Negitaku.org esports > > > 『League of Legends』公式世界大会『2016 World Championship』の公式日本語放送が10/22(土)より実施決定

ニュース

League of Legends 『League of Legends』公式世界大会『2016 World Championship』の公式日本語放送が10/22(土)より実施決定

League of Legends

『League of Legends』公式世界大会『2016 World Championship』の日本語配信が決定しました。

2016 World Championship

『2016 World Championship』は、Riot Gamesが主催する『League of Legends』の公式世界大会です。
大会には、同サービスが展開される世界各エリアの代表16チームが出場。

4チーム×4グループに別れての予選「グループステージ」を経て、各グループの上位2チームずつが「ノックアウトステージ」に進出。シングルイルミネーション方式トーナメントで実施される同ステージは準決勝まで進んでおり、残り4チームが世界一の座をかけて競い合います。

注目となる残りの準決勝2試合と決勝1試合は、下記の日程にて実施される日本語放送を通じて楽しむことが出来ます。

放送スケジュール (日本時間)

セミファイナル

  • 10/22(土)07:00~ Korea SK Telecom T1 [vs] Korea ROX Tigers
  • 10/23(日)07:00~ Korea Samsung Galaxy [vs] Europe H2k Gaming

ファイナル

  • 10/30(土)08:00~

ストリーミング配信

配信URL

キャスター

  • 実況: Japan Mitarai "eyes"Koji
  • 解説: Japan Ryosuke "Revol" Kakizaki

大会の基本賞金総額200万ドルですが、今大会より大会関連のゲーム内アイテムを購入することで25%が賞金総額に配分される仕組みが導入されており、先週の時点で下記のとおり2倍近い金額となっていました。

現在はこれよりもさらに増額されていることは間違いありません。

準決勝1試合目のKorea SK Telecom T1 [vs] Korea ROX Tigersは、共に人気実力ともにトップクラスのチーム同士の対決で、実質の決勝戦という見方もあります(※ちなみに2015年の決勝戦と同じ組み合わせ)。

もう1試合は、どちらも準々決勝を3-0で勝利し勝ち上がった Europe H2k Gamingと、 Korea Samsung Galaxyの対戦。こちらの試合は、勝ち残っている4チームのうち唯一のヨーロッパ勢である Europe H2k Gaming を応援するファンが多くなると予想されるため、 Korea Samsung Galaxyにとってはやりにくい展開となるのではないでしょうか。

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp