Negitaku.org e-Sports > > 1 ページ

DOTA 2 ニュース アーカイブ

3 / 59 ページ (全 582 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

DOTA 2 韓国プロチームMVPが4つ目のDota 2チームを設立、キルギスNoLifer5.Rebornのメンバーと契約

MVP

韓国プロチーム Korea MVPが4つ目のDota 2チーム Kyrgyzstan MVP Revolutionの設立を発表しました。

MVPが4つ目のMVP Revolutionの設立を発表しました。

MVPのFelix "JeeF" Jedelhauser氏の発表によると、MVPが契約したのはキルギスの Dota 2チーム Kyrgyzstan NoLifer5.Rebornのメンバー達です。

同チームは2016年11月に韓国で開催された『World Electronic Sports Games(WESG) 2016 Asia Pacific Finals』にて準優勝となり、2017年1月12~15日に中国で行なわれる本戦の出場権を獲得。Kyrgyzstan MVP Revolutionの新チーム名で同大会に出場を予定しています。

MVP Revolution

  • Kyrgyzstan Bektur "Runec" Kulov (Carry)
  • Kyrgyzstan Duulat "StormC4t-" Subankulov (Mid)
  • Kyrgyzstan İlgiz "NapaleoshQa" Djunuşaliev (Offlane)
  • Kyrgyzstan Džoni "Blizzy" Ri (Support)
  • Kyrgyzstan Bakyt "Zayac" Emilzhanov (Support)

Korea MVPは Kyrgyzstan MVP Revolutionの他にも Korea MVP Phoenix、Korea MVP HOT6ix、Korea MVP Aegisという3つのDota 2部門を保有しています。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 中国EHOMEが2017年のDota 2部門メンバーを発表、4名を入れ替え

EHOME

China EHOMEが2017年のDota 2部門メンバーを発表しました。

EHOMEが2017年のDota 2部門メンバーを発表

China EHOMEは2015年からチームに所属する China old chicken 選手を残し、元Vici GamingのCty選手、そして姉妹チームから3選手を迎えた新体制を明らかにしました。

メンバーは下記のようになっています。

EHOME

  • China Chen "Cty" Tianyu (Carry, ex-Vici Gaming)
  • China Wang "old chicken" Zhiyong (Mid)
  • China Hu "Guvara" Sen (Offlane, ex-EHOME.Luminous)
  • China Wang "Xi" Zhiyong (Support, ex-EHOME.Keen)
  • China Jiang "jdh" Donghao (Support, ex-EHOME.Keen)
  • China Ren "eLeVeN" Yangwei (Sub)

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Natus VincereがDota 2部門2017年のロスターを発表、4ヶ国の選手で構成された国際チームに

navi

Ukraine Natus VincereがDota 2部門2017年のロスターを発表しました。

Natus VincereがDota 2部門2017年のロスターを発表

Ukraine Natus Vincereは2017年11月に Ukraine Danil "Dendi" Ishutin選手、Ukraine Viktor "GeneRaL" Nigrini 選手を中心に新たなチーム作りを行なうことを発表しました。

チームはこれまで、ウクライナ・ロシアなどCISエリアの選手を中心にメンバーを構成していましたが、今回はコアメンバー以外はすべてヨーロッパの選手が採用されました。契約期間は1年間となります。

Natus Vincere Dota 2

  • Ukraine Danil "Dendi" Ishutin (Mid)
  • Ukraine Viktor "GeneRaL" Nigrini (Offlane)
  • Sweden Per Anders Olsson "Pajkatt" Lille (Carry, 元Digital Chaosコーチ)
  • Germany Roman "rmN-" Paley (Support, 元Fantastic Five)
  • Denmark Malthe "Biver" Winther (Support, 元Prodota Gaming)

Yevgeniy "HarisPilton" Zolotarov 氏のコメント(Natus Vincere, eSports Director )

新たなメンバーを探していた時、チームの目標は単純に強力な選手を見つけることではありませんでした。Dota 2への情熱に加えて、個人的な資質、ゲームや実生活におけるコミュニケーションに多くの注意を払いました。その結果、下記の3名と契約に至りました。

Pajkattはチームのキャプテン、ドラフター、キャリーを担当します。十分にテストする時間があり、彼が真のリーダーで素晴らしいプレーだけでなく知的なプレーヤーであることが証明されました。彼はプロとしてのキャリアにおいて実績を残せていないため、自身の実力を証明する必要があります。彼が私たちの期待に応え、Natus Vincereで多くのタイトルを獲得することを確信しています。

また、私たちは4番のサポートポジションをかなり前から決めていました。ドイツのrmN-選手が新たなチームでプレーします。彼はテストゲームにおいて素晴らしいパフォーマンスを発揮しました。彼もPajkatt選手と同じく、自身の力を証明する必要があります。rmN-選手は非常に広いヒーロープール、経験、チームワークに必要な個人的資質を兼ね備えています。彼がNatus Vincereで全てのポテンシャルを発揮してくれると信じています。

5番目のサポートポジションとなるBiver選手は、Pajkatt選手やrmN-選手ほどの経験はありません。しかしながら、彼は非常にオープンでポジティブな性格と素晴らしいマイクロ操作を持つ信頼出来るプレーヤーです。彼が実生活、ゲームのどちらにおいても素晴らしいチームメイトになることは疑いようがありません。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『Dota 2 Asia Championships』が2017年に中国・上海で開催

Dota 2 Asia Championships

『Dota 2 Asia Championships』が2017年に中国・上海で開催されることがDota 2公式Twitterアカウントの投稿で明らかとなりました。

Dota 2 Asia Championships

いまのところわかっている情報は、来年に上海で開催されることのみとなっており、詳細については不明な状況です。

『Dota 2 Asia Championships』は2015年1月末~2月にかけて中国で開催されました。
この時は招待8チーム、「アジア」「ヨーロッパ」「アメリカ」「ワイルドカード」予選を通過した8チームの計16チームが参加し、賞金総額は約300万ドルでした。

詳細な情報が発表されたらまたご紹介したいと思います。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2大会『第二回マラカップ OYSTER MAJOR 2017』が2017年2月18~19日に開催、アートコンテストも実施

maracup2

コミュニティ主催のDota 2大会『第二回マラカップ OYSTER MAJOR 2017』が2017年2月18~19日に開催されます。

第二回マラカップ OYSTER MAJOR 2017

『第二回マラカップ OYSTER MAJOR 2017』は、「出場すると牡蠣がもらえる」(※主催者が牡蠣漁師のため)ことで世界的に話題となった「マラカップ」の第2回大会として実施されます。

開催情報

  • 開催日: 2017年2月18日(土)、19日(日) 両日とも19時より
  • 参加登録期間: 2017年1月21日(土)~2月4日(土)
  • トーナメント表発表: 2017年2月5日(日)または6日(月)
  • 出場チーム数: 32チーム
  • トーナメント形式: シングルイルミネーション方式

牡蠣とDOTA2コラボアートコンテスト

今大会では、「牡蠣とDOTA2コラボアートコンテスト」と題された予想外のコンテストが実施されます。
Dota 2に登場するヒーローやアイテムと牡蠣を関連させたイラストの募集が開始されており、優秀賞(1名)に輝いた作品は、イラストTシャツ10枚が作成されます。
また、応募者全員に牡蠣がプレゼントされるとのこと。

締め切りは2017年1月28日まで。応募方法やサイズ規定などについては、牡蠣の大会特設サイトで確認してください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額30万ドル Dota 2『SL i-League StarSeries Season 3』が2017年2月23~26日に中国・上海で開催

SL i-League StarSeries Season 3

賞金総額30万ドルのDota 2大会『SL i-League StarSeries Season 3』が2017年2月23~26日に中国・上海で開催されます。

SL i-League StarSeries Season 3

『SL i-League StarSeries Season 3』には招待チームおよび「ヨーロッパ」「アメリカ」「アジア」「中国」の4エリアで開催される予選を勝ち抜いた8チームが出場して実施されます。

開催情報

  • 開催日程: 2017年2月23~26日
  • 開催地: Shanghai International Gymnastic Center (中国・上海)
  • 賞金総額: $300,000

出場チーム

  • 中国×2チーム
  • ヨーロッパ×2チーム
  • アメリカ×1チーム
  • アジア×1チーム
  • 主催者招待×2チーム

全てのエリア予選には誰でも出場可能な「オープン予選」が設けられます。
アジアエリアのチームは下記から出場登録を行なうことが出来ます。

リンク先の記載がロシア語だったので翻訳サイトを通してみたところ、こちらの開催日程は12月24日、25日となるようです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2大型アップデート「7.00 UPDATE THE NEW JOURNEY」が2016年12月12日にリリース

Dota 2 - 7.00

Dota 2の大型アップデート「7.00 UPDATE THE NEW JOURNEY」がアメリカ時間の2016年12月12日にリリースされます。

7.00 UPDATE THE NEW JOURNEY

『Dota 2』は2011年1月に前作に続くタイトルとして「6.70」がリリースされ、現在の最新バージョン「6.88f」まで細かくバージョンアップが継続されてきました

今回新たにリリースされる「7.00」アップデートでは、新ヒーロー追加、インターフェースやマップレイアウトの変更、アイテムやヒーローのバランス調整、レベルアップテーブル、獲得スキルの変更など大幅な変更が実施されます。

内容が膨大なので、下記ではかいつまんで紹介します。

ムービーでのまとめは以下のリストがオススメです。

新ヒーローモンキーキング追加

木を飛び移ったり、マップ内のオブジェクト(木、ルーン、落ちているアイテムなど)に変身してだまし討ちできる

新たなインターフェースの採用

ゲーム内インターフェースの変更。ショップ、クーリエ、ステータス、画面上部のヒーローミニバーなど多岐にわたる。

ゲーム開始前のヒームーピック画面変更、作戦タイムを追加

  • ピック画面のフィルタ機能を強化し、ヒーロー選択が容易に
  • ピック画面にチーム構成のバランスステータス表示を追加
  • チーム構成に合わせた、使用ヒーローのオススメ追加
  • ゲーム前に30秒の作戦タイム追加。味方・敵のレーン配置や初期のワード設置箇所をミニマップで共有したり、購入するアイテムを伝えることが可能

詳細は以下。

新たなゲームプレー

レベル

  • Ultimateスキル覚えるレベルが6、12、18になった(これまでは6、11、16)
  • レベルごと(10、15、20、25)に能力アップが可能となった。これまではステータス数値のアップだったが、「7.00」からはレベルおよびヒーロー毎に用意されている2つの能力から好きな方を選択する(画像はCrystal Maidenの場合)。
    sample
  • レベルアップするのに必要な経験値の配分が変更された。「7.00」では最高の25に到達するまでに必要な経験値は、これまでの23レベル相当となった(共に27,500)。※つまり、レベルが上がりやすくなった(6.X系のレベル25には32,400経験値が必要だった)
  • レベルごとに設定された生き返るまでの必要時間が短縮された(ただし25レベルはこれまでと同じく100秒)
  • ヒーローキル時の獲得ゴールドおよび経験値、死亡時のゴールドロスの数値・計算式が変更された

BackpPack(バックパック)

  • 各ヒーローがバックパックに追加で3つのアイテムを入れて移動出来るようになった
  • バックパック内のアイテムを使用したりオーラ効果を得ることは出来ない
  • Gem, Rapier, Bloodstone, Aegisはパックパックにいれることはできない
  • バックパック内のアイテムはショップ近くかつ、インアクティブタイマーの制限がかかっていない状態であればいつでもメインインベントリと入れ替えや合成ができる

マップ変更

  • 最強のナチュラルクリープ「Roshan」の位置がボトムルーン付近からからトップルーン付近に変更された
  • 「Shrine(礼拝堂)」が各チームの「Secret Shop」や「Ancient Camp」付近に合計5つ追加された
  • 「Shrine」からテレポートしてマップ上を移動することが可能
  • 「Shrine」右クリックしてアクティブにすることで近くのヒーローにオーラ(120HP、40MP回復)を付与。使用すると、次に効果を発動させるまでま5分のクールダウンが必要。
  • 川には「パワーアップルーン」のみが出現するようになった (ゲーム開始直後は出現なし)
  • 「バウンティルーン」はジャングル内に2分おきに出現するようになった (ゲーム開始直後から出現)
  • ジャングル内のルート等をリワークした
  • プライマリジャングル内 (Ancient×1, Hard ×2, Mediump×2、Small×1)
  • セカンダリジャングル (Ancient×1, Hard ×1, Mediump×1)
  • マップ上の移動可能なルート、ワードの設置箇所をリワークした
  • ナチュラルクリープの出現時間を変更した (0:30/1/2/3/4/etc→0:30/1/3/5/7/etc)
  • 新しい「Ancient Neutral Camp」を追加 (Prowler Acolytes×2、Prowler Shaman×1)
  • Town Portal Scrollを使用した時に付近の木をなぎ倒さなくなった
  • Tier4 のタワーは 3HP/秒の回復能力を持つようになった

その他

  • コミュニティ製Botと対戦が可能に
  • Slardar, Viper, Enigmaのモデルデザインを変更した

この他にもヒーロー、アイテム、タワーなどに様々な調整が行なわれています。
より詳しくは、下記アップデートの特設サイトをご覧ください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額300万ドル Dota 2『The Boston Major 2016』でOGが優勝、3つ目のメジャータイトルを獲得

The Boston Major 2016

賞金総額300万ドルのDota 2『The Boston Major 2016』で Europe OGが優勝となりました。

The Boston Major 2016

『The Boston Major 2016』は2016~2017年シーズン最初の公式メジャー大会として、賞金総額300万ドルにて開催。

大会には、招待8チーム、地域予選通過8チームを合わせた16チームが出場。2016年12月3日(土)~4日(日)に4チーム×4グループに分れてのグループステージが実施され、この結果を元にメインイベントのトーナメント組わあわせが決定されました。

決勝まで勝ち進んだのは優勝候補の一角 Europe OGと、ヨーロッパ予選から勝ち上がってきた Greece Ad Finemの2チーム。

この組み合わせはかなり予想外でしたが、Europe OGが3-1で Greece Ad Finem を下し、『The Frankfurt Major 2015』『The Manila Major 2016』に続く3つ目のメジャータイトルを獲得となりました。

Europe OG はゲーム全体を通じてチームとしての動きが非常に優れていた印象でした。

ファイナル1番の見せ場はGame3決着シーン Greece Ad Finemによるバックドアが炸裂

Game 3はGreece Ad Finemが唯一 Europe OG に一矢報いた試合でした。

お互い激しい交戦を繰り広げた70分を超えるロングゲームとなり、流れ的にはGreece Ad Finemは敵陣にあと数発攻撃を加えれば勝利という状況でしたが、4人を倒されてします。

Europe OGとしてはほっと一息つきつつ、自陣のクリープを一掃して敵陣に乗り込むぞ、という流れ。その時、1人生き残っていた Greece Ad Finemの Greece Maybe Next Time選手が冷静にひっそりと敵陣近くに隠れ、Europe OGが攻めに転じようというタイミングを見計らって所有アイテムの能力を使って透明となり、一気に Europe OG の本陣へと接近。妨害を受けながらも数発の攻撃を敵陣に叩き込むというスーパープレーで本陣を破壊し、見事に勝利をもぎ取りました。

この必見シーンは、以下から見ることができます。

Game3 ラストシーン

賞金 - $3,000,000

  • 1位: Europe OG - $1,000,000
  • 2位: Greece Ad Finem - $500,000
  • 3-4位: United States Evil Geniuses - $250,000
  • 3-4位: United States Digital Chaos - $250,000
  • 5-8位: Russia Virtus.pro - $125,000
  • 5-8位: Malaysia WarriorsGaming.Unity - $125,000
  • 5-8位: China LGD.Forever Young - $125,000
  • 5-8位: United States Team NP - $125,000
  • 9-16位: China Wings Gaming - $62,500
  • 9-16位: China Newbee - $62,500
  • 9-16位: China EHOME - $62,500
  • 9-16位: China LGD Gaming - $62,500
  • 9-16位: Korea MVP Phoenix - $62,500
  • 9-16位: United States compLexity Gaming - $62,500
  • 9-16位: China iG Vitality - $62,500
  • 9-16位: Singapore Team Faceless - $62,500

出場チーム

招待チーム

  • China Wings Gaming - shadow, bLink, Faith_bian, y`, iceice
  • United States Digital Chaos - Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • China Newbee - uuu9, Sccc, kpii, Faith, Kaka
  • China EHOME - Sylar, old chicken, eLeVeN, LaNm, Garder
  • China LGD Gaming - Ame, Maybe, Jixing, Xz, Victoria
  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Korea MVP Phoenix - Forev, QO, Velo, Febby, DuBu

予選通過

  • United States Team NP - Aui_2000, EternaLEnVy, MSS, SVG, 1437
  • United States compLexity Gaming - Moo, canceL^^, monkeys-forever, Zfreek, melonzz
  • China LGD.Forever Young - END, Super, Yao, xiao8, DDC
  • China iG Vitality - Yuno, Sakata, InJuly, BurNIng, Q
  • Greece Ad Finem - Madara, ThuG, SkyLark, Maybe Next Time, SsaSpartan
  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, Noone, 9pasha, Lil, Solo
  • Singapore Team Faceless - Black^, Jabz, iceiceice, xy-, NutZ
  • Malaysia WarriorsGaming.Unity - Ahjit, NaNa, KaNG, Ahfu, xNova-

プレーオフ

ファイナル

  • Europe OG [3-1] Greece Ad Finem

アーカイブ

DOTABUFF

グループステージ

Group A

  • 1位: United States Digital Chaos
  • 2位: China Wings Gaming
  • 3位: Malaysia WarriorsGaming.Unity
  • 4位: China LGD.Forever Young

Group B

  • 1位: Russia Virtus.pro
  • 2位: China Newbee
  • 3位: United States Team NP
  • 4位: Korea MVP Phoenix

Group C

  • 1位: China LGD Gaming
  • 2位: United States compLexity Gaming
  • 3位: United States Evil Geniuses
  • 4位: Singapore Team Faceless

Group D

  • 1位: Europe OG
  • 2位: China EHOME
  • 3位: China iG Vitality
  • 4位: Greece Ad Finem

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2メジャー大会『The Kiev Major』が2017年4月20~23日にウクライナで開催

The Kiev Major

Dota 2メジャー大会『The Kiev Major』が2017年4月20~23日にウクライナで開催されます。

The Kiev Major

現在、アメリカにて『The Boston Major 2016』が2016~2017年シーズン最初の公式メジャー大会として賞金総額300万ドルで開催中です。

これに続く2番目のメジャー大会『The Kiev Major』が、2017年4月20~23日にウクライナで実施されます。運営は、ボストン大会とな同じく『PGL』が担当となります。

これ以上の情報はいまのところ発表されていませんが、賞金総額300万ドル、誰でも出場可能なオープン予選ありの地域予選を経て、16チームが本戦に出場となるこれまでのフォーマットで行なわれると予想されます。

また、現在Dota 2の公式展開として『BATTLE CUP FALL 2016』が進行しており、こちらの成績優秀チームが各エリアで行なわれる地域予選に招待されるという仕組みが用意されています。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額300万ドルのDota 2メジャー大会『The Boston Major 2016』本戦が12/8(木)0時より開催

The Boston Major 2016

Dota 2大会メジャー大会『The Boston Major 2016』Main Eventが日本時間の12月8日(木)0時からスタートします。

The Boston Major 2016

『The Boston Major 2016』は2016~2017年シーズン最初の公式メジャー大会として、賞金総額300万ドルにて開催されています。

大会には、招待8チーム、地域予選通過8チームを合わせた16チームが出場し、2016年12月3日(土)~4日(日)に4チーム×4グループに分れてのグループステージが実施されました。。

12/8(木)からスタートするメインイベントはシングルイルミネーション方式トーナメントで開催。トーナメントの対戦組み合わせは、グループステージの順位を元に決定されています。

開催情報

日程 (現地)

  • Group Stage - 2016年12月3日(土)~4日(日)
  • Main Event - 2016年12月7日(水)~10日(土) - 会場: Wang Theatre

賞金 - $3,000,000

  • 1位: $1,000,000
  • 2位: $500,000
  • 3-4位: $250,000
  • 3-4位: $250,000
  • 5-8位: $125,000
  • 5-8位: $125,000
  • 5-8位: $125,000
  • 5-8位: $125,000
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500
  • 9-16位: $62,500

ストリーミング配信

出場チーム

招待チーム

  • China Wings Gaming - shadow, bLink, Faith_bian, y`, iceice
  • United States Digital Chaos - Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • China Newbee - uuu9, Sccc, kpii, Faith, Kaka
  • China EHOME - Sylar, old chicken, eLeVeN, LaNm, Garder
  • China LGD Gaming - Ame, Maybe, Jixing, Xz, Victoria
  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Korea MVP Phoenix - Forev, QO, Velo, Febby, DuBu

予選通過

  • United States Team NP - Aui_2000, EternaLEnVy, MSS, SVG, 1437
  • United States compLexity Gaming - Moo, canceL^^, monkeys-forever, Zfreek, melonzz
  • China LGD.Forever Young - END, Super, Yao, xiao8, DDC
  • China iG Vitality - Yuno, Sakata, InJuly, BurNIng, Q
  • Greece Ad Finem - Madara, ThuG, SkyLark, Maybe Next Time, SsaSpartan
  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, Noone, 9pasha, Lil, Solo
  • Singapore Team Faceless - Black^, Jabz, iceiceice, xy-, NutZ
  • Malaysia WarriorsGaming.Unity - Ahjit, NaNa, KaNG, Ahfu, xNova-

グループステージ

Group A

  • 1位: United States Digital Chaos
  • 2位: China Wings Gaming
  • 3位: Malaysia WarriorsGaming.Unity
  • 4位: China LGD.Forever Young

Group B

  • 1位: Russia Virtus.pro
  • 2位: China Newbee
  • 3位: United States Team NP
  • 4位: Korea MVP Phoenix

Group C

  • 1位: China LGD Gaming
  • 2位: United States compLexity Gaming
  • 3位: United States Evil Geniuses
  • 4位: Singapore Team Faceless

Group D

  • 1位: Europe OG
  • 2位: China EHOME
  • 3位: China iG Vitality
  • 4位: Greece Ad Finem

プレーオフ

スケジュール (日本時間)

12/8(木)

  • 00:00 RO16 Match 1 - Russia Virtus.pro [vs] China iG Vitality
  • 03:30 RO16 Match 2 - United States Evil Geniuses [vs] China Wings Gaming
  • 07:00 RO16 Match 3 - United States compLexity Gaming [vs] Malaysia WarriorsGaming.Unity
  • 10:30 RO16 Match 4 - Europe OG [vs] Korea MVP Phoenix

12/9(金)

  • 00:00 RO16 Match 5 - United States Digital Chaos [vs] Singapore Team Faceless
  • 03:30 RO16 Match 6 - China EHOME [vs] United States Team NP
  • 07:00 RO16 Match 7 - Greece Ad Finem [vs] China Newbee
  • 10:30 RO16 Match 8 - China LGD Gaming [vs] China LGD.Forever Young

12/10(土)

  • 00:00 Quarterfinal 1 - TBD [vs] TBD
  • 03:30 Quarterfinal 2 - TBD [vs] TBD
  • 07:00 Quarterfinal 3 - TBD [vs] TBD
  • 10:30 Quaterfinal 4 - TBD [vs] TBD

12/11(日

  • 00:00 Semifinal 1 - TBD [vs] TBD
  • 03:30 Semifinal 2 - TBD [vs] TBD
  • 08:00 Grand Final - TBD [vs] TBD

決勝戦のみ Best of 5、その他の試合はBest of 3形式で実施されます。

試合はTwitchおよびゲームクライアント内のDota TVより観戦可能です。
※Dota TVでの観戦には「The Fall 2016 Battle Pass」の購入が必要

情報元

関連ニュース

3 / 59 ページ (全 582 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp