Negitaku.org esports > > 1 ページ

DOTA 2 ニュース アーカイブ

8 / 70 ページ (全 697 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

DOTA 2 Dota 2オフライン大会『ESC Dota2 CUP』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で7/15(土)に開催

ESC Dota2 CUP

Dota 2のオフライン大会『ESC Dota2 CUP』が「e-sports cafe」(東京・新大久保)で7/15(土)に開催されます。

ESC Dota2 CUP

『ESC Dota2 CUP』は、「Dota 2道場」を運営する DeSHo 氏協力の元に、Dota 2プレーヤーの交流と「e-sports cafe」の認知を深めることを目的に開催されます。

参加はチーム単位、個人のどちらでもOK。
個人の場合は当日の参加者で即席チームを作っての対戦となります。

全4試合を行ない、成績上位の2チームには賞金が贈呈されます。

開催情報

  • 開催日:2017年7月15日(土)
  • 時間: 受付開始 12:30、受付終了 13:00、試合開始 13:20、終了 18:00
  • 会場: e-sports cafe (東京・新大久保)
  • 募集定員: 30名(6チーム)
  • 試合形式:即席チームによるトーナメント
  • ゲームモード:キャプテンズモード(陣営、Pick順の選択権は「/roll」機能を利用して行います。)

賞品

  • 1位 15,000円(1人3,000円)
  • 2位 10,000円(1人2,000円)

参加登録

前回行なわれたイベントの様子は、下記でご覧いただく事が出来ます。

DSC_8181

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』の賞金総額が2,000万ドル(約22億円)を突破、昨年を20日上回るペース

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の2,000万ドル(約22億円, $1=112.35円)を突破しています。

『The International 2017』の賞金総額が2,000万ドル(約22億円)を突破

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

賞金の増額ペースは昨年よりもハイペースながらも比較的落ち着きを見せていましたが、6月末に販売された80レベルアップとガチャアイテム「Immortal Treasure I」(4個)と「Immortal Treasure II」がセットになった「Battle Level and Treasure Bundle」のセールが開始されると爆発的に売上が増加。

dota2-graph
http://dota2.prizetrac.kr/international2017

2016年大会の賞金総額が「2,000万ドル」を突破したのはアイテム販売開始から「80日」を過ぎたあたりですが、今年は「58日」と驚異的なペースを見せています。

『The International 2017』は、予選が終了しグループステージに出場する18チームが決定しました。グループステージの日程は8月7日前の数日間で実施される予定です。

現在の賞金総額は「$20,065,194」(22億54325万円)で、昨年の賞金総額「$20,770,460」(23億3356万円)を上回るのは間違いなく時間の問題というところです。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』グループステージに出場する18チームが決定

The International 2017

Dota 2世界大会『The International 2017』グループステージに出場する18チームが決定しました。

The International 2017

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

大会には招待6チーム、「ヨーロッパ」「中国」「アメリカ」「東南アジア」予選を勝ち抜いた12チームを併せた18チームが出場します。オープン予選を経て実施された地域予選が全て終了となり、出場18チームは下記のようになりました。

本戦出場チーム - 18チーム

招待

  • Europe OG - n0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, No[o]ne-, 9pasha, Lil, Solo
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, SumaiL, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • China Invictus Gaming - BurNIng, Op, Xxs, BoBoKa, Q
  • China Newbee - Moogy, Sccc, kpii, Kaka, Faith

ヨーロッパ予選

  • ヨーロッパ 1位 Europe Team Secret - MP, Midone, Khezu, Puppey, YapzOr
  • ヨーロッパ 2位 Europe Planet Dog - Swiftending, Keyser, 33, j4, MiLAN
  • CIS 1位 Russia Team Empire - Chappie, fn, Ghostik, Miposhka, RodjER

中国予選

  • 中国予選 1位 China iG Vitality - Paparazi灬, Sakata, InJuly, super, dogf1ghts
  • 中国予選 2位 China LGD.Forever Young - Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • 中国予選 3位 China LGD Gaming - Ame, Maybe, old eLeVeN, Yao, Victoria

東南アジア予選

  • 東南アジア予選 1位 Philippines TNC Pro Team - Raven, Kuku, Sam_H, Tims, 1437
  • 東南アジア予選 2位 Malaysia Fnatic - Ahjit, QO, Ohaiyo, Febby, DJ
  • 東南アジア予選 3位 Philippines Execration - Nando, CartMaN, Raging Potato, Kim0, RR

アメリカ予選

  • 北アメリカ予選 1位 Canada Team NP - EternaLEnVy, FATA-, MSS, Aui_2000, pieliedie
  • 北アメリカ予選 2位 United States Digital Chaos - mason, Abed, Forev, BuLba, DuBu
  • 南アメリカ予選 1位 Peru Infamous - Benjaz, Timado, Kingteka, Matthew, Accel

Europe Planet Dog、Philippines Execrationはオープン予選から勝ち上がり出場権を掴んでいます。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Digital Chaos所属のAbed選手が『Dota 2』史上初となるソロMMR「10,000」に到達

プロゲームチーム United States Digital Chaosに所属する Philippines Azel "Abed" Yusop選手が、『Dota 2』史上初となる「10,000」MMRに到達しました。

Abed選手が『Dota 2』史上初となるソロMMR「10,000」に到達

『Dota 2』では、「アメリカ」「ヨーロッパ」「東南アジア」「中国」の4リージョンに分れてランクゲームが実施され、勝敗によって「Match Making Rating(MMR)」が変動していきます(勝利で+25、敗北で-25、若干異なる場合もあり)。

Abed選手は連勝を重ね「9,975」に到達し、勝てば「10,000」達成というゲームに臨みましたが、なんとこのゲームでの配分は「+24」となり「9,999」で記録達成ならず。

「9,999」だった時のリアクション

The 10k game was anticlimactic but here's the team's reaction to 9999!

Team Digital Chaosさん(@digitalchaosgg)がシェアした投稿 - 2017 6月 25 9:58午後 PDT


しかし、続く試合でも勝利して見事に「10,024」を達成しました。

現在のところ、ソロMMRが「9,000」オーバーは世界で9人、「10,000」を超えたのは Philippines Abed選手が初となります。

情報元

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』招待出場チーム発表

The International 2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の招待出場チームが発表されました。

The International 2017

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

昨年までは「Wild Card」予選の2位チームが開催地でのオフライン最後の出場枠を競い合い最終的に16チームが出場するという形式でしたが、今年は「Wild Card」予選が無くなり、招待および6エリアの予選を勝ち抜いた計18チームが出場するフォーマットとなりました。

本戦の「Group Stage」では9チーム×2グループによる総当り戦を行ない、各グループの下位1チームが脱落。「Main Event」は「Group Stage」を勝ち抜いた16チームによるダブルイリミネーション方式トーナメントで進行されます。

本戦出場チーム - 18チーム

招待

  • Europe OG - n0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • Russia Virtus.pro - RAMZES666, No[o]ne-, 9pasha, Lil, Solo
  • United States Evil Geniuses - Arteezy, SumaiL, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • Europe Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • China Invictus Gaming - BurNIng, Op, Xxs, BoBoKa, Q
  • China Newbee - Moogy, Sccc, kpii, Kaka, Faith

ヨーロッパ予選

  • ヨーロッパ 1位
  • ヨーロッパ 2位
  • CIS 1位

中国予選

  • 中国予選 1位
  • 中国予選 2位
  • 中国予選 3位

東南アジア予選

  • 東南アジア予選 1位
  • 東南アジア予選 2位
  • 東南アジア予選 3位

アメリカ予選

  • 北アメリカ予選 1位
  • 北アメリカ予選 2位
  • 南アメリカ予選 1位

Regional Qualifiers

ヨーロッパ予選

  • Sweden Crescendo - Babyknight, Excalibur, Synderen, EGM, Akke
  • Denmark Danish Bears - Ace, 747, HeStEJoE-RoTTeN, Noia, Ryze
  • Greece Mousesports - Madara, ThuG, Skylark, Maybe Next Time, SsaSpartan
  • Europe PENTA Sports - Skiter.Oyasumi, Blazemon, Buugi, dnz, Jabbz
  • Sweden 4 protect five - Five, SlashStrike, etakaka, DancingDragon, eskillz
  • Europe Team Secret - MP, Midone, Khezu, Puppey, YapzOr
  • Poland Team Singularity - Exotic_Deer, Nisha, Patos, eL lisasH, kacor
  • オープン予選 1
  • オープン予選 2
  • Champions Cup 勝者

CIS予選

  • Russia Comanche - Oxaien, GGwpLanaya, XaKoH, sQreen, hNN)
  • Russia Cyber Anji - Sedoy, Pikachu, yoky-, Chuvash, NoFear
  • Ukraine Natus Vincere - Pajkatt, Dendi, GeneRaL, SoNNeikO, Biver
  • Russia Gambit Esports - Daxak, Cooman, chshrct, Bignum, ALWAYSWANNAFLY
  • Russia Effect - Maden, Afoninje, nongrata, ArsZeeqq, KingR
  • Russia Team Empire - Chappie, fn, Ghostik, Miposhka, RodjER
  • Russia Team Spirit - Bzz, Iceberg, DkPhobos, fng, VANSKOR
  • Russia Vega Squadron - ALOHADANCE, G, Afterlife, Silent, CemaTheSlayer
  • オープン予選 1
  • オープン予選 2

中国

  • China CDEC Gaming - Flyby, Shade, June, demons, September
  • China EHOME - old chicken, Cty, Faith_bian, Garder, y`
  • China iG Vitality - Paparazi灬, Sakata, InJuly, super, dogf1ghts
  • China LGD Gaming - Ame, Maybe, old eLeVeN, Yao, Victoria
  • China LGD.Forever Young - Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • China Team VGJ - Agressif, Freeze, rOtk, fy, Fenrir
  • China Vici Gaming - Hao, Ori, Yang, Hym, ChuaN
  • オープン予選 1
  • オープン予選 2
  • Champions Cup 勝者

東南アジア

  • Philippines Clutch Gamers - Gabbi, Armel, Rapy, Boombacs, flysolo
  • Singapore Faceless - xy-, Black^, iceiceice, Jabz, NutZ
  • Malaysia Fnatic - Ahjit, QO, Ohaiyo, Febby, DJ
  • Philippines HappyFeet - Jeyo, Benhur, Yaj, Julz, JessieVash
  • Philippines Mineski.GGNetwork - .Ark, Mushi, Mag~, ryOyr, Ninjaboogie
  • Philippines TNC Pro Team - Raven, Kuku, Sam_H, Tims, 1437
  • Malaysia Geek Fam - Syeonix, Teehee, Velo, Roddgeee, SexyBamboe
  • オープン予選 1
  • オープン予選 2
  • Champions Cup 勝者

北アメリカ予選

  • United States compLexity Gaming - Moo, Feero, melonzz, DeMoN, Zfreek
  • United States Digital Chaos - mason, Abed, Forev, BuLba, DuBu
  • Canada Team NP - EternaLEnVy, FATA-, MSS, Aui_2000, pieliedie
  • Europe Planet Odd - Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • United States Team Freedom - Yawar, CC&C, Sneyking, FrancisLee, Stan King
  • United States Team RED - Zyzz, monkeys-forever, Jenkins, Newsham, Fronz
  • United States Wheel Whreck While Whistling - KvH, iAnnihilate, thetoo, Mad, DurpDurp
  • オープン予選 1
  • オープン予選 2
  • Champions Cup 勝者

南アメリカ予選

  • Peru Elite Wolves - LeoStyle-, Kotarō Hayama, Papita, StingeR, Masoku
  • Peru Infamous - Benjaz, Timado, Kingteka, Matthew, Accel
  • Brazil Midas Club Elite - FuckinEh, Mandy, Liposa, Bardo, Gambling
  • Brazil SG e-sports - hFn, 4dr, Tavo, KINGRD, c4t
  • オープン予選 1
  • オープン予選 2
  • オープン予選 3
  • オープン予選 4
  • オープン予選 5
  • オープン予選 6

Champions Cup』は、『The International 2017』の関連ゲーム内アイテム『The International Battle Pass 2017』の購入者が出場可能な『Battle Cup』の最高ランクの「Tier 8」チームが出場して実施されます。

オープン予選は各地域を対象に6月22~26日に開催。Regional Qualifiers(地域予選)は6月26~29日に行なわれる予定です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota 2世界大会『The International 2017』の1,500万ドル(約16億円)を突破

bl_bpimg_2017

Dota 2世界大会『The International 2017』の1,500万ドル(約16億円, $1=110.85円)を突破しています。

『The International 2017』の賞金総額が1,500万ドル(約16億円)を突破

『The International 2017』は、2017年8月7~12日にアメリカのシアトルで開催されるDota 2の公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドル(約1.79億円, $1=112.38円)ですが、大会に関連する『The International 2017 Battle Pass』等のゲーム内アイテムが購入される毎にその25%が賞金総額に配分されます。

2016年大会の賞金総額が「1,500万ドル」を突破したのはアイテム販売開始から「45日目」でしたが、今年は「43日目」と2日早いペースでの到達となりました。

昨年は大会関連のゲーム内特別アイテムが手に入る「Immortal Treasure II」が「37日目」にリリースされアイテム購入が加速されていましたが、今年の「Immortal Treasure II」は先日6月16日にリリースされたばかり。昨年同様であればこのあとに大きく購入が伸びていく可能性があります。

dota2-prize-0617

現在の賞金総額は$15,257,120(16億9125万円)

情報元

関連ニュース

DOTA 2 賞金総額50万ドルのDota 2大会『EPICENTER: Moscow』でTeam Liquidが優勝

epicenter-moscow

2017年6月4~11日にロシアで開催された賞金総額50万ドルのDota 2大会『EPICENTER: Moscow』でTeam Liquidが優勝しています。

EPICENTER: Moscow

『EPICENTER: Moscow』は招待5チーム、予選通過4チーム、ファン投票1チームの計10チームが出場し、ロシアのスポーツ複合施設「VTB Ice Palace」で実施されました。

5チーム×2グループのグループステージの1位チームがプレーオフの準決勝、2位・3位チームが準々決勝に進出。プレーオフはシングルイルミネーション方式トーナメントで進行され、Europe Team Liquidが United States Evil Geniusesに3-1で勝利し優勝となりました。

順位

  • 1位: Europe Team Liquid - $250,000
    • MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • 2位: United States Evil Geniuses - $100,000
    • Arteezy, Suma1L, UNiVeRsE, zai, Cr1t-
  • 3-4位: Europe Team Secret - $40,000
    • Korea MP, MidOne, KheZu, YapzOr, Puppey
  • 3-4位: China LGD.Forever Young - $40,000
    • Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • 5-6位: China Invictus Gaming - $20,000
    • BurNIng, Op, Xxs, BoBoKa, Q
  • 5-6位: Russia Virtus.pro - $20,000
    • RAMZES666, No[o]ne, 9pasha, Lil, Solo
  • 7-8位: Europe OG - $10,000
    • N0tail, ana, s4, JerAx, Fly
  • 7-8位: Europe Planet Odd - $10,000
    • Resolut1on, w33, MoonMeander, MiSeRy, Saksa
  • 9-10位: Ukraine Natus Vincere - $5,000
    • Pajkatt, Dendi, GeneRaL, SoNNeikO, Biver
  • 9-10位: Philippines Clutch Gamers - $5,000
    • Gabbi, Armel, Rapy, Boombacs, flysolo

ファイナル

1試合目は、Midが United States Evil Geniuses Suma1LのStorm Spiritに対し、Europe Team Liquidは Miracle-のSven。Team LiquidはKuroKyのTusk、GHのioがMidでサポートをしながら積極的にSuma1L潰しを決行。開始5分でSuma1Lを3キル、7分でヘルプにきたヒーローも含めると10キルを取り大きくゲームをリード。この3人を止める術がないUnited States Evil Geniusesはわずか17分で「gg」をコール。あっという間のスピードゲームで1試合目が決着しました。

2試合目はシーソーゲームを繰り返し、レイトゲームで流れを掴んだUnited States Evil Geniusesが勝利。

3試合目は、Team LiquidのGHが強力なスタンのスキルを持つEarthshakerで各レーンを奇襲する素晴らしいプレーの連続で味方のキル獲得やレベルアップをサポート。特にMidはSuma1LのMiranaに対してMiracle-のInvokerが序盤で20近いラストヒット差をつけて大きくリード。Miracle-は思わず「VAC」と言いたくなるような驚異的な精度のSunStrikeを次々に決め試合をリードしていきました。また、Team Liquidはその上でAncient Campのスタックを2箇所でしっかりとゴールドと経験値を獲得していく抜かりのないプレーで勝利しました。

4試合目はTeam LiquidのMidをMATUMBAMANのBristlebackが担当。序盤はEvil Geniusesがリードしましたが、Bristlebackが育ち始めてからは堅さと攻撃力を活かして最前線をはり、圧倒的な攻撃力を誇るUrsaと、強力なスタンを持つEarthshakerがその後ろに備えることで Evil Geniusesは手の出しようがないというシチュエーションが多くなります。結果、Evil Geniusesはオブジェクトを次々と破壊されそのままゲームの流れを取り返すことが出来ませんでした。

結果、3-1でTeam Liquidが優勝となりました。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『Alliance』Dota 2部門のキャプテンLodaが活動休止、元NiPのEraが加入

loda

Sweden Alliance Dota 2部門のキャプテン Sweden Jonathan "Loda" Bergが活動休止になると発表されました。

キャプテンLodaが活動休止、元NiPのEraが加入

2016年12月、Sweden AllianceはGoodGame社から独立し独自運営のeスポーツチームとなりました。Loda選手はこの時より、チームのオーナー兼チームキャプテンとして活動してきました。

チームの目標は2017年8月に開催される『The International 2017』に出場し優勝することですが、Loda 選手はチームオーナーとの二足のわらじ状態では100%プレーに集中出来ず目標を達成することは難しいと判断し、チーム運営の方にフォーカスしていくことになります。
公式発表によると、Loda 選手の活動休止は『The International 2017』終了までとなる予定とのこと。

Loda選手が担当する「Carry」のロールは、新たに加入する元Ninjas in Pyjamasの Sweden Adrian "Era" Kryeziu 選手に引き継がれていきます。

Sweden Allianceは6月22日からスタートする『The International 2017』のオープン予選に出場予定です。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 『The DOTA 2 Official Soundtrack』が2017年7月28日に発売、予約受付開始

dota2-album

『The DOTA 2 Official Soundtrack』が2017年7月28日に発売されます。

The DOTA 2 Official Soundtrack

「The DOTA 2 Official Soundtrack」はその名の通り、「Valve Studio Orchestra」による『Dota 2』のオリジナルサウンドトラック下記18曲が収録されています。

収録楽曲

  1. Dota2
  2. Spoils of War
  3. Arcana
  4. Call To Arms
  5. Monkey King
  6. Shifting Snows
  7. Reborn
  8. Wailing Mountains
  9. Startup 2014
  10. Countdown 2014
  11. Battle 2014
  12. Main 2015
  13. Countdown 2015
  14. Battle 2015
  15. Main 2016
  16. Startup 2016
  17. Laning 2016
  18. First Blood

楽曲はグローバルで2017年7月28日に発売予定で、「iTunes」「Apple Music」「Amazon」等で発売開始となります。

日本のアマゾンでは8月4日に「CD」で発売開始される予定で、価格は2,852円でした。

Ost: the Dota 2
Ost: the Dota 2
posted with amazlet at 17.06.10
Valve Studio Orchestra
Imports (2017-08-04)
売り上げランキング: 64,406

情報元

DOTA 2 『第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ』eスポーツ競技に『Dota 2』を含む4タイトルが採用

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ

2017年9月17~27日にトルクメニスタンで開催される『第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ』eスポーツ競技4タイトルの参加登録が受付中です。

第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ

『第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ』は、「アジアオリンピック評議会」が主催するアジアを対象としたスポーツ大会です。本体会は2022年の『アジア競技大会』における「esports」の公式メダル種目採用に先駆けたデモスポーツとして実施となり、下記のタイトルで競技が行なわれます。

2017年『第5回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ』

  • Dota 2
  • StarCraft II: Legacy of the Void
  • Hearthstone
  • The King of Fighters XIV Steam Edtion

2013年『第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズ

  • Starcraft II : Heart of the Swarm
  • Special Force
  • League of Legends
  • TEKKEN Tag Tournament 2
  • FIFA 13
  • Need for speed : shift 2 unleashed

2009年『第3回アジア室内競技大会

  • Counter-Strike1.6
  • DotA Allstars
  • StarCraft: Brood War
  • NBA Live 2008
  • Need for Speed: Most Wanted
  • FIFA Soccer 09

2007年『第2回アジア室内競技大会

  • NBA Live 2007
  • FIFA 2007
  • Need for Speed Most Wanted

競技ゲームは、『NBA Live』や『FIFA』シリーズなどリアルスポーツを題材としたゲームが多く採用されてきましたが、近年は「eスポーツ」のトレンドタイトルも多く選ばれるようになっています。

大会公式サイトでは各国予選の参加登録が受け付け中で、オンラインでの各国予選・地域予選を経て決定された代表が本戦に出場となります。

日本の登録ページも用意されていますが、出場にはまず日本の統一eスポーツ団体が「日本オリンピック委員会(JOC)」に加盟する必要があり、現状その条件が満たされていないため日本からの今大会出場は認められない見込みです。

参考

日本予選登録

情報元

関連ニュース

8 / 70 ページ (全 697 件中 10 件)

<< 前のページへ 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング