Quake Champions ニュース アーカイブ

1 / 1 ページ (全 8 件中 8 件)

次のページへ >>

Quake Champions 『Quake Champions』は基本無料、ゲーム内コンテンツ課金モデルを採用予定

Quake Champions

アメリカのボストンで開催されている展示会『PAX East 2017』にて、QUAKEシリーズ最新作『Quake Champions』がプレイアブル展示され、さまざまな新情報が明らかになっています。

基本無料、ゲーム内コンテンツ課金モデルを採用予定

『PAX East 2017』の前に行なわれた海外情報サイト「Polygon」による『Quake Champions』クリエティブディレクターTim Willits氏へのインタビューで以下の内容が明らかにされています。

主な内容

  • ゲームは基本無料(Free-to-Play)モデルとなり、チャンピオン「Ranger」のみを無料で使用可能
  • 「Favor」と呼ばれるゲーム内通貨が導入される
  • 「Favor」を使ってフルプライス版にあたる「Champion Pack」を購入することで全てのチャンピオンを制限無く使用可能となる
  • 「Favor」を使って「Rune Challenge」に挑戦することも可能で、チャレンジに成功すると「Reliquariy」(ランダムアイテムボックスのようなもの)が手に入る。これをあけることで新たなチャンピオンやスキンが手に入る。
  • 無料・課金プレーヤーで異なるのは使用可能チャンピオンのみで、マップ等は共通となる

『Quake』シリーズはこ1996年のリリースからこれまで基本的にゲームや拡張パックを購入してプレーする販売モデルが採用されてきました。例外として、『Quake III Arena』をベースとした『QUAKE LIVE』が基本無料、サブスクライブモデルで展開されてきしまたが、最終的には買い切り型に変更されています。

インタビュー内に「Favor」は簡単に手に入れることが出来るという記載があったため、おそらくゲームプレー等を通じて貯めることが出来るもので、早く一定量が欲しければ購入するという現在の「Free-to-Play」ゲームによくあるモデルとなるのではないでしょうか。詳細がまだわかっていませんが、『League of Legends』のような形式が近いのではないかと思います。

『Quake Champions』プレー動画

下記を含め様々な動画が公開されています。

デフォルトのキー配置は以下。

「PC Gamer」には Jessica Famularo 氏による「Don't worry, Quake Champions is still Quake」というタイトルのプレーレビューが掲載されています。「心配無用、Quake ChampionsはQuakeだ」というような感じでしょうか。

本作に新たな導入された各チャンピオン固有の独自アビリティが『Quake Champions』をこれまでの『Quake』シリーズとは全く別物にしてしまうのではないかという危惧について、Jessica Famularo 氏はこれらがゲームを別物にするような要素ではないと感じたとコメント。武器やアーマーを手に入れて戦っていくこれまでの要素がコアとなりつつ、アビリティを攻守に組み込んでいく楽しさがあると紹介していました。

また、『Overwatch』のようなヒーローシューターを期待している人は、おそらくガッカリすることになるだろうと指摘。その理由について、『Quake Champions』のチャンピオンには『Overwatch』のような特徴的なボイスやパーソナリティが導入されていないことを挙げていました。

AMD のシステムで快適なプレーが可能に?

id SoftwareのパブリッシャーBethesda SoftworksがAMDと提携している関係か、今回の展示では下記のPC構成でプレイアブルが行なわれています。

PCスペック

  • AMD Ryzen 7 1800x CPU
  • AMD RadeonXFX RX 480 GPU
  • 16GB RAM
  • Aorus GA-AX370 motherboard

Tim Willits氏はJessica Famularo 氏の質問に対し「レッドライト(AMDのグラフィックボード?)はゲームをより速く動かすのを手助けしてくれます」とコメントしたそう。GeForceシリーズと比較してという意味なのかはわかりません。ゲームの正式な動作スペック等も含めて気になるところです。

情報元

関連ニュース

Quake Champions 定番マップ「q3dm6」を『Quake Champions』向けにリメイクした「Blood Covenant」紹介ムービーが公開

Blood Covenant

QUAKEシリーズ最新作『Quake Champions』向けのマップ「Blood Covenant」の紹介ムービーがリリースされました。

Blood Covenant

「Blood Covenant」は、『Quake III Arena』の定番マップ「The Camping Grounds」(q3dm6)をモダンなスタイルでリメイクしたマップです。「The Camping Grounds」はDuel、Team Deathmatch、Free For Allなど様々なゲームモードでプレーされる他、異なるFPSタイトルにおいてファンが移植版を作成することもある人気マップとなっています。

動画を見たところ、完全に同レイアウトというわけではなく独自な構造となっていると思われる部分もありました。定番のジャンプテクニックがそのまま使えるのか、『Quake Champions』で導入される各キャラクターのアビリティをどのように活かしていくかなど、今後マップを走り回るのが楽しみです。

また、公式サイトでは「Ruins of Sarnath」というもう一つのマップ情報が掲載されています。

『Quake Champions』は現在クローズドベータテストの参加者登録を受付中。今週末3月10~12日にアメリカのボストンで開催される展示会『PAX East 2017』の会場には先行して『Quake Champions』のプレイアブル展示が行なわれるので、参加者による新たな情報や動画などが公開されていくことを期待出来そうです。

下記のキャラクター紹介ムービーも合わせてチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

Quake Champions 『Quake Champions』のクローズドベータテスト登録開始

qc

id Softwareが開発している『Quake Champions』のクローズドベータテスト登録がスタートしました。

『Quake Champions』のクローズドベータテスト登録開始

Bethesda Softworkのサイト上にてクローズドベータテストの一般登録がスタートしました。

登録ページ

登録方法はシンプルで、上記のURLにアクセスして生年月日認証を抜けた後、メールアドレス、国籍、注意事項の設問に回答して「SIGN UP」を押せば完了です。

sinup

クローズドベータは数週間以内にスタート予定で、今週末3月10~12日にアメリカのボストンで開催される展示会『PAX East 2017』の会場では先行して『Quake Champions』をプレーすることが可能とのことです。

下記の最新映像でゲームの様子が紹介されていました。

『Quake Champions』の最新情報は、同タイトルの日本語向けDiscordコミュニティでチェックすることが出来ますので、下記より気軽に参加してみてください。

参加登録

情報元

関連ニュース

Quake Champions 『Quake Champions』の先行クローズドベータ登録、5vs5チームデスマッチ体験が2017年3月10~12日の『PAX East 2017』で実施

Quake Champions

Bethesda Softworksが、2017年3月10~12日にアメリカのボストンで開催される展示会『PAX East 2017』に最新FPS『Quake Champions』を出展することを発表しました。

『Quake Champions』が『PAX East 2017』にて公開

『PAX East 2017』では、id Softwareが開発している『Quake Champions』を5vs5形式のチームデスマッチでプレー可能となる他、2017年に実施がされているクローズドベータテストの先行登録が可能となります。

PAXEast_Quake_730x411

『Quake Champions』が現状どのような仕上がりになっているのかといったレビューや、プレー動画をこの時期に見ることができそうです。

情報元

関連ニュース

Quake Champions QUAKE3の元世界王者ZeRo4がid Softwareのeスポーツマネージャーに就任

Quake Champions

QUAKE3の元世界王者 United States John "ZeRo4" Hill氏がid Softwareのeスポーツマネージャーに就任したことが明らかになりました。

ZeRo4がid Softwareのeスポーツマネージャーに就任

2017年2月14日、Quakeシリーズの公式Discordチャンネルにてid Software公式チームのメンバーとして、『World Cyber Games 2001』『QuakeCon 2001、2003』などで優勝した実績を持つ United States John "ZeRo4" Hill氏が紹介されました。

zero4

discord-text

aal

元プロゲーマーの Austria Richard "noctis" Gansterer氏が本人に役職を尋ねたところ「eSports Manager」との回答を得たとのことです。

現在、id Softwareはeスポーツにおける伝統的FPSタイトル『Quake』シリーズの最新作『Quake Champions』を開発中です。United States ZeRo4 氏がこちらのタイトルでのeスポーツ展開に大きく関与していくことになりそうです。

ちなみに、id Softwareは過去に「eSports Coordinator」という役職の求人も行なっており、「あると好ましいスキル」の中に「ロケットジャンプが堪能であること」が挙げられていました(uNleashedさん情報ありがとうございました)。いまではすでに消えてしまっているので、こちらの人材もすでにみつかっているのかもしれません。

『Quake Champions』の最新情報は、同タイトルの日本語向けDiscordコミュニティでチェックすることが出来ますので、下記より気軽に参加してみてください。

参加登録

情報元

関連ニュース

Quake Champions QUAKEシリーズ最新作『Quake Champions』の日本コミュニティ向け『Discord』チャンネルがオープン

Quake Champions

2017年にクローズドβの実施が預手されているQUAKEシリーズ最新作『Quake Champions』の日本コミュニティ向け『Discord』チャンネルがオープンしました。

Discordチャンネル『Quake Champions Japan』

『Discord』はテキスト・音声でのチャットやファイル共有が可能なゲーマー向けのプラットフォームです。PC・スマートフォン・タブレットなど様々なデバイスに対応しており、Webブラウザやアプリを通じて利用可能です。

料金は基本無料で、一時的には登録も必要なく使用できます。
登録は簡単なので、アカウントを作成してしまった方が良いでしょう。
チャンネルへ参加するには、以下の招待URLにアクセスすればOKです。

参加登録

チャンネルでは、元QUAKE4プロゲーマーの Japan taharasan (uNleashed)氏が『Quake Champions』の最新情報を紹介しています(チャンネル内「#quakechampions」にて)。また、『QUAKE』シリーズキャラクターのモノマネや「チャンピオン」にまつわる雑多なコミュニケーションも行なわれています。

『Quake Champions』に興味のある人は気軽にジョインしてみてください。

情報元

関連ニュース

Quake Champions QUAKEシリーズ最新作『Quake Champions』のゲームプレイトレーラーが公開、クローズドベータを2017年に実施予定

Quake Champions

QUAKEシリーズ最新作『Quake Champions』のゲームプレイトレーラーが公開されました。

Quake Champions – Debut Gameplay Trailer

動画は、アメリカで開催中『QuakeCon 2016』のキーノートにて公開されたものとのこと。

こちらでは、QUAKE3やQUAKE LIVEでお馴染みのdm6(Campgrounds)ライクなマップや、ロケットランチャー、レールガン、ライトニングガンといったお馴染みの武器や、ロケットジャンプ、バニーホップでの高速移動などファンには安心の映像がふんだんに盛り込まれていました。

また、今作では各登場キャラクターが特殊能力を持つという要素が追加されることが決定しており、それらの能力についても映像で確認することが出来ました。

QuakeConの最終日(現地時間で日曜日)に実施される「QuakeCon Finals Party」のステージでは、観客の前で初となるエキシビションマッチが行なわれるそうで、こちらでゲームについてのより詳しく知ることが出来そうです。

Quake Championsのクローズドベータは2017年に実施予定で、リーグやトーナメントなどのeスポーツ展開も行なっていくとのことでした。

情報元

関連ニュース

Quake Champions Quakeシリーズ最新作『Quake Champions』発表、様々な能力をもつキャラクターによるアリーナFPSとしてeスポーツ展開も視野に

Quake Champions

Bethesda SoftworksがE3にてQuakeシリーズ最新作『Quake Champions』を発表しました。

Quake Champions

『Quake Champions』は、120ヘルツ対応、フレーム制限なしのマルチプレーヤーシューターとして展開されます。

最も特徴的なのは、登場キャラクターがそれぞれ異なるスキルを持つ仕様を採用したこと。基本的にはチームベースのゲームとなり、各プレーヤーは各キャラクターの持つスキルを駆使し、チームメイトと連携して勝利を目指すことになります。

いまのところ、どのようなルールのゲームになるかなどの詳細は明らかにされていません。QUAKEシリーズの伝統的なモードとして期待されるであろう「Duel」が用意されるのかは、ファンとして非常に気になるところです。

「ハイスピードなアリーナスタイル」というQUAKEシリーズならではのコンセプトを採用しての展開になるそうで、公開されたトレーラーではロケットランチャー、レールガン、ライトニングガンといった定番武器やお馴染みのキャラクター達を確認することが出来ました。

また、Bethesda Softworksは様々な大会を支援していく方針も示しているそうです。

より詳しい情報については、8月4~7日にアメリカで開催されるQUAKEシリーズの祭典『QuuakeCon 2016』にて明らかにされる予定です。

公式サイトでは、最新情報を受け取ることが出来るメールアドレスの登録受付が実施されています。

また、下記の通り専用のSNSが開設されていました。

『QUAKE』シリーズは一般的にはあまり受け入れられないであろう独特なキャラクターデザインや世界観、ハイペースなゲーム展開、求められる操作スキルといった要素の関係で、ライトなゲーマーが入り込み易いゲームでは無いのが正直なところ。

最近では、『Overwatch』それらの課題を全てクリアするような形で世界的に人気を博していますが、『Quake Champions』がそのような受け入れられ方をするところをあまりというか、全く想像出来ません。もちろん、個人的には大好きなシリーズなのでより多くの人が楽しめるものになるとうれしいですが。

販売形式が基本無料なのか、サブスクリプション方式なのか、売り切りなのかといったところも気になるところです。

情報元

関連ニュース

1 / 1 ページ (全 8 件中 8 件)

次のページへ >>

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp