Negitaku.org esports > > 1 ページ

DOTA 2 ニュース アーカイブ

6 / 59 ページ (全 590 件中 10 件)

<< 前のページへ 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

DOTA 2 Dota 2の公式ドキュメンタリムービー『True Sight』が日本時間の10/14(金)に公開予定

True Sight

Dota 2の公式ドキュメンタリムービー『True Sight』が日本時間の10/14(金)に公開予定と発表されました。

True Sight

『True Sight』はValveプロデュースによるプロフェッショナルDota 2シーンを舞台とした公式ドキュメンタリムービーです。

エピソード1では、2016年12月に開催される賞金総額300万ドルのメジャー大会『The Boston Major』で優勝を目指すプロチーム United States Evil Geniusesと Malaysia Fnatic をフィーチャーした内容で公開予定となっています。

公開情報

  • 先行ストリーム公開日: 2016年10月13日(木)16時PDT、日本時間14日(金)8時頃
  • Steamライブラリ版公開日: 2016年10月14日(金)16時PDT、日本時間15日(土)8時頃
  • 言語: 英語音声、英語字幕、ロシア語字幕、中国語字幕
  • 視聴条件: ゲーム内アイテム『Battle Pass』所有者

ドキュメンタリムービーは『Battle Pass』所有者に対してストリーミング配信で先行公開されます。
ムービーは2時間あり、24時間かけて繰り返し放送されていく予定とのこと。

その後はSteam Libraryでいつでも見ることが出来るフルバージョンが公開される予定で、こちらも視聴できるのは『Battle Pass』所有者のみになるそうです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Team Secretの賞金未払い問題に関連するチーム内部事情にEternaLEnVy選手がブログで言及

himitsumonogatari

2016年9月に Europe Team SecretのDota 2部門を脱退した Canada Jacky "EternaLEnVy" Mao 選手が、チームの賞金未払いに関連するブログエントリを公開しました

EternaLEnVy選手がTeam Secretの賞金未払い問題にブログで言及

2016年2月、元Team SecretのマネージャーEvany Chang氏が同チームの賞金未払いに関連する下記の投稿を行ないました。

こちらでは、Team Secretが賞金を支払わないことについて時系列で経緯が紹介されています。

チームマネージャーのMatthew "Cyborgmatt" Bailey氏がチームの銀行口座開設問題等で賞金を支払う事が出来ない状況であることを説明しつつも対応が一向に進まない、というのがこの時のザックリとした経緯です。

この記事が公開された後も、Team Secretサイドからは本件に関する声明は特に出ていないと認識しています。

それから約8ヶ月が経過して、新たな情報として出てきたのが今回のEternaLEnVy選手による「A Secret Story」というブログ記事です。ちなみに、日本のアニメ好きとして知られるEternaLEnVy選手は、この記事のファイル名を「himitsumonogatari.html」としていました。

A Secret Story (himitsumonogatari)

この元記事ですが、300行、7000語オーバーという読むだけでも一苦労な代物です。

重要そうなところをまとめて紹介しますが、元がEternaLEnVy選手の私情が入った記事であることや、下記は全体から抜き出したものであるためある程度の偏りがある情報という認識で読んでいただければと思います。

また、個人攻撃と取れる内容も含まれているのですが、自分がお伝えしたいのはそういうことではないので、そのあたりについては取り上げませんでした。

正しく内容を知りたい方は、原文の方をお読みください。

まずは文章に登場する人物等を簡単に説明しておきます。

登場人物

マネジメント側

  • Turkey Kemal Sadikoglu - Team Secret ディレクター。
  • United Kingdom Matthew "Cyborgmatt" Bailey - Team Secretマネージャー。
  • Estonia Clement "Puppey" Ivanov - Team Secret Dota 2部門キャプテン

選手側

  • Canada Jacky "EternaLEnVy" Mao - 今回の記事を書いた本人(元Team Secret、現Team NP)
  • Sweden Evany Chang氏 (元Team Secretマネージャー、現Team OGマネージャー) 以前に未払いに関する投稿を行なった
  • Denmark Rasmus "MiSeRy" Filipsen (元Team Secret、現Digital Chaos) - 未払いが発生していたが支払いを勝ち取ったもよう。後日本件に関するブログ記事を公開予定とのこと。

基本的にはお金を支払わないマネジメント側、正当な対価を払って欲しい選手側という対立構造になっています。

キャプテンのPuppey選手については選手達に支払いやチームの対応について説明するマネジメント側の人間と判断出来る内容となっていました。

内容の抜粋紹介

  • Evany Chang氏の告発記事が出た後、Kemal氏とPuppey選手がチームメンバーに対して、未払いが起きることはないことを説明
  • トーナメント運営者はTeam Secretに対して賞金を支払っている。しかし、Team Secretのマネジメントは選手が支払いを求めて動かない限り支払いを行なわない。
    • MiSeRy選手は2016年9月26日に支払いが行なわれるまで182,000ドル(約1875万円, $1=103.05円)、EternaLEnVy選手は9月14日時点で360,000ドル(約3700万円)が未払いとなっていた
  • チームが獲得した賞金が支払われる際、事前の合意なく「10%」が手数料としてマネージャーに差し引かれていたことが明らかになった
  • EternaLEnVy選手がカットされた10%分の29,333ドル(約303万円)はいまだに支払われていないが、もう諦めている
  • 「100TB」「Nvidia」「EGB(Egaming Bets)」はチームスポンサーではあるが、現金支払いでのスポンサード契約ではない。提供された製品を渡すと言われて、選手がいまだに受け取っていないものがある
  • 給与を支払うという約束をされたが実際に支払いは行なわれていない
  • Team Secretのマネジメントはチームに関する全てをオープンにすると言っているが、スポンサードの内容等、実際に詳細が伝えられたことはない(説明されたとしてもウソだったり、回答の先延ばしだったりと誠実な対応ではない)
  • PandaTVとのストーリーミング配信契約は、実際に行なわれた配信が契約で決められた時間を下回る結果となり、3ヶ月で打ち切られた
    • PandaTVが最初にオファーしてきた報酬は50万ドルだったが、The Shanghai Major 2016で優勝した後には100万ドル+25万ドルになったほどの規模の契約
  • PandaTVで配信を行う時間を交渉した結果、チームで月間合計250時間ということになった。最終的にPuppeyとArteezyが30時間ずつ、EternaLEnvyは60時間、他の2人は特に規定なしという配分になった。EternlEnvyは3ヶ月の間に毎月36時間、82時間、98時間の配信を実施しノルマ2回クリア。元記事で表を確認出来るが、EternlEnvy選手以外はほとんど配信をしておらず月間配信の合計は最大で130時間ほどだった
  • この配信の報酬支払いについても色々揉めている

元記事では、マネジメント側の各人物とのチャット画面のキャプチャ画像も証拠として掲載されています。

また、個人に関連するようなエピソードもかなり掲載されており、マネジメント側が全く誠意のある対応をしないからこその今回の記事、ということなのだとは思いますが、個人的には読んでいて相当にうんざりしたというのが正直なところです。

EternlEnvy選手は口約束だけで物事を進めていて契約書を残さなかったことについては自分に落ち度があることとしていました。

今回の記事は個人的にかなり残念な内容で、サイトでこのことを紹介するのはどうなのかと悩みました。近年、「eスポーツ」が改めてかなりの注目を集めるようになり、海外では大きなお金が動くような状況となっていますが、世界トップクラスのプロゲームチームと言えども実態はこのレベルであるというケースが明らかになりました。

eスポーツに限らず、お金、物品、労働などに関する契約を行なう時は、このように後から問題となる事がないよう内容を確認したり、口約束でなく必要であれば記録を残しておくことをお忘れ無く、というのが今回の件からお伝えできる教訓ではないかと思います。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2のDLCコンテンツ『The Fall 2016 Battle Pass』発売開始、Major大会予選枠をかけた「BATTLE CUP」開催

The Fall 2016 Battle Pass

Dota 2のDLCコンテンツ『The Fall 2016 Battle Pass』が発売開始となりました。

The Fall 2016 Battle Pass

『The Fall 2016 Battle Pass』は、下記を含むDota 2向けの有料ダウンロードコンテンツ(865円)です。

同梱コンテンツ

  • Fall 2016 Treasure I - レアスキンガチャ
  • Fall 2016 Loading Screen I - ローディング画面
  • Seasonal Terrain - Autumn - 装飾マップ
  • Weekend Battle Cup Entry Ticket - 購入者限定トーナメント参加券

「Battle Point」を使用して楽しむことが出来るミッション等も利用可能

購入者は試合中に特定の条件クリアと勝利を目指す「Quest」や、さまざまな実績を達成する「Achivement」を通じて「Battle Point」を獲得することが出来ます。規定の「Battle Point」を貯めることでレベルがアップし、レアアイテムの報酬を受け取ることが出来ます。

Quest

Achivement

また、「Wagering」という毎週付与される「Token」を使って自分が参加する各試合に勝利することで、ベット額に応じた「Battle Point」が手に入るという楽しみ方も提供されます。

Wagering

The Boston Majorのデジタル特集コンテンツ「Compendium」

Compendium

『The Fall 2016 Battle Pass』には2016年12月にアメリカで開催される賞金総額300万ドルのDota 2メジャー大会『The Boston Major 2016』の「Compendium」も含まれています。

こちらでは、出場チームの紹介、大会の勝利予想、各選手の成績予想など、大会をより楽しみながら観戦するための仕組みが利用可能となります。

BATTLE CUP FALL 2016

BATTLE CUP FALL 2016

BATTLE CUP FALL 2016』は、「Weekend Battle Cup Entry Ticket」所有者のみが出場可能な週末トーナメントです。

同チケットは、『The Fall 2016 Battle Pass』に含まれる他、単品購入や「Battle Point」を貯めることで入手可能となります。

トーナメントは最大8Tierにレベル分けされて2016年10月8日(土)~12月3日(土)、そして12月11日(日)に全11回を開催。
参加者は8チームごとのシングルイルミネーション方式トーナメントに挑み優勝をかけて競い合います。

出場者にはプロフィールに大会成績を現わすステータス表示、ゲーム内アイテム特典が贈られます。また、トーナメントの参加・勝利・優勝などごとにBattle Cupポイントが付与され、この合計上位チームが12月17日(土)に開催される「Champions Cup」に出場する権利を獲得することが可能。

今後開催される公式大会「2017 Spring Major」から、地域予選となる「Regional Qualifier」に「Champions Cup」最高ランクとなるTier 8の優勝チームのための出場枠が設けられるとのことです。

より『Dota 2』を楽しみたい方は購入を検討してみてください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額300万ドルのDota 2大会『The Boston Major 2016』が2016年12月にアメリカで開催

The Boston Major 2016

賞金総額300万ドルのDota 2大会『The Boston Major 2016>』が2016年12月にアメリカ・ボストンで開催されます。

The Boston Major 2016

『The Boston Major 2016』は2016~2017年シーズン最初の公式メジャー大会として、アメリカ・ボストンの「Wang Theatre」にて2016年12月7~10日に開催されます。

開催情報

日程

  • Open Qualifiers - 2016年10月23日(日)~26日(水)
  • Regional Qualifiers - 2016年10月27日(木)~30日(日)
  • Group Stage - 2016年12月3日(土)~4日(日)
  • Main Event - 2016年12月7日(水)~10日(土)

賞金総額

  • $3,000,000(約3億759万円, $1=102.53円)

大会は運営力に定評のある「PGL」が担当して実施され、誰でも参加可能なオープン予選、地域予選を経て16チームが本戦に出場となります。

より詳しい情報は改めて発表となる予定です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額25万ドルの『MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn』でEvil Geniusesが優勝

MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn

賞金総額25万ドルの『MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn』で United States Evil Geniusesが優勝となりました。

MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn

『MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn』は招待4チーム、中国4チームの計8チームが出場して実施されました。

開催情報

  • 開催日: 2016年9月28日(水)~10月2日(日)
  • 開催地: 中国
  • 出場チーム数: 8

賞金

  • 1位: United States Evil Geniuses - $112,500
  • 2位: China Newbee - $50,000
  • 3位: Europe OG - $31,250
  • 4位: Europe Team Secret - $18,750
  • 5-6位: China Vici Gaming - $12,500
  • 5-6位: China LGD.Forever Young - $12,500
  • 7-8位: Korea MVP Phoenix - $6,250
  • 7-8位: China iG Vitality - $6,250

Evil Geniuses

出場チーム

招待

  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Korea MVP Phoenix - Febby, QO, Velo, Reisen, DuBu
  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Europe Team Secret - MP, MidOne, Forev, Puppey, pieliedie

予選通過

  • China Newbee - uuu9, Sccc, kpii, Kaka, Faith
  • China Vici Gaming - END, ghost, Yang, fy, ddc
  • China iG Vitality - Yuno, Sakata, InJuly, dogf1ghts, super
  • China LGD.Forever Young - Monet, Super, Yao, xiao8, lpc

プレーオフ

ファイナル

  • United States Evil Geniuses [3-1] China Newbee

試合の配信アーカイブ、対戦データは下記から見ることができます。

両チーム共にメンバー変更が行なわれたばかりでしたが、毎回ラインナップ変更後も United States Evil Geniuses も素晴らしい試合運びで好成績を残しておりさすがとしか言いようがありませんでした。

今大会は NewbeeのMidプレーヤー Sccc 選手が大活躍し大きな注目を集めていたのも印象的です。ファイナルのゲーム2で使っていたTimbersawも、試合には負けましたがかなりの大暴れっぷりでした。

グループステージ

Group A

  • China Newbee [プレーオフ進出]
  • Europe Team Secret [プレーオフ進出]
  • Korea MVP Phoenix
  • China LGD.Forever Young

Group B

  • United States Evil Geniuses [プレーオフ進出]
  • Europe OG [プレーオフ進出]
  • China iG Vitality
  • China Vici Gaming

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額25万ドルの『MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn』が9/28(水)より開幕

MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn

賞金総額25万ドルの『MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn』が9/28(水)より中国で開幕となります。

MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn

『MarsTV Dota 2 League 2016 Autumn』は招待4チーム、中国4チームの計8チームが出場して実施されます。

開催情報

  • 開催日: 2016年9月28日(水)~10月2日(日)
  • 開催地: 中国
  • 出場チーム数: 8

賞金

  • 1位: $112,500
  • 2位: $50,000
  • 3位: $31,250
  • 4位: $18,750
  • 5-6位: $12,500
  • 5-6位: $12,500
  • 7-8位: $6,250
  • 7-8位: $6,250

出場チーム

招待

  • United States Evil Geniuses - Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Korea MVP Phoenix - Febby, QO, Velo, Reisen, DuBu
  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Europe Team Secret - MP, MidOne, Forev, Puppey, pieliedie

予選通過

  • China Newbee - uuu9, Sccc, kpii, Kaka, Faith
  • China Vici Gaming1 - END, ghost, Yang, fy, ddc
  • China iG Vitality - Yuno, Sakata, InJuly, dogf1ghts, super
  • China LGD.Forever Young - Monet, Super, Yao, xiao8, lpc

グループステージ

Group A

  • Europe Team Secret
  • Korea MVP Phoenix
  • China Newbee
  • China LGD.Forever Young

Group B

  • Europe OG
  • United States Evil Geniuses
  • China iG Vitality
  • China Vici Gaming

グループステージは4チーム×2グループによるダブルイリミネーション方式トーナメントで実施され、各グループの上位2チームがプレーオフの勝者側トーナメント、下位2チームが敗者側トーナメントに進出となります(各試合はBest of 3)。

プレーオフは先の通りの割り振られたダブルイリミネーション方式トーナメントで、各試合はBest of 3、決勝のみBest of 5で実施されます。

スケジュール (日本時間)

Group A

  • 勝者側1-1 9/28(水)11:00~ Europe Team Secret [vs] China Newbee
  • 勝者側1-2 9/28(水)11:00~ Korea MVP Phoenix [vs] China LGD.Forever Young
  • 勝者側ファイナル 9/28(水)17:00~ 勝者側1-1勝者 [vs] 勝者側1-2勝者
  • 敗者側1 9/29(木)11:00~ 勝者側1-1敗者 [vs] 勝者側1-2敗者
  • 敗者側ファイナル 9/29(木)18:00 勝者側ファイナル敗者 [vs] 敗者側1勝者

Group B

  • 勝者側1-1 9/28(水)14:30~ China Vici Gaming [vs] United States Evil Geniuses
  • 勝者側1-2 9/28(水)14:30~ China iG Vitality [vs] Europe OG
  • 勝者側ファイナル 9/28(水)21:30~ 勝者側1-1勝者 [vs] 勝者側1-2勝者
  • 敗者側1 9/29(木)14:00~ 勝者側1-1敗者 [vs] 勝者側1-2敗者
  • 敗者側ファイナル 9/29(木)21:30 勝者側ファイナル敗者 [vs] 敗者側1勝者

大会は下記のTwitchページにて観戦可能となる予定です。

Watch live video from beyondthesummit on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2『ASUS ROG DreamLeague Season 6』の招待チーム発表

ASUS ROG DreamLeague Season 6

Dota 2『ASUS ROG DreamLeague Season 6』の招待チームが発表されました。

Dota 2『ASUS ROG DreamLeague Season 6』

Dota 2『ASUS ROG DreamLeague Season 6』は、招待8チームの出場で実施されます。
10月よりスウェーデンのMonster Energy DreamHack Studioにて予選リーグを行ない、上位4チームが11月25~26日にDreamHack Winter会場で開催される賞金総額$175,000のプレーオフに進出となります。

リーグ

  • 開催日: 2016年10月11日~
  • 会場: Monster Energy DreamHack Studio
  • 出場チーム数:8
  • プレーオフ出場枠: 8
  • 形式: Best of 2形式での総当たり戦
  • 賞金総額: $56,000 (1勝ごとに$1,000支払い)

プレーオフ

  • 開催日: 2016年11月25~26日
  • 会場: DreamHack Winter
  • 出場チーム数:4
  • 形式: ダブルイリミネーション方式トーナメント、Best of 3 (決勝のみBO5)
  • 賞金総額: $175,000
    • 1位: $80,000
    • 2位: $45,000
    • 3位: $30,000
    • 4位: $20,000

招待チーム

  • Europe OG - N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Europe Team Secret - MP, MidOne, Forev, Puppey, pieliedie
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, SumaiL, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Ukraine Natus Vincere - Ditya Ra, Dendi, GeneRaL, SoNNeikO, Artstyle
  • Sweden Alliance - Loda, Limmp, jonassomfan, EGM, Handsken
  • Europe Escape Gaming - Era, qojqva, KheZu, YapzOr, syndereN
  • Ukraine Vega Squadron - fn, Iceberg, Mag~, fng, CemaTheSlayer
  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, KuroKy, BuLba

Ukraine Natus Vincere、Ukraine Vega Squadron、Europe Escape Gamingは以外はThe International 2016 以降にメンバー変更が実施されています。

メンバーチェンジを行なったチームが、コミュニケーションや連係をどれくらい仕上げてくるかが注目となります。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 日本・韓国チーム向けのDota 2オンライン大会『Weekend Cup』が9/25(日)より開催

DOTA2

日本・韓国チームを参加対象としたDota 2オンライン大会『Weekend Cup』が9/25(日)より開催されます。

Weekend Cup

『Weekend Cup』は日本または韓国在住のDota 2プレーヤーで構成されたチームが出場可能なオンライン大会です。

9月25日(日)にテストを兼ねた第1回大会を実施し、参加者からのフィードバックを受けながら基本的に毎週末に開催で行なわれる予定です。

開催情報

  • 開催日: 2016年9月25日(日)20:00~
  • トーナメント形式: シングルイリミネーション Best of 1 トーナメント
  • 出場チーム数:制限無し
  • 出場登録: 登録: 9月25日(日)19:30にチーム全員の準備が出来た状態でDiscord ( https://discord.gg/Nv8hfMT )に入室
  • ストリーミング配信: https://www.twitch.tv/japandotatv

より詳しくは下記の告知ページをご覧ください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 NBAブルックリン・ネッツ所属Jeremy Lin選手がDota 2プロチームVici Gaming Jに出資、名誉キャプテンに就任

Vici Gaming J

Dota 2の愛好家として知られるNBAのUnited States Jeremy Lin選手がDota 2プロチーム China Vici Gaming Jに出資したことが発表されています。

Jeremy Lin選手がDota 2プロチームVici Gaming Jに出資、名誉キャプテンに就任

先日、China Vici Gaming は次シーズンに挑む Dota 2のロスターを登録。
その中に、China Vici Gaming J というチームが存在しているのですが、こちらが United States Jeremy Lin選手とChina Digital Culture Groupが出資しているチームになるとのことでした。

Jeremy Lin選手は今回の出資によりチームの名誉キャプテンとなっています。

Vici Gaming J

  • China Agressif (ex-LGD Gaming)
  • China Nono (ex-Vici Gaming Reborn)
  • China rOtK (ex-Vici Gaming)
  • China hym (ex-Vici Gaming)
  • China Fenrir (ex-EHOME)
  • United States Jeremy Lin (名誉キャプテン)

ちなみに、China Digital Culture Groupは台湾の有名芸能人のJay Chou氏が買収したTaiwan Taipei Assassins を買収して設立した Taiwan J Teamの戦略パートナーとして提携しています (リンク先pdf)。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Wings、LGD、CDEC、Invictus、Newbee、EHOME、Vici、TongFuなど中国有力チームDota 2部門のメンバーが明らかに

Dota 2 China

中国有力Dota 2チームのメンバー登録が行なわれ、数多くのチーム構成が明らかになりました。

中国有力Dota 2チームのメンバー構成が明らかに

Dota 2次シーズンに向けた先週登録が次々に進められ、中国有力チームのメンバーが大きく変更されたことが明らかになりました。

『The International 2016』で優勝し世界一となった China Wings Gaming以外は下記の通りメンバーの入れ替えが多数行なわれていました。

China LGD Forever Young、China Vici Gaming J などベテラン勢が中心となって構成されたチームも登場しています。

Wings Gaming

  • China shadow
  • China bLink
  • China Faith_bian
  • China y`
  • China iceice

LGD Gaming

  • China Ame (ex-CDEC Youth)
  • China Maybe
  • China Jixing (ex-VG.P)
  • China Xz (ex-CDEC Youth)
  • China Victoria (ex-CDEC Youth)

LGD Forever Young

  • China Monet (ex-CDEC Avenger)
  • China Super (ex-CDEC)
  • China Yao (ex-CDEC)
  • China xiao8 (ex-LGD)
  • China Lpc (ex-TongFu)

CDEC Gaming

  • China Shade (ex-FTD Club A)
  • China June (ex-CDEC Avenger)
  • China demons (ex-CDEC Youth)
  • China September (ex-LGD Gaming)
  • China Flyby (ex-CDEC Avenger)

Invictus Gaming

  • China BurNIng (ex-Vici Gaming)
  • China Op (ex-iG Vitality)
  • China Xxs
  • China BoBoKa
  • China Q (ex-CDEC Gaming)

iG.Vitality

  • China @dogf1ghts
  • China Sakata (Franから名前変更)
  • China InJuly
  • China Paparazi (Yunoから名前変更)
  • China super

Newbee

  • China uuu9 (ex-TongFu)
  • China Sccc (ex-Newbee Young)
  • Australia kpii
  • China Faith (ex-TongFu)
  • China Kaka

EHOME

  • China Sylar (ex-Vici Gaming)
  • China old chicken
  • China eLeVeN
  • China LaNm
  • China Garder (ex-CDEC)

EHOME.Keen

  • China qd (ex-Invictus Gaming)
  • China 影 (ex-CDEC Avenger)
  • China Xi (ex-?)
  • China zq (ex-?)
  • China jdh (ex-Vici Gaming)

EHOME.Luminous

  • China FaN (ex-EHOME)
  • China Freeze
  • China Guvara
  • China Ran
  • China yxb

Vici Gaming

  • China END (ex-Vici Gaming Reborn)
  • China ghost (ex-FTD Club C)
  • China Yang (ex-Vici Gaming Reborn)
  • China fy (ex-Vici Gaming Reborn)
  • Macau DDC (ex-Vici Gaming Reborn)
  • China Mikasa (Coach)

Vici Gaming J

  • China Agressif (ex-LGD Gaming)
  • China Nono (ex-Vici Gaming Reborn)
  • China rOtK (ex-Vici Gaming)
  • China hym (ex-Vici Gaming)
  • China Fenrir (ex-EHOME)

TongFu 

  • China JiaJia
  • China carrot (ex-?)
  • China m (ex-?)
  • China XiaoXiao (ex-?)
  • China 折纸折纸 (ex-?)

中国以外の有力チームも下記のようなラインナップが発表されていました。

MVP Phoenix

  • Korea QO
  • Korea Febby
  • Australia Velo (ex-MVP HOT6ix)
  • Korea Reisen (ex-MVP HOT6ix)
  • Korea DuBu

compLexity Gaming

  • United States Justin (ex-Views 6)
  • Romania McanceL^^ (ex-Kaipi)
  • United States Moo (ex-Digital Chaos)
  • United States Zfreek
  • United States melonzz

情報元

関連ニュース

6 / 59 ページ (全 590 件中 10 件)

<< 前のページへ 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp