Negitaku.org esports > > 1 ページ

DOTA 2 ニュース アーカイブ

7 / 70 ページ (全 697 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

DOTA 2 XBOCTがNatus Vincere Dota 2部門のコーチに就任

xboct

Ukraine Natus Vincere のCarryプレーヤー Ukraine Alexander "XBOCT" Dashkevich が、同チームのコーチに就任しました。

XBOCTがNatus Vincere Dota 2部門のコーチに就任

Ukraine XBOCT選手はNatus Vincereの一員として 2011年の公式世界大会『The International』優勝、2012年大会 2位、2013年大会2位、2014年大会ベスト4に貢献した実績を持つ世界トップクラスのDota 2プレーヤーです。

XBOCT氏は、2015年にUkraine Natus VincereがDota 2部門を一時解散してから Russia Team Empire、ロシアのプロサッカーチーム『FCアンジ・マハチカラ』のeスポーツチーム Russia Cyber Anji で活動していましたが、今回、古巣 Ukraine Natus Vincere でコーチに就任となりました。

Ukraine Alexander "XBOCT" Dashkevich氏のコメント

Natus Vincereにコーチして戻ってきたことにとても興奮しています。私は有意義な方法でチームを手助け出来ると信じています。私たちはNatus Vincereがいかなるチームかをお見せします! チームとメンバーの信頼に感謝します。

Ukraine Igor "caff" Sydorenko 氏のコメント

Dota 2部門のコーチを探し始めた時、求めていたのはDota 2を理解しているだけでなく多くの競技経験を持つ人物でした。そして、XBOCTは最も有力な候補でした。XBOCTが再びNatus Vincereで活動することをうれしく思います。新たなチャレンジが彼を待っています。彼は間違いなくその試練に打ち勝つでしょう!

Natus Vincere Dota 2

  • Sweden Per Anders Olsson "Pajkatt" Lille
  • Ukraine Danil "Dendi" Ishutin
  • Ukraine Victor "GeneRaL" Nigrini
  • Russia Akbar "SoNNeikO" Butaev
  • Denmark Malthe "Biver" Winther
  • Ukraine Alexander "XBOCT" Dashkevich (コーチ)

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2公式世界大会の優勝賞金が1000万ドル(11億円)突破、賞金総額は25億円以上に

dota2-prize

Dota 2公式世界大会『The International 2017』の優勝賞金が1,000万ドル(11億円)突破しました。

『The International 2017』の優勝賞金が1,000万ドル(11億円)突破

『The International 2017』は、2017年8月2~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

配分額は増加を続け、7月中旬にeスポーツ史上賞金総額の記録を更新

1位チームには賞金総額のうち「44%」が優勝賞金として贈られる予定で、現在の賞金総額は「$22,909,682(約25億3418万円), $1=110.65円」、1位チームの獲得賞金は「$10,036,260(約11億1051万円)」となっています。

賞金配分 - $22,909,682(約25億3418万円)

  • 1位: $10,036,260 (約11億1051万2169円)
  • 2位: $3,649,549 (約4億0382万2597円)
  • 3位: $2,395,017 (約2億6500万8631円)
  • 4位: $1,596,678 (約1億7667万2421円)
  • 5位: $1,026,436 (約1億1357万5143円)
  • 6位: $1,026,436 (約1億1357万5143円)
  • 7-8位: $570,242 (約6309万7277円)
  • 7-8位: $570,242 (約6309万7277円)
  • 9-12位: $342,145 (約3785万8344円)
  • 9-12位: $342,145 (約3785万8344円)
  • 9-12位: $342,145 (約3785万8344円)
  • 9-12位: $342,145 (約3785万8344円)
  • 13-16位: $114,048 (約1261万9411円)
  • 13-16位: $114,048 (約1261万9411円)
  • 13-16位: $114,048 (約1261万9411円)
  • 13-16位: $114,048 (約1261万9411円)
  • 17-18位: $57,024 (約630万9706円)
  • 17-18位: $57,024 (約630万9706円)

※賞金総額は今後も増加を続けていくため、上記は現時点でのものです

この優勝賞金額は、2014年に開催された「The International 2014」の賞金総額「$10,931,103」に匹敵するほどの額になります。

選手が実際に受け取ることが出来る額は、アメリカの税金(30%) を差し引いたあとに所属チームとの取り決めによる配分で決定されます。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2公式世界大会『The International 2017』のパブリックビューイング「Tokyo Pubstomp」が東京・渋谷で8/13(日)に開催

「Tokyo Pubstomp」

Dota 2公式世界大会『The International 2017』のパブリックビューイングイベント「Tokyo Pubstomp 2017」が東京・渋谷で8/13(日)に開催されます。

Tokyo Pubstomp 2017

「Pubstomp」は本戦会場以外で『The International』の観戦を楽しむパブリックビューイングイベントとして実施されます。近年では世界中の数百箇所で開催されるようになり、会場規模は映画館やスポーツバーなど開催場所によって異なります。

日本では今年も「Tokyo Pubstomp」が実施されます。

開催情報

より詳しい参加条件については、上記の登録サイト内に記載されています。
現時点で24名近いDota 2ファンが登録を行なっています。

価格の4,000円については、「お店に12時間もいることが出来るDota 2世界大会観戦飲み会」と考えたらかなりお安いのではないでしょうか。

全世界で実施される「Pubstomp」の開催情報は、明日に公開される予定です。

pubstomp-official
https://www.barcraft.com/TI7/

チェックボックスに「Counter-Strike」が含まれているので、今後『Counter-Strike: Global Offensive』を対象にしたライブビューイングイベントも実施されていくようです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2メジャー大会を4度制したプロチーム「OG」が「Red Bull」とスポンサー契約を締結

rb-og

Dota 2メジャー大会を4度制したプロチーム「OG」が「Red Bull」とスポンサー契約を締結しました。

OG×Red Bull

賞金総額300万ドル以上で開催されるDota 2の公式メジャー大会はこれまでに6回開催されており、そのうち4大会を制しているのが Europe OGです(※The Shanghai Major 2016はTeam Secret、The International 2016は Wings Gamingが優勝)。

OG 獲得メジャータイトル

  • 2015年11月 - The Frankfurt Major 2015
  • 2016年06月 - The Manila Major 2016
  • 2016年12月 - The Boston Major 2016
  • 2017年04月 - The Kiev Major 2017

Europe OGはこの実績だけでも最強のDota 2チームと言えますが、2017年8月2日よりアメリカで開幕となるeスポーツ史上最高賞金総額2,200万ドル以上の世界大会『The International 2017』で優勝すれば、誰も文句がつけようのない真の王者となります。

今回のスポンサー契約締結により、OGのチームロゴがRed Bull仕様に変更されました。
この表記通りであれば、チームはこれから Red Bull OGとして活動していくものと思われます。

OGは『The International 2017』の開幕に向けて、Red Bullのサポートを得ながら大型トーナメント前の恒例となっているブートキャンプ(強化合宿)で最終調整を行なっていきます。

Tal "Fly" Aizik氏のコメント (OG共同創設者, キャプテン)

このようなことが起きていることにとても興奮しています。このパートナーシップには明るい未来があり、良いものをもたらすことは間違いありません。私たちが最善を尽くすことが可能となる長期のパートナーシップを得たのは非常に素晴らしいことです。

Johan "n0tail" Sundstein選手のコメント (OG共同創設者, 選手)

長年の友人であるRed Bullと共に新たなレベルに到達出来たことについてとても興奮しています。
Red Bullはこれまで私たちを一年以上に渡って手助けしてくれました。そのようなサポート無しでいまのOGはありませんでした。

これから一緒に取り組んでいく関係者やOGを支えてくれるファンのみなさんに感謝します。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2公式世界大会『The International 2017』出場チームの所属先変更、Team NP→Cloud 9、Planet Dog→Hellraisers

Hellraisers

Dota 2公式世界大会『The International 2017』出場チームが、新たな所属先で大会に挑むことが発表されました。

Team NP→Cloud 9、Planet Dog→Hellraisers

Team NPは、『The International 2016』の後に Jacky "EternaLEnVy" Mao 選手が立ちあげたゲーミングチームです。Cloud 9は5月にデンマークのチームとの契約を終了していましたが、Team NPのメンバーを獲得することで『The International 2017』に挑むことになりました。

Planet Dogはオープン予選から勝ち抜き本戦への出場権を手に入れた今大会ではダークホース的な位置づけとなるチームです。Hellraisersは2016年3月に『Dota 2』から撤退していましたが、Planet Dogのメンバーを獲得し再びDota 2シーンに参入となります。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『ELEAGUE』制作のDota 2世界大会『The International 2017』ドキュメンタリー番組を米TBSがテレビ放送

eleague-dota2

『ELEAGUE』制作による長編シリーズ番組「ELEAGUE: Road to The International Dota 2 Championships」が、2017年8月4日よりTurner Broadcasting Systemによってケーブルテレビ向けに放送されることが発表となりました。

ELEAGUE: Road to The International Dota 2 Championships

『ELEAGUE: Road to The International Dota 2 Championships』は、2017年8月2日より開幕となるeスポーツ史上最高賞金額を誇るDota 2大会『The International 2017』に挑むプロゲーマーを追う全4回・各回1時間の長編シリーズ番組です。

放送日(アメリカ時間)

  • 第1回: 8月04日(金) 22時~
  • 第2回: 8月11日(金) 22時~
  • 第3回: 8月18日(金) 23時~
  • 最終回: 8月25日(金) 22時~

第1回の予告ムービーによると、1回目にはアメリカ予選に挑んだ United States compLexity Gaming に所属する United States Jimmy "DeMoN" Ho 選手が登場します。

また、米TBSではシリーズがスタートする前週の7月28日(金)22時より、Valveが制作したDota 2世界大会『The International』初回大会のドキュメンタリー「Free To Play」をケーブルテレビ放送するとのこと。

今年の『The International 2017』は、この番組の放送によってより多くの人が興味を持つ大会となりそうです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Valve StoreにDota 2の新公式グッズを取り扱う『The International 2017 Secret Shop』がオープン

secret

Valveの公式オンラインショップ『Valve Store』にDota 2の新公式グッズを取り扱う『The International 2017 Secret Shop』がオープンしました。

The International 2017 Secret Shop

『The International 2017 Secret Shop』では、2017年8月に実施される公式世界大会『The International 2017』会場で販売されるグッズが一部限定で一足早く購入可能となっています。

販売されているのは、メーカーやSteam Workshopで活動しているクリエイターがデザインしたアパレル・ゲーミングデバイス・雑貨など多岐に渡っています。

SteelSeries Arctis 5: Dota 2 Edition Gaming Headset

Arctis5 Dota-2 Hero

The International 2017 Dota 2 Ursa Encounter

日本のDota 2プレーヤー Japan enocinoco さんがデザインしたTシャツ。

Ursa Encounter

この他のアイテムについては、下記のリンクからご覧ください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額がeスポーツ史上最高記録を更新(約23.5億円)

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が昨年を上回り史上最高賞金総額のeスポーツ大会となりました。

『The International 2017』がeスポーツ史上最高賞金総額の大会に

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

配分額が増加を続け、本日2016年大会の「$20,770,460(約23億5080万円, $1=113.18円)」を超えることになりました。この文章を書いている時点での賞金総額は「$20,779,052(約23億5177万円)」となっています。

賞金の増額は大会終了日まで継続されるため(残り32日間)、どこまで金額が伸びるか注目です。

歴代eスポーツ大会賞金総額ランキング

  • 1位: The International 2017 (Dota 2) - $20,779,052 (さらに増額)
  • 2位: The International 2016 (Dota 2) - $20,770,640
  • 3位: The International 2015 (Dota 2) - $18,429,613
  • 4位: The International 2014 (Dota 2) - $10,931,103
  • 5位: League of Legends 2016 World Championship - $5,070,000

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界最高峰のプレーヤーが出場『The International 2017 All-Star』のコミュニティ投票がスタート

The International 2017

『Dota 2』公式世界大会『The International 2017』に合わせて開催されるオールスターマッチの出場選手決定投票がスタートしています。

The International 2017 All-Star

『The International 2017 All-Star』は、『The International 2017』に出場する18チーム・90選手から選ばれた10人の選手による5vs5形式、賞金10万ドルで実施されます。

投票は今大会向けのゲーム内アイテム『The International 2017 Battle Pass』の所有者を対象に実施されます。

allstar

また、出場者のプレーヤーカード『Player Card Packs』が利用可能となりました。

cards-player

こちらを使用して自分が好きな選手を5人選び、独自の『Fantasy Team』を各日程にあわせて作成。選手の活躍に応じてポイントを獲得することが出来るゲームに参加出来ます。

team
好きな選手、活躍しそうな選手を自分好みでセレクト。

effect
お気に入りチームを選ぶと、テレポート等のエフェクトがチームロゴ仕様に。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Valveが『Dota 2』のeスポーツ展開を強化、「メジャー」「マイナー」システム採用、サードパーティ大会連携、ポイント制導入など

Dota 2

Valveが『Dota 2』のeスポーツ展開強化に関する発表を行ないました

The 2017 – 2018 Competitive Season

Valveは2017年8月に開催される公式世界大会『The International 2017』以降のeスポーツ展開について、下記のような取り組みを実施していきます。

サードパーティ連携

  • サードパーティ大会との連携、スポンサードを強化
  • 大会に「Major(メジャー)」「Minor(マイナー)」の格付けを導入(メジャーの方が格上)
  • 「Major」は賞金総額50万ドル以上で実施。さらにValveが50万ドルを提供(計100万ドル以上)。
  • 「Minor」は賞金総額15万ドル以上で実施。さらにValveが15万ドルを提供(計30万ドル以上)。

「Major」「Minor」に格付けを分けて大会を開催

  • 「Major」「Minor」共に北米、南米、東南アジア、中国、ヨーロッパ、CISで予選を開催
  • 「Major」「Minor」はLANファイナルを実施
  • 「Major」と「Minor」は開催時期がバッティングしないよう調整して展開
  • 「Major」と「Minor」大会に「Qualifying Points」を導入

「Qualifying Points」の導入

  • 「Qualifying Points」は2018年の公式世界大会『The International 2018』の招待を決定する際に使用される
  • ポイントは大会の格付け、賞金総額が高いほど付与が大きくなる
  • ポイントは入賞したチームの各選手に対して付与される
  • シーズンごとにメンバーを固定するロスターロック制度は引き続き採用
  • 個人・チームごとの「Qualifying Points」ランキングを公開予定

「Major」「Minor」の仕組みやサードパーティ大会との連携は『CS:GO』ですでに取り組みが実施されており、マイナー大会では新たな才能の発掘、サードパーティによるクオリティの高いイベント運営など、選手もファンも大きなメリットがある状態で展開されています。

また、「Qualifying Points」が導入されることで『The International 2018』を目標に各大会が大きな繋がりを持っていくのはシーンによって非常に良い結果となるのではないでしょうか。

賞金提供については、Valveは『The International 2017』関連のゲーム内アイテム売上だけですでに60億円近い収入があり、そこから各大会に数十万ドルを還元してもかなりの余裕がありそうです。

情報元

関連ニュース

7 / 70 ページ (全 697 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング