Hearthstone: Heroes of Warcraft ニュース アーカイブ

7 / 7 ページ (全 68 件中 8 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

次のページへ >>

Hearthstone: Heroes of Warcraft 『Hearthstone: Heroes of Warcraft』を始めて約7日でトップラダーのLegendaryに到達したMagic: The Gatheringの元世界王者Gabe Walls氏のAMA和訳

Hearthstone: Heroes of Warcraft

Hearthstone: Heroes of Warcraft』を始めて約7日でトップラダーのLegendaryに到達したGabe Walls氏のAMAの一部を紹介します。

Magic: The Gatheringの元世界王者Gabe Walls氏のAMA和訳

Gabe Walls氏は『Magic: The Gathering』の古参プレーヤーで、先週『Hearthstone: Heroes of Warcraft』のプレーを始め、わずか7日(構築戦を始めてからは約3日)でトップラダーのLegendaryに到達しました。

そして、日本時間の本日2/9(日)13時にredditの『Hearthstone: Heroes of Warcraft』コミュニティ「Ask Me Anything」に登場しプレーヤー達の注目を集めています。

以下、Gabe Walls氏のコメントと興味深かった質問を和訳しました。(注:一部意訳です)

Gabe Walls氏 最初の投稿内容

Gabe Wallsやあみんな、ぼくはGabe Walls。古い『Magic: The Gathering』プレーヤーならどこかで会っているだろうね。

ぼくは『Hearthstone: Heroes of Warcraft』を先週の終わりに始めたんだ。そして最初の3~4日はアリーナだけで過ごした。

水曜日の夜、ぼくはウォーロック・ジャイアントのデッキを友達と一緒に作って最初のConstructed(構築)ゲームをやった。構築ゲームの最初の日はRank7になった。2日目はRank2にいって、3日目の夜にはLegendaryに到達したんだ。正直ぼくは配信の視聴者が教えてくれるまでこれがどんなに早いことか知らなかった。

ぼくのデッキはプレーにつれてかなり変化したけど、他のクラスで一度もプレーしてない。ただウォーロックとそのマッチアップに精通したかっただけなんだ。コントロールを知っていることと、他のカードゲームの経験がぼくを助けてくれたんだと思う。

ようやく大半のカードを覚えて(念のためにsecretsはチェックしないといけないけど)、今のメタゲームを理解できるようになった。
もしぼくが『Hearthstone: Heroes of Warcraft』始めたばかり(もしくはベテラン)の人の助けになるなら何でも聞いてほしい。

――――

以下はLathean氏からの質問とGabe Walls氏からの回答になります。

多くのプレーヤーが『Tinkmaster Overspark』や『Nat Pagle』のようなランダムで効果を決めるRNGカードを嫌っていますが、トレーディングカードゲームにこれらのカードが存在することについてどう思いますか?

Gabe Walls
正直大嫌いだね。完璧な世界には存在してほしくないよ。でも、現にそれはある。やらなければいけないのはランダム効果のカードが与える影響が競技的な試合で大きくならないようにBest of 5かBest of 7をすることだろうね。

プレーヤースキルはこのゲームでどんな風に現れると思いますか? 構築戦でいうなら、強いプレーヤーは強力なカードを持っていなかったとしても勝てる、もしくはある程度のカードがないと戦えないと思いますか?

Gabe Walls
デッキは30枚だから、高いレベルでプレーするにはたくさんのカードがいるね。ただそうは言っても、Legendaryカード無しでも多くのプレーヤーと戦えるよ。全部のLegendaryカードは必要ないけど、重要なカードが欠けていると大変だろうね。全プレーヤーが全カードを手にしたらまあ、目立つのはスキルだね。

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』は他のトレーディングカードゲームに匹敵するゲームだと思いますか? それとも次第に消えていくと思いますか?

Gabe Walls
ぼくは、これからはこのゲームの時代だと思ってる。そう思ってなかったら、ぼくはこんなに集中してプレーしてないよ。きっと『Hearthstone: Heroes of Warcraft』は巨大になるよ、覚えておいてね:)

どんな理由で『Hearthstone: Heroes of Warcraft』を始められたんですか?プレーするゲームを変えるつもりはありますか?

Gabe Walls
ぼくはお金が流れるところに行くようにしてる。それが最高の競技環境をもたらすからね。ぼくという人間はそういうものなんだ。地球上で最高の競技環境でプレーする。環境がものすごく変わらない限りは他のゲームに行くつもりはないよ。

※管理者追記: この回答の補足になりますが、Gabe Walls氏は『Magic: The Gathering』の他にもプロのポーカープレーヤーとして活動していた事があり、13万ドル近い賞金を手にしています

トレーディングカードゲームでうまくなりたいプレーヤーにアドバイスをください。

Gabe Walls
練習。練習。練習。誰も最初からゲームが強く生まれてきたわけじゃない。どんなゲームでもぼくが出会ったトッププレーヤー達は狂ったようにのめりこんでた。デッキを試して、マッチアップを覚える。うまくなりたかったら努力家になるんだ。楽しみたいなら楽しめばいい。うまくなりたかったらしんどいよ。

――――

Gabe Walls氏は現在Twichで北米1位を目指す配信をしており、ブログにはLegendaryに到達したウォーロックのデッキのビデオ付き解説記事がアップされています

情報元

Hearthstone: Heroes of Warcraft 『Hearthstone: Heroes of Warcraft』大会『Fight Night: Season3-4』が日本時間の2月11日(水)朝5:30からスタート

Fight Night: Season3-4

e-Sports大会サイト『eSports Global Network(ESGN)』が『Hearthstone: Heroes of Warcraft』大会『Fight Night: Season3-4』の開催を告知しました。

Fight Night: Season3-4

『Fight Night: Season3-4』は2週間に渡って『Liquid Value』と『Team Doge House』の2チームが1日1試合、期間合計で10試合を行う大会です。
試合は、日本時間の2月11日(火)~2月22日(土)の平日朝5:30(CET21:30)からスタートします。

告知記事では「対戦プレーヤーの決定を『トニ・ブリクソン』の無常なESGNルーレットで行う」といった大会独特のルールが画像付きで紹介されています。

開催日時

  • ヨーロッパ時間: 2月10日(月)~2月21日(金) 21時30分~
  • 日本時間: 2月11日(火)~2月22日(土)05時30分~

配信

参加チーム

  • Liquid Value - Monk, Koyuki, Trump, StrifeCro
  • Team Doge House - Savjz, Gnimsh, Ekop, Artosis

ルール詳細

  1. ルーレットがランダムに対戦相手を決定
  2. お互いに相手が選んだクラスがわかるが、カードは隠されている
  3. 1試合につきBest of 5形式
  4. エースマッチでは両チームがクラスを1個Banし、チームメンバー全員が協力して各ターンの選択を決定する
  5. 次のシーズンにはクラス使用制限が持ち越される。プレーヤーはシーズン3で使用したクラスをシーズン4で使用することはできない。これによってプレーに多様性が生まれる。

賞金

情報元

関連ニュース

Hearthstone: Heroes of Warcraft 『ESL』が賞金総額$12,000の『Hearthstone: Heroes of Warcraft』大会を12週に渡って開催することを発表

Hearthstone: Heroes of Warcraft

大手e-Sports大会サイトの『Electronic Sports League(ESL)』が『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の盛り上がりを見て、賞金総額$12,000をかけた大会開催に乗り出しました。

『NESL Hearthstone - Beta Cup #1』

『ESL』は毎週火曜日と日曜日に、それぞれ$500の賞金をかけた『King of The Hill: Hearthstone』と『NESL Hearthstone - Beta Cup』を12週に渡って開催します。

※アメリカ東部標準時より日本時間は14時間進んでいるので毎週水・月曜日早朝の可能性が高いです

『King of the Hill』は『NESL TV』によって配信され、勝者に$500の賞金が贈られます。

『NESL Beta Cup』は誰でも参加可能なオープントーナメントとなっており、記事内にはルールブックや『NESL Beta Cup』の賞金配分の詳細が記載されています。

下記は『NESL Beta Cup』の開催詳細です。

時差の関係で早朝となっており日本人は参加が難しそうですが、都合の合う方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

NESL Beta Cup #1

  • 日時:日本時間2月10日(月)08:00
  • チェックイン:07:30 - 07:55 EST
  • 試合形式:1on1、ベスト4までBest of 3、ベスト4以降Best of 5
  • 試合形式:
  • ヒーロー制限:負けた場合同ヒーローが使用不可
  • 試合中のデッキ作成:許可
  • Best of 3内の最大ポーズ時間:5分

NESL Beta Cup #2

  • 日時:日本時間2月13日(木)10:00
  • チェックイン:09:30 - 09:55 EST
  • 試合形式:1on1、ベスト4までBest of 3、ベスト4以降Best of 5
  • デッキ制限:負けた場合同一デッキ使用不可
  • ヒーロー制限:負けた場合同ヒーロー使用不可
  • 試合中のデッキ作成:許可
  • Best of 3内の最大ポーズ時間:5分

情報元

Hearthstone: Heroes of Warcraft Blizzardがオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』のテストシーズン2を1月31日(金)23時59分(米国時間)に終了することを発表

Hearthstone: Heroes of Warcraft

Blizzardは現在ベータテスト中の基本プレー無料オンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の「テストシーズン2」を2014年1月31日(金)23時59分(米国時間)に終了することを発表しました。

Hearthstone Test Season 2 End Reminder

「テストシーズン2」の終了に伴い、2014年2月1日(土)からは全員のラダーランクが25にリセットされた後に「テストシーズン3」が始まります。

告知にはタイムゾーンが記載されていませんが、普段Blizzardの告知の際に使われている太平洋標準時とすると、日本時間では2月1日16時59分の完結となります。

またフォーラムでの返信によると太平洋時間1月30日(日本時間1月31日)に、下記のDisenchantの価格が上がっていたカードの価格が元に戻ることが告げられており、利用したいプレイヤーは1/30(木)までにDisenchantすることが推奨されています。

  • Abusive Sergeant
  • Blood Imp
  • Dark Iron Dwarf
  • Defender of Argus
  • Pyroblast
  • Sylvanas Windrunner
  • Unleash the Hounds

情報元

関連ニュース

Hearthstone: Heroes of Warcraft 『Blizzard』のオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の新作トレイラーが公開

Hearthstone: Heroes of Warcraft

『Blizzard』による基本プレー無料のオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の新作トレイラーがYoutubeのHearthstone公式チャンネルにアップロードされています。

Hearthstone -- The Tavern Is Open Trailer

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』は21日にオープンベータが始まったばかりで、こちらの新作トレイラーにはプレー画面、デッキ構築画面などの紹介のほか、ブラックホールを発生させるスペルでフィールド上のカードを一掃するシーンなども含まれており、映像的にも面白い内容になっています。

YouTubeの公式チャンネルには過去に有名プレーヤーによる対戦動画や初期のトレイラーもアップロードされており、興味がある方はチェックしてみてはどうでしょうか。

情報元:

関連ニュース

Hearthstone: Heroes of Warcraft 『Liquid Hearth』主催の『Hearthstone: Heroes of Warcraft』オンライントーナメント『Razer LHOpen#1』でNickSpags選手が優勝

Razer LHOpen#1

日本時間の1/27(月)午前3:15に行われた『Hearthstone: Heroes of Warcraft』(Hearthstone)のオンライントーナメント『Razer LHOpen#1』で NickSpags 選手が優勝しました。

Razer LHOpen#1

『Razer LHOpen#1』は先日オープンした米国の『Hearthstone』のコミュニティサイト『Liquid Hearth』が主催する初のオンライントーナメントです。

トーナメントの参加の際にスポンサーである Razer 製のコミュニケーションツール『Razer Comms』のダウンロードと使用が義務付けられているのが大きな特徴で、参加者は『Razer LHOpen』というグループチャンネル内に入ってプレーヤー/管理者と連絡を取るほか、『Live Ticker』機能によって『Hearthstone』のクライアント内で『Razer LHOpen』の試合の進展状況をチェックできます。

順位

  • 1 位: NickSpags
  • 2 位: Kallee
  • 3 位: Zuan
  • 4 位: Zykon

優勝の NickSpags 選手には $75、2 位の Kallee 選手には $25 の賞金が送られます。

『Liquid Hearth』には優勝者の NickSpags 選手のインタビューほか、上位 4 名のプレーヤーのデッキ画像が紹介されています。また、Trump 選手と ChanmanV 選手による準決勝と決勝の実況解説のストリーミング録画を以下からチェックすることができます。


Watch live video from TrumpSC on TwitchTV

NickSpags 選手インタビュー和訳


『Liquid Hearth』のインタビューから NickSpags 選手の人となりについて、興味深かった点を抜粋して翻訳しました。

元インタビューには使用したデッキの考察なども含まれていますので、プレーヤーの方はチェックしてみてはどうでしょうか。

おめでとうございます。Hearth Stone シーンにとっては比較的新しい顔だと思いますが、簡単に自己紹介してもらえますか?

NickSpags: ありがとう!ぼくの名前は Nick Spagnoloです。アスリートゲーマーとして多くの時間を過ごしてきました。最近『Magic: The Gathering』のプレーとそれに関係した仕事をやめ、『League of Legends』と『Hearthstone』をフルタイムでプレーしています。24 歳で今は大学には通っていませんが、数学の学位をほぼ修了しています。このぐらいでいいかな lol?

NickSpags

ええ。とても面白い背景ですね。『Magic: The Gathering』に関係した仕事について、詳しくお願いします。

NickSpags: この 2 年間は StarCityGames.com (SCG)でバイヤーとして働いていました。それ以前は SCG のトーナメントでプレーして最高の Pro レベルに達し、彼らの仕事に就きました。週末も働き、自分のプレーをやめました。

最近になって再びゲームのために仕事を辞めました。ぼくはまたTCGPlayer.com に週刊のコラムニストとして寄稿していました。一度『Hearthstone』の「Tracking」(カードを 3 枚見て 1 枚を選び、他を捨てるカード)に匹敵するカードの使い方について 4000 字の原稿を書いたことがありますよ XD

トレーディングカードゲームの経験が豊富なんですね。今は『League of Legends』と Hearth Stone をフルタイムでプレーしているそうですが、どのぐらいの期間続けていますか?また両方のゲームについて自分の実力はどのぐらいだと思いますか?

NickSpags: Hearth Stone は約 1 ヶ月前に始めたばかりです―でもほかのトレーディングカードゲームとの類似性によって覚えるのは簡単でした。ぼくは昨シーズンは 50 LP Diamond 1 ぐらいで、夢中になりすぎて『League of Legends』はほとんどプレーしていませんでした。

シーズン1 が出たとき、ぼくは Team SoloMid(TSM)の先輩のチームにいました― Reginald、Elementz,そして TreeEskimo と一緒に。ぼくは 『Magic: The Gathering』のプロツアーのプレーを『League of Legends』よりも優先したんです :P
(注 :TSM や MtG のプロツアーについて訳者は知識がないので間違っているかもしれません)

あなたの名前は実名と同じですが、そのことについてお話していただけますか?

NickSpags: うん、最近になってぼくは「NickSpag」という実名に変えました。『DOTA』や『League of Legends』では「Yoshi」または「Yoshter」としばらく名乗っていましたが、「NickSpag」のほうが簡単だと気づきました。リアルで知ってる人と対戦したときにわかるようにね。アリーナでリアルフレンドと遭遇したことがあります―連絡をなくした友達に。二人とも BattleTag にリアルネームを使っていたんです。

それはいいですね。

NickSpags: リアルで Yoshi と間違って呼ばれるけどね。

さて、あなたは初めて『Hearthstone』の大きな大会で優勝したわけですが、将来は Nick にどんなことを期待できますか?

NickSpags: ぼくはできる限り多くの『Hearthstone』のトーナメントに参加します! ぼくは配信のほか、『League of Legends』と『Hearthstone』の記事もサイトに書いていますよ。
http://lolteacher.com/ (まだ作成中ですが)

皆さんがフォローできるように、あなたの Streaming を教えてください。

NickSpags: ぜひぜひ。http://www.twitch.tv/Nick_Spags たぶん今日の夜にも配信しますよ。

最後に何か言いたいことはありますか?

NickSpags: ありがとうといいたいです。大会を運営するのは本当に大変だと思います。特に参加費無料の賞金付きは。このような機会をいただけてうれしく思います。ストリーミングで Round1 から応援してくれたみんなにありがとうと大きな声でいいたいです :) 彼ら 20 人にね。はは。

情報元

関連ニュース

Hearthstone: Heroes of Warcraft Blizzard製カードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』のオープンベータテストが北米サーバーを対象に開始

Hearthstone: Heroes of Warcraft

Blizzardは太平洋標準時の2014年1月21日に、基本プレー無料のオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』のオープンベータテスト開始を発表しました。

北米サーバーでオープンベータテスト開始

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』は、Wizards of the Coast社の人気カードゲーム『Magic the Gathering』に近いゲームシステムを持つオンラインカードゲームです。

Blizzard社のRTS『Warcraft』の世界観を舞台に、関連するヒーローやスペルを使用して対戦することが可能で、昨年8月にクローズドベータが開始されました。

オープンベータは現在北米サーバーのみで実施されていますが、近いうちに他のリージョンでも開始される見込みです。

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』はBattle.netの公式サイトからダウンロードしてプレーすることができます。

コミュニティサイト『Liquid Hearth』では、オープンベータ開始に合わせて初心者向けの記事がまとめられています。

情報元

関連ニュース

Hearthstone: Heroes of Warcraft 『Team Liquid.net』がBlizzard製のオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の専門サイト『LiquidHearth』をオープン

LiquidHearth

Starcraft2の大手ニュースサイト『Team Liquid』が1月14日に姉妹サイトとしてBlizzard製のオンラインカードゲーム『Hearthstone: Heroes of Warcraft』の専門サイト『Liquid Hearth』をオープンしました。

Liquid Hearth

『Team Liquid.net』は2001年に発足したStarcraftのニュースサイトで、現在では世界で最も有名なStarcraft2ニュースサイトとなり、サイト内ではStarcraft2のプレイヤーストリーミングやトーナメントの情報、各種インタビュー記事などを閲覧できます。

『Hearthstone: Heroes of Warcraft』はBlizzardが2013年3月に発表した基本プレー無料のオンラインカードゲームで、現在はクローズドベータテスト期間中となっています。

『Liquid Hearth』は『Team Liquid.net』フォーラムでの『Hearth Stone』の人気に応じる形で立ち上がりました。『Liquid Hearth』のサイト内では『Hearth Stone』のトップランクプレーヤーリストや、プレーヤーのインタビュー、プレーヤーストリーミングなどをチェックすることができるほか、同サイトが運営するWikiサイト『Liquidpedia Hearthstone』もオープンしています。

下記は『Team Liquid.net』の創始者『Liquid'Nazgul』のコメントの一部です。

「Hearth Stoneが発表されたとき、正直Blizzardの思惑がわかりませんでした。"Blizzardの出すカードゲームだって?"
しかしベータテストが始まると状況は一辺しました。ベータキーが広まり、多くのTeam Liquidの読者とスタッフがプレイするようになると、すばらしく魅力的で大衆を引きつけるゲームだということがわかったのです。」

Hearth Stone Heros of Warcraft 参考動画

情報元

関連ニュース

7 / 7 ページ (全 68 件中 8 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

次のページへ >>

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング