League of Legends ニュース アーカイブ

4 / 35 ページ (全 349 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

League of Legends 『LJL 2017 Spring Split Final』でRampageが3-0の圧勝、2連覇を達成し世界大会の出場権を獲得

DSC_6670

『League of Legends』世界大会の出場権をかけた日本プロリーグの王者決定戦『LJL 2017 Spring Split Final』が、4月1日(土)に「東京ビッグサイト 西4ホール」で実施されました。

LJL 2017 Spring Split Final

『LJL 2017 Spring Split Final』には、2017年1月に開幕した『LJL 2017 Spring Split』のレギュラーシーズン1位通過の Japan DetonatioN FocusMe と、2位・3位チームによって行なわれたセミファイナルにて Japan Unsold Stuff Gamingに3-2で勝利した Japan Rampageが出場。

DSC_6857
Japan DetonatioN FocusMe: Yutapon(Top), Paz(Jungle), Ceros(Mid), Zerost(ADC), viviD(Support)

DSC_6849
Japan Rampage: Dara(Support), YotoriMoyasi(ADC), Ramune(Mid), Tussle(Jungle), Evi(Top)

この2チームによるファイナルでの対戦は4大会連続となり、前回大会は Japan Rampageが優勝Japan Rampageは2連覇、Japan DetonatioN FocusMeは王座奪還がかかった対決となりました。

試合はBest of 5形式(3ゲーム先取制)で行なわれましたが、Japan Rampageが優れたチーム力による3連勝という結果で見事に優勝となりました。

LJL 2017 Spring Split順位

  • 1位: Japan Ramapge - 2017 Mid-Season Invitational出場権獲得
  • 2位: Japan DetonatioN FocusMe
  • 3位: Japan Unsold Stuff Gaming
  • 4位: Japan Rascal Jester
  • 5位: Japan 7th heaven
  • 6位: Japan SCARZ

DSC_7082
優勝カップを掲げる Japan Rampage

DSC_7145
左より: Dara, YotoriMoyasi, Ramune, Tussle, Evi

DSC_6803
優勝カップ

ファイナル

試合結果 (Best of 5)

  • Japan DetonatioN FocusMe [0-3] Japan Rampage

Japan Rampagは3試合を通じて見事なタイミングでのセットアッププレーでるキル獲得、非常に不利な状態からのリカバリなど、チーム力が攻守共に冴え渡りました。

DSC_7032
Japan Rampagの見事なセットアッププレー

スター選手がそろうJapan DetonatioN FocusMeは、この Japan Rampageのチーム力により自分たちがやりたい試合展開をさせてもらえていなかったように見えました。

個人的に強烈な印象を受けた選手は、今年からJapan RampageのMidレーナ―となった Japan Ramune選手。開幕戦のJapan 戦ではミスが目立ち、ストリーミング配信のチャットにおいて手厳しいコメントを書き込まれてしまっていました。しかし、レギュラーシーズンを通じて大きく成長し、決勝戦3試合目においては相手のチャンピオンの立ち位置を分断させることが出来るタリヤの「ウィーバーウォール」を要所で決めることに幾度も成功し、チームを勝利に導くことに大きく貢献しました。

DSC_7039
「ウィーバーウォール」が集団戦において幾度もRampageにアドバンテージを与えた

開幕戦を落として以降、メンバー変更を行なわず改善と成長を経て王者となるなるチームを創り上げた Japan Rampageはお見事と言わざるを得ません。

DSC_7058
Rampageの優勝が決定した瞬間

配信アーカイブ
RiotGamesJPのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

Japan Rampageは 2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される公式世界大会『2017 Mid-Season Invitational』に日本代表として出場します。

DSC_7125

会場の様子紹介

今回の会場は、プロチームブース、ファンアート、コスプレ、生楽器合奏の演出などさまざまな趣向が凝らされていましたのでご紹介します。

プロチームによるブース

『LJL 2017 Spring Split』に出場する6つのプロチームによるブースが登場。

DSC_6762

チームグッズ販売、所属選手とのサイン・写真撮影会などそれぞれが趣向を凝らしたファンサービスを行ないました。

DSC_6780
ファン向けのチームグッズを販売 (DetonatioN FocusMe)。

DSC_6736
所属選手がサインや写真撮影を実施 (Rampage)

DSC_7016
Rampageを優勝に導いたファンの応援メッセージ

コスプレ・ファンアート・応援メッセージボード

DSC_6808
好きなチャンピオンを見事に再現したコスプレーヤーのみなさん。

DSC_6699

DSC_6719
ファンアートの数々。

DSC_7026
好きなチームや選手への応援メッセージやイラストが多数書き込まれていました。

チームごとに分れた応援席

座席は応援するチームごとに分けられていました。

DSC_6935

なかなかしっかりと分れていたようで、タワーやキルを獲得したチームはサンダーバルーンを掲げたり大きな歓声が上がりましたが、一方のチームは無反応だったりとなかなか面白い反応でした。

DSC_6964

DSC_6887

アプリによる応援

アプリで好きなチームを応援する仕組みも導入されました。
このアプリを使って、どちらの応援パワーが強いかといった対決などが行なわれました。

DSC_6814

ファンのテンションを高めるウェーブ

毎回恒例となりつつある試合前のウェーブ。今回も実施されました。

生楽器による演奏の演出

開演前やオープニングには生楽器による演奏の演出が行なわれました。
大きな海外大会では実施されていますが、日本の大会では珍しい試みです。

DSC_6759

プロによる実況・解説

『LJL』公式キャスターeyes氏、公式アナリストRevol氏による生実況解説の様子。
こちらは一般の方は放送を通じてしか見ることができませんでしたが、プレスとして入らせていただいたため映像を撮影してみました。

DSC_6865
eyes氏、Revol氏

DSC_6909


この他の写真は、以下からご覧いただくことが出来ます。

写真

情報元

©2017 Riot Games. All Rights Reserved.

関連ニュース

League of Legends 世界大会の出場権をかけた『LJL 2017 Spring Split Final』DetonatioN FocusMe vs. Rampageが4/1(土)に東京ビッグサイトで開催

ljl-final

『League of Legends』世界大会の出場権をかけた日本プロリーグの王者決定戦『LJL 2017 Spring Split Final』が4/1(土)に東京ビッグサイトで開催されます。

LJL 2017 Spring Split Final

『LJL 2017 Spring Split Final』は、2017年1月に開幕した『LJL 2017 Spring Split』のレギュラーシーズン1位通過の Japan DetonatioN FocusMe と、2位・3位チームによって行なわれたセミファイナルにて Japan Unsold Stuff Gamingに3-2で勝利した Japan Rampageの対戦で実施されます。

試合は「東京ビッグサイト 西4ホール」においてオフラインで実施され、Best of 5形式で対戦し3ゲームを先取したチームが優勝となります。

見事に王者となったチームは、2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される公式世界大会『2017 Mid-Season Invitational』の出場権を獲得することが出来ます。

開催情報

  • 開催日時 :2017年4月1日(土)10:30開場(予定)、12:00 開演(予定)
  • 開催場所 :東京ビッグサイト 西4ホール
  • 試合方式 :Best of 5(3 本先取制)
  • チケット :事前購入制 (完売)
  • 主催会社 :合同会社ライアットゲームズ

ファイナル (Best of 5)

  • Japan DetonatioN FocusMe [vs] Japan Rampage
    • Japan DetonatioN FocusMe: Yutapon(Top), Paz(Jungle), Ceros(Mid), Zerost(ADC), viviD(Support)
    • Japan Rampage: Evi(Top), Tussle(Jungle), Ramune(Mid), YotoriMoyasi(ADC), Dara(Support)

この2チームによるファイナルでの対戦は4大会連続となり、メンバーは異なりますが前回大会は Japan Rampageが勝利しています。

当日の現地観戦チケットはすでに完売となっており、現地以外では、Twitchにおけるストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

League of Legends 『League of Legends』プロチームも参加する「Scrim」(練習試合)グループへの参加呼びかけ

lol

Japan HarmoniX Gamingが、『League of Legends』の「Scrim」(練習試合)グループへの参加呼びかけ告知を行なっています

『League of Legends』「Scrim」(練習試合)グループへの参加呼びかけ

告知された「Scrim」グループには、日本プロリーグ『League of Legends Japan League』やその下部リーグ『LJL Challanger Series』への出場経験を持つチームを含めた20チーム以上が参加しています。

今回、日本競技シーンのレベルアップをはかるため、このグループへの参加希望チームを学生チーム・アマチュア・プロなど条件を問わず広く募集することが発表されました。

参加方法

  • 下記項目をTwitterのダイレクトメッセージ機能を通じてMKDN氏に連絡する
    • チーム名
    • 代表者のSkypeID(scrimを組む際に連絡が取れる方)
    • チームの方針(プロを目指しているチームか、部活やサークル等)

「Scrim」は、試合の内容や結果を一切外部に漏らさないことを徹底して実施していくため、参加を希望するにはこのルールを厳守する必要があります。

詳細については、下記の告知ページや参加に関する説明で確認してください。

情報元

League of Legends 入れ替え戦『LJL 2017 Spring Promotion Series』Day2で「7th heaven」が「Crest Gaming」に勝利、サマーシーズンの出場権を獲得

LJL

『League of Legends』日本プロリーグの入れ替え戦『LJL 2017 Spring Promotion Series』Day 2で Japan 7th heavenが勝利し、サマーシーズンへの残留を決めました。

LJL 2017 Spring Promotion Series

『LJL 2017 Spring Promotion Series』は、6チームが出場する『LJL 2017 Spring Split』のレギュラーシーズン5~6位チームと、『LJL Challenger Series 2017 Spring Split』の上位2チームによって行なわれる入れ替え戦です。

この試合で勝利すると次期プロリーグ『LJL 2017 Summer Split』の出場権を手にすることが出来るという、下克上の対決となります。

先日行なわれたDay 1では、『LJL Challenger Series 2017 Spring Split』を9勝1敗(1位)で通過した Japan DetonatioN Risingが、『LJL 2017 Spring Split』で1勝9敗(6位)の Japan SCARZと対戦し、3-0のストレートで勝利しサマーシーズンへの昇格を果たしました。

7th heaven vs. Crest Gaming

本日のDay2では、『LJL 2017 Spring Split』で2勝8敗(5位)の Japan 7th heavenと、『LJL Challenger Series 2017 Spring Split』を7勝3敗(2位)の Japan Crest Gamingが対戦し、Japan 7th heaven が3-0で勝利し残留を決めました。

試合結果

『LJL 2017 Summer Split』出場チーム

  • Japan DetonatioN FocusMe
  • Japan Rampage
  • Japan Unsold Stuff Gaming
  • Japan Rascal Jester
  • Japan 7th heaven
  • Japan DetonatioN Rising

大会公式ルール「3.1 チームの所有権の制約(pdf)」により同一オーナーによる複数チームの参戦は認められていないことから、Japan DetonatioN Risingは異なるオーナー・チーム名での参戦になると思われます。

今後のスケジュール

明日3/29(水)17時からは『LJL 2017 Spring Split』セミファイナル Japan Rampage [vs] Japan Unsold Stuff Gaming戦が実施されます。この試合に勝利したチームが、4月1日(土)に東京ビッグサイトで開催される『LJL 2017 Spring Split Final』にて、Japan DetonatioN FocusMeと対戦する権利を獲得することが出来ます。

情報元

関連ニュース

League of Legends 入れ替え戦『LJL 2017 Spring Promotion Series』Day1で「DetonatioN Rising」が「SCARZ」に勝利し、サマーシーズンの出場権を獲得

LJL Challenger Series 2017 Spring Split

『League of Legends』日本プロリーグの入れ替え戦『LJL 2017 Spring Promotion Series』で Japan DetonatioN Risingが勝利し昇格を果たしました。

LJL 2017 Spring Promotion Series

『LJL 2017 Spring Promotion Series』は、6チームが出場する『LJL 2017 Spring Split』のレギュラーシーズン5~6位チームと、『LJL Challenger Series 2017 Spring Split』の上位2チームによって行なわれる入れ替え戦です。

この試合で勝利すると次期プロリーグ『LJL 2017 Summer Split』の出場権を手にすることが出来るという、下克上の対決となります。

SCARZ vs. DetonatioN Rising

Day 1では、『LJL 2017 Spring Split』で1勝9敗(6位)の Japan SCARZと、『LJL Challenger Series 2017 Spring Split』を9勝1敗(1位)で通過した Japan DetonatioN Risingが対戦。

試合はBest of 5(3マッチ先取制)で行なわれ、Japan DetonatioN Risingがストレートで勝利し見事に昇格を決めました。

試合結果

今後のスケジュール

明日3/28(火)17時からのDay2では、『LJL 2017 Spring Split』で2勝8敗(5位)の Japan 7th heavenと、『LJL Challenger Series 2017 Spring Split』を7勝3敗(2位)の Japan Crest Gamingが対戦。

さらに、3/29(水)17時からは『LJL 2017 Spring Split』セミファイナル Japan Rampage [vs] Japan Unsold Stuff Gaming戦が実施されます。この試合に勝利したチームが、4月1日(土)に東京ビッグサイトで開催される『LJL 2017 Spring Split Final』にて、Japan DetonatioN FocusMeと対戦する権利を獲得することが出来ます。

情報元

関連ニュース

League of Legends 『League of Legends』の国内学生向け支援プログラム『LeagueU』がスタート

LeagueU

合同会社ライアットゲームズが、『League of Legends』の国内学生向け支援プログラム『LeagueU(リーグユー)』のスタートを発表しました。

『League of Legends』の国内学生向け支援プログラム『LeagueU』

『LeagueU』は、「新しい仲間をみつける・仲間と集まる場を作る・全国のライバルたちと競う」をコンセプトに、LoLを基点に広がる学生たちの素晴らしいキャンパスライフを応援することを目標に実施される活動支援プログラムです。

2016年4月より「合同会社ライアットゲームズ」「ヤフー株式会社」「GameBank株式会社」の3社による学生プレーヤー応援プロジェクト「e-Sports×U」がスタートし、全国120以上のサークルおよび、100件以上の学生イベントサポートが行なわれてきました。また、3月20日には、学生チーム日本一決定戦『LeagueU Grand Tournament 2016』決勝戦 広島大vs東京アニメ・声優専門学校が行なわれ、東京アニメ・声優専門学校が優勝となりました。

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

2017年からは学生向け支援プログラムが『LeagueU』として一新され、下記のような取り組みが実施されていきます。

LeagueU概要 (リリースより)

1.『LeagueU 公式サイト』の新設

LeagueU 公式サイトでは、学校名、地域、サークルの雰囲気などで全国の LoL サークルを簡単に検索することができます。自分にあったサークルをみつけたり、また、公式サイトに登録することでメンバーの募集や、全国のサークルに対戦を申し込んだりすることも可能となります。今後、イベントの告知など新たな機能を随時追加する予定で、LoL を基点により多くの学生がお互いにつながることができるようになります。

https://leagueu.jp.leagueoflegends.com/

2.『コミュニティサポート』の提供
各サークルによるイベントのサポートや、全国のサークルリーダーが集うミーティングなどを開催します。

またコミュニティサポートの一環として、サークルオリジナルのポスターが作成できるデジタルアセットや、サークルリーダーに向けたリーダーズハンドブックなどが公式ウェブサイトよりダウンロードできます。他にも、コミュニティの活動を支援するグッズが入ったスターターキットの提供など、学生の自立した活動を支援する新たなサポートを数多く企画します。

3.『LeagueU 公式イベント』の開催
LeagueU のメンバーが参加できる公式イベントを開催予定です。詳細は決定しだい、下記 LeagueU 公式チャンネルにて発表します。

4.『LeagueU 公式チャンネル』からの情報発信

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL学生チーム日本一決定戦『LeagueU Grand Tournament 2016』決勝 広島大vs東京アニメ・声優専門学校が3/20(月・祝)に開催

LeagueU Grand Tournament

『League of Legends』の学生チーム日本一を決定するRiot Games公式大会『LeagueU Grand Tournament 2016』の決勝戦が3/20(月・祝)に開催されます。

LeagueU Grand Tournament

『LeagueU Grand Tournament』は、『League of Legends』の日本サービスを行なう合同会社ライアットゲームズと、学生プレーヤーを応援するプロジェクト「e-Sports×U」を展開するGameBank 株式会社が共同で開催している学生向け大会です。

大会には全国25校からの『League of Legends』チームが出場。2月から行なわれてきたダブルイリミネーション方式トーナメントを勝ち抜いた Japan 広島大学+ と Japan 東京アニメ・声優専門学校LoLサークル が見事に決勝に進出。学生日本一の座をかけて「e-sports SQUARE AKIHABARA」で戦います。

オフライン決勝戦

  • 日時:2017年3月20日(月・祝)15~19時 ※入場時間 学生14:10~ 一般14:30~
  • 会場:e-Sports Square AKIHABARA
  • 内容:決勝に進出した2チームによるBest of 3形式(2本先取制)での対戦
  • 試合方式: 3ゲーム制(Best of 3方式)※先に2勝したチームが勝利
  • 観戦席数: 学生および一般の方向け40席 ※入場制限有り
  • 入場料:無料

出場チーム

東京アニメ・声優専門学校LoLサークル(TSA)

  • TSA escridao(TSAエスクリダオ)SUP
  • TSA NessCycle(TSAネスサイクル)TOP
  • TSA Dominion(TSAドミニオン)JG
  • TSA 10N(TSAジュン)MID
  • TSA RaySight(TSAレイサイト)ADC
  • TSA Koyomisora(TSAコヨミソラ)SUP
  • TSA kazuha(TSAカズハ)ADC

広島大学+(HUP)

  • HUP XperiaZ1(HUP えくすぺりあ)ADC
  • HUP mark(HUP まーく)TOP
  • HUP mattya latte(HUP まっちゃらて)JG / ADC
  • HUP 桓 騎(HUP かんき)ADC
  • HUP ぼーし(HUP ぼーし)SUP
  • HUP Muuchan(HUP むう)JG
  • HUP いぐなすび(HUP いぐなすび)TOP
  • HUP syana(HUP しゃな)どこでも

情報元記事には、各チームの写真や意気込みが紹介されています。

ストリーミング配信

Watch live video from riotgamesjp on www.twitch.tv

  • 実況:Japan eyes
  • 解説:Japan Revol

試合は、会場およびTwitchにおけるストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

当日の実況・解説は、日本プロリーグ『League of Legends Japan League』の公式キャスター陣 Japan eyes氏・Japan Revol氏が務めます。

また、大会ページには『LeagueU Grand Tournament 2017』の情報について近日公開との記載がありました。決勝当日に新たな情報が明らかになるのではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

League of Legends LoL世界大会の出場権をかけた『LJL 2017 Spring Split Final』が4/1(土)に東京ビッグサイトで開催

ljl-final

『League of Legends』の世界大会の出場権をかけた日本プロリーグの王者決定戦『LJL 2017 Spring Split Final』が4/1(土)に東京ビッグサイトで開催されます。

LJL 2017 Spring Split Final

『LJL 2017 Spring Split Final』は、2017年1月に開幕した『LJL 2017 Spring Split』のレギュラーシーズン1位チームと、2位・3位チームによって行なわれるセミファイナル勝者の対戦で行なわれます。

見事に王者となったチームは、2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される公式世界大会『2017 Mid-Season Invitational』の出場権を獲得することが出来ます。

開催情報

  • 開催日時 :2017 年 4 月 1 日(土)10:30 開場(予定)、12:00 開演(予定)
  • 開催場所 :東京ビッグサイト 西4ホール
  • 試合方式 :Best of 5(3 本先取制)
  • チケット :事前購入制
  • 全席指定席:各2,500円(税込)/1席 (別途システム利用料216円+発券手数料108円)
  • 主催会社 :合同会社ライアットゲームズ

今回は「チームにエールを届けることができる場」をコンセプトとした会場レイアウト・演出が行なわれ、購入時に応援するチームサイドの席を指定することが可能となります。

2096b255e4fb27442efcf25f5534bd836912fdc0

レギュラーシーズンはあと残り3ラウンド、3チームが僅差

レギュラーシーズンは本日より「Round 8」がスタートし、3月24日(金)、25日(土)の「Round 10」をもって全日程が終了となります。

公式サイトによる現在の順位は下記のようになっており、上位3チームが下位3チームにリードを拡げながら順位争いという展開となっています。

3/10時点での順位

  • 6勝1敗 Japan Rampage
  • 6勝2敗 Japan DetonatioN FocusMe
  • 5勝2敗 Japan Unsold Stuff Gaming
  • 2勝5敗 Japan 7th heaven
  • 2勝5敗 Japan Rascal Jester
  • 1勝7敗 Japan SCARZ

『LJL 2017 Spring Split Final』の観戦チケットは3月18時(土)12時から「ローチケHMV」サイトにて販売開始予定で、会場での当日券販売は行なわれません。現地会場観戦を希望する方は、チケット発売に合わせてスケジュールを調整しておきましょう。

より詳しくは下記の記事をご覧ください。

情報元

関連ニュース

League of Legends 日本版『League of Legends』の正式サービス開始、イベント支援プログラムの導入やドキュメンタリムービー公開を発表

lol-0

合同会社ライアットゲームズが、日本版『League of Legends』の正式サービスを本日2017年3月1日(水)より開始したことを発表しました。

日本版『League of Legends』の正式サービス開始

日本版『League of Legends』は、2016年2月4日にクローズドベータ、3月1日にオープンベータとしてサービス展開されてきました。

ライアットゲームズは、1周年となる本日より正式版へ切り替え、グローバル統一の運営方針「プレイヤー エクスペリエンス ファースト」を徹底しながら本格的なサービス展開を開始していきます。すでに正式サービスが開始されていたかのような気がしていたので、これまでのサービスがいまだにオープンベータだったことに驚きです。

今回の発表と合わせて大きなサービス変更がいきなり行なわれるわけではなく、新コンテンツの展開や、ゲームモードの開放時間・待ち時間の改善を順次実施していく予定とのこと。

また、日本法人の社長/CEOに小宮山 真司氏が就任しており、1周年に合わせたコメントを発表しています。

新展開サービス内容

  • 新規プレイヤー向けに特別に制作した新「入門ガイド」を公開
  • イベント支援プログラム「イベントファインダー」を3月中旬より開始
  • 公認スーパープレー集 「LoLカウントダウン」を3月下旬より公開
  • LoLに魅了されたプレイヤーのドキュメンタリーシリーズ「JP ONE」を3月中旬より公開

lol-1

国内イベントや大会の活性化につながる「イベント支援プログラム」に期待

個人的に一番の注目はイベント支援プログラム。イベント主催者は専用サイトを通じてイベント開催を申請し、内容審査を経て開催が承認された場合は公式サイト上の「イベントファインダー」に掲載され公認イベントとして実施が可能となります。イベントの参加希望者は「イベントファインダー」を通じて全国のイベントを検索したり、参加の申し込みを行なうことが出来るようになります。

また、大会として開催する場合には、スキンやゲーム内通貨が賞品として提供されます。サービス提供後は、コミュニティ主催の大会やイベントの開催が活性化しそうな施策で、シーンにどのような変化が起きるか非常に興味深いです。

小宮山 真司氏のコメント(ライアットゲームズ社長/CEO)

現在、世界中で支持を得ているリーグ・オブ・レジェンドは、国内では2015年よりプレイヤーテストをスタートし、2016年の2月よりクローズドβ、そして3月よりオープンβという過程を経て、この度正式版と宣言させていただく運びとなりました。

すでにプレイしてくださっている方、関係者のみなさまには改めて感謝申し上げる次第です。正式版のサービス開始に伴い、ゲーム内での大きな変更はありませんが、『プレイヤーエクスペリエンス ファースト』を第一に掲げる当社において、今回の発表は、国内の既存プレイヤーおよび新規プレイヤーにより安心してプレイしていただくためのコミットメントであると捉えています。

2016年はサーバーの安定した運営、暴言や迷惑行為、そしてチート行為を行うプレイヤーへの対応と、着実にプレイ環境を整えてまいりました。今回の宣言により、今後は、さらなるプレイヤー数の拡大を目指し、素晴らしいリーグ・オブ・レジェンドの世界を1人でも多くの方に体感していただければと思います。リーグ・オブ・レジェンドにどうぞご期待ください。

情報元

関連ニュース

League of Legends 世界一を決める公式大会『2017 League of Legends World Championship』は中国で開催、日本から最大2チーム出場の可能性あり

worlds2017

『League of Legends』公式世界大会『2017 League of Legends World Championship』の開催情報が発表されました

2017 League of Legends World Championship

『2017 League of Legends World Championship』は開催国を中国とし、2017年9月23日~11月4日にかけて武漢(プレイインステージ・グループステージ)、広州(準々決勝)、上海(準決勝)、北京(決勝)で開催されます。

今年からは形式が変更され、『League of Legends』のプロリーグが存在する全13地域から1チーム以上が必ず出場出来るようになりました。
これにより、世界一の座は13地域を代表する計24チームによって争われます。

また、16チームで行なわれる「グループステージ」の出場4枠をかけた「プレイインステージ」(12チーム出場)が「グループステージ」前に追加されています。

Worlds 2017 出場チーム - 24チーム

  • ブラジル(BR)
  • 中国(CN)
  • 独立国家共同体(CIS)
  • ヨーロッパ(EU)
  • 日本(JPN)
  • 韓国(KR)
  • 北ラテンアメリカ(LAN)
  • 南ラテンアメリカ(LAS)
  • 北アメリカ(NA)
  • オセアニア(OCE)
  • 東南アジア(SEA)
  • 台湾・香港・マカオ(LMS)
  • トルコ(TUR)

日本からは「プレイインステージ」に1チームが出場確定。
また、2017年4月28日~5月21日にブラジルで開催される『2017 Mid-Season Invitational』にて、ブラジル、独立国家共同体、北ラテンアメリカ、南ラテンアメリカ、オセアニア、東南アジア、トルコの中で最も優秀な成績となったチームに『Worlds 2017』の出場権が付与されるため、日本からは最大2チームが出場出来る可能性があります。

『2017 League of Legends World Championship』と『2017 Mid-Season Invitational』の詳細については、下記公式サイトにおける説明や図解を参照して下さい。

情報元

関連ニュース

4 / 35 ページ (全 349 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング