Negitaku.org esports > > > FnaticのプロゲーマーcArn、Rekklesの活動を紹介する記事がウォールストリートジャーナルに掲載

ニュース

esports(eスポーツ) FnaticのプロゲーマーcArn、Rekklesの活動を紹介する記事がウォールストリートジャーナルに掲載

Videogame Champ, Past His Prime At 28, Grooms Next Screen Jocks

プロゲームチーム Fnatic の Chief Gaming Officer を務める Patrik "cArn" Sättermon 氏、League of Legends のプロゲーマー Martin "Rekkles" Larsson 選手の活動を紹介する記事がウォールストリートジャーナルに掲載されていました。

Videogame Champ, Past His Prime At 28, Grooms Next Screen Jocks

こちらは先月の記事ですが面白かったのでとりあえずなんとなく内容が伝わればという感じで日本語化してみました。

Mr. Sättermon's Teenage Charges 'Train' 12 Hours a Day; Winning Over the Parents

Patrik Sättermon 氏は 28 歳という高齢でピークを過ぎている自分自身をプロのビデオゲームプレーヤーだと捉えています。Counter Strike の元世界チャンピオンである Sättermon 氏は言います。

「いくつかのゲームは非常に速く反応しなくてはなりません。それは 24、25 歳のベテランプレーヤーには難しいでしょう。あなたは反応が衰えはじめることを認識しません。しかし、スコアボードを見てそれに気づいていくことになります。」

スウェーデン人の Sättermon 氏は世界のトッププロゲームチームの 1 つである Fnatic で Chief Gaming Officer を務めています。

彼はロンドンで Fnatic Academy を運営しており、1 年に 10 代の若者 6 人のみを受け入れています。Sättermon 氏は彼らがプロゲーマーになるだけでなくスターになって欲しいと願っています。

「ゲーマーとしてのピーク年齢は、反射速度とゲームを十分に理解する能力の適切なバランスがある 18 ~ 19 歳になるでしょう。」

パフォーマンスの世界では、ミュージシャンからテニスやサッカーと行ったスポーツのトップアスリートまで天才が見いだされています。優秀なビデオゲーマーの天才を探す過程には、多くの両親がとりつかれたようにゲームをする事から子供が守ろうとすることが含まれています。

Fnatic Academy における 10 代の新人たちは、チームメイトと共に 1 日に 12 時間をトレーニングに費やし、最大で 250 日家を離れて各国を周り競技を行なうために親元を離れなければなりません。

プロゲーミングチームは、プレーヤーに旅費、ゲーミングデバイス、宿泊施設、基本給、成績に応じたボーナスを支払います。チームはその見返りとして賞金から配分を得ます。トッププレーヤーは、1 ヶ月で $18,000 以上を手にすることが出来ます。

Sättermon 氏の 1 週間のほとんどは、インターネットで次のスターを見つけることに費やされます。それはプレーヤーランキングを見ることから始まり、誰かが活躍していたらインターネットで次の試合を観戦し、プレーヤーの性格や kill rate などをチェックします。データはすべてそこにあります。

Sättermon 氏が発掘した最新の宝石は、Rekkles というプレーヤーネームで League of Legends をプレーする Martin Larsson選手(17 歳)で、すでに大金を生み出しています。Sättermon 氏は昨年に Larsson 選手をオンラインで見つけ出し、すぐに契約を結びました。

「私たちは通常、プレーヤー達にオフラインで自身の実力を証明することを求めます。プレーヤーは自宅からオンラインでプレーする時、リラックスしながらプレーしています。しかし、ライブイベントではパニックとなり実力を発揮出来ないことがあります。Martin と即座に契約したのは私たちにとってギャンブルでしたが、彼は結果としてチームをトップに導きました。」

ロンドンの Fnatic Academy に所属する少年たちは、テキサスからデンマークまで世界中を飛び回ります。最初は自宅から始まり、プロになるとゲーミングハウスへと移り住みます。現在、Larsson 選手はドイツのケルンで 6 人のチームメイトと共に暮らしています。ブロンドで細身の Larsson 選手は、四六時中プレーするようになってから学業に対する興味をあっという間に失ったことを認めました。

彫刻のような髪型の Larsson 選手は、ジャスティンビーバーのようにスマートで慎重に答えました。

「始めた頃、両親の反応は否定的なもので学業を優先しろといつも言っていました」

現在、Larsson 選手は通常とは非常に異なる教育を受けています。起きている時間の 90% 以上は、ノイズをキャンセルするヘッドフォンを身につけ、パソコンの前で費やされます。ゲーム中の彼に何かを伝えることは不可能です。

「それは一種のワーキングスケジュールです。もし、あなたが私のように多くのお金を得るようになった時、それが時間の浪費ではないということがわかるでしょう。」

学校教育はケースバイケースを基礎として編成されています。若いゲーマーはまず、学校の授業を自身のトレーニングにフィットするようにしなくてはなりません。Fnatic Academy に所属する少年たちの大半は、このような場合に 16 歳でゲームに集中するため学校を中退します。1 日に数時間が自由な時間となりますが、実際それは仕事としてカウントされます。

「多くの若者は早朝までトレーニングするのです」と Sättermon 氏。

当初、Larsson's 選手の両親は懐疑的で、息子がビデオゲームをプレーすることに多くの時間を費やすのを制限しようとしました。「息子が学校から帰ってきたら、ゲームをする前に宿題を片付けなければならないようにしました」と Larsson 選手の母、Carina Larsson さん。

家族にとってのターニングポイントは、2012 年夏、チームが Larsson 選手にニューニークで開催されるトーナメントの渡航費用を支払ったことでした。

「息子がコンピューターゲームの世界で渡航費を支払われるような人物であると理解したとき、私たちはゲームについて興味を持たなければなりませんでした。」

ジェット機で飛び回る生活、ファン、数千ドルの価値がある賞金など、プロフェッショナルゲーミングの魅力は明白です。Larsson 選手は Facebook で 29433 もの"いいね!"を得ていますが、彼は注意を向けません。

「キャリアのはじめは、女の子よりもゲームにより集中しなければ」

プレーヤーの写真を撮ろうと飛びかかるような一部のファンは時に変わった事を要求します。1 人の女性は胸にサインをするよう Larsson 選手にねだりました。

「あれには困りました」と Larsson 選手。

ビデオゲーミングには他のスポーツのような、ランニングやウェイトリフティングといったフィジカル要素が欠如しています。少年達は目標を達成するためにインベストメントバンカーのようなスタイルで、ゲームに時間をつぎ込むことが出来ます。

「若く情熱があるプレーヤー達は、週に 80 時間近くをゲームの練習に費やします。コーチはプレーヤー達に専用のトレーニングプログラムを与え、Skype やインスタントメッセンジャーを通じて日々コンタクトを継続します。多くのプレーヤーは"非常に高飛車"で、コーチを必要ないと考えています。しかし、それは変わっています。

プロゲーマーは一分間に 400 コマンドを繰り出すことが可能で、ゲームが終了すると体は疲れ果てます。プロゲーマーの体型は変化します。それは全ての人に当てはまります。あなたは油断することなく長時間集中してプレーする必要があります。プレーヤーたちは非常に競技的で、見た目に注意を払っています。」と Sättermon 氏

10 人の Fnatic Academy プレーヤーのうち上位 2 人は、他のプロゲーマーやマネージャーと共に生活するゲーミングハウスへとステップアップします。ゲーミングウスには、プレーヤーが成功するために必要なもの全てが用意されています。

「キッズたちは夜更かしして遅くに起きるのを好んでいます。彼らを朝に起こし、食事をさせ、ゲームをプレーさせるのがマネージャーの責務です」

一部の専門家は、あまりにも多くゲームをプレーすることは長期的な影響があると警告します。脳が経験における変化によってどのような影響を受けるかを研究する脳科学者の Daphne Bavelier 氏は「私たちの目の前で起こることは自然な実験です。問題は、自分自身を異なる世界で失わせていることです。誰とも顔を合わせて交流しません。また、食欲を失います。そのようなことが常に起こります。」と言います。

しかし、Daphne Bavelier 氏はこうも言います。「それは、アメリカンフットボールよりは少しも悪いことでは無いかもしれません」

情報元

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメント (2)

非常に興味深い記事でした。翻訳おつかれさまです

翻訳thxです!

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング