賞金総額50万ドルの『ROG MASTERS 2017』がCS:GO、Dota 2で開催、オンライン日本予選も実施

ROG MASTERS 2017

賞金総額50万ドルのCS:GO & Dota 2大会『ROG MASTERS 2017』の開催が発表されました。

ROG MASTERS 2017

『ROG MASTERS 2017』は、『ASUS』のゲーミングブランド『Republic of Gamers(ROG)』が主催するeスポーツ大会です。競技ゲームは昨年に引き続き『Counter-Strike: Global Offensive』と『Dota 2』が採用され、各タイトル賞金総額25万ドルずつで実施されます。

「アジアパシフィック」「ヨーロッパ・中東・アフリカ」「アメリカ」「中国」の4地域を対象に予選を開催し、最終的に各地域の代表6チームが、2017年11月に実施される「Grand Finals」に進出することが出来ます。

大会フェーズ

以下では、日本が出場可能な「アジアパシフィック予選」を対象に流れを紹介します。
※『CS:GO』『Dota 2』共通

出場登録

参加登録の詳細は改めて発表予定となります。

2016年大会は『CS:GO』で Mongolia The MongolZ、『Dota 2』で Europe Team Secretが優勝しました。

情報元

DOTA2 Counter-Strike: Global Offensive

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。