  • 解説:Japan chiaraJ

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive ムービー『Thank you: Jordan "n0thing" Gilbert』

n0thing

Counter-Strike: Global Offensiveのムービー『Thank you: Jordan "n0thing" Gilbert』がリリースされています。

Thank you: Jordan "n0thing" Gilbert

こちらは、先日 United States Cloud9 のスターティングラインナップを外れることが発表されたUnited States Jordan "n0thing" Gilbert に敬意を表し制作されたムービーです。

n0thing選手は10年近いキャリアを誇るアメリカを代表するCounter-Strikeプレーヤーで、アサルトライフルを自在に操り繰り出す強烈なフラグシーン、ユニークなキャラクターが魅力です。

ムービーは以下からご覧ください。

Counter-Strike: Global Offensive 『ROG MASTERS 2017』CS:GO日本予選が8/19(土)、20(日)に開催、日本代表1チームを決定

ROG MASTERS 2017

ROG MASTERS 2017』の日本予選「CS:GO」部門が8/19(土)、20(日)に開催されます。

ROG MASTERS 2017

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

大会は4フェーズに別れて実施され、フェーズ1の各国オンライン予選が日本でも実施されます。

CS:GO予選 開催情報

出場チーム

  • Japan Anti Liliy - bazooka, marin, million, nagahori25, Winter
  • Japan BlackEye - Asils, Anker, aquila, ATR, Easy
  • Japan DetonatioN Gaming - himajun, STABA, toru, YukiStyle, ZodiaX
  • Japan DeToNator - norisen, Ayanox, Freak, guin, impalement, Npoint, v0rtrix
  • Japan Impulse Gaming Japan - balloon0, cln, EROC, Flax, Zebry
  • Japan Nankatsu - BrunoGOD, Dub., iod1, Massato-sV2, Nandu, ryutwN
  • Japan NUE - ikinoko, mohamed., Murchi, taka193, Thx
  • Japan OUTLANDISH - abnormaL, hippy, Naokich1, syunG, volwie2k
  • Japan Revival clan - kuromu, Marmelo, popogachi, SepiaMars, Tavis
  • Japan SCARZ - eNgi, Entai, Guttei, p0bear, SILVEM, zyoutan
  • Japan SZ.Absolute - barce, crow, Laz, poem, t4k3J
  • Japan TeamMISO - kuririn, kvro._., M4sh, momiji, RIPabloEscobar, tsubaki
  • Japan zxcv - shoushi, akioni, Kuronon, laf, oitaN

試合スケジュール

Round 1

  • Japan 野良連合 [01-16] Japan DeToNator
  • Japan Nankatsu [04-16] Japan NUE
  • Japan TeamMISO [16-12] Japan zxcv
  • Japan DetonatioN Gaming [×不戦勝○] Japan Anti Liliy
  • Japan OUTLANDISH [11-16] Japan BlackEye
  • Japan Revival clan [01-16] Japan SZ.Absolute

準々決勝

  • Japan Impulse Gaming Japan [16-08] Japan DeToNator
  • Japan NUE [06-16] Japan TeamMISO
  • Japan Anti Liliy [16-05] Japan BlackEye
  • Japan SZ.Absolute [16-03] Japan SCARZ

準決勝 (Best of 3)

  • 8/20(日)11:30~ Japan Impulse Gaming Japan [vs] Japan TeamMISO
  • 8/20(日)14:30~ Japan Anti Liliy [vs] Japan SZ.Absolute

決勝 (Best of 3)

  • 8/20(日)17:30~ 準決勝勝者1 [vs] 準決勝勝者2

日本予選はオンラインで実施され、優勝チームが第2フェーズ「Regional Qualifier」に進出となります。「Regional Qualifier」には「Phase 1」を通過した各国の代表12チームが出場し、こちらの優勝チームが10月26日~29日にフィリピンで開催される「Regional Finals」に出場。「Regional Finals」では招待7チームと競い合い、上位2チームが「Grand Finals」への出場権を得ることが出来ます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『ESL Pro League Season6』より延長戦ゲームのポイント付与が変更

esl

2017年8月22日よりスタートするCS:GO『ESL Pro League Season 6』の、延長戦ゲームにおけるポイント付与ルールが変更されました。

ESL Pro League のポイント付与が変更に

これまでの『ESL Pro League』レギュラーシーズンは、勝てば3ポイント、負ければ0ポイントという仕組みのみで実施されてきましたが、シーズン6より延長戦の場合は勝つと2ポイント、負けると1ポイントというルールが追加されました。

レギュラーラウンド(30ラウンド)以内

  • 勝利 - 3ポイント
  • 敗北 - 0ポイント

レギュラーラウンド + オーバータイム(延長戦)

  • 勝利 - 2ポイント (これまで3ポイント)
  • 敗北 - 1ポイント (これまで0ポイント)

こちらは、6月のシーズン5ファイナルにて行なわれた運営とプロゲーマー達によるミーティングにおいて提案された案をフィードバックしたものとのこと。

この仕組みを導入することで各チームの獲得ポイントがバラつき同ポイントで順位が並ぶ事が減り、より熱狂する展開を期待出来るようになります。
情報元の記事には、シーズン4ヨーロッパ予選のポイントを新ルールで算出したデータが例として掲載されており、4つの同順位が1つのみに減ったことが紹介されていました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-08-17)、Five-SeveNの調整を実施

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 8/17/2017

ベータにて先行リリースされていた Five-SeveN に関連する調整等が正式アップデートとして公開されました。

GAMEPLAY

  • ピストルをスキルフルに使えるようにすることを目標としたさらなる変更を導入。
  • Five-SeveN: 戦術的なポジショニングやディフェンシブなプレー向けに調整中
    • 連射中の命中精度をわずかにアップさせた
    • 移動撃ちの命中精度を実質的にダウンさせた

PERFECT WORLD (※中国版)

  • 「Prime」ステータスが「Perfect World」アカウントの身元確認と連携してすぐに反映されるようになった
  • ゲーム内でカスタムアバターのサポートした
  • デベロッパーコンソールを使えるようにした

MISC

  • 武器の内部データをオーバーホールした。
  • 1つ目のフラッシュを投げている間にたおされた場合、2個目のフラッシュを落とさなくなるバグを修正した
  • スナイパーBotがSCAR-20を好まない問題を修正した
  • 武器以外のアイテムを購入した場合に、全武器の弾薬が補充されてしまう問題を修正した
  • コンソールからアイテムを購入すると、loadoutの選択が無視されてしまう場合があるのを修正した
  • グレネードのようなドロップ不可のアイテムを落とそうとすると、そのラウンドのアイテムカウント数がプレーヤーの「donations」にカウントされてしまう問題を修正した
  • ホルスターに入った武器が不適切に表示されてしまうレアな問題を修正した
  • デコイグレネードのサウンドが誤った武器の物になってしまう問題を修正した
  • 「buy」コンソールコマンドを修正し、ハードコーディングされたヘルプ文字列ではなく全てのオプションを一覧表示するようにした
  • 「env_gunfire」エンティティで全ての武器タイプ(例: weapon_m4a1_silencer、weapon_revolverなど)を発射出来るようにした
  • spectatingに関連するメモリリークを修正した
  • フレンドのコンテキストメニューからトレードを開始出来る機能を追加した
  • 環境によってマップの読み込み時間が改善された

buy

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『ELEAGUE CS:GO Premier 2017』の賞金総額は100万ドルに、2017年9月より開催

el_csgo_premier

CS:GO大会『ELEAGUE CS:GO Premier 2017』の大会賞金総額が100万ドルとなることが発表されました。

ELEAGUE CS:GO Premier 2017

『ELEAGUE CS:GO Premier 2017』は、『ELEAGUE Season 1』優勝の Poland Virtus.pro、『ELEAGUE Season 2』王者の United States OpTic Gaming、『ELEAGUE Major 2017』を制した Denmark Astralis といった『ELEAGUE』シーズンのチャンピオンに加えて、これまでの2シーズンの成績に応じて選ばれた全12チームが招待出場。さらに、アメリカとヨーロッパ/CISエリアで開催するオープン予選を勝ち抜いた4チームを加え、全16チームの参加で実施されます。

今回、この大会がCS:GOシーンとしてはトップクラスの賞金総額100万ドル(約1.1億円, $11=110.15円)で実施されることが明らかにされました。

アメリカのケーブルテレビTBSにて2017年9月1日に大会の事前特集を1時間に渡って放送。その翌週9月8日より、グループステージが4週間に渡って実施されます。

Christina Alejandre氏のコメント(ELEAGUE ゼネラルマネージャー)

来たる ELEAGUE CS:GO Premier 2017 で競い合うエリートチームや選手達が、ELEAGUEにおけるCounter-Strike復帰に興奮せざるをえません。

魅力的なライブイベント体験や、見逃せないコンテンツを全プラットフォーム上の視聴者の皆さんにお届けることを楽しみにしています。

出場チーム

  • Denmark Astralis - device, dupreeh, Xyp9x, Kjaerbye, gla1ve
  • United States Cloud9 - RUSH, tarik, Skadoodle, Stewie2k, autimatic
  • Europe FaZe Clan - rain, kioShiMa, GuardiaN, karrigan, NiKo
  • Sweden Fnatic - olofmeister, dennis, KRiMZ, JW, flusha
  • France G2 Esports - shox, bodyy, NBK, kennyS, apEX
  • Europe mousesports - chrisJ, STYKO, oskar, suNny, ropz
  • Ukraine Natus Vincere - seized, Edward, Zeus, flamie, s1mple
  • Sweden Ninjas in Pyjamas - f0rest, GeT_RiGhT, Xizt, draken, REZ
  • Denmark North - MSL, k0nfig, cajunb, aizy
  • United States OpTic Gaming - NAF, mixwell
  • Brazil SK Gaming - FalleN, fer, coldzera, TACO, felps
  • Poland Virtus.pro - TaZ, NEO, pashaBiceps, Snax, byali
  • ヨーロッパ/CIS予選
  • ヨーロッパ/CIS予選
  • アメリカ予選
  • アメリカ予選

グループステージ

Group A - 2017年9月8日、9日

  • Europe FaZe Clan
  • Ukraine Natus Vincere
  • France G2 Esports
  • 予選通過チーム

Group B - 2017年9月15日、16日

  • Denmark North
  • Europe mousesports
  • Sweden Fnatic
  • 予選通過チーム

Group C - 2017年9月22日、23日

  • Poland Virtus.pro
  • Sweden Ninjas in Pyjamas
  • United States Cloud9
  • 予選通過チーム

Group D - 2017年9月29日、30日

  • Brazil SK Gaming
  • Denmark Astralis
  • United States OpTic Gaming
  • 予選通過チーム

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Cloud 9』がCS:GO部門のメンバーを変更、RUSH、tarikが新規加入スタメン入り、n0thing、shroudはベンチへ

c9

United States Cloud 9がCS:GO部門メンバーの変更を発表しました。

『Cloud 9』がCS:GO部門のメンバーを変更

United States Cloud 9 は、United States OpTic Gaming から United States Tarik "tarik" Celik 選手と United States Will "RUSH" Wierzba 選手を獲得し、United States Jordan "n0thing" Gilbert 選手と Canada Michael "shroud" Grzesiek選手に代わってスタメン起用することを明らかにしました。

今回の変更に関する具体的な理由は公式発表では明かされていませんでした。

Cloud 9 CS:GO

  • United States Tyler "Skadoodle" Latham
  • United States Jake "Stewie2K" Yip (キャプテン)
  • United States Timothy "autimatic" Ta
  • United States Will "RUSH" Wierzba
  • United States Tarik "tarik" Celik
  • United States Soham "valens" Chowdhury (コーチ)
  • United States Jordan "n0thing" Gilbert (inactive)
  • Canada Mike "shroud" Grzesiek (inactive)

United States n0thing 選手、Canada shroud 選手は当面チームに所属した状態で活動していくことになります。

最近、Canada shroud 選手は『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のストリーミング配信でかなりの人気と注目を集めており、今後はこちらのゲームでの活動が中心になっていくのではないかと思います。

United States n0thing 選手は Counter-Strike1.6時代からアメリカを代表するプレーヤーとして活躍してきました。CS1.6の人気が落ち込んだ2012年頃からも諦めずにCSを続けてプレーし、CS:GOでもこれまで世界のトッププロの1人として活躍してきました。

その熱心な姿勢や、ストリーミング配信等で見せるユニークなキャラクターで非常にリスペクトと人気を集める選手です。今後どうなっていくかはわかりませんが、何らかの形でシーンに関わって欲しいと思います。

n0thing選手といえば「Flashbang Dance」

新ラインナップは、8/19、20に開催される『ESL One New York 2017 Closed Qualifier』に登場予定です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』ベータアップデート(2017-08-01)、Five-SeveNの調整を実施

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のリリース候補バージョン「1.35.9.8-rc1」がベータ向けに公開されています(2017-08-15)。

Pre-Release Notes for 8/15/2017

バージョン「1.35.9.8-rc1」は、CS:GOのベータ環境向けにリリースされています。
先日のTec-9の変更に続き、今回はFive-SeveNの調整等が行なわれています。

ベータはSteamのメイン画面で「Counter-Strike: Global Offensive」を右クリックし、「Properties」→「BETAS」タブから選択することが出来ます。

beta

Pre-Release Notes for 8/15/2017

GAMEPLAY

  • ピストルをスキルフルに使えるようにすることを目標としたさらなる変更を導入。
  • Five-SeveN: 戦術的なポジショニングやディフェンシブなプレー向けに調整中
    • 連射中の命中精度をわずかにアップさせた
    • 移動撃ちの命中精度を実質的にダウンさせた

PERFECT WORLD (※中国版)

  • 「Prime」ステータスが「Perfect World」アカウントの身元確認と連携してすぐに反映されるようになった
  • ゲーム内でカスタムアバターのサポートした
  • デベロッパーコンソールを使えるようにした

MISC

  • 武器の内部データをオーバーホールした。全ての武器はFive-SeveNと以下のリストに含まれる要素以外はバージョン「1.35.9.7」と同じ性能となる。
  • 1つ目のフラッシュを投げている間にたおされた場合、2個目のフラッシュを落とさなくなるバグを修正した
  • スナイパーBotがSCAR-20を好まない問題を修正した
  • 武器以外のアイテムを購入した場合に、全武器の弾薬が補充されてしまう問題を修正した
  • コンソールからアイテムを購入すると、loadoutの選択が無視されてしまう場合があるのを修正した
  • グレネードのようなドロップ不可のアイテムを落とそうとすると、そのラウンドのアイテムカウント数がプレーヤーの「donations」にカウントされてしまう問題を修正した
  • ホルスターに入った武器が不適切に表示されてしまうレアな問題を修正した
  • デコイグレネードのサウンドが誤った武器の物になってしまう問題を修正した
  • 「buy」コンソールコマンドを修正し、ハードコーディングされたヘルプ文字列ではなく全てのオプションを一覧表示するようにした
  • 「env_gunfire」エンティティで全ての武器タイプ(例: weapon_m4a1_silencer、weapon_revolverなど)を発射出来るようにした
  • spectatingに関連するメモリリークを修正した
  • フレンドのコンテキストメニューからトレードを開始出来る機能を追加した
  • 環境によってマップの読み込み時間が改善された

buy

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO『ESEA Season 25 Asia Pacific Open』プレーオフにDeToNator、Impulse Gamingが出場

ESEA League Season 16

オンラインCS:GO大会『ESEA Season 25 Asia Pacific Open』のプレーオフに Japan DeToNator と Japan Impulse Gamingが進出しています。

ESEA Season 25 Asia Pacific Open

『ESEA Season 25 Asia Pacific Open』では、レギュラーシーズンを経て16チームがプレーオフに進出。Japan DeToNatorは14勝2敗の2位、Japan Impulse Gaming Japan は11勝5敗の11位でプレーオフの出場権を獲得しました。

Japan Impulse Gaming Japan は先日、Recall THE ENDとプレーオフで対戦しましたが、残念ながら1-2で敗退となりました。

  • Japan Impulse Gaming Japan [1-2] Recall THE END [詳細]
    • Japan Impulse Gaming Japan [12-16] Recall THE END (de_mirage)
    • Japan Impulse Gaming Japan [16-12] Recall THE END (de_inferno)
    • Japan Impulse Gaming Japan [13-16] Recall THE END (de_cobblestone)

本日8/11(金)22時からは、Japan DeToNatorが Singapore BOOM ID Esportsと対戦します。

ストリーミング配信の実施はいまのところ不明ですが、HLTV.orgのマッチページ等をチェックしてみて下さい。

情報元

関連ニュース

7 / 206 ページ (全 2055 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング