League of Legends ニュース アーカイブ

2 / 36 ページ (全 355 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

League of Legends 自動車メーカー『BMW』がLeague of Legends『2017 EU LCS Summer Finals』の公式パートナーに

eulcs-bmw

ドイツの自動車メーカー大手『BMW』がLeague of Legends『2017 EU LCS Summer Finals』の公式パートナーとなったことが発表されています。

『BMW』が『2017 EU LCS Summer Finals』の公式パートナーに

この情報は、『BMW』と『lolesports』の公式Twitterにて下記のように明かされました。

ムービーには、EU LCSのファイナルに出場する Misfits のMidレーナー Germany Tristan "PowerOfEvil" Schrage 選手が登場。Unicorns of Loveのチームマネージャー France Romain "Khagneur" Bigeard氏に「Paris needs you」のメッセージと共にBMWのキーを手渡し、Khagneur氏はBMWを飛ばして開催地であるパリに向かうというような内容になっています。

Khagneur氏はEU LCSがこれまで開催されてきたドイツ・ベルリンを紹介する以下の公式動画にもゲストとして出演していました。「Paris needs you」は、パリで開催されるFinalsでも同氏が何らかの形でゲスト出演することを意味していることになりそうです。

『2017 EU LCS Summer Finals』は、9/3に3位決定戦 Fnatic vs H2k Gaming、9/4にファイナル Misfits vs G2 Esportsが実施されます。

今年は海外自動車メーカーのeスポーツへの取り組みが非常に活発で、過去には以下のような発表がありました。

情報元

関連ニュース

League of Legends 『LJL 2017 Summer Split Final』でRampageがライバルDetonatioN FocusMeに勝利し優勝、3連覇を達成

DSC_8555

『League of Legends』日本プロリーグの王者決定戦『LJL 2017 Summer Split Final』でJapan Rampageが大会3連覇を達成しました。

LJL 2017 Summer Split Final

『LJL 2017 Summer Split Final』は、公式世界大会『2017 World Championship』の出場権をかけたサマーシーズンの王者決定戦として、千葉県の幕張イベントホールで実施されました。

ファイナルには、レギュラーシーズン1位の Japan DetonatioN FocusMe と、セミファイナルで Japan 7th heaven (3位)に勝利した Japan Rampage(2位)が出場。この組み合わせは2015年から6大会連続という伝統の一戦となります。

DSC_8603
試合前にRampageのRamune選手(左)とDFMのCeros選手(右)が握手

対戦はBest of 5形式(3試合先取制)で実施され、 Japan DetonatioN FocusMe がレギュラーシーズンから引き続いての強さを見せ1試合目を圧勝。

DSC_8665

Japan Rampageはドラフトでチーム構成を立て直し、2試合目と3試合目を連取してリーチ。4試合目はJapan DetonatioN FocusMe がまたもや強さを見せつけるゲーム展開で勝利し、優勝決定は最終ゲームに持ち越されました。

DSC_8815

ラスト5試合目は、Japan DetonatioN FocusMeのSteal選手、Japan Ramapgeの Tussle選手の両ジャングラーが序盤から頻繁に激突。このジャングラー対決でアドバンテージを得た Japan DetonatioN FocusMeは、Tussle選手を早めに潰す作戦で3キルを奪い取り序盤のゲームをリード。

DSC_8832

Japan Ramapgeは苦しい展開を耐えながら反撃の機会を狙い、後半のチームファイトやバロン戦で奮闘。特にADCのYutoriMoyashi選手が大ダメージを叩き出し形勢逆転。

DSC_8851

ラストは油断することなくキッチリと詰めきり、見事に日本一の座を獲得しました。

DSC_8886

DSC_8905

試合アーカイブ

LJL 2017 Summer Split 順位

  • 1位: Japan Rampage - 2017 World Championship出場権獲得
  • 2位: Japan DetonatioN FocusMe
  • 3位: Japan 7th heaven
  • 4位: Japan Unsold Stuff Gaming
  • 5位: Japan Rascal Jester
  • 6位: Japan Burning Core

DSC_8958
左より: Dara, Evi, Tussle, YutoshiMoyasi, Ramune, 34

Japan Rampageは2017年9月23日~11月4日に中国で開催される『2017 World Championship』に日本代表として出場します。

『LJL 2017 Summer Split Final』の様子を紹介

全席有料チケット制のeスポーツ大会として幕張イベントホールで開催された『LJL 2017 Summer Split Final』は、11時の開場前から長蛇の入場待ち行列が形成されました。幕張メッセの他のイベントに向かうお客さんが「これ何のイベント?」と口にしながら歩いていたほどです。

DSC_8421

会場内では、イラストの展示やコスプレフォトスポットなど『League of Legends』の世界をゲームとは違う形で楽しめる試みが行なわれました。

DSC_8444

コスプレフォトコーナーやハイレベルなコスプレイヤーのみなさん

今回は各チームの応援イラストも多数掲載されていました。

DSC_8453

DSC_8452

試合前のローディング画面を再現出来るフォトコーナー。
コスプレアイテムの貸し出しも実施。

DSC_8519

とにかく再現レベルが高いコスプレイヤーのみなさん。
これまでより参加者が増加していました。

DSC_8507

大盛況の出場プロチームブース

前回好評だった、LJL出場プロチームのブース出展は今回も実施。
グッズの販売、所属選手との記念撮影、サイン会など各チームが様々なサービスを提供。ピーク時には歩くのもままならないほどの熱気となっていました。

DSC_8522

DSC_8433

DSC_8436

大会終了後は、優勝した Japan Rampageブース前でファンミーティングが開催され「Rampage!」コールが鳴り響いていました。

定番のサンダースティックや応援練習

今回も観客の応援グッズとして空気を入れて膨らます応援アイテムサンダースティックが配布されていました。鳴らし方、チームコール、ウェーブなどの事前連取が行なわれたおかげで、オープニングはかなりの盛り上がり。

試合中にもキルやドラゴン獲得でスティックを打ち鳴らしたり、自発的にチームコールが起きたりしていました。

レーザーライトなどを使った印象的な光の演出が

今大会は、レーザーライトやスモークを駆使した試合演出に力が入っていました。

選手入場の様子。
DSC_8572

バロンやドラゴンを獲得するとフロアのライトが発光
DSC_8742

試合終了後は勝利チームカラーのレーザーライトが放たれる。

Japan Rampageが勝利した時の演出。
DSC_8769

Japan DetonatioN FocusMeが勝利した時の演出。
DSC_8815

増え続ける『LJL』ファン、今後の課題は?

『LJL』は会場規模、来客数共に回を重ねる毎に拡大しています。
前回の『LJL 2017 Spring Split』は2,500人規模の来場者でしたが、今回は4,000人近い規模での開催となったようです。ストリーミング配信の視聴者数は25,000を突破していたと教えていただきました(fugashiさんありがとうございます)。『LJL』は有料eスポーツ大会としては日本最大規模でしょう。

今後、『LJL』にはさらに多くのファンが来場しそうな印象がありますが、グローバル規模の大会に発展させて行くには新規プレーヤーや、eスポーツとして取り組むプレーヤーを増やすという『League of Legends』コミュニティのさらなる拡大が必要となっていくと思います。

公式には学生向けの支援プログラム『LeagueU』、ロジクールが実施するアマチュア大会『Logicool G CUP』などがこれらを補う要素となっていますが、学生以外が新たに『LoL』に触れるような新規層獲得の取り組みがあればさらに心強そうです。

IMG_8232

大会写真

情報元

関連ニュース

League of Legends プロゲーマー輩出の実績を持つアマチュア大会『Logicool G CUP 2017』がLeague of Legendsを採用して開催

logicool-g-cup-2017

株式会社ロジクールが、eスポーツ アマチュア大会『Logicool G CUP 2017』の開催を発表しました。

Logicool G CUP 2017

『Logicool G CUP 2017』は日本中の有望なeスポーツプレイヤーを集め日本一のアマチュアチーム・プレイヤーを決定することを目的に実施される大会です。

2015年、2016年にも開催されており優勝実績を持つチームから『League of Legends』の日本プロリーグ『League of Legends Japan League』に参戦するプロチームに加入するプロ選手を輩出した実績を持ちます。

過去大会

輩出プロ選手

  • Japan Roki (出場時DeToNator → 元Rampage所属、現SCARZ所属)
  • Japan nororin (出場時DeToNator → 元DetonatioN Gaming所属、現SCARZ所属)
  • Japan Ramune (出場時Crest Gaming※サモナーネーム Hide on bush → 現Rampage所属)

2017年大会も『League of Legends』を競技ゲームに採用。今年は「チーム戦(5vs5)」「個人戦(1vs1)」の2部門制で実施されます。

開催情報

  • 応募期間:2017年9月14日(木) 23:59まで
  • 組み合わせ発表:2017年9月20日(水)
  • オンライン予選:2017年10月3日(火)~11月14日(火) 毎週火曜日19:00~
  • オフライン決勝:2017年12月31日(日) ※東京都内で実施
  • 参加登録: チーム戦個人戦

より詳しくは、下記の大会特設サイトをご覧ください。

情報元

関連ニュース

League of Legends 『LJL 2017 Summer Split Final』の組み合わせがDFM vs RPGに決定、6大会連続

LJL 2017 Summer Split Final

『League of Legends』日本プロリーグ『LJL 2017 Summer Split』の王者を決定するファイナルの組み合わせが決定しました。

LJL 2017 Summer Split Final はDFM vs RPG

『LJL 2017 Summer Split Final』は、6チームの参加で開催されたレギュラーシーズンの1位チーム Japan DetonatioN FocusMe(9勝1敗)と、2位 Japan Rampage(8勝2敗)、3位チーム Japan 7th heaven(5勝5敗)によるセミファイナルの勝利チームが出場し、8/26(土)に幕張イベントホールで開催されます。

セミファイナルは8/16(水)に東京都内のLJL特設スタジオにてオフラインで実施され、Japan Rampage が3-0でJapan 7th heavenに勝利し、ファイナルへの出場権を獲得しました。

これで、『LJL』ファイナルの対戦組み合わせは2015年 Season 2から6連続でJapan DetonatioN FocusMeと Japan Rampageの対戦となります。

過去のファイナル対戦成績

これまでのファイナルにおける対戦結果は3勝2敗で Japan Rampage がリード。因縁の対決で再び勝利するのはどちらになるでしょうか。勝利チームは『2017 World Championship』の出場権を手にすることが出来ることもあり、お互い絶対に勝利を譲ることは出来ません。

『LJL 2017 Summer Split Final』は、現地およびTiwtchのストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

League of Legends 次期シーズン入れ替え戦『LJL 2017 Summer Promotion Series』でRascal Jester残留、V3 Esportsが昇格へ

LJL Challenger Series

『League of Legends』日本プロリーグ次期シーズンに向けた入れ替え戦『LJL 2017 Summer Promotion Series』が実施され、Japan Rascal Jester と Japan V3 Esports が勝利となりました。

『LJL 2017 Summer Promotion Series』でRJ、V3が勝利

『LJL 2017 Summer Promotion Series』は、『LJL Challenger Series 2017 Summer Split』の上位2チームと、『LJL2017 Summer Split』の下位2チームが出場し、勝利チームが『LJL 2018 Spring Split』に昇格・残留するという方式で実施されました。

出場チーム

  • Japan Rascal Jester (LJL2017 Summer Split 5位)
  • Japan Burning Core (LJL2017 Summer Split 6位)
  • Japan SCARZ (LJL CS2017 Summer Split 1位)
  • Japan V3 Esports (LJL CS2017 Summer Split 2位)

対戦結果

Japan V3 Esportsは昇格達成、Japan Burning Coreは新規参入からの脱落、Japan Rascal Jesterは2度目の降格回避、Japan SCARZは1部復帰ならずと様々な想いを馳せる結果となりました。

LJL 2018 Spring Split出場チーム

次期シーズンの出場チームは下記の6チームとなります。

  • Japan DetonatioN FocusMe
  • Japan Rampage
  • Japan 7th heaven
  • Japan Unsold Stuff Gaming
  • Japan Rascal Jester (残留)
  • Japan V3 Esports (NEW)

LJL 2017 Summer Splitファイナルが8/26(土)に幕張イベントホールで開催

『LJL 2017 Summer Split』の王者を決定するファイナルが8/26(土)に幕張イベントホールで開催されます。

出場するのは、レギュラーシーズン1位の Japan DetonatioN FocusMeと、8/16(水)18時より実施されるセミファイナル Japan Rampage vs Japan 7th heaven の勝利チームとなります。

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

League of Legends LoLの学生向け公式オフラインイベント「ACS East/West LAN」が8/19(土)、20(日)に東京・大阪で開催

acs-lan

『League of Legends』の学生向け公式オフラインイベント「ACS East/West LAN」が8/19(土)、20(日)に東京・大阪で開催されます。

「ACS East/West LAN」が8/19(土)、20(日)に東京・大阪で開催

「ACS East/West LAN」は、学生向けプログラム「LeagueU」で実施されるLoL日本最強学生サークル決定戦「All Campus Series」の関連企画として開催されます。

本イベントは「東西対決」をテーマとし、8/19(土)、20(日)に東京・大阪のeスポーツ関連施設・インターネットカフェにて予選を開催し東西の代表チームを決定。その後、オンラインで東西の代表チームが対決を行ない勝敗を決するという流れで実施されます。

開催情報

当日スケジュール

  • 12:00  参加受付
  • 13:00  イベント開始
  • 13:30  各会場での予選
  • 17:00  東西対決Bo3
  • 19:00  東西対決エキシビジョン
  • 19:45  抽選会
  • 20:00  終了

大会の賞品として、非売品のティーモフィギュア、ゲーミングデバイス、ゲーム内通貨やアイテムなどが提供される予定です。

イベントのゲストとして、LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUEの公式キャスター eyes氏が西会場、アナリストのRevol氏が東海上に登場予定となっています。

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL公式世界大会の出場権をかけた『LJL 2017 Summer Split Final』が8/26(土)に幕張メッセで開催

LJL 2017 Summer Split Final

『League of Legends』日本プロリーグ決勝戦『LJL 2017 Summer Split Final』が8月26日(土)に幕張メッセで開催されます。

LJL 2017 Summer Split Final

『LJL 2017 Summer Split Final』は6チームが出場して実施されている『LJL 2017 Summer Split』の王者を決定する大会です。ファイナルに出場するのは、レギュラーシーズンの1位チームと、2位・3位チームで実施されるセミファイナルの勝利チームとなります。

優勝チームは、日本最強チームの名誉と、9/23(土)~11/4(土)に中国で開催が予定される公式世界大会『2017 World Championship』の出場権を得ることが出来ます。

開催情報

  • 開催日時: 2017年8月26日(土)11:00開場、13:00開演
  • 会場: 幕張メッセ 幕張イベントホール (千葉県)
  • 試合方式: Best of 5(3 本先取制)
  • チケット: 全席指定席 各2,500円(税込)/1席

会場の「幕張メッセ 幕張イベントホール」は、公式サイトによると最大9,000名を収容可能な施設とのこと。

前回大会は2,500人ほどの来場者があったそうなので、今回はそれを超える規模の集客を見込んでいることになります。

当日、会場では『LJL 2017 Summer Split』出場全6チームによるブース出展や、ファンアートコンテスト&コスプレイヤー撮影会なども行なわれる予定です。

チケット販売

会場での観戦チケットは、以下の日程にて発売となります。

販売スケジュール

  • 先行販売(予約抽選): 2017年7月15日(土)23:00~7月23日(日)23:59
  • 先行販売当選発表: 7月28日(金)15:00~
  • 先行販売チケット購入期限: 当選通知後​~7月30日(日)23:59
  • 一般販売: 8月1日(火)12:00~8 月 26 日13:00

先行チケットの購入者を対象に、League of Legendsのグッズが当たるキャンペーンが実施されます。

goods

レギュラーシーズン順位

全10ラウンドで行なわれるレギュラーシーズンは、半分のラウンド5までが行なわれ下記の順位となっています。

  • 1位: 5勝0敗: Japan DetonatioN FocusMe
  • 2位: 4勝1敗: Japan Rampage
  • 3位: 3勝2敗: Japan Unsold Stuff Gaming
  • 4位: 2勝3敗: Japan 7th heaven
  • 5位: 1勝4敗: Japan Rascal Jester
  • 6位: 0勝5敗: Japan Burning Core

Round 7は今週末7/14(金)、15(土)に実施予定です。

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL学生世界一チーム決定戦『International College Cup』が7/13(木)より中国で開幕、日本代表は東京アニメ・声優専門学校

lolc

『League of Legends』の学生チーム世界一を決定する『League of Legends International College Cup』が7/13(木)より中国・武漢で開催されます。

League of Legends International College Cup

『League of Legends International College Cup』は、『League of Legends』を展開するRiot Gamesの親会社Tencentが主催する大会です。

出場するのは、世界の各地域で実施された予選を勝ち抜いた12の学生チーム。

グループステージは6チーム×2グループの総当り戦を行ない(Best of 1)、各グループの上位2チームが決勝トーナメントに進出。決勝トーナメントはシングルイルミネーション方式トーナメントで実施され、準決勝はBest of 3、決勝はBest of 5で行なわれます。

開催情報

  • 開催期間: 2017年7月13日 (木)~7月16日 (日)
  • 会場: Wuhan University of Technology (中国・武漢)
  • 賞金
    • 1位: 5,000元(83,994円, 1元=16.79円)
    • 2位: 3,000元(50,396円)
    • 3位: 1,000元(16,798円)

グループステージ

Group A

  • Portugal ポルト大学
  • Singapore 南洋理工学院
  • Canada トロント大学
  • Taiwan 健行科技大学
  • China 海口経済学院
  • Japan 東京アニメ・声優専門学校 (LeagueU Grand Tournament優勝)

Group B

  • Netherlands ナイメーヘン・ラドバウド大学
  • Viet Nam ニャチャン大学)
  • Korea カトリック大学校
  • China 広州白雲工商技師学院
  • United States メアリービル大学
  • Taiwan 国立高雄応用科技大学

日本チーム 試合スケジュール(日本時間)

7月13日(木) 11:30~22:00

  • 14:30~ Japan 東京アニメ・声優専門学校 vs Portugal ポルト大学
  • 18:15~ Japan 東京アニメ・声優専門学校 vs Singapore 海口経済学院
  • 19:30~ Japan 東京アニメ・声優専門学校 vs Singapore 南洋理工学院南洋理工学院

7月14日(金) 11:30~21:45

  • 14:30~ Japan 東京アニメ・声優専門学校 vs Taiwan 健行科技大学
  • 19:30~ Japan 東京アニメ・声優専門学校 vs Canada トロント大学

7月15日(土)13:30 ~ 20:00

  • グループA、Bの上位それぞれ2チームによる準決勝 (Bo3形式)

7月16日(日)16:30~22:00

  • 準決勝を勝ち上がったチームによる決勝 (Bo5形式)

ストリーミング配信

上記スケジュールに合わせて、日本語による実況配信が実施されます。
こちらを担当するのは、「LeagueU実況解説ブートキャンプ」にて『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』公式キャスターのeyes氏、解説Revol氏に指導を受けた下記8名となります。

実況・解説

  • いぇーがー (茨城大学)
  • 和葉 (東京アニメ・声優専門学校)
  • Kyon (城西大学)
  • しゃる (大阪電気通信大学)
  • Vashyron (情報科学専門学校)
  • bronze sam (山梨大学)
  • usya (近畿大学)
  • リクルート (埼玉大学)

配信ページ
Watch live video from leagueuofficial on www.twitch.tv

出場する東京アニメ・声優専門学校の選手紹介・意気込みは下記の動画で見ることができます。

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL公式国際イベント『Rift Rivals 2017』東南アジアvsオセアニアvs日本で「LJL」(日本)が優勝

riftrivals-win

『League of Legends』の新たな公式イベント『Rift Rivals』東南アジアvsオセアニアvs日本で日本チームが優勝となりました。

Rift Rivals 2017

『Rift Rivals』は地理的、関係的に近しいライバル同士に別れて実施される地域対抗方式の国際イベントです。

『Rift Rivals』は5エリアに別れて実施され、出場するのは各地域で開催された『League of Legends』公式プロリーグの2017年春シーズン上位3チーム。日本は東南アジア(GPL)、オセアニア(OPL)とベトナム・ホーチミン市のオフライン会場で対戦しました。

出場チーム

日本(LJL)

  • Japan Rampage
  • Japan DetonatioN FocusMe
  • Japan Unsold Stuff Gaming

東南アジア(GPL)

  • Viet Nam GIGABYTE Marines
  • Thailand Ascension Gaming
  • Philippines Mineski

オセアニア(OPL)

  • Australia Dire Wolves
  • Australia Legacy
  • Australia Sin Gaming

グループステージ

グループステージは総当り戦で、各地域の代表3チームずつが対戦を実施。
Japan Unsold Stuff GamingとJapan DetonatioN FocusMeは全勝、Japan Rampageは1勝1敗となり、日本はグループステージ1位でプレーオフファイナルに進出。

  • 1位: 5勝1敗 - LJL (ファイナル進出)
  • 2位: 3勝3敗 - OPL (セミファイナル進出)
  • 3位: 1勝2敗 - GPL (セミファイナル進出)

プレーオフ

プレーオフの決勝戦は、1位通過の「LJL」と、セミファイナルで「OPL」に3-2で勝利した「GPL」の対戦となり、日本が最終スコア3-1で勝利。
League of Legends公式国際大会における日本初優勝を達成しました。

最終順位

  • 1位: LJL
  • 2位: GPL
  • 3位: OPL

配信アーカイブ

『LEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE』は、2017年1月の『LJL 2017 Spring Split』から全試合をオフラインの特設スタジオで実施するレギュレーションが採用されました。これによるオフライン対戦の経験が増したことは今回の国際大会優勝の大きな要因になったのではないかと思います。

公式なレポートは、後日『LJL』公式サイトに掲載されると思いますので、そこで選手のコメント等も読むことが出来るのではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL日本最強学生サークル決定戦「All Campus Series」を含む賞品総額3,500万円の公式イベントが開催決定

lol-acs

合同会社ライアットゲームズが、賞品総額3,500万円の『League of Legends』夏の2大イベント開催を発表しました。

大学eスポーツ文化の醸成を目指し『League of Legends』夏の2大イベント開催

合同会社ライアットゲームズは、日本における大学eスポーツ文化の醸成と、「LoLサークルの活性化」と「ユーザーの拡大」を目的に、学生サークル全国大会「All Campus Series」と友達紹介プログラム「次世代フェスタ」のキャンペーンをこの夏に開催します。

賞品総額2,000万円 学生サークル全国大会「All Campus Series」

「All Campus Series」は大学・専門学校生を対象とした『League of Legends』大会で、賞品総額2,000万円で2017年8~9月に開催されます。

大会のエントリーは『League of Legends』の学生向け支援プログラム『LeagueU』の所属サークル単位となり、予選ラウンド、決勝ラウンドを経て日本最強の学生サークルが決定されます。

2,000万円相当の賞品内容やレギュレーションを含む大会の詳細は、後日改めて発表となる予定です。

ライアットゲームズは「eスポーツ」を大学スポーツと同じく魅力的なものにしていくため「大学eスポーツ」のコンセプトを掲げ、2017年7月から全国の一部大学近郊にて屋外広告ポスターの掲示やサンプリングなどのキャンペーンを実施していくことも明らかにしていました。

実施大学
【関東】
青山学院大学、慶應義塾大学、専修大学、東海大学、東京大学、
日本大学、法政大学、早稲田大学

【関西】
関西大学、近畿大学、神戸大学、龍谷大学

【九州】
福岡大学

友達紹介プログラム「次世代フェスタ」

「次世代フェスタ」では、『League of Legends』に友達を誘いキャンペーンに登録することで、その友達のサモナーレベルが規定数に達するごとお互いがゲーム内アイテム等の報酬を得ることが出来ます。

さらに、サモナーレベルが最大の「30」に到達すると「Alienware」のゲーミングデバイスやゲーミングラップトップ(好きなチャンピオンアートをデザインした特別仕様)が当たるキャンペーンへの応募権を得ることも出来ます。

present

より詳しくは下記の特設サイトをご覧ください。

情報元

関連ニュース

2 / 36 ページ (全 355 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング