Negitaku.org e-Sports > > > 『JCG Grand Championship 2014』でkur0a(StarCraftII)、Rascal Jester(League of Legends)が優勝

ニュース

e-Sports(eスポーツ) 『JCG Grand Championship 2014』でkur0a(StarCraftII)、Rascal Jester(League of Legends)が優勝

JCG Grand Championship 2014

2014年1月25~26日に開催された『JCG Grand Championship 2014』で Japan kur0a 選手(StarCraftII)、Japan Rascal Jester(League of Legends)が優勝となりました。

JCG Grand Championship 2014

『JCG Grand Championship 2014』2013年に行なわれた4 Seasonを勝ちぬき出場権を獲得したプレーヤー・チームの参加で行なわれました。

決勝大会はシングルイリミネーション方式のト―ナメントで行なわれ、以下のような結果となっています。

順位

StarCraftII

  • 1位: Japan kur0a - 10万円
  • 2位: Japan TMjpg - 4万円
  • 3位: Japan Vaisravana - 2万円
  • 4位: Japan Grinkers - 1万円

kur0a
Japan kur0a

TMjpg
Japan TMjpg

VaisravanaGrinkers
Japan Vaisravana、Japan Grinkers

League of Legends

  • 1位: Japan Rascal Jester - 50万円 (apaMEN, cogcog, Lillebelt, Rainbrain, Rkp)
  • 2位: Japan Veck - 20万円 (alleycats, Astarore, BonziN, Promes, Riosilva)
  • 3位: Japan Ozone Rampage - 10万円 (Aotaka, dejiwo, ENvy, MMeron, tel)
  • 4位: Japan DetonatioN FM - 5万円 (Gouken, Gorira13, Maa, sid, Yutaprold)

Rascal Jester
Japan Rascal Jester

Veck
Japan Veck

Ozone RampageDetonatioN FM
Japan Ozone Rampage、Japan DetonatioN FM

試合写真

今回はゲームに詳しくないので基本的に写真で紹介とさせていただきます。
試合の詳細を知りたい方は、ニコニコ生放送のタイムシフト機能で視聴することができます。

大会会場は、東京・浜松町の東京テレビセンター 浜町スタジオ。
テレビ番組を撮影するようなスタジオのようで、観客は関係者、メディア、抽選で招待されたJCG会員となっていました。

東京テレビセンター 浜町スタジオ

ストリーミング配信がメインとなっているため、会場ではディレイがかかった映像を備え付けのモニタを見て観戦する方式。別エリアに、配信用の実況解説席が用意されていました。

実況解説実況解説

StarCraftII

StarCraftII部門の決勝戦は、Season1優勝のJapan kur0a選手とSeason4 2位のTMjpg選手という組み合わせ。

握手

kur0a
Japan kur0a

TMjpg
Japan TMjpg

試合は Best of 5 形式で、1試合目を Japan kur0a選手、2試合目を Japan TMjpg選手、3試合目、4試合目を Japan kur0a選手が連取し、3-1で優勝となりました。

StarCraftII

グランドチャンピオンシップで優勝した Japan kur0a選手は、試合後のインタビューにて今後は League of Legends に活動の場を移すことを発表していました。
優勝して別タイトルに転向ということで、他の選手はリベンジするチャンスが無くなってしまったのが残念ではないでしょうか。

League of Lgends

League of Lgends 部門は、Season4 ベスト4のJapan Rascal Jester と Season1、Season3 優勝の Veck が決勝戦で激突。

握手

Rascal Jester
Japan Rascal Jester

Veck
Japan Veck

1試合目
1試合目: Veck (上)、Rascal Jester(下)

2試合目
2試合目: Rascal Jester (上)、Veck(下)

会場の観戦客は数十人といったところでしたが、チャンピオンが倒されたり集団戦に入り込むと大きな歓声や拍手が起こりかなりの盛り上がりを見せていました。
試合は決勝戦ということもあり非常にタイトで、何度も展開がひっくり返り会場からは「この後どうなるの…!?」といったような声も聞こえてきました。

ファイナル

結果としては、Rascal Jester が2試合を連続で勝利しグランドチャンピオンの座を獲得しました。

Rascal Jester

優勝したRascal Jester のメンバーには、オンラインFPS『Special Force』で世界大会出場の実績を持つ Rkp選手がいたことに気づいたのでお話を聞いてみると、タイトル転向して1年ほどとのこと。他にも2名がFPS出身ということで、FPSファンな自分としては元FPSプレーヤーが他のタイトルに移っても活躍していることがうれしく感じられました。

JCG Grand Championship 2014

参考

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメント (2)

上から2枚目、TMjpg選手の写真とDetnationFMの写真が同一のもののような気がしますが、間違いではないですか?

ご指摘ありがとうございます。
画像修正しました。大変失礼いたしました

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp