CS:GO『ELEAGUE Season 2 Playoff』でOptic Gamingが優勝

el2

アメリカで開催された『ELEAGUE Season 2 Playoff』で United States OpTic Gaming が優勝しています。

ELEAGUE Season 2

『ELEAGUE Season 2』はSeason 1の上位8チーム、アメリカ、ヨーロッパの予選を通過した各4チームずつ、計16チームが出場して実施されました。

4グループに分れてのグループステージが行なわれ、各グループの上位2チームがプレーオフに進出。プレーオフはシングルイルミネーション方式トーナメントで進行され、決勝戦はUnited States OpTic Gaming と Denmark Astralis という対戦組み合わせとなりました。

決勝戦はBest of 3形式で行なわれ、United States OpTic Gaming が2-1で勝利となりました。

Optic GamingはCS:GOチーム結成してから最大となるタイトルと6ケタドルの賞金$400,000(約4,541万円, $1=113.54円)を獲得しています。

この結果はかなり予想外の展開の展開といえるでしょう。
10月に開催された『ESL Pro League Season 4 Finals』では United States Cloud9が優勝していましており、アメリカチームがトップとなる頻度は今後も増えていく可能性が高そうです。

順位

プレーオフ出場チーム

トーナメント表

決勝 準決勝 準々決勝

情報元

Counter-Strike: Global Offensive

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。