Negitaku.org esports > > 1 ページ

DOTA 2 ニュース アーカイブ

1 / 70 ページ (全 691 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

DOTA 2 『Dota 2』の新たなRanked Seasonがスタート、実力に合わせてランクメダルを配布

rstbblimgqx

『Dota 2』の「Ranked」マッチのリニューアルが実施され、シーズン制を採用し新たにスタートとなりました。

Seasonal Ranked Update

これまで、「Ranked」マッチには「Matchmaking Rating」(MMR)が採用され、試合の勝敗に応じてレートが約「25」ずつ増減する仕組みでした。

今回からは1シーズン(6ヶ月)という期間が設けられた他、「Ranked」マッチで勝利を重ねてランクメダルの価値(メダル7種&スター1~5個)を高めて実力を証明していくことになります。

Ranked Medal (下に行くほどランクが上)

  • Herald
  • Guardian
  • Crusader
  • Archon
  • Legend
  • Ancient
  • Divine

ranked-medal

獲得メダルは自身のプロフィールに掲載され、対戦相手やチームメイトの実力をメダル表示を通じて知ることが出来るようになります。ランクメダルはシーズン中に獲得した最高ランクのものが表示され続け、降格していくことないそうです。

メダルはDota 2の世界観に合わせた名称が採用されているようです。「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「マスター」といった方がわかりやすいですが、『CS:GO』でもこのような感じなので今後変わることは無さそうです。

情報元

DOTA 2 Dota 2プロサーキット『Perfect World Masters』が11/19(日)11時よりスタート

pfmasters

Dota 2プロサーキット対象大会『Perfect World Masters』が11/19(日)に開幕となります。

Perfect World Masters

『Perfect World Masters』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として11月19日(日)~26日(日)に中国で開催されます。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

本大会には、招待3チーム、予選通過7チームを併せた10チームが出場。
グループステージでは5チーム×2グループに別れての総当たり戦が行なわれ、各グループの上位4チームずつ・計8チームがプレーオフに進出。プレーオフはシングルイリミネーション方式トーナメントで実施され、賞金総額は30万ドル、付与ポイント総数は150となります。

出場チーム

招待

  • China Newbee - Moogy, Sccc, Kpii, Faith, Kaka
  • China LGD.Forever Young - Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • Europe Team Secret - Ace, MidOne, FATA-, YapzOr, Puppey

中国予選

  • China LGD Gaming - Ame, Maybe, fy, Victoria, Yao
  • China Vici Gaming - Paparazi灬, Ori, eLeVeN, LaNm, Fenrir

北米予選

  • United States compLexity Gaming - Chessie, Limmp, Moo, Zfreek, Kyle

南米予選

  • Brazil SG e-sports - FuckinEh, 4dr, Liposa, Bardo, Thiolicor

ヨーロッパ

  • Poland Team Kinguin - Exotic_Deer, Nisha, Patos, eL lisasH, kacor

CIS予選

  • Russia Vega Squadron - ALOHADANCE, G, AfterLife, Zayac, CemaTheSlayeR

東南アジア予選

  • Philippines Mineski - NaNa, Mushi, iceiceice, Jabz, ninjaboogie

グループステージ

Group A

  • China Vici Gaming
  • Brazil SG e-sports
  • China LGD Gaming
  • United States compLexity Gaming
  • Russia Vega Squadron

Group B

  • Philippines Mineski
  • China LGD.Forever Young
  • Poland Team Kinguin
  • China Newbee
  • Europe Team Secret

試合は明日11/19(日)の11時よりスタート予定で、下記にてストリーミング配信が行なわれる予定です。

配信ページ

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額100万ドル Dota 2プロサーキット『Galaxy Battles II Major』が2018年1月に開催

Galaxy Battles II Major

賞金総額100万ドル Dota 2プロサーキット『Galaxy Battles II Major』が2018年1月15~21日にフィリピンで開催されます。

Galaxy Battles II Major

『Galaxy Battles II Major』は『Dota 2プロサーキット』の「メジャー」ランク大会として開催されます。

Dota 2プロサーキット対象大会
プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

今大会の賞金総額は100万ドル・総付与ポイントは1,500で、全16チームが出場となります(招待8チーム、各エリア予選通過6チーム、ワイルドカード枠2チーム)。

開催情報

  • 開催日: 2018年1月15~21日
  • 会場: Philippine Arena
  • 出場チーム数: 16
  • 賞金総額: $1,000,000
  • Dota 2プロサーキットポイント: 1,500

出場チーム

招待

  • China Newbee - Moogy, Sccc, kpii, Kaka, Faith
  • Peru Infamous - Kotarō Hayama, Papita, StingeR, Scofield, Accel
  • Europe OG - n0tail, Resolut1on, s4, JerAx, Fly
  • Philippines TNC Pro Team - Raven, Kuku, Sam_H, Tims, 1437
  • China LGD.Forever Young - Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, Cr1t-, Fear
  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • 今後発表

予選

  • 北アメリカ
  • 南アメリカ
  • ヨーロッパ
  • 中国
  • 東南アジア
  • CIS
  • ワイルドカード
  • ワイルドカード

大会会場となる「Philippine Arena」は、ライブやスポーツイベントなどで使用されている多目的アリーナで、最大約5万人を収容可能とのこと。
会場レイアウトにもよりますが、フィリピンのDota 2大会としてはこれまでの大型大会に引けを取らない規模になると思われます。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2プロサーキット『AMD SAPPHIRE Dota PIT League Season 6』でTeam Liquidが優勝

dotapit

クロアチアで開催されたDota 2プロサーキット対象大会『AMD SAPPHIRE Dota PIT League Season 6』でTeam Liquidが優勝となりました。

AMD SAPPHIRE Dota PIT League Season 6

『AMD SAPPHIRE Dota PIT League Season 6』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として11月2~5日にクロアチアの「Le Méridien Lav Hotel」で開催されました。

Dota 2プロサーキット対象大会
プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

今大会には、Europe Team Liquid と China Newbeeが招待、各エリアで開催された予選を勝ち抜いた6チームを合わせた8チームが出場。8チームによるダブルイリミネーション方式トーナメントで進行されました。

決勝はTeam Liquidが2連敗からの逆転勝利
決勝は Europe Team Liquid と China Vici Gamingの対戦となり、最初の2ゲームは Europe Vici Gamingが勝利。Europe Team Liquid は後がない状況から、ガンガンとタワーを割っていくスタイルで3連続の20分台ゲームで優勝となりました。

特に3試合目は、Miracle-選手のSlarkに吸い込まれて敵が次々に溶けていく、といったような連続キルシーンがかなり印象的でした。

ファイナル

配信アーカイブ

順位

  • 1位: Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • 2位: China Vici Gaming - Paparazi灬, Ori, eLeVeN, LaNm, Fenrir
  • 3-4位: China Newbee - Moogy, Sccc, kpii, Kaka, Faith
  • 3-4位: Russia Virtus.pro - RAMZES666, No[o]ne, 9pasha, Lil, Solo
  • 5-6位: Korea Immortals - QO, MP, Forev, Febby, DuBu
  • 5-6位: Europe OG - N0tail, Resolut1on, s4, JerAx, Fly
  • 7-8位: Brazil SG e-sports - FuckinEh, 4dr, Liposa, Bardo, Thiolicor
  • 7-8位: World Fnatic - EternaLEnVy, Xcalibur, Ohaiyo, DJ, pieliedie


Dota 2 Pro Circuit チームランキング

  • 1位: Russia Virtus.pro - $500,000、2295ポイント
  • 2位: Europe Team Secret - $230,000、1440ポイント
  • 3位: Europe Team Liquid - $225,000、1350ポイント
  • 4位: World Mineski.YDB - $190,000、720ポイント
  • 5位: China Newbee - $90,000、585ポイント
  • 6位: China Vici Gaming - - 270ポイント
  • 7位: China LGD-GAMING - $52,000、201ポイント
  • 8位: United States compLexity Gaming - $30,000、90ポイント
  • 8位: United States Evil Geniuses - $30,000、90ポイント
  • 8位: Korea Immortals - $30,000、90ポイント

『Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出される方式で、今大会優勝の Team Liquidは大会前と比べて2位とのポイント差を450つめる事に成功しました。

次回は、2017年11月20~26日に中国で『Perfect World Masters』賞金総額30万ドル、総ポイント300で開催予定です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 新ヒーロー2体追加を含む『Dota 2』バージョン7.07大型アップデート「The Dueling Fates」の内容発表

dota2-update

『Dota 2』バージョン7.07大型アップデート「The Dueling Fates」の詳細が公式サイトにて発表されました。

『Dota 2』バージョン7.07大型アップデート「The Dueling Fates」

「The Dueling Fates」では、2017年8月に開催された公式世界大会『The International 2017』の会場で登場が明らかにされた2体の新ヒーローが追加される他、ゲームの内容がこれまでと大きく変わるゲームバランスの変更などの導入が実施されます。
※画像等は特設サイトでご覧ください

主な変更点

  • 新ヒーロー「Dark Willow」(上記画像左)と「Pangolier」(右)を追加
  • Rankedゲームに6ヶ月間のシーズン制を採用。シーズン中に獲得した最大MMR(マッチメイキングレーティング)に合わせてメダルが付与される。メダルは7種類×星5段階で成績評価される
  • 115ヒーローのスキル、タレント、アイテムのビルドを作成して公開出来る「ガイドシステム」をアップデート
  • ゲームを手短かつカジュアルに楽しめる「Turbo Mode」導入。All Pick方式、獲得ゴールドと経験値増量、壊れやすいオブジェクト(タワー等)、短いリスポーン時間等を採用。
  • 「Ability Draft」モードに新しいユーザーインターフェースを採用。これまで使えなかった15ヒーローのアビリティを追加
  • ヒーロー「Ancient Apparition」のモデルをリワーク
  • Pingホイールによるチーム内コミュニケーションを強化
  • 新アイテム追加
  • アイテム、ヒーロー、タレントのリワーク実施

気になる変更点

  • マップのレイアウトが若干変更
  • All Pickモードでのヒーロー選択順が「A-B-A-B-A-B-A-B-A-B」から「A-BB-AA-BB-AA-B」に変更
  • デイリーヒーローとして10体が毎日選ばれ、そのヒーローを使用するとボーナスとして「Mango」アイテムを無料でもらった状態でスタートできる
  • マップ内のオブジェクトに移動できる「Town Portal Scroll」を全員1つずつもった状態でゲームスタート。
  • アイテムを運んでくれる「Courier」の購入価格が100から200に値上げ。ただし、「Flying Courier」の購入が必要なくなり、ゲーム開始から3分で自動アップデートされるようになった
  • サイドショップの販売アイテム変更
  • Observer Ward、Smoke of Deceit、Tango(4個125Gから5個150G)が値上げ
  • Creepの経験値等いろいろ変更

「Necrophos」「Pugna」「Venomancer」「Spirit Breaker」など強さが目立っていたヒーローは弱体化調整されていました。

より詳しくは下記特設サイトでの変更点リストをご覧ください。

アップデートはまだ適用されていませんが、10/30付けの公式ブログ記事に「Today the Dueling Fates collide, as two new heroes—Dark Willow & Pangolier—join the battle of the Ancients.」という記載があるので、もうすぐリリースされることを期待しても良さそうです。

『Dota 2』の2017-2018競技シーズン「Dota 2 Pro Circuit」が10月よりスタートしたばかりですが、早速の大型アップデート導入で今後の勢力図にも影響がありそうです。

情報元

DOTA 2 賞金総額100万ドルのDota 2大会『ESL One Hamburg 2017』でVirtus.proが優勝

ESL One Hamburg 2017

Dota 2メジャー大会『ESL One Hamburg 2017』で Russia Virtus.proが優勝となりました。

ESL One Hamburg 2017

『ESL One Hamburg 2017』は『Dota 2プロサーキット』の「メジャー」ランク大会として10月26~29日にドイツで開催されました。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

今大会の総ポイント数は1,500で、優勝した Russia Virtus.proは750ポイントを獲得。これまで「マイナー」大会でポイントを加勢できたチームを一気に抜き去り単独首位となりました。

順位・賞金・ポイント付与

  • 1位: Russia Virtus.pro - $500,000 + 750pt
  • 2位: Europe Team Secret - $200,000 + 450pt
  • 3-4位: Europe Team Liquid - $90,000 + 150pt
  • 3-4位: China Newbee - $90,000 + 150pt
  • 5-6位: United States Evil Geniuses - $40,000
  • 5-6位: China Keen Gaming - $40,000
  • 7-8位: World Fnatic - $20,000
  • 7-8位: Brazil SG e-sports - $20,000

出場チーム

招待

  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • China Newbee - Moogy, Sccc, Kpii, Faith, Kaka

ヨーロッパ予選通過

  • Europe Team Secret - Ace, MidOne, Fata, YapzOr, Puppey

CIS予選通過

  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, No, 9pa, Lil, Solo

中国予選通過

  • China Keen Gaming - zhizhizhi, Yíng, dark, yftx, Rong,

東南アジア予選通過

  • World Fnatic - EternaLEnVy, Xcalibur, Ohaiyo, DJ, pieliedie

アメリカ予選通過

  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, Cr1t-, Fear

南アメリカ予選通過

  • Brazil SG e-sports - FuckinEh, 4dr, Liposa, Bardo, Thiolicor

プレーオフ

ファイナル

セミファイナル

  • Europe Team Secret [2-1] United States Team Liquid
  • Russia Virtus.pro [2-1] China Newbee

グループステージ

Group A

  • Europe Team Secret [プレーオフ進出]
  • China Newbee [プレーオフ進出]
  • United States Evil Geniuses
  • World Fnatic

Group B

  • Russia Virtus.pro [プレーオフ進出]
  • Europe Team Liquid [プレーオフ進出]
  • China Keen Gaming
  • Brazil SG e-sports

Dota 2 Pro Circuit チームランキング

  • 1位: Russia Virtus.pro - $500,000、2,250ポイント
  • 2位: Europe Team Secret - $230,000、1,440ポイント
  • 3位: United States Team Liquid - $225,000、900ポイント
  • 4位: World Mineski.YDB - $190,000、720ポイント
  • 5位: China Newbee - $90,000、450ポイント
  • 6位: China LGD-GAMING - $65,000、201ポイント
  • 7位: Korea Immortals - $30,000、90ポイント
  • 7位: United States compLexity Gaming - $30,000、90ポイント
  • 7位: United States Evil Geniuses - $30,000、90ポイント

『Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出される方式で、今大会優勝の Russia Virtus.proが一気に1位に。2位の Europe Team Secret もこれまで1位のWorld Mineski.YDBを抜き去ったほか、継続してプロサーキットに出場し入賞を果たしている United States Team Liquidが3位となっています。

2017年11月のプロサーキット予定

  • 2017年11月2~5日 - Dota PIT League Season 6、賞金総額30万ドル、総ポイント300
  • 2017年11月20~26日 - Perfect World Masters、賞金総額30万ドル、総ポイント300

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額100万ドルのDota 2大会『ESL One Hamburg 2017』が10/26~29に開催、最新メルセデスベンツが当たるMVP予想キャンペーンも実施

ESL One Hamburg 2017

Dota 2メジャー大会『ESL One Hamburg 2017』がスタートしています。

ESL One Hamburg 2017

『ESL One Hamburg 2017』は『Dota 2プロサーキット』の「メジャー」ランク大会として10月26~29日にドイツで開催されます。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

メルセデスベンツが当たるMVP予想キャンペーン

ドイツの自動車メーカー「メルセデスベンツ」は2017年に世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』とのスポンサー契約を締結しました。

これにより、今大会のMVPを予想し見事に的中させた1人に、€50,000相当(約667万円, 1ユーロ=133.57円)の最近メルセデスベンツが贈られるキャンペーンが実施されます。

投票ページ

賞金・ポイント付与

  • 1位: $500,000 + 750pt
  • 2位: $200,000 + 450pt
  • 3-4位: $90,000 + 150pt
  • 3-4位: $90,000 + 150pt
  • 5-6位: $40,000
  • 5-6位: $40,000
  • 7-8位: $20,000
  • 7-8位: $20,000

出場チーム

招待

  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • China Newbee - Moogy, Sccc, Kpii, Faith, Kaka

ヨーロッパ予選通過

  • Europe Team Secret - Ace, MidOne, Fata, YapzOr, Puppey

CIS予選通過

  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, No, 9pa, Lil, Solo

中国予選通過

  • China Keen Gaming - zhizhizhi, Yíng, dark, yftx, Rong,

東南アジア予選通過

  • World Fnatic - EternaLEnVy, Xcalibur, Ohaiyo, DJ, pieliedie

アメリカ予選通過

  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, Cr1t-, Fear

南アメリカ予選通過

  • Brazil SG e-sports - FuckinEh, 4dr, Liposa, Bardo, Thiolicor

グループステージ

Group A

  • United States Evil Geniuses
  • World Fnatic
  • China Newbee
  • Europe Team Secret

Group B

  • China Keen Gaming
  • Europe Team Liquid
  • Brazil SG e-sports
  • Russia Virtus.pro

グループステージはダブルイリミネーション方式トーナメントで進行され、各グループの上位2チームがプレーオフに進出となります。

ストリーミング配信

ESL TVでは、Znipe.tvのシステムを採用しマルチビューでの観戦が可能となります。

試合スケジュール (日本時間)

  • 10/26(木)23:00 China Newbee [vs] World Fnatic
  • 10/27(金)00:10 United States Evil Geniuses [vs] Europe Team Secret
  • 10/27(金)01:20 Europe Team Liquid [vs] Brazil SG e-sports
  • 10/27(金)02:30 Russia Virtus.pro [vs] China Keen Gaming

メディアデーにチームカスタムデザインのメルセデスベンツが登場

メディアデーは、大会スポンサーのメルセデスベンツ車輌に各チームのオリジナルカスタムデザインを採用したモデルが登場しました。
写真は以下で見ることができます。





情報元

関連ニュース

DOTA 2 『ROG Masters 2017 APAC Regional Qualifier』Dota 2部門に日本Scarusが出場、10/26(木)15時、17時頃に試合予定

ROG Masters 2017

10月26日(木)より開幕するDota 2『ROG Masters 2017 APAC Regional Qualifier』に Japan Scarusが出場します。

ROG Masters 2017 APAC Regional Qualifier

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

大会は「フェーズ1」各国予選、「フェーズ2」地域予選、「フェーズ3」地域予選ファイナル、「フェーズ4」世界本戦の4段階にわかれています。

今回、フィリピンの「SMX Convention Center」では10/26(木)、27(金)に「フェーズ2」地域予選、10/28(土)、27(日)に「フェーズ3」地域予選ファイナルが実施されます。

「フェーズ2」地域予選には、各国の予選を勝ち抜いた16チームが参加。優勝チームが「フェーズ3」地域予選ファイナルの出場権を得ることが出来ます。

日本からは日本予選で優勝した Japan Scarus が日本代表として出場します。

大会の公式情報が出ていないため、以下はLiquipediaと海外eスポーツサイトの仲間にもらったスケジュール表を元に掲載しています。

Thank you @flam3zcsgo

出場チーム

  • Taiwan SaintBang
  • Malaysia HighGround - Lance, ddz, FelixCiaoBa, MoZuN, MtR
  • Thailand Aggressive Slayer - Tor_2000, NeverMine, Masaros, Seonhwa, ArrowIce, Guardians
  • Philippines InterActive
  • Indonesia Rex Regum Qeon - ilLogic, Yabyoo, KoaLa, Xepher, Acil
  • Viet Nam Vikings Gaming
  • Japan Scarus - homehome.jp, toyomaru, ume, Xym, zeto
  • Singapore Desert Tiger
  • Australia Skatemasters
  • India Signify - BlizzarD, Crowley, Skemberlu, No_Chanc3, Owa
  • Mongolia Nomadic - Bell, Megaton, Baajgai, Greed, Hustla
  • Viet Nam 496 Gaming - TenGu, DiaL, Kira, CorGi, Magical

Liquipediaには13チーム掲載、もらったスケジュールリストには12チームが記載されていますが一部のチームが一致していませんでした。繰り上げ出場になったチームがあるようで、調べながらリスト化したのが上記になります。

グループステージ

Group A

  • Viet Nam 496 Gaming
  • Japan Scarus
  • Malaysia HighGround

Group B

  • Philippines InterActive
  • Mongolia Nomadic
  • Singapore Desert Tiger

Group C

  • Australia Skatemasters
  • Indonesia Rex Regum Qeon
  • Viet Nam Vikings Gaming

Group D

  • India Signify
  • Thailand Aggressive Slayer
  • Taiwan SaintBang

各グループの上位2チームが、シングルイリミネーション方式トーナメントで実施されるプレーオフに進出します。

日本代表試合スケジュール (日本時間)

  • Japan Scarus [Lose-Win] Viet Nam 496 Gaming [DOTABUFF]
  • Japan Scarus [Lose-Win] Malaysia HighGround [DOTABUFF]

23:02追記
Japan Scarusは残念ながら2敗となり予選通過はなりませんでした。

1ゲーム目のViet Nam 496 Gaming戦は開幕ルーン巡る攻防からのファーストブラッドやMid Gankなどでキルを重ね順調な展開でしたが、敵Visageの立ち回りやチームとしての連携が非常に上手く徐々に試合の主導権を奪われ後半は太刀打ちが難しい状態となってしまいました。

2ゲーム目のMalaysia HighGround戦は、後半に強い Japan Scarus、前半に強い Malaysia HighGround というようなヒーローピックで個人的に相性としてはJapan Scarus側が有利かなという印象がありました。Japan Scarusは序盤から積極的にヒーローキルを狙うMalaysia HighGroundの流れに飲み込まれるような形となり開始10分で10キル以上を取られるなど全レーンがかなり厳しい状況に。立て直しを狙うもMalaysia HighGroundが圧倒敵有利な状況から発見されるとなすすべなく倒され、完敗といった結果となってしまいました。

Dota 2の配信では、マラカップ主催者の@maradota2さんが実況を行なう予定です。

日本予選の際は、以下のTwitchチャンネルで配信が行なわれていました。こちらで配信されるかが確定されていないため、上記ESLやマラさんのTwitterもチェックしてみてください。

※Dota 2の配信は下記のURLとなります

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2プロサーキット『Captains Draft 4.0』が2018年1月に開催、唯一の「Captains Draft」モード採用で実施

Captains Draft 4.0

賞金総額30万ドルのDota 2プロサーキット対象大会『Captains Draft 4.0』が新年早々の2018年1月4~7日にアメリカで開催されます。

Captains Draft 4.0

『Captains Draft 4.0』はDota 2プロサーキットの「マイナー」ランク大会として開催されます。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

本大会は賞金総額30万ドル、総ポイントは150となり、招待チーム United States Evil Geniuses、Europe Team Secret と、6エリアで開催される予選を勝ち抜いた6チームを併せた計8チームが出場します。

出場チーム

  • United States Evil Geniuses
  • Europe Team Secret
  • 北アメリカ予選通過チーム
  • 南アメリカ予選通過チーム
  • ヨーロッパ予選通過チーム
  • CIS予選通過チーム
  • 中国予選通過チーム
  • 東南アジア予選通過チーム

ゲームモードはヒーロープールが限られた「Captains Draft」

通常、Dota 2の競技シーンは全113ヒーローを対象にドラフトでお互いの使用ヒーローを決定する「Captains Mode」で実施されますが、『Captains Draft 4.0』では大会の名称通り「Captains Draft」モードで実施されます。

「Captains Draft」では「Techies」を除いた全ヒーロープールから「Strength」「Agility」「Intelligence」を9体ずつランダムに選出し、この全27ヒーローを対象にドラフトを実施します。今シーズンの『Dota 2プロサーキット』で「Captains Draft」を採用するのは本大会のみとなります。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2プロサーキット『PGL Open Bucharest』で東南アジアMineskiが優勝

PGL Open Bucharest

賞金総額30万ドルのDota 2プロサーキット大会『PGL Open Bucharest』で Philippines Mineskiが優勝しています。

SL i-League Invitational Season 3

『PGL Open Bucharest』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として、ルーマニアのブカレストで開催されました。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

大会には招待チーム United States Evil Geniuses、China LGD Gaming と、6エリアで開催された予選を勝ち抜いた6チームを併せた、計8チームが出場。

4チーム×2グループに別れての予選グループを経て、4チームが決勝トーナメントに進出し、ファイナルは China LGD Gamingと World Mineskiの対戦となり、World Mineskiが2-0で勝利。『SL i-League Dota 2 Invitational Season 3』準優勝に続いて、ポイントを獲得しました。

順位

  • 1位: World Mineski - $130,000、150ポイント
  • 2位: China LGD Gaming - $65,000、90ポイント
  • 3-4位: Korea Immortals - $30,000、30ポイント
  • 3-4位: United States Evil Geniuses - $30,000、30ポイント
  • 5-6位: Europe Team Secret - $15,000
  • 5-6位: China VGJ.Thunder - $15,000
  • 7-8位: Peru Infamous - $7,5000
  • 7-8位: Ukraine Natus Vincere - $7,5000

出場チーム

  • United States Evil Geniuses - Arteezy, SumaiL, Universe, Cr1t-, Fear
  • China LGD Gaming - Ame, Maybe, fy, Yao, QQQ
  • Korea Immortals - QO, MP, Forev, Febby, DuBu
  • Peru Infamous - Kotarō Hayama, Papita, StingeR, Scofield, Accel
  • Europe Team Secret - Ace, MidOne, FATA-, YapzOr, Puppey
  • Ukraine Natus Vincere - Crystallize, Dendi, GeneRaL, RodjER, SoNNeikO
  • World Mineski - NaNa, Mushi, iceiceice, Jabz, ninjaboogie
  • China VGJ.Thunder - Sylar, Freeze, Yang, Fade, Ayo

ファイナル

大会動画アーカイブ

Dota 2 Pro Circuit チームランキング

  • 1位: World Mineski.YDB - $190,000、720ポイント
  • 2位: Europe Team Liquid - $135,000、450ポイント
  • 3位: China LGD-GAMING - $65,000、201ポイント
  • 4位: Korea Immortals - $30,000、90ポイント
  • 4位: United States Evil Geniuses - $30,000、90ポイント
  • 4位: United States compLexity Gaming - $30,000、90ポイント
  • 4位: Europe Team Secret - $30,000、90ポイント

『Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出され、現在はWorld Mineskiが2位に270ポイント差を付けて単独首位となっています。

スケジュール・ランキング

次回は、2017年10月26~29日にメジャー大会『ESL One Hambur 2017』が開催されます。
こちらは賞金総額100万ドル・総ポイント1,500となっており、優勝すると750ポイントを獲得できるため優勝すれば Mineskiを上回ることになります。

情報元

関連ニュース

1 / 70 ページ (全 691 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング