Enemy Territory QuakeWars ニュース アーカイブ

7 / 12 ページ (全 119 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』発売は7~9月か

Enemy Territory: QUAKE Wars『Enemy Territory: Quake Wars』のパブリッシャーであるActivisionが、リリース日を会計年度の2008年第二・4半期に延長しています。

これにより、ゲームは2007年7~9月の期間にかけてリリースされることとなります。
ActivisionのCFOであるThomas Tipplによると、リリース日の決定権はid Softwareにあるとのことで、詳細な日程については現状決まっていないようですね。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』のネーミングに関する情報

Enemy Territory: QUAKE Wars『Enemy Territory: QUAKE Wars』のサイトにアカウント名とクランタグに関する情報が掲載されていました。

Splash DamageのjRADが、フォーラムで質問された予約版購入得点のプレーヤー名予約権に関して答えた情報です。

名前に関する情報

プレーヤーは、1つのキーコードに対して3つのアカウントを作成でき、予約購入者は、この3つのうち1つのアカウントを先行して作成することが可能となるそうです。

アカウント名に関するルールは下記のようになります。

アカウント名のルール

  • アカウント名に使用できるのはa-z, A-Z, 0-9, -(ハイフン), _(アンダースコア), .(ピリオド)
  • アカウント名にクランタグを含める必要はない。クラン名はメニューから追加できる
  • カラーコードをアカウント名に含める必要はない。こちらもメニューから32色を後で指定できる

アカウント名はマスターサーバーに保存され、オンライン時にスコアボードやプレーヤーリストなどに表示されるそうです。

ゲーム内でのネームはこれとは別で、最大16文字のネーミングを行うことが可能とのこと。
カラーをつけることも可能で、別オプションのクランタグを組み合わせることもできるそうです。

jRADによると、プログラミングチームはバグフィックスやパフォーマンス改善の作業を現在行っているとのこと。
6月5日の発売が予定されていましたが、生産や流通的なことを考えると予定よりもズレこみそうです。
オンラインゲームショップのGDEXを見てみたところ、Enemy Territory: QUAKE Warsの発売予定日は『7月2日』となっていました。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: QUAKE Wars』パッケージデザイン

Enemy Territory: QUAKE Wars』のパッケージデザインが公開されました。

Enemy Territory: QUAKE Warsのパッケージデザイン

『Enemy Territory: QUAKE Wars』パッケージデザイン 2『Enemy Territory: QUAKE Wars』パッケージデザイン 1

左が通常版で、右がコレクターズエディションのパッケージとなります。
コレクターズエディションの内容については、来週発表予定とのこと。
どんなものが発表されるのか楽しみですね。
GDEXに掲載されている製品写真を見ると、それらしいものが何点か移っていますが、これが何なのかはハッキリはわかりません。
そういえば、Quake3の缶パッケージバージョンはカッコよかったですね。入手できませんでしたが。

また、『Enemy Territory: QUAKE Wars』にQuake4をバンドルしてくれるように嘆願するネット署名活動をしている人がいましたが、さすがにこれはコレクターズエディションでも無理でしょうか。

Quake4とQuake Warsの世界観が共通していることや、Quakeコミュニティを活性化させるためなどがバンドルしてほしい理由として挙げられています。

Enemy Territory: QUAKE Warsは海外で6月5日のリリースが予定されています。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』最新トレイラームービー

Enemy Territory: Quake Wars
『Enemy Territory: Quake Wars』の最新トレイラームービーが公開されました。

開発者インタビュー、ゲームの様々なコンセプトアート、そしてゲームプレーなどEnemy Territory: Quake Warsの気になる情報がギッシリ詰まったムービーとなっています。

実際にプレーヤーがゲームをプレーしているシーンもいくつか収録されていましたが、快適に動作していたように見えます。

ムービーを見たら、ゲームへの期待が高まること間違いなしです。
本当に、来月発売されるのでしょうか?
リリース時期が予定通りならば、そろそろデモ版が出てくる可能性がありますね。

Enemy Territory: Quake WarsEnemy Territory: Quake Wars
Enemy Territory: Quake WarsEnemy Territory: Quake Wars

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』公式コミュニティサイト

Enemy Territory: QUAKE Wars Official Community SiteEnemy Territory: Quake Wars』の公式コミュニティサイトがオープンしました。

開発元のSplash Damageの開発ブログ、最新ニュース、イベント情報などのコンテンツがオープンしています。
サーバー情報や、ゲームの統計などを見ることができるページも今後追加されるようです。
アカウントの作成もできるので、とりあえず作成してみました。
ユーザー同士でメッセージをやりとりできたり、友達リストを作成できたりとコミュニケーションができる作りになっています。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』最新情報

Enemy Territory: Quake WarsEnemy Territory: Quake Wars』の最新スクリーンショット、そしてプレビュー記事が海外のゲームニュースサイトに掲載されています。

プレス向けの体験会が先週催されたようで、その際の情報が先日一斉に解禁となったようです。


どの記事でもQuake Warsは好評な印象です。
BF2142のように経験値と報酬システムが導入されており、プレーヤーのモチベーションを高める仕組みが用意されています。 ← 読み違いだったようなので削除いたします
また、以前よりもユーザーインターフェースが改善され、プレーしやすくなっていたりと確実に進化した仕上がりになっているとのこと。
Quakeシリーズでおなじみのバニーホップやストレーフジャンプはシステムとして組み込まれていないそうで、Counter-Strikeなどのように、連続ジャンプを行なうとスピードが減少するそうです。
PCとコンソールでの対戦はできないみたいですね。
デモ版は、ベータテストの後、正式リリースの数週間前ほどから配布が行なわれる予定となっており、いまから楽しみです。

関連

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 北米で来週から『Enemy Territory: Quake Wars』の予約開始

Enemy Territory: Quake Wars北米で3月26日(月)から『Enemy Territory: Quake Wars』の予約が開始されるそうです。

予約特典として、ユーザー名登録の予約権、コレクターズカード、ポスターが付属するとのこと。
気になる発売日は、2007年6月5日(アメリカ・予定)、価格は$49.99となっています。

ここまで書いて調べてみたら、日本ではオンラインゲームショップの『GDEX』にて、すでに輸入版の予約が開始されていました。

個人的に、6月までにパソコンを新しくしなくてはならなそうです…。

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『ET: Quake Wars』クローズドβテストの参加クラン募集

Enemy Territory: Quake Wars
期待のFPS『Enemy Territory: Quake Wars』のクローズドベータテストの募集が開始されているとの情報が掲載されていました。

応募はクラン単位となり、下記の情報を etqwbetatest@activision.com 宛てに送る必要があります

応募項目

  1. Clan name (クラン名)
  2. Number of 'active' members (アクティブメンバー数)
  3. Games played regularly (プレーしているゲーム)
  4. Games played competitively (試合でプレーしたゲーム)
  5. Clan website (クランのWebサイト)
  6. Clan IM details (クランのIM、インスタントメッセンジャーのこと?)
  7. Clan email (クランのメール)

応募したら必ずテストに参加できるのかといった点については不明です。
Enemy Territory: Quake Wars早くプレーしたくてたまらない人は応募してみては?

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory:Quake Wars』がXbox360, PS3にも登場

Enemy Territory: Quake Wars
『Enemy Territory:Quake Wars』がPCだけでなく、Xbox360, プレイステーション3にも登場することがActivisionのプレスリリースにて明らかになりました。

id Softwareの監修の元、Xbox360版をNerve Softwareが、プレイステーション3版をZ-Axisが開発を担当するそうです。

それぞれの公式サイトをみてみたところ、Nerve Softwareは過去にXbox版の『Return to Castle Wolfenstein: Tides of War』の制作を手がけています。
また、Z-Axis
はXbox360版の『X-Men: The Official Game』の開発を担当していることがわかりました。

今回、発売日に関する発表はありませんでしたが、先月末に、2007年4月1日以降の発売となる情報が発表されています

情報元

関連ニュース

Enemy Territory QuakeWars 『Enemy Territory: Quake Wars』の発売が延期

Enemy Territory: Quake Wars
期待のFPS『Enemy Territory: QUAKE Wars』の発売時期が延期されたことを販売元のActivisionが発表しています。

its decision to move the release of Enemy Territory(TM): QUAKE Wars into fiscal year 2008.

ここでいう2008年は、Activisonの会計年度における年数となります。
情報元の記事によると、Activisionの2008年会計年度は2007年4月1日から2008年3月31日までとのこと。

つまり、『Enemy Territory: Quake Wars』の発売は2007年4月1日以降となります。

情報元

関連ニュース

7 / 12 ページ (全 119 件中 10 件)

<< 前のページへ 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング