Negitaku.org esports > > > Valveが『Dota』の世界観を採用する新作デジタルカードゲーム『Artifact』を発表、2018年にリリース予定

ニュース

DOTA 2 Valveが『Dota』の世界観を採用する新作デジタルカードゲーム『Artifact』を発表、2018年にリリース予定

artifact

Valveが『Dota』の世界観を採用する新作デジタルカードゲーム『Artifact』を2018年にリリースすると発表しました。

Valve新作デジタルカードゲーム『Artifact』を発表

現在アメリカのシアトルで開催されている『Dota 2』公式世界大会『The International 2017の』の会場にて、下記のトレーラームービーが流され新作カードゲーム『Artifact』の存在が明らかにされました。

ムービーでは大地か惑星なのかはわかりませんが何らかの物質が突如として割れ、そこから「赤」「青」「緑」の長方形と、「黒」の三角形が誕生。三角形を長方形が取り囲み『Artifact』のゲームロゴに変化し、さらに「THE DOTA CARD GAME」という説明書きが登場しました。

『Dota』のゲームルールを反映したデジタルカードゲーム

大会配信のホストを務めるDay9氏の説明によると、『Artifact』はDotaのように3つのレーン(ボード)を舞台に5人のヒーローを使用して対戦するデジタルカードゲームとのこと。

プレーヤーはゴールドを集めて武器カードを購入してヒーローを強化した後、各レーンでヒーロー達が激突することになるようです。毎ターンごとに「Creeps」が沸くそうで、プレーヤーはおそらくこれらを倒してゴールドを手に入れることになるのではないかと推測できます。ちなみ、各ヒーローには『Dota』に由来するアビリティが用意されており、例としてBounty Hunterは敵を追跡しゴールドを獲得することができることが紹介されていました。

最近のデジタルカードゲームには『Hearthstone』のルールやアイデアをベースにしたクローンゲーム的なものがいくつかありますが、『Artifact』は『Dota』のゲーム展開をそのままカードゲームに落とし込んだものとなるようなので、全く異なる独自ゲームとなりそうです。

『Dota 2』のロゴはマップの形状を現わしていますが、『Artifact』もロゴと似たようなバトルフィールドになるのではないでしょうか。今回は『Dota 2』ではなく『Dota』のカードゲームとして発表されていることから、『Dota 2』に限らず『Dota』の世界観を題材にしたゲームになっていくのではないかと思われます。

公式Twitterアカウントでは、本ゲームに関するツイートを公式アカウント宛てまたはハッシュタグをつけて投稿して欲しいと呼びかけていました。

情報元

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング