Counter-Strike: Global Offensive ニュース アーカイブ

8 / 206 ページ (全 2055 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

Counter-Strike: Global Offensive Gambit EsportsのZeusが古巣Natus Vincere CS:GO部門にキャプテン・インゲームリーダーとして移籍

zeus

Gambit Esportsでメジャー大会を制した Ukraine Danyl "Zeus" Teslenko 選手が、古巣 Ukraine Natus Vincere に移籍することが発表されました。

Zeusが古巣Natus Vincere CS:GO部門にキャプテン・インゲームリーダーとして移籍

2016年10月、Zeuz選手は設立当時から在籍していた Ukraine Natus Vincere との契約を解除され、Russia Gambit Esports に移籍。その約10ヶ月後となる2017年7月に、メジャー大会『PGL Major Kraków 2017』でチームを優勝に導き賞金50万ドルを獲得しました。

移籍の理由はkaneコーチの去就

客観的に見ているものとしては、メジャー大会を制したチームを去り成績不振の [ウクライな] Natus Vincereになぜ移籍するのか疑問ですが、公式発表・インタビューによるとこれは Zeus 選手の意志によるものとのこと。

Russia Gambit Esportsの経営陣・Zeus選手を除くメンバーは、Zeus選手と共に移籍してきた Mykhailo "kane" Blagin コーチの手腕は満足出来るものできずプロチームには適切な人材ではないとして解雇することを決定。Zeus選手はkane氏は必要な人材で解雇するのならば自分もチームを去ると交渉しましたが、最終的にこの判断が尊重され、Natus Vincereとの正式な移籍契約が結ばれることになりました。

Zeus選手はHLTV.orgのインタビューに対し、『PGL Major Kraków 2017』の後に行なわれた HObbit 選手の結婚式にZeus選手とKane氏は呼ばれず、その数日後、直接的な話し合い無しにkane選手の解雇が決定されたとのこと。その後、Zeus選手は考え直すよう先のような交渉を行ないましたが、最終的にKane氏と共にNatus Vincereに戻る事を決断しました。この決定の前には、 pro100 で若手を指導することや、引退という選択肢もあったと明かしています

移籍リスト入りしたseizedがスターティングメンバーに復帰

今回のZeus選手復帰に併せて、先日移籍リスト入りしたことが発表された Russia Denis "seized" Kostin 選手がスターティングメンバーに復帰しました。新たなNatus Vincereのラインナップは下記のようになります。

Natus Vincere CS:GO

  • Ukraine Danyl "Zeus" Teslenko (キャプテン、インゲームリーダー)
  • Ukraine Ioann "Edward" Sukhariev
  • Ukraine Oleksandr "s1mple" Kostyliev
  • Russia Egor "flamie" Vasilev
  • Russia Denis "seized" Kostin
  • Ukraine Mykhailo "Kane" Blagin (Coach)

これまでチームのコーチを務めていた Ukraine Andrey "Andi" Prokhorov氏はアナリストとしての役割を打診されましたが、今後もコーチとして活動することを希望しチームを去る決断を下しました。

Zeus選手は自身が脱退した後のNatus Vincereが不調だった理由ついて、seized選手にキャプテンとしての経験が不足していたこと、正しい練習のプロセスが確立されていなかったこと、その結果ゲーム内ですべきことを見失っていたことと分析しています。Zeus選手とKaneコーチが加入したことにより、これらの問題は解決されチームは改善に向かっていくのではないでしょうか。

Yevhen Zolotarovd 氏のコメント (Natus Vincere, CEO)

7日前、私はZeusの移籍は不可能だと言っていました。にもかかわらず、状況は絶えず変化し、予期せぬ機会が与えられました。

レジェンドがチームに復帰することを誇りに思います。先のMajorでGambitに勝利をもたらしたKane氏も迎えることをうれしく思います。
私たちはZeusの豊富な経験、ゲーム内外での考え方、チームとの優れた協力関係がチームを強化すると確信しています。

また、コーチのAndiがチームを去ることは本当に残念です。彼は2014年以来チームの一員で、Webサイトのライターからアナリストを経てチームのコーチに就任しました。これまでの全ての仕事に感謝すると共に、今後の成功を願っています!

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-08-01)、しゃがみジャンプバグ修正、Tec-9調整など

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-08-07)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 8/7/2017

GAMEPLAY

  • ピストルをスキルフルに使えるようにすることを目標とした変更をTec-9から導入開始。
  • Tec-9:高い移動性を保ちながらAimingが強調されるよう調整した。
    • 単発射撃での命中精度をわずかに向上させた
    • 連射している時の命中精度をわずかに減少させた
    • マガジンを18発、予備弾丸を90発に減らした
  • プレーヤーが空中にいる場合を考慮するようカメラの高さ制限システムを拡張し、一人称カメラが三人称視点の頭の上を越えないようにした
  • しゃがみジャンプ中にしゃがみを解除した場合に着地音がなるようにした
  • プレーヤーが壁に挟まれている時に音が再生されなくなるいくつかの矛盾を修正した

LINUX

  • CS:GOを起動するプロセスが一つ少なくなるよう見直しを行った

しゃがみジャンプのバグは、特定の場所でしゃがみジャンプをすることで相手よりも有利に視界を確保できるというもので、先日実施された『PGL Major Kraków 2017』での使用が大きな議論となりました。大会の審判はこの時、使用を許可を下しましたが参加チームは紳士協定的に意図的な使用をしないことで対戦を行なっていました。最終的にゲームの仕組みとして今回修正が行なわれたことにより、問題は解決を迎えることになりました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive FaZe ClanがNatus VincereからAWP使いGuardiaNを獲得、alluに代わりスタメン入り

guardian

FaZe Clanが Ukraine Natus Vincere からAWP使いの Ladislav "GuardiaN" Kov?cs選手を正式獲得したことを発表しました。

GuardiaNがalluに代わるAWPerとしてFaZe Clanに加入

今回 FaZe Clanが獲得した GuardiaN選手は、Natus Vincereのスターティングラインナップを外れ移籍リスト入りとなったことが先月末にチーム公式サイトで発表されていました

その中で、Guardian選手が他チームより移籍のオファーを受けていたという話が紹介されていましたが、そのチームが今回の FaZe Clan であった可能性があります。また、GuardiaN選手がFaZe Clanに加入するということはリーク情報が出ていましたが、今回の発表で正しい情報であることが最終的に確認されました。

GuardiaN選手のコメント
私をこの数年サポートしてくれたNatus Vincereと全てのファンに感謝します。FaZe Clanと共に新たな旅を始める事に興奮しています。

RobbaN氏のコメント(コーチ)
GuardiaNがチームに加入することに興奮すると共に、選手達がオフから戻り活動を再開することを楽しみにしています。

これまでの激しい戦いに貢献してくれたalluにも感謝しています。信じられない才能を持つalluの新天地での活躍を願っています。

FaZe Clan CS:GO

  • Norway Håvard "rain" Nygaard
  • France Fabien "kioShiMa" Fiey
  • Denmark Finn "karrigan" Andersen
  • Bosnia And Herzegovina Nikola "NiKo" Kova?
  • Slovakia Ladislav "GuardiaN" Kov?cs
  • Sweden Robert "RobbaN" Dahlstr?m (Coach)

いまのところ、Finland allu選手はSNS等で本件に関するコメントは行なっていませんでした。RobbaNコーチのコメントから推測すると、最終的にはチームを去ることになると思われます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive NVIDIAが『GeForce CUP: CS:GO』の試合サーバー8台を一般開放、期間限定で大会のGOTVデモを公開

GeForce CUP: CS:GO

NVIDIAが『GeForce CUP: CS:GO』で使用した試合サーバー8台をルールを守れば誰でも利用出来るよう一般開放しました。

NVIDIAが試合サーバーを一般開放

今回公開されたサーバーを使用するためには、『JCG CSGO』のDiscordチャンネルに入り、基本的な使い方を遵守する必要があります。

ルールに基づいていれば、誰でも練習試合等で試合サーバを活用することが出来ます。

また、『GeForce CUP: CS:GO』のGOTVデモが公開されました。
以下の記事内にあるダウンロードリンクから入手して、プレーの参考にしたり、フラグムービーを作ったりすることが可能です。

また、『GeForce CUP: CS:GO』で優勝した Japan SZ.Absoluteの Japan Laz 選手による上手くなるための連載が『ALIENWAREZONE』でスタートしていました。
こちらもあわせてチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Gambit Esports がレンタル移籍のHObbit選手を移籍金10万ドル(約1100万円)でCS:GO部門に正式獲得

gambit

Gambit Esports が Kazakstan Abay "HObbit" Khassenov選手をCS:GO部門の正式メンバーとして迎え入れたことを発表しました。

Gambit Esports がレンタル移籍中のHObbit選手を移籍金10万ドルで正式獲得

HObbit選手は Kazakstan Tengri からのレンタル移籍として、2016年10月より6ヶ月間の契約で Gambit Esports に加入しました。

Gambit Esportsは2017年7月に開催された賞金総額100万ドルのCS:GOメジャー大会『PGL Major Kraków 2017』で優勝し賞金50万ドルを獲得。HObbit選手はこの勝利に大きく貢献しました。

チームは Kazakstan Tengri と交渉し、HObbit選手を10万ドル(約1016万円, $1=110.66円)の移籍金で獲得。今後は Gambit Esports の正式メンバーとして活動していくことになります。

大型移籍にまつわる移籍金の価格については、リーク情報を取り扱うメディア等から「関係筋から得た情報」として世に出してくることがありますが、今回のようにチームが公式に移籍金の金額を明らかにするのは非常に珍しいケースかと思います。

Gambit Esports

  • Russia Mikhail "Dosia" Stolyarov
  • Kazakstan Rustem "mou" Telepov
  • Kazakstan Dauren "AdreN"Kystaubayev
  • Ukraine Daniil "Zeus" Teslenko
  • Kazakstan Kazakhstan Abay "HObbit" Khassenov

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-08-01)、Dosia選手の好グレネードを記念したグラフィティがマップに追加

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-08-01)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

Release Notes for 7/7/2017

KRAKOW 2017

  • ゲーム内トロフィにKrakow 2017 Championsの刻印を行なうと共に見やすくするようアニメーションを調整した
  • 他のアイコンからMajor Championshipトロフィーがはっきりするようトロフィーアイコンのシルエットを調整した
  • 記念グラフィティを追加した

『PGL Major Kraków 2017』でGambit GamingのDosia選手が投げたグレネードを記念するものです。

MAPS

  • Infernoのマイナーなグラフィックバグを修正した
  • OverpassでWingmanゲームモードをサポートした

SOUND

  • HRTFをサポートするためにいくつかの表面サウンドを16ビットにアップグレードした

MISC

  • いくつかのサウンド再生パフォーマンスを改善した

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive Ninjas in Pyjamasのfribergが現役続行を目指し契約を円満終了、他チームとの交渉が可能に

adam-nip

Sweden Ninjas in Pyjamas CS:GO部門の Sweden Adam "friberg" Friberg 選手がチームとの契約を円満終了したことを発表しました。

fribergが新たな所属先を求めフリーエージェントに

friberg選手はこれまで5年近く務めてきた Sweden Ninjas in Pyjamasのスターティングラインナップから2017年6月より外れることになりました。

その後は、ストリーミング配信や大会でのコメンテーターとして活動してきましたが、現役続行を目指し新たな所属先を探すことを明らかにしました。

そのため、Sweden friberg選手は他チームと交渉出来るよう、Sweden Ninjas in Pyjamasと協議の末、円満に所属契約を終了したとのことです。

friberg選手は、オファーに興味がある場合Twitterのダイレクトメッセージまたは メールアドレス ( adamfriberg7@gmail.com )宛に連絡してほしいと呼びかけていました。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO大会『GeForce CUP: CS:GO』でSZ.Absoluteが優勝

GeForce CUP: CS:GO

賞金総額18万円のCS:GOオンライン1Dayトーナメント『GeForce CUP: CS:GO』でプロゲームチーム Japan SZ.Absoluteが優勝となりました。

GeForce CUP: CS:GO

『GeForce CUP』はNVIDIAが世界に挑戦するプレイヤーの育成、eSportsシーン活性化とより高品質なゲーム体験を提供するために実施するeスポーツ大会です。

定員32チームを上回る39チームの登録があった本大会を制したのは、優勝候補の1つ Japan SZ.Absolute となりました。

順位

  • 1位: Japan SZ.Absolute - Laz, barce, crow-, poem, t4k3J - 100,000円
  • 2位: Japan Grand,Order - BonchaN, ウンコX, Gilgamesh, koron123, unpox - 50,000円
  • 3-4位: Japan iNation - Colona, tmg, Lycer, SylFy, DarkMioN, 流離の人形使い - 15,000円
  • 3-4位: Japan GTX Gaming - akioni, shoushi, Sakura, JUNiOR27015, noppo - 15,000円
  • 5-8位: Japan ANG.Integral - Axcode, BloodType0, kaka3q, ktnoah, REKoba_jpn, tanpal
  • 5-8位: Japan Redline - Pz, XANA, Quna, HoT_Chocol4tE, tetso
  • 5-8位: Japan DETONATOR - Npoint, impalement, norisen, v0rtrix, Ayanox, Freakguin
  • 5-8位: Japan Impulse Gaming Japan - EROC, Quina, balloon0, Flax, Zebry

ファイナル

  • Japan SZ.Absolute [2-0] Japan Grand,Order
    • Japan SZ.Absolute [16-09] Japan Grand,Order (de_train)
    • Japan SZ.Absolute [16-09] Japan Grand,Order (de_cache)

配信アーカイブ

実況・解説

今後は、8/19(土)・8/20(日) に『ROG MASTERS 2017日本予選、8月26日(土)より『eXTREMESLAND 2017 CS:GO Asia 2017』日本予選『GALLERIA GAMEMASTER CUP』が開催されます。

GTX Gamingの試合中ボイス付き動画

今回、招待チームとして出場した Japan GTX Gaming の試合中のボイス付きの動画が公開されています。

また、試合に挑む上で活用したサービスなども紹介されていました。


情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 韓国の強豪CS:GOチーム『MVP Project』が解散

MVP

韓国の強豪CS:GOチーム Korea MVP Projectの解散が発表されました。

韓国の強豪CS:GOチーム『MVP Project』が解散

Korea MVP Projectは2015年11月にKorea m0nster、Korea myRevenge.KR などに所属していた選手達と契約し、韓国のレジェンド Korea Seon-Ho "termi" Pyeon 氏をコーチに迎えてCS:GOに参入しました。

アジア大会では上位の常連で、日本チームとも幾度も対戦してきましたが、チーム内部で発生した問題を解決しきれず、チームは解散を決定。今後、CS:GOは韓国Counter-Strike1.6のレジェンドで構成される Korea MVP PK のみで活動していくことになります。

Korea MVP Projectでコーチを担当していた元 United States Team 3Dの United States Ronald "Rambo" Kim 氏は、今回の解散に併せて Korea MVP PK のコーチに就任しています。

ex-MVP Project

  • Korea Korea Hyun-Pyo "XigN" Lee
  • Korea Korea Hae-Sung "HSK" Kim
  • Korea Korea Jung-Hyeon "rindA" Jeon
  • Korea Korea Soon-Woo "Argency" Kwon
  • Korea Korea Soo-Yong "kAyle" Jung

ex-MVP PK

  • Korea Korea Keun-Chul "solo" Kang
  • Korea Korea Seon-Ho "termi" Pyeon
  • Korea Korea Min-Soo "glow" Kim
  • Korea Korea Bum-Ki "peri" Jung
  • Korea Korea Min-Seok "zeff" Park
  • United States Ronald "Rambo" Kim (コーチ)

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Natus Vincere』がCS:GO部門のラインナップ変更、GuardiaN、seizedが移籍リスト入りに

navi-csgo

Ukraine Natus Vincere がCS:GO部門のラインナップ変更に関する公式発表を行ないました。

『Natus Vincere』がCS:GO部門からGuardiaN、seizedが移籍

この発表はチームのCEOを務める Yevhen Zolotarov 氏自らが、公式のYouTube動画インタビューに登場し明らかにしました。

seized選手についてはインゲームリーダーとしての役割を適切に果たせなかったこと、Guardianは他チームから移籍のオファーを受けていたものの、チームが移籍金で折り合いが付かなかったことを理由に移籍を了承しなかったことからモチベーションが低下し、チームのためにプレーする意義を見出せなくなってしまっていたことから今回の移籍リスト入りが決定されたとのこと。

Natus Vincereは、信頼のおけるチームの柱であるEdward選手、才能があり19歳と若く急成長を続けるS1mpe選手、そしてFlamie選手を中心に新メンバーを加えた新体制で今後に臨んでいく計画です。Flamie選手については、性格・練習・健康などについて改善の必要があるとのダメだしコメントもありました。

Natus Vincere

  • Ukraine Oleksandr "s1mple" Kostyliev
  • Ukraine Ioann "Edward" Sukhariev
  • Russia Egor "flamie" Vasilev
  • Ukraine Andrey "Andi" Prokhorov (coach)
  • Russia Denis "seized" Kostin (移籍リスト入り)
  • Slovakia Ladislav "GuardiaN" Kovacs (移籍リスト入り)

インタビューでは、元インゲームリーダーのZeus選手がチームを去る事になった理由などにも言及されていました。当時、インゲームリーダーのZeus選手とコーチStarix氏のスタイルが合わなかったこと、メンバーとZeus選手が対立状態になっていたこと、当時のチームは攻撃力に欠けていたことからメンバーの意志を反映する形でZeus選手をキックしS1mple選手を獲得するという決定が下されたそうです。

ただ、Yevhen Zolotarov 氏はこのやり方は誤りだったと認めた上で現在は選手変更に関する決定は選手ではなくチームが主導となって行なうよう組織としてのルールを改定したことも明らかにしていました。

情報元

関連ニュース

8 / 206 ページ (全 2055 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング