Counter-Strike: Global Offensive ニュース アーカイブ

8 / 196 ページ (全 1957 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

Counter-Strike: Global Offensive 『ESL』がCS:GO大会のルール改定、VAC BANされた選手が2年で出場停止解除へ

ESL

『ESL』がCS:GOのルール改定に関する公式見解を発表しました

『ESL』がCS:GOのルール改定、VAC BANされた選手が2年で出場停止解除へ

2017年5月6~7日にオーストラリアで開催される『Intel Extreme Masters Sydney 2017』のルールブック「2.5 Publisher or ESIC Bans」の項目において「VAC BANから2年後に出場停止が解除される」という趣旨の記載が行なわれました。

2.5 Publisher or ESIC Bans
The league administration reserves the right to refuse players who have standing bans from the game publisher to take part in Intel Extreme Masters tournaments.
Also, ESIC bans will be honored and translated into ESL bans.

CSGO VAC bans are specifically honored, but only until 2 years after they have been issued.

https://www.esl-one.com/fileadmin/user_upload/IEM/IEM12Rulebook.pdf

このルールは当初『Intel Extreme Masters Sydney 2017』のみ対象とされていましたが、ESLが主催する『Intel Extreme Masters』『ESL One』『ESL Pro League』といった大会全てに適用されるそうです。

Valveがスポンサードする『Major』大会をESLが開催する場合はこのルールは未適用となる見込みです。

八百長問題による出場停止との関連性

Valveは八百長問題への加担が確認されたプレーヤーについて、Valve公式大会への出場を出場禁止とする処分を言い渡しています。

ESLはこれに追従する方針を発表済みで、Valveから八百長に関連して出場禁処分をうけた選手は『ESL』関連大会に参加する事が出来ません。これらは『VAC BAN』とは無関係な処分となることから、今回のルール改定に影響されず2年が経っても出場禁止が解除されることはいまのところありません。

このルールは有用なものなのか?

このルール改定はコミュニティで大きな話題となり議論が重ねられています。

個人的に、今回のルール改定は現状だとあまり意味があるものにならないのではと思っています。

『ESL』主催大会はグローバルで開催されている大会の一部であり、他にも多数のトップティア大会が存在しています。こういった大会は基本的にVAC BAN歴を持つ選手は出場が認められていません。

プロチームは全ての大会にチャンスを求めて出場することになるため、『ESL』だけのためにVAC BAN歴を持つ選手をラインナップに加えるというのは活動範囲を狭くするリスキーな行為になります。『ESL』以外は別の選手を使うという手も考えられますが、わざわざそんな使い分けをするというのも現実的ではありません。

また、明らかな『VAC BAN』を受けた選手が復帰してもコミュニティとしては受け入れがたいものなので一般的な感覚として「チームに加えよう」「応援しよう」という気持ちにはならないですし、復帰自体が難しいのではないでしょうか。

今後、『ESL』以外の大会運営団体が次々に今回のルール改定に準拠していくのであれば話は変わってくると思いますが、現状では先のとおりあまり意味が無さそうです。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive Team Dignitasが新たなCS:GOチームを発表、Maikelele、fox、jkaem、RUBINO、pitaが加入

Team Dignitas

Team Dignitasが新たなヨーロッパ主体のCS:GOチーム結成を発表しました。

Team Dignitasが新たなCS:GOチームを発表

Team Dignitasは2016年9月にNBA「Philadelphia 76ers(フィラデルフィア76ers)」の傘下となり、2016年12月には当時契約していたデンマーク主体のCS:GOチームとの契約を終了し、アメリカに進出することを発表していました。

しかし、今回発表されたのは、アメリカではなく元FaZe ClanのメンバーをコアとしたヨーロッパのCS:GOチームでした。

Team Dignitasは今回の発表において、「様々な選択肢を検討した結果、ベテラン選手を含む才能ある5人のヨーロッパオールスターチームを作ることにした」とコメントしています。

アメリカ部門については特に言及は無く、今後改めて発表がある可能性もありそうです。

Ricardo "fox" Pacheco選手のコメント

Team DignitasはPhiladelphia 76ers(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)の後援によって強化された強力なブランドで、そのDignitasカラーを代表してプレーすることを誇りに思います。

私たちはこの新ラインナップで練習を開始するのを熱望しています。長きに渡りお互いによく知っているので、良いシナジーがあると信じています。

努力と準備を通じてファンの期待に応えると共に、国際的なトップチームとなることができるようベストを尽くします。ファンの皆さんはこのラインナップに興奮していることでしょう。

Team Dignitas CS:GO

  • Sweden Mikail "Maikelele" Bill (元FaZe Clan)
  • Portugal Ricardo "fox" Pacheco (元FaZe Clan)
  • Norway Joakim "jkaem" Myrbostad (元FaZe Clan)
  • Norway Ruben "RUBINO" Villarroel (元North)
  • Bosnia And Herzegovina Faruk "pita" Pita (元Counter Logic Gamingコーチ)

新生Team Dignitasは『Esports Championship Series Season 3』に出場していく計画です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive サードウェーブデジノスがeスポーツ大会『GALLERIA GAMEMASTER CUP』の開催を発表、CS:GOにて『eXTREMESLAND Asia 2017』の日本予選を実施

gallelia

サードウェーブデジノスが3月20日に実施した「GALLERIA Gamemaster ファンフェスティバル」にてeスポーツに関する取り組みを行う事を発表しました。

eスポーツ大会『GALLERIA GAMEMASTER CUP』

サードウェーブデジノスは日本のeスポーツ市場を盛り上げることを目的とし、『GALLERIA GAMEMASTER CUP』を開催します。

世界を目指す「チャレンジ部門」では『Counter-Strike: Global Offensive』を採用し、BenQのゲーミングブランド『ZOWIE』が展開する『eXTREMESLAND』の日本予選を2017年6月に実施予定です。

昨年に中国で実施された『eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2016』には、ガレリアがスポンサードするプロゲームチーム Japan Rascal Jesterが日本代表として出場していました。

『eXTREMESLAND』の公式サイトを確認してみましたが、こちらではまだ2017年大会の展開については明らかにされていません。

また、PCゲームの拡大を目指しエントリユーザーでも楽しめる国内向け大会となる「エントリー部門」を異なるジャンルによる3タイトルで実施するとのことです。

オーストラリア最大級のeスポーツイベント『IEM Sydney 2017』観戦ツアー

2017年5月6~7日に『Counter-Strike: Global Offensive』を競技ゲームとしてオーストラリアで開催される『Intel Extreme Masters Sydney 2017』の観戦ツアーが3名に当たるキャンペーンの実施も発表されています。

応募条件などの詳細については、下記をご覧ください。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive オンライン大会『Esports Japan Athlete League Season 1 CS:GO』Day4が3/19(日)19時より開始

Esports Japan Athlete League Season 1 CS:GO

3/11(土)より開催しているオンライン大会『Esports Japan Athlete League(EJAL) Season 1 Counter-Strike: Global Offensive』がDay4が本日19時よりスタートします。

※本誌記事はごるま氏に投稿いただいたものです

CS:GOオンライン大会『EJAL Season 1 CS:GO』

『EJAL Season 1 CS:GO』は、2017年8月に法人を設立予定の「SystemLC」が主催する『Counter-Strike: Global Offensive』のオンライン大会です。

『EJAL』は実力に合わせた「OpenSeries」「MinorSeries」「PromotionSeries」「MajorSeries」の4部門制で展開を予定しており、第1回目となる今回は「OpenSeries」のみで実施されています。

「OpenSeries」は3月11日からの週末6日間(3週間)を使って行なわれ、全日程終了後の上位16チームが次シーズンの「MinorSeries」出場権を獲得することが出来ます。

開催情報

  • 開催日程: 2017年3月11日(土)、12日(日)、18日(土)、本日19日(日)、25日(土)、26日(日)
  • 試合形式: CS:GO 5vs5、16ラウンド先取制、オンライン、Best of 1(1試合勝負)
  • 大会形式: 1グループ4チームによる総当たり戦
  • ポイント制度: 各グループの1位が3ポイント(勝利数が同じ場合、獲得ラウンド数が多いチームを1位とする)、2位が1ポイント獲得(2位は同着ありとする)。全日程終了後の上位16チームがSeason 2の「MinorSeries 」出場権を獲得

Day4 出場チーム

  • XTC
  • Quintett Vigorous
  • GaiJin
  • Tokugawa Gaming
  • strict
  • DETONATOR
  • Panzerlied
  • SunBrothers
  • SZ Absolute
  • 5sympathy
  • cEmpty
  • Unleash Infinitely Gaming

※Day4のグループ分けは試合開始前に発表

ストリーミング配信

試合は下記のTwitchチャンネルから観戦することが出来ます。

Watch live video from ejaltv on www.twitch.tv

実況・解説

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive eスポーツにおける上達を手助けするプラットフォーム『Boomeo』のベータ版がオープン、プロゲーマーのガイドやハウツー動画を公開

boomeo

アメリカのエンターテインメントエージェンシー『IMG』がeスポーツにおける上達を手助けするプラットフォーム『Boomeo』のベータ版をオープンしました。

eスポーツにおける上達を手助けするプラットフォーム『Boomeo』

『IMG』は、放送局『Turner』と手を組みeスポーツリーグ『ELEAGUE』を展開するエンターテインメントエージェンシーです。

同社が立ちあげた『Boomeo』は、世界トップクラスのプロゲームチーム(Cloud9, compLexity, Counter Logic Gaming, G2 Esports, SK Gaming )と提携。現在は、『Counter-Strike: Global Offensive』でプレーを上達させるための動画やガイド、練習のためのサーバーやMODが提供されており、提携プロゲーマーが登場するコンテンツも用意されています。

『Boomeo』は基本無料で利用することが出来ますが、月額$9.99のプレミアムプランに加入することでより多くのサービスを受けることが可能です。

plan

Karen Brodkin氏のコメント (IMG)

Boomeoの立ち上げは、私たちのeスポーツ産業への継続的な投資とプレミアムでアクセスしやすいコンテンツをお届けすることにフォーカスしています。

Boomeoは革新的なトレーニング機能を備えた革新的なプラットフォームで、真剣なゲーマーやeスポーツへ取り組むきっかけを探している人たちのために開発を継続していくことに興奮しています。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive FACEITとYouTubeが『Esports Championship Series (ECS)』の独占ストリーミング配信契約を締結

FACEITとYouTubee

FACEITとYouTubeが『Esports Championship Series (ECS)』の独占ストリーミング配信契約を締結したことを発表しました

Esports Championship Series (ECS)

『Esports Championship Series (ECS)』はこれまでに『FACEIT』と『Twitch』にって開催され、2016年6月のSeason1ファイナルで France G2 Esports、2016年12月のSeason1ファイナルでは Denmark Astralisが優勝しています。

シーズン3からは、3月25日に実施される『ECS Promotion』から『Twitch』に変わって『YouTube』がストリーミング配信パートナーとなります。

Michele Attisani氏のコメント (FACEIT, Chief Business Officer・共同創設者)

YouTubeはファン達に他とは比べものにならないオンライン視聴体験を提供する、世界で最も注目を集めるゲーマーのためのプラットフォームです。YouTubeのビデオテクノロジーにおける引き続いての革新と牽引によって、YouTubeはEsports Championship Seriesの新たなホームとしての素晴らしい場所となっていくでしょう。

Ryan Wyatt氏のコメント(YouTube, Global Head of Gaming Content)

ECSのレベニューシェアと共同オーナーシップ構造は、すべてのプレーヤーが声を持つべきと言う私たちの信念を補強するものです。

私たちは、CS:GOコミュニティがクリップ、ハイライト、試合の再配信をYouTubeですでに視聴していることを知っています。みなさんに同じくYouTubeでのライブ配信をお届けできることに興奮しています。

『YouTube』がゲーム分野での独占ストリーミング配信を強化中

『YouTube』は今回の契約に先駆け、2017年1月にもESLが展開する『ESL Pro League』のシーズン5~6の英語配信における独占配信権を獲得しています。

eスポーツでストリーミング配信といえばAmazon傘下の『Twitch』が定番となっていますが、ここにGoogle傘下の『YouTube』が割って入り始めてきています。

『Twitch』もデスクトップアプリや新機能を次々と打ち出してサービス向上を図っており、利用させてもらっているゲーマーにとってはどんどん良い環境が出来てうれしい限りという状況です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO Major大会『PGL Major Kraków 2017』がポーランド・クラクフで2017年7月に開催

csgo-major

11回目のCS:GO Major大会『PGL Major Kraków 2017』が、ポーランド・クラクフで2017年7月に開催されます。

PGL Major Kraków 2017

『PGL Major Kraków 2017』は2017年6月から予選がスタートし、7月にポーランド・クラクフで本戦が実施されます。

本戦のメインイベントは、ポーランド最大級の多目的アリーナ「TAURON Arena」で実施されます。こちらはスポーツ競技はもちろん、『League of Legends』の『EU LCS 2016 Summer Finals』でも使用された実績があります。

大会の詳細は明らかにされていませんが、基本フォーマットを踏襲するとなると賞金総額は100万ドル。前回のメジャー大会でベスト8に入賞したチームが「Legends」チームとして招待出場。これに予選を勝ち抜いた「Challangers」8チームを加えた16チームが出場となる見込みです。

スケジュール

予選

  • アメリカ - 2017年6月8~11日
  • ヨーロッパ - 2017年6月15~18日
  • CIS - 2017年6月8~11日
  • アジア - 2017年6月1~4日
  • オフライン - 2017年6月29~7月2日

本戦

  • グループステージ - 2017年7月16~19日
  • メインイベント - 2017年7月21~23日 (TAURON Arena)

出場チーム

Legends

  • Denmark Astralis
  • Poland Virtus.pro
  • Brazil SK Gaming
  • Sweden Fnatic
  • Ukraine Natus Vincere
  • Russia Gambit Esports
  • Europe FaZe Clan
  • Denmark North

Challangers

  • 予選にて決定

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』アップデート(2017-3-15)、新マップ「Canals」や新たな武器スキンを含む「Spectrum Case」が登場

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています(2017-03-15)。

Counter-Strike: Global Offensive Update Released

「Canals」はイタリアを舞台としたいわゆる爆破マップ。
ぐるりと走り回ってみましたが非常に美しいビジュアルでした。

canals03_A

川の水上を歩けたり謎の落書きがあったりとツッコミどころもあります。

csgo-1

csgo-2

Release Notes for 3/15/2017

CSGO

  • 全てのゲームモードでプレー可能な新マップ「Canals」をリリース
  • テロリストモデル「Phoenix」のビジュアルをアップデート
  • コミュニティがデザインした17の武器スキンを特徴とする「Spectrum Case」を追加した。レアな特別アイテムとして第2世代の「Chroma」デザインナイフ入り。

phoenix_blog_small

spectrum_knives_2

AUDIO

  • HRTF(Head-Related Transfer Function)を使用している時のパフォーマンスを向上させた
  • グレネードのサウンドが再生されないことがあるのを修正した

MISC

  • チームメイトが無効な色を選択しているときに発生するチームメイトカラーの問題を修正した
  • 「cl_drawhud_force_radar」は3つの設定を持つようになった。「-1」レーダーの表示無し、「0」デフォルト、「1」HUDが無効化されていてもレーダーを強制表示
  • 「cl_drawhud_force_deathnotices」は3つの設定を持つようになった。「-1」death noticeの通知表示なし、「0」デフォルト、「1」HUDが無効化されていてもdeath noticeを強制表示
  • 「+cl_show_team_equipment」をバインドしてキーを押すことで、チームメイトのTarget ID、武器情報を表示することが出来るようになった。サーバー側で「sv_show_team_equipment_prohibit」を設定することで使用不可にすることが出来る。
  • 「func_rotating」オブジェクトが1,000回転した後にフリーズしたりサーバーコンソールにスパムをしないようになった

MAPS

  • Nuke:
    • ロビーから小部屋に入った後、Aサイトをのぞきやすくするために角を小さくした
    • 小部屋の壁を撃ち抜いた時のダメージを増加させた
    • Mini内のドアを高くして中を視認しやすくした
    • ガレージ近くのブルーコンテナ上部から3つのコンテナを無くした
    • C4の爆破範囲を500から400に減らした
    • Made water outside the map deeper (Thanks hollandje!)
  • Cobblestone:
    • AロングCT側のアーチを高くした
  • Italy:
    • いくつかのブーストexploitを修正した
    • Tブリッジ近くのブーストポジションの手すりが弾をブロックしないようにした
  • Cache:
    • 様々なバグを修正した

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive コミュニティ主催のCS:GO大会『TTC Season3』が4/1(土)に開催

TTC Season3

コミュニティ主催のCS:GO大会『TTC Season3』が4/1(土)にオンラインで開催されます。

TTC Season3

『TTC Season3』は、Japan Chiara氏が開催するCS:GOのオンライン大会です。
最大16チームがオンラインでのシングルイルミネーション方式トーナメントで競い合います。
上位チームにはゲーミングデバイス等の賞品が提供される予定です。

開催情報

  • 開催日:2017年4月1日(土)
  • 参加チーム数:16チーム
  • トーナメント形式:シングルイリミネーション
  • ストリーミング配信:https://www.twitch.tv/chiaraj

開催スケジュール (予定)

  • 1戦目: 19:30~
  • 2戦目: 20:50~
  • 3戦目: 22:10~
  • 決勝戦: 23:30~

参加登録は、規定のテンプレート沿った内容を大会公式Twitter宛てにダイレクトメッセージで送付することで行ないます。
詳細については、下記の大会サイトをご覧ください。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOオフライン大会『ESC CS:GO Cup』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で4/2(日)に開催

esc-csgo

CS:GOのオフライン大会『ESC CS:GO Cup』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で4/2(日)に開催されます。

CS:GOオフライン大会『ESC CS:GO Cup』

『ESC CS:GO Cup』は Japan chiara氏と「e-sports cafe」が共同で開催する『Counter-Strike: Global Offensive』大会です。

大会はCS:GOファンの交流や店舗の認知を目的として行なわれ、賞金付きで実施されます。当日は、180hzの高性能モニタを使用してのプレーを楽しむことが出来ます。

開催情報

  • 開催日:2017年4月2日(日)
  • 時間: 受付開始 12:30、受付終了 13:00、試合開始 13:30
  • 募集定員: 30名(6チーム)
  • 大会形式: 個人参加による即席5vs5(チーム分けは主催者が実施)
  • 試合形式:
    • 3チーム×2グループによるBest of 1のリーグ戦
    • リーグ1位チーム同士の決勝戦、2位同士の3位決定戦
  • マップ: Dust2、Nuke、Mirage、Cache、Overpass、Cobblestone、Train (Ban/Pick方式で決定)

賞金

  • 1位: 15,000円(1人3000円)
  • 2位: 5,000円(1位1000円)
  • 3位: Amazonギフト券3,000円 (1人500円分)

参加登録

  • オンライン受付締め切り: 4/1(土)23:59
  • 当日店舗受付締め切り: 4/2(日)13:10(欠員が出た場合のみ)
  • 申し込みフォーム: http://esportscafe.co.jp/csgoevent/

大会形式のCS:GOオフラインイベントは貴重な機会ですので、興味のある方は早めに登録を。

情報元

関連ニュース

8 / 196 ページ (全 1957 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp