Overwatch ニュース アーカイブ

3 / 23 ページ (全 224 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Overwatch 『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』にDeToNator.KOREAが出場

ow-apex

Overwatchチーム Korea DeToNator.KOREAが、2017年8月28日より開幕となる『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』に出場します。

OGN Overwatch APEX Challengers Season 5

『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』は、世界最高峰の韓国Overwatchリーグ『OGN Overwatch APEX Season 5』の出場を目指す8チームが出場する大会です。

出場チーム

  • Korea Seven - Bazzi, Mika, TTuba, Ukn0w, Shubil, eVo
  • Korea DeToNator.KOREA - beksul, trona, Stellar, Blitz, Modern, Insanity, Amy
  • Korea Element Mystic - Vesta, Rapel, Guard, Daco, Jecse, Fearless, Sp9rk1e
  • Korea CHG - Care, Apache, SongBoos, Kurosensei, SeeYA, Ci3Lo
  • Korea Bon's Spirit Gaming - Leo, NOHJIWON, innovation, xav1o, wellp1ay, SLIME
  • Korea Lunatic-Hai 2 - Bunny, MedalOfHonor, Alarm, DoHyeon, Guardian, Flash
  • Korea Nc Wolves - Mentalist, Ritz, JJANGGU, Edison, Villain, Swoon
  • Korea KNC Vmax - NokB, Jinius, Need, Quinas, GyuBo, Attune

dtn-kr

この8チームは、事前に行なわれたオンライン予選・オフライン予選を通過している強豪ばかりですが、日本のプロゲームチーム Japan DeToNator のOverwatch 韓国部門 Korea DeToNator.KOREAはオフライン予選を全勝して出場権を獲得しています。

大会では、全チームによる総当たり戦を行ない、全試合をBest of 5形式で実施。勝利3ポイント、敗北0ポイントのポイント制となっており、「1st Gruop Stage」の上位6チームが「2nd Gruop Stage」に進出。「1st Gruop Stage」も同様に総当たり戦を行ない、上位4チームが1部リーグ(Season 4)下位4チームとの入れ替え戦に進出することが出来ます。

Korea DeToNator.KOREAは8月28日(月)19時からの初戦で Korea CHGと対戦します。
試合は下記のTwitchチャンネルで視聴可能となる予定です。

Watch live video from ogn_ow on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch League』Team Seoulのメンバー決定、全員が「Lunatic-Hai」所属選手に

ow-seoul

『Overwatch League』Team Seoulの契約メンバーが発表されました。

Overwatch League

『Overwatch League』のシーズン1は、世界各国の都市を拠点とするプロチームが出場し、賞金総額350万ドルで実施されます。

出場チーム
ボストン、ロンドン、ロサンゼルス(Kroenke)、ロサンゼルス(Whinston)、マイアミ・オーランド、ニューヨーク、サンフランシスコ、ソウル、上海

2017年10月30日までが所属選手との契約交渉期間となっており、Korea ソウル が最も早く契約選手を発表しました。選手、コーチ共に 『Overwatch APEX Season 3』優勝の実績を持つ Korea Lunatic-Haiから選ばれています。

Seoul メンバー

  • Korea Kim "EscA" In-Jae (DPS, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Ryu "ryujehong" Je-Hong (Support/Flex, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Yang "Tobi" Jin-Mo (Support, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Gong "Miro" Jin-Hyuk (Tank, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Kim "Zunba" Joon-Hyuk (Flex, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Moon "Gido" Gi-Do (DPS, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Baek Kwang-Jin (Head Coach, Lunatic-Hai所属)
  • Korea Chae Ho-Jung (Head Coach, Lunatic-Hai所属)

選手達は、『Overwatch APEX Season 4』には Korea Lunatic-Hai、『Overwatch League』には Korea Seoulとして出場していく計画です。

メンバー発表記者会見の様子は下記から配信アーカイブを見ることができます。

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch』公式大会『OPC Season 2』が8/18(金)開幕、日本Libalent Supremeは初戦で台湾ahqと対戦

opc2

『Overwatch』公式大会『Overwatch Pacific Championship 2017 Season 2』が、明日8月18日(金)より開幕します。

OPC Season 2

『OPC Season 2』は、2017年8月18日~10月15日にかけて台湾の「Blizzard Estadium」で開催されます。

明日よりスタートするレギュラーシーズンでは、毎週金~日曜日の17~23時に試合を実施。シーズン期間中、各チームはBest of 5形式(3セット先取制)、ホーム&アウェイ方式で2回の対戦を行ない(つまり計4回対戦)、1位チームがプレーオフの決勝、2位・3位チームが準決勝に進出となります。

出場チーム

  • Taiwan Flash Wolves - Zonda, Baconjack, KMoMo, Jongie, S1nkler, Realment
  • Australia Blank Esports - ieatuup, Hus, HooWoo, Trill, Rqt, Gunba
  • Taiwan ahq e-Sports Club - Rapid, DizZy, Hehe, EricEnn, Krapy, Keres
  • Hong Kong Hong Kong Attitude - ShaiuLin, Moowe, Randy, ATing, HolidayCow, ManGoJai, CQB
  • Taiwan Machi Esports - Rai, Nonezz, Kant, DCrwon, Restya, Kiyomi, Notalk
  • Thailand MEGA Thunder - oPuTo, NzNr, Graceful, Teetawatv3, Rocket, keRLos, Moffitt, Elk
  • Korea Ardeont - Diem, ErsTer, Michelle, republic, ANAMO, JEFF, smurf
  • Japan Libalent Supreme - Pepper, hotate, Jasper, deartn, keisuke3, seleyne

シーズン1王者のTaiwan Flash Wolvesは全員が『Overwatch World Cup 2017』のサンタモニカ予選に台湾代表チームとして出場しましたが、本戦出場権をかけたイギリス戦で敗北しベスト16となりました。

日本から出場の Japan Libalent Supreme は国内大会『AOC OPEN』優勝、『GeForce CUP』で準優勝。『Overwatch World Cup 2017』にはシドニー予選にJasper選手、deartn選手が出場しベスト16入りに貢献しました。

Australia Blank Esportsはシーズン1 準優勝、『Overwatch World Cup 2017』ではオーストラリア代表としてシドニー予選に出場し本戦出場権を獲得。今大会には4選手が引き続き出場し、新たに2選手が加わっています。

Taiwan ahq e-Sports Clubはシーズン1 3位。チームの柱である Taiwan EDIBOSS、Taiwan c0wman 選手の双子が兵役のため不参加となっており、チームの戦略等に大きな変化がありそうです。

Hong Kong Hong Kong Attitudeは『Overwatch World Cup 2017』の香港代表に招集された Hong Kong ManGoJai選手を獲得し戦力を強化。Taiwan Machi eSportsはシーズン1と同じメンバーでの参戦となり、チーム力をどれだけ発展させているかがカギとなります。

Thailand MEGA Thunder は、前回「Fireball」で出場していたチームで所属先が変更となりました。『Overwatch World Cup 2017』には4選手がタイ代表として選出されており、上海予選セミファイナルで中国に3-0で破れベスト16となっています。

Korea Ardeontは入れ替え戦を制して新規参入したチームです。強豪チームが勢ぞろいする韓国のチームだけあり、今回のダークホース的な存在として各チームを脅かすことになるでしょう。

今大会は、『Overwatch World Cup 2017』ベスト16クラスの選手が所属するチームが4チームもあり、かなりハイレベルな試合を期待出来そうです。

賞金総額 - 8,300,000台湾ドル(約3,014万円, 1台湾ドル=3.63円)

  • 1位: 3,000,000台湾ドル (約1,089万円)
  • 2位: 1,500,000台湾ドル (約544万円)
  • 3位: 1,000,000台湾ドル (約363万円)
  • 4位: 800,000台湾ドル (約290万円)
  • 5-6位: 600,000台湾ドル (約217万円)
  • 7-8位: 400,000台湾ドル (約145万円)

Libalent Supreme 対戦スケジュール (日本時間)

  • 8/18(金)21時~ Taiwan ahq e-Sports Club [vs] Japan Libalent Supreme
  • 8/19(土)21時~ Japan Libalent Supreme [vs] Korea Ardeont
  • 8/20(日)17時~ Hong Kong Hong Kong Attitude [vs] Japan Libalent Supreme

Japan Libalent Supremeは今週に上記スケジュールで3試合を行なう予定です。
18(金)、19(土)は先の2試合次第で繰り上げ、繰り下げになる可能性があります。

ストリーミング配信

Watch live video from blizzardzhtw on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Libalent Supreme』が台湾で開催される『Overwatch』公式大会『OPC Season2』に挑むサブメンバーを募集開始

Libalent

日本のプロゲームチーム Japan Libalent Supremeが、海外大会に共に挑むサブメンバーの募集を開始しました。

『Libalent Supreme』がサブメンバーの募集を開始

今回募集されているのは、2017年8月18日~10月15日にかけて台湾の「Blizzard Estadium」で開催される公式大会『Overwatch Pacific Championship 2017 Season 2』に挑む「DPS」ロールのサブメンバーです。

募集の対象者にはスキルレート「4000」以上、9月中旬~10月に台湾に滞在出来る事など複数の条件が設定されています。9月中旬からのため、試合に出る可能性があるのはシーズン半ば以降ということになります。

チームに確認したところ、今回の募集は基本的に『OPC Season2』に向けたものですが、活躍によってはその後もチームの一員として活動継続となる可能性もあるとのこと。採用となった場合は、現地のチーム拠点にて他メンバーと共同生活をおくることになります。食事や住居関連の費用はすべてチームが負担となります。

応募条件等、より詳しくは下記の募集告知をご覧ください。

情報元

関連ニュース

Overwatch 公式国別対抗戦『Overwatch World Cup 2017』Blizzcon本戦に進出する8ヶ国の代表チームが決定

Overwatch World Cup

2017年11月3~4日にアメリカの「Blizzcon」で開催される『Overwatch World Cup 2017』プレーオフの進出チームが決定しました。

『Overwatch World Cup 2017』

『Overwatch World Cup 2017』はBlizzard Entertainmentが主催する公式国別対抗戦です。各国の上位100プレーヤーを対象に計測されたスキルレートランキングの上位32ヶ国が、「アメリカ」「中国」「オーストラリア」「ポーランド」で開催されたオフライングループステージに進出。各エリアの上位2チームずつ、計8チームがプレーオフの出場権を獲得しました。

中国予選

  • China 中国 - Eileen, uNdeAD, mg, YaoYao, Shy, 5King
  • France フランス - aKm, SoOn, NiCO, KnOxXx, uNKOE, winz

オーストラリア予選

  • Sweden スウェーデン - TviQ, CWoosH, Manneten, Reinforce, Chipshajen, Ze
  • Australia オーストラリア - Aetar, ieatuup, Kiki, trill, Gnb, Rqt

ポーランド予選

  • Korea 韓国 - Saebyeolbe, Fl0w3R, zunba, Mano, ryujehong, tobi
  • Canada カナダ - Surefour, Agilities, Mangachu, xQc, Roolf, Joemeister

アメリカ予選

  • United States アメリカ - sinatraa, JAKE, coolmatt69, FCTFCTN, Rawkus, Adam
  • United Kingdom イギリス - MikeyA, Kruise, Smex, ChrisTFer, Boombox, Realzx

プレーオフはシングルイルミネーション方式トーナメント、Best of 5 形式での対戦が予定されています。

日本代表は、オーストラリア予選で Australia オーストラリア に惜敗となり出場権を得ることは出来ず、世界ベスト16という結果になっています

情報元

関連ニュース

Overwatch 公式リーグ『Overwatch League』にロンドン・ロサンゼルスチームが新規参戦

Overwatch League

Blizzard Entertainment が主催する『Overwatch』公式リーグ『Overwatch League』に新たに2チームが参加することが発表されています。

『Overwatch League』ロンドン・ロサンゼルスチームが新規参戦

『Overwatch League』のシーズン1は、世界各国の都市を拠点とするプロチームが出場し、賞金総額350万ドル・優勝賞金100万ドルで実施されます。これまで7つのチーム参戦が明らかにされていましたが、今回2つの新規参戦チームが発表されました。

出場チーム・オーナー

新規参戦

  • United States Los Angeles - Stan Kroenke氏・Josh Kroenke氏 (NBA、NHL、NFL等のプロスポーツチームオーナー)
  • United Kingdom London - Jack Etienne氏 (プロゲームチーム Cloud9 創設者、CEO)

発表済み

  • United States Boston - Robert Kraft氏 (The Kraft Group、ニューイングランド・ペイトリオッツ CEO)
  • United States Los Angeles - Noah Whinston氏 (プロゲームチームImmortals CEO)
  • United States Miami-Orlando - Ben Spoont 氏 (プロゲームチームMisfits 創設者・CEO)
  • United States New York City - Jeff Wilpo氏 (Sterling.VC創設者、ニューヨークメッツ COO)
  • United States San Francisco - Andy Miller氏 (プロゲームチームNRG Esports 創設者・チェアマン)
  • Korea Seoul - Kevin Chou氏 (Kabam創設者)
  • China Shanghai - IT企業NetEase

ロンドンチームは『Overwatch League』初となるヨーロッパエリアからの参戦となります。ロサンゼルスは今回が2チーム目。NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」「ロサンゼルス・クリッパーズ」のように地域を代表する別チームとして活動していくことになります。

情報元

関連ニュース

Overwatch 日本のトップチームが出場、公式大会『Overwatch Challenger Series(OCS)』予選Day 1が8/6(日)18時よりスタート

『Overwatch Challenger Series』(OCS)

Blizzard Entertainment主催によるPC版『Overwatch』の公式大会『Overwatch Challenger Series(OCS)』が本日8/6(日)より開幕します。

Overwatch Challenger Series

『Overwatch Challenger Series』は、Blizzard Entertainment世界大会への参戦を目指すような「日本最強チーム」 を育てたいという思いから開催が決定された大会です。

大会の出場条件として、シーズン4の「ライバル・プレイ」でスキルレートが3,500以上に到達していることが規定されており、今回は条件をクリアした10チームが出場。

6ラウンド制のスイス式トーナメントで予選を行ない、上位8チームが決勝トーナメントに進出となります。

開催情報

  • 日程
    • 予選Day1: 2017年8月06日(日)18時~
    • 予選Day2: 2017年8月13日(日)18時~
    • 予選Day3: 2017年8月20日(日)18時~
    • 決勝大会: 2017年9月02日(土)16時~
  • 対戦形式
    • 予選: スイスドロー6ラウンド (Best of 5形式, 3本先取制)
    • 決勝: トーナメント (Best of 5形式, 3本先取制)
  • マップ
    • コントロール – Ilios, Lijiang Tower, Oasis
    • エスコート – Dorado, Gibraltar
    • アサルト – Horizon, Temple of Anubis
    • ハイブリッド – King’s Row, Eichenwalde, Hollywood
  • 賞金 ※Blizzardバランスによる支払い、下記は1名あたりの賞金額
    • 1位: $50
    • 2位: $50
    • 3-4位: $30
    • 3-4位: $30
    • 5-8位: $20
    • 5-8位: $20
    • 5-8位: $20
    • 5-8位: $20
    • 9位以下: $10

予選 Day 1 Round 1 対戦組み合わせ

schedule

  • Japan RPGーKINGDOM [vs] Japan Crest Gaming.Zero
  • Japan DeToNator.GOLD [vs] Japan SPRING
  • Japan CYCLOPS athlete gaming [vs] Japan Naturals北海道
  • Japan GBR [vs] Japan 7th heaven
  • Japan TEAM ENCOUNT NG [vs] Japan Green Leaves

試合は下記のTwitchチャンネルで観戦することができます。

Watch live video from playoverwatchjp on www.twitch.tv

情報元

関連ニュース

Overwatch 公式リーグ『Overwatch League』の選手契約交渉が2017年8月1日よりスタート

Overwatch League

Blizzard Entertainment が主催する『Overwatch』公式リーグ『Overwatch League』の選手契約交渉が2017年8月1日よりスタートすることが発表されました

『Overwatch League』の選手契約が2017年8月1日よりスタート

『Overwatch League』のシーズン1は、世界各国の都市を拠点とする7つのプロチームが出場し、賞金総額350万ドル・優勝賞金100万ドルで実施されます。

出場チーム・オーナー

  • United States Boston - Robert Kraft氏 (The Kraft Group、ニューイングランド・ペイトリオッツ CEO)
  • United States Los Angeles - Noah Whinston氏 (プロゲームチームImmortals CEO)
  • United States Miami-Orlando - Ben Spoont 氏 (プロゲームチームMisfits 創設者・CEO)
  • United States New York City - Jeff Wilpo氏 (Sterling.VC創設者、ニューヨークメッツ COO)
  • United States San Francisco - Andy Miller氏 (プロゲームチームNRG Esports 創設者・チェアマン)
  • Korea Seoul - Kevin Chou氏 (Kabam創設者)
  • China Shanghai - IT企業NetEase

今回、この7チームに所属する選手の契約に関する情報が明らかにされました。

契約情報

  • 契約交渉期間: 2017年8月1日~10月30日
  • 1チームに所属可能な選手数: 6~12名
  • 選手年俸: 年間5万ドル以上を保証 (約557万円, $1=111.57円)
  • 所属チームと選手は1年契約。選手は1年間の契約更新オプションを持つ。
  • 所属チームが健康保険、退職金のプランを選手に提供予定
  • プレーオフや他リーグの賞金など、チーム成績に応じた収入の50%以上を所属チームから選手に配分
  • 出身地による所属チームの制限なし
  • リーグの設定基準以上の住居・練習場を所属チームが提供

選手は「Overwatch League Player Agreement」に基づいた契約をチームと締結し、『Overwatch League』に承認を得ることで正式な出場選手として認められるようになります。

『Overwatch League』と同じく地域フランチャイズ制を採用して2008年に開催された『Championship Gaming Series』の選手サラリーは年間2万~3.1万ドルでした。比べる時期が古すぎるかもしれませんが、約9年ほどでゲーマーの金銭的評価が倍近くなっていると見ることができる一例といえるのではないでしょうか。

『Overwatch League』の開幕は2017年末が予定されています。
選手は契約条件が合えばどのチームにでも加入できるルールなので、日本のプレーヤーが『Overwatch League』に出場するという可能性はゼロではありません。

情報元

関連ニュース

Overwatch Sycom主催プロゲームチーム『DeToNator』の大型ファンミーティングが8/19(土)に秋葉原で開催

DeToNator

プロゲームチーム Japan DeToNatorメンバーとのファン交流イベントが8/19(土)に秋葉原で開催されます。

DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom

『DeToNator Fan Meeting 2017 Powered by Sycom』には、配信で人気のストリーマーや、世界を舞台に活躍する『Overwatch』部門日本チーム、韓国チームのメンバーなど、DeToNatorの所属メンバーが集結します。

開催情報

  • 日時:2017年8月19日(土) 11:00~18:00
  • 会場:秋葉原ラジオ会館10F
  • 主催:株式会社サイコム
  • 協力:DeToNator(株式会社GamingD)
  • 協賛:テックウインド株式会社

実施内容

  • プロプレイヤーによるゲームプレー披露
  • 来場者参加型企画
  • トークショー
  • 豪華賞品が当たるじゃんけん大会
  • サイコムゲーミングPCの展示

当日のイベントでは、選手との交流、チーム代表・江尻氏によるトーク企画「まさるの部屋」の出張編、チームをスポンサードするサイコムのDeToNatorコラボモデルのゲーミングPC展示などが実施されます。

昨年参加しましたが、イベントの合間に選手と会話したり写真を撮る事が出来たりとファンにはかなりうれしい企画でした。

記念撮影

より詳しくは下記の特設サイトを参照して下さい。

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch World Cup 2017』日本代表、オーストラリア予選プレーオフで惜敗、本戦出場権獲得ならず世界ベスト16に

Overwatch World Cup

Overwatch World Cup 2017』シドニー予選プレーオフにて日本代表がオーストラリアに惜敗となりませした。

『Overwatch World Cup 2017』

『Overwatch World Cup 2017』はBlizzard Entertainmentが主催する公式国別対抗戦です。

2017年7月21~23日にオーストラリア・シドニーの「The Star Event Centre」でグループステージのCとDが開催され、日本はグループDを2勝1分で1位通過しプレーオフに進出。

プレーオフには4チームが出場し、日本(D 1位)とオーストラリア(C 2位)、スウェーデン(1位)とスペイン(D 2位)が対戦。それぞれ勝利したチームが本戦への出場権を得ることが出来ます。

日本が対戦するオーストラリア代表は、『Overwatch Pacific Championship Season1』準優勝の実績を持つ Australia Blank Esportsのフルメンバーで構成されています。同大会に出場していた日本チームはシーズンを通じて勝利を奪うことが出来なかった強豪チームです。

プレーオフの対戦は、そのオーストラリアが1マップ目で勝利して先行。日本が追いかけるシーソーゲーム展開となり、決着は最終5マップ目までもつれ込みましたが、最後の大勝負で日本チームを制圧した地元オーストラリアが勝利となり、本戦への出場権を獲得となりました。

順位

  • 1-2位(Best 8以上): Australia Australia - Kiki, Rqt, Aetar, trill, ieatuup, Gnb [本戦進出]
  • 1-2位(Best 8以上): Sweden Sweden - Zebbosai, Reinforce, TviQ, Manneten, CWoosH, Chipshajen [本戦進出]
  • 3-4位(Best 16): Japan Japan - Aktm, Ta1yo, Claire, deartn, Jasper, yoz
  • 3-4位(Best 16): Spain Spain - HarryHook, dhaK, neptuNo, ToxikeN, BromaS, Winghaven
  • 5-6位(Best 24): Portugal Portugal - mowzassa, Greyy, Horthic, Phatt, Addicted, kiler4fun
  • 5-6位(Best 24) Finland Finland - fragi, kyynel, zappis, Zuppehw, Taimou, LiNkzr
  • 7-8位(Best 32): Italy Italy - Nisa, Bimbz, link, Cerys, fighteR, carnifex
  • 7-8位(Best 32): Viet Nam Vietnam - MreA, KJerry, Funky, Mrhip, Maverick, Simple

2017年11月3~4日にアメリカ・アナハイムの『BlizzCon 2017』会場で実施される『Overwatch World Cup 2017』本戦には、4エリアで開催される予選を勝ち抜いた計8チームが出場となります。日本代表はその出場チームを決戦する対戦で敗退となっため、世界ベスト16という結果になりました。

プレーオフ

  • Japan Japan [2-3] Australia Australia
    • Japan Japan [1-2] Australia Australia (King's Row)
    • Japan Japan [2-1] Australia Australia (Lijiang Tower)
    • Japan Japan [1-2] Australia Australia (Volskaya Industries)
    • Japan Japan [4-3] Australia Australia (Dorado)
    • Japan Japan [0-2] Australia Australia (Oasis)
  • Sweden Sweden [3-0] Spain Spain
    • Sweden Sweden [3-2] Spain Spain (Hollywood)
    • Sweden Sweden [3-1] Spain Spain (Lijiang Tower)
    • Sweden Sweden [3-2] Spain Spain (Horizon Lunar Colony)

配信アーカイブ

グループステージ

Group C

  • 2勝0敗0分 (8-0) Australia Australia [プレーオフ進出]
  • 1勝0敗1分 (6-2) Sweden Sweden [プレーオフ進出]
  • 0勝1敗1分 (2-6) Portugal Portugal
  • 0勝2敗0分 (0-8) Italy Italy

Group D

  • 2勝0敗0分 (7-1) Japan Japan [プレーオフ進出]
  • 1勝1敗0分 (5-3) Spain Spain [プレーオフ進出]
  • 1勝1敗0分 (4-4) Finland Finland
  • 0勝1敗0分 (0-8) Viet Nam Vietnam

「みんなの代表」日本Overwatchチームの健闘は日本FPSの歴史的快挙

長年FPSの国際大会における日本代表の試合を見ていますが、残念ながら日本と世界の差を感じる結果となることがケースが多いです。しかし、今回の日本代表はグループステージを圧倒的な強さで勝ち上がり、ワールドカップ本戦への出場権を手にしてくれるに違いないという確信と安心感を持って見守る事ができる本当に素晴らしいチームでした。結果としては残念でしたが、『Overwatch』のようなグローバルFPSタイトルで「世界ベスト16」は日本FPSの歴史的快挙で、シーンにおける日本の評価を高く押し上げるものになったことは間違いありません。

今回の日本代表戦は多くの人が応援していた印象がありましたが、それは日本代表の選考委員が公開方式を採用しコミュニティを巻き込んでの選考を行なったことで、「自分達の日本代表」という意識をより強く持てたチームだったからではないでしょうか。

日本代表を破ったオーストラリアは、先にも書いたとおり『Overwatch Pacific Championship』でも対戦しており日本に縁があるチームです。是非とも本戦で良い結果を残して欲しいところです。

また、『Overwatch Pacific Championship Season2』では日本代表に選ばれた Japan Libalent Supreme のメンバーたちが再び [オーストリラ] Blank Esportsと対戦することになる予定です。

今後の国際大会でも、日本チームが活躍してくれることを期待しながら応援していきたいと思います

情報元

関連ニュース

3 / 23 ページ (全 224 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング