Enemy Territory QuakeWars ニュース アーカイブ

4 / 12 ページ (全 119 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』デモ版が1.1にアップデート

Enemy Territory: QUAKE Wars

『Enemy Territory: QUAKE Wars』デモ版がバージョン1.1にアップデートしています。

次にリリースされるLinuxデモ版との互換性、サーバーブラウザの読み込み回数軽減など、ちょっとしたバグ修正などが施されています。

完全版とパッチがそれぞれ用意されているので、以下のダウンロードページから好みに合わせてご利用ください。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE』予約ネームの受け取り方法

Enemy Territory: QUAKE Wars

『Enemy Territory: QUAKE』公式コミュニティサイトに、事前購入者の特典となる予約ネームの受け取り方法についての解説が掲載されています。

予約ネームの受け取り方法

  1. ネームを予約後に送られている確認メールに記載されているURLにアクセス
  2. サイトで、ゲームライセンスキーを入力する。入力するのは、製品についているコード。予約コードでは受け取ることができないので注意。
  3. ライセンスキー入力後、アカウント用のパスワードを決める

これで手続きは完了となります。

使用方法

次に、ゲーム内で設定をおこないます。

  1. 『Enemy Territory: QUAKE』をインストールし、起動する
    (再インストールする必要はないでしょう)
  2. ログイン画面で『Create User"』を選択し、さらに『Use an Existing Online Account』を選択
  3. 予約したゲームタグと、先ほど決定したパスワードを入力する

以上で全ての作業は終了となります。
名前を予約した方はお試しください。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』英語版日本語マニュアル付き 11月9日発売

Enemy Territory: QUAKE Wars

『Enemy Territory: Quake Wars』英語版日本語マニュアル付きが、11月9日(金)に発売となります。

英語版の製品に加えて、日本語のマニュアルが追加となる他、日本でのサポートを受けることが出来るようになるとのこと。
価格はオープンプライスで、発売元はアクティビジョン株式会社となります。
手っ取り早く遊びたいひとは、Steamからの購入がオススメです。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』Steamで販売開始

Enemy Territory: QUAKE Wars
Valveのオンラインゲーム配信プラットフォーム『Steam』にて、id Softwareの最新タイトル『Enemy Territory: QUAKE Wars』の購入が可能となりました。

Now on Steam - Enemy Territory: QUAKE Wars

Splash Damage によって開発され、Activision から発売される id Software の最新マルチプレーヤー・コンバットゲーム Enemy Territory: QUAKE Wars が、Steamを通じて世界中で利用可能となりました。

Enemy Territory: QUAKE Warsは15以上の賞を受賞しており、1ダース近い刊行物によって2007年における最も期待される新タイトルとされています。

――――

Steamでの販売価格は$49.95(約5,852円, $1=117.16円)となります。
先日、FPSGamer.jpの管理人であるBsan(さん、はいるのだろうか)とIRCで話をしていたところ「最近円安だからパッケージ版とそれほど変わらないかもね」と言われて、アマゾンの価格を見てみたら7,329円。
やっぱりスチムーは安いなあ、と思ったのですが紹介してもらった『IFeelGroovy』というショップでは5,680円でした。
Steamよりも安いのはすごい!

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars Steamで『Enemy Territory: QUAKE Wars』の予約購入スタート

Enemy Territory: QUAKE Wars
Valveのオンラインゲーム配信プラットフォーム『Steam』にて、id Softwareの最新タイトル『Enemy Territory: QUAKE Wars』の予約購入がスタートしました。

Pre-purchase Enemy Territory: QUAKE Wars Now

Splash Damage によって開発され、Activision から発売される id Software の最新マルチプレーヤー・コンバットゲーム Enemy Territory: QUAKE Wars が、Steamを通じて10月5日(北米ユーザー以外向け)と10月9日(北米ユーザー向け)にデジタル配信デビューします。

Enemy Territory: QUAKE Warsは15以上の賞を受賞しており、1ダース近い刊行物によって2007年における最も期待される新タイトルとされています。
Enemy Territory: QUAKE Warsを予約購入をし、戦いに備えてください。

---

Amazonだと7329円ですが、Steamだと$49.95(本日の為替で5,776円)で購入できます。
Steamが扱うタイトルをどんどん増やしていくと洋ゲー屋さんは涙目確定ですね…。
消費者的にはかなりうれしいですが。

ちなみに、パッケージ版は欧米のショップにて販売が開始されています。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』Linuxサーバーリリース

Enemy Territory: QUAKE Wars『Enemy Territory: QUAKE Wars』用のLinuxサーバーがリリースされました。

ダウンロード

サーバー用のファイルは、以下のリンクから手に入れることができます。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』バージョン1.1にアップデート

Enemy Territory: QUAKE Wars『Enemy Territory: QUAKE Wars』のクライアントがバージョン1.1にアップデートされました。

変更点

  • Linuxクライアントの互換性がアップデート
  • いくつかのグラフィックカードにおいてsoft particlesのパフォーマンス低下を改善
  • 近くにスポーンした乗り物を破壊することで経験値を得られる仕様を削除
  • GDF Titan Tankのボットコントロールを改善
  • dedicated LAN serverの管理者がマップチェンジでデフォルトグループに戻るのを修正
  • プレーヤーがミッションを変更できないのを修正
  • サーバーランチャーは、ゲームモードが変更されているときにマップローテーションをクリアするようになった
  • ローカライズされたクライアントが、同じPC上でliteサーバーをスタートした場合にローカライズされていない状態になってしまうのを修正
  • MegaTextures用のimage pure check(アンチチート)が失敗になってしまうのを修正

ヨーロッパでは、『Enemy Territory QUAKE Wars』が発売となるため、それに合わせてのアップデートとなったようです。
アップデートは、ゲーム内オプションの『Check for Updates』をクリックすることで適用されます。
また、以下からダウンロードすることもできます。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』ファンサイトキット更新

Enemy Territory: QUAKE Wars『Enemy Territory: Quake Wars』のファンサイトキットが更新されました。

最新バージョンとなるファンサイトキット3には、最新のスクリーンショット、6枚の新しい壁紙、サウンドファイル、ボックスショット、ロゴデータなどが追加されています。
ファイル容量100メガを超える、充実したキットとなっています。
ダウンロードは、以下のリンク内の左メニューから『FIN SITE KIT』を選択してから、『DOWNLOAD ZIP FILE』をクリックしてください。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』用PunkBusterアップデート

PunkBusterEnemy Territory: QUAKE Wars』に採用されているアンチチートツール『PunkBuster』のサーバーファイルがバージョン1.303にアップデートしています。

アップデートは、基本的に自動的に行なわれますが、ダウンロードページから該当のファイルをダウンロードして行なうこともできます。

ダウンロード

アップデートの適用は、専用のアップデートツール『PBSetup』を使うことで簡単に行なうことができます。
今回は必要ありませんが、クライアントのアップデートをする場合は、Quake3で書いた記事が参考になると思います。
やり方は全く同じです。

アップデートファイル、アップデートツールのダウンロードは以下のページからどうぞ。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』最新トレーラームービー

『Enemy Territory: QUAKE Wars』タイトル

先日デモ版がリリースされた『Enemy Territory: QUAKE Wars』ですが、新しいトレーラームービーが公開になりました。

地球に猛攻撃を仕掛けるStroggに対し、必死の反撃を試みるGDF。
ムービーを見ていると、地球は俺が守るぜ!というような不思議な気分になってきました。
まだデモ版もまともにプレーできていませんが…。
来週にはTeamFortress2のベータ版が来るし、どうしたらよいのか本気で困っています。

情報元

関連ニュース

4 / 12 ページ (全 119 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング