Negitaku.org esports > > > 14年の歴史を持つeスポーツの世界大会『World Cyber Games』が開催終了へ

ニュース

esports(eスポーツ) 14年の歴史を持つeスポーツの世界大会『World Cyber Games』が開催終了へ

World Cyber Games

14年の歴史を持つeスポーツの世界大会『World Cyber Games』が開催終了となることが明らかになりました。

World Cyber Games

こちらの情報は『World Cyber Games』を主催する「World Cyber Games Inc.」のCEOを務めるBrad Lee氏が世界中のパートナーに向けて送ったeメールによって明らかになったものです。

Brad Lee氏からのeメール内容

2014年、World Cyber Games Incは World Cyber Games World Fnalsを含むトーナメントおよびイベントを開催いたしません。
従って、各パートナーのみなさまはこの時点からWorld Cyber Gamesブランドを各国で使用することが出来ます。この決定は、現在のグローバルなトレンドやビジネス環境を考慮した後に、 World Cyber Games 委員会によって決定されました。

これはあなたにとってショッキングなお知らせとなるでしょう。World Cyber Gamesの全スタッフはこの発表に驚かされました。

14年間であなた方がしなければならないのはWorld Cyber Gamesを世界で最高のイベントとすることで、あなたの献身に基づくたくさんの素晴らしい瞬間があります。ブランドは無くなりますがWorld Cyber Gamesのスピリットは永遠にプレーヤーやファンの心に残ります。

この瞬間は私にとって非常に困難で痛ましいですが、World Cyber Gamesにお別れを言わなくてはなりません。

14年間におけるあなたの情熱と熱狂に感謝いたします。

御社の成長と繁栄を願います。私たちは再びすぐにお目にかかることでしょう。

Brad Lee
World Cyber Games Inc. CEO.

World Cyber Games データ

  開催国 賞金総額 参加者数 参加国数
WCG Challenge 韓国 $200,000 174 17
WCG 2001 韓国 $300,000 430 37
WCG 2002 韓国 $300,000 462 45
WCG 2003 韓国 $350,000 562 55
WCG 2004 アメリカ $400,000 642 63
WCG 2005 シンガポール $435,000 679 67
WCG 2006 イタリア $462,000 700 70
WCG 2007 アメリカ $448,000 700 75
WCG 2008 ドイツ $470,000 800 78
WCG 2009 中国 $500,000 600 65
WCG 2010 アメリカ $250,000 450 58
WCG 2011 韓国 $303,000 600 60
WCG 2012 中国 $258,000 500 40
WCG 2013 中国 $306,000 500 40

『World Cybeer Games』は2000年にテストとして『World Cyber Game Challenge』が行なわれ、その翌年から本格的にスタート。最も参加数が多かったのは2008年のドイツ大会、賞金総額が一番高かったのは2009年となります。

ちなみに、日本は2000年から同大会に出場をしており、様々なタイトルで金メダリストをを輩出しています。

開催中止の理由をいろいろと推測

『World Cyber Games』が終了となる理由は上記の通り「現在のグローバルなトレンドやビジネス環境を考慮した結果」と発表されました。

このあたりをいろいろな材料で補足 & 予想していくと以下のようなことなのではないかと思います。

グローバルスポンサーのサムスンの業績が不調?

『World Cyber Games』は韓国のサムスン電子がグローバルスポンサーとなり開催が行なわれてきました。そのサムスンは、ウォン高の影響で業績が不調な状態となっています。

サムスン株価

PCとモバイルの出荷数逆転現象

『World Cyber Games』は2012年に、勢いを増すモバイルにフォーカスしようとメインタイトルをPCからモバイルゲームに変更しようと試みましたが、方々から反発があったようでこの計画は実行されませんでした。

サムスン電子はモバイル端末のメーカーでもあるので、PCに注力するのは止めたいのかもしれません。

『World Cyber Games』以外の大会が台頭し、ブランド力が低下?

先に掲載した表でもわかるように参加者する選手数や国が近年は減少傾向となっていました。

また、採用タイトルに韓国や中国企業のゲームが増えた他、『Global StarCraft II League』『DreamHack』『Intel Exreme Masters』『League of Legends Championship Series』といったグローバルな大会が注目を集めるようになり、欧米のチームやプレーヤーはこちらに参加するケースが増え、ここ2~3年ほどは欧米のニュースサイトで『World Cyber Games』の特集はあまり見られなくなっていました。

一方、アジアでは人気があり2013年に開催された大会では、2012年から4万人増となる15万人が会場を訪れたとのデータが発表されています。

今年と去年に個人的にTwitterに書いた感想が以下になります。

eスポーツは2009年頃の世界的な経済不況の影響でスポンサーが撤退するなど、かなりの落ち込みを見せていましたが、ここ数年は上り調子という印象です。その一方で、現在は最も歴史があるeスポーツ大会である『World Cyber Games』が終了してしまうのは残念でなりません。日本が最も参加しやすかった世界大会でもありますし。

一般向けにアナウンスが行なわれた際には、その内容について紹介したいと思います。

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメント (4)

2010~2012年しか見てませんでしたが残念です…

WCG 2011 highlights
http://www.youtube.com/watch?v=XQVilPJOxWk 

holy shit

前々から採用タイトルには疑問を感じていたが
まさか開催終了するとは…

各種目のWCGまとめが楽しみだ

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング