『Overwatch World Cup 2017』日本代表、オーストラリア予選プレーオフで惜敗、本戦出場権獲得ならず世界ベスト16に

Overwatch World Cup

Overwatch World Cup 2017』シドニー予選プレーオフにて日本代表がオーストラリアに惜敗となりませした。

『Overwatch World Cup 2017』

『Overwatch World Cup 2017』はBlizzard Entertainmentが主催する公式国別対抗戦です。

2017年7月21~23日にオーストラリア・シドニーの「The Star Event Centre」でグループステージのCとDが開催され、日本はグループDを2勝1分で1位通過しプレーオフに進出。

プレーオフには4チームが出場し、日本(D 1位)とオーストラリア(C 2位)、スウェーデン(1位)とスペイン(D 2位)が対戦。それぞれ勝利したチームが本戦への出場権を得ることが出来ます。

日本が対戦するオーストラリア代表は、『Overwatch Pacific Championship Season1』準優勝の実績を持つ Australia Blank Esportsのフルメンバーで構成されています。同大会に出場していた日本チームはシーズンを通じて勝利を奪うことが出来なかった強豪チームです。

プレーオフの対戦は、そのオーストラリアが1マップ目で勝利して先行。日本が追いかけるシーソーゲーム展開となり、決着は最終5マップ目までもつれ込みましたが、最後の大勝負で日本チームを制圧した地元オーストラリアが勝利となり、本戦への出場権を獲得となりました。

順位

2017年11月3~4日にアメリカ・アナハイムの『BlizzCon 2017』会場で実施される『Overwatch World Cup 2017』本戦には、4エリアで開催される予選を勝ち抜いた計8チームが出場となります。日本代表はその出場チームを決戦する対戦で敗退となっため、世界ベスト16という結果になりました。

プレーオフ

配信アーカイブ

グループステージ

Group C Group D

「みんなの代表」日本Overwatchチームの健闘は日本FPSの歴史的快挙

長年FPSの国際大会における日本代表の試合を見ていますが、残念ながら日本と世界の差を感じる結果となることがケースが多いです。しかし、今回の日本代表はグループステージを圧倒的な強さで勝ち上がり、ワールドカップ本戦への出場権を手にしてくれるに違いないという確信と安心感を持って見守る事ができる本当に素晴らしいチームでした。結果としては残念でしたが、『Overwatch』のようなグローバルFPSタイトルで「世界ベスト16」は日本FPSの歴史的快挙で、シーンにおける日本の評価を高く押し上げるものになったことは間違いありません。

今回の日本代表戦は多くの人が応援していた印象がありましたが、それは日本代表の選考委員が公開方式を採用しコミュニティを巻き込んでの選考を行なったことで、「自分達の日本代表」という意識をより強く持てたチームだったからではないでしょうか。

日本代表を破ったオーストラリアは、先にも書いたとおり『Overwatch Pacific Championship』でも対戦しており日本に縁があるチームです。是非とも本戦で良い結果を残して欲しいところです。

また、『Overwatch Pacific Championship Season2』では日本代表に選ばれた Japan Libalent Supreme のメンバーたちが再び [オーストリラ] Blank Esportsと対戦することになる予定です。

今後の国際大会でも、日本チームが活躍してくれることを期待しながら応援していきたいと思います

情報元

Overwatch

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。