『Dota 2』2017-2018競技シーズンは『Dota Pro Circuit』として開催、特設ページがオープン

Dota Pro Circuit

『Dota 2』2017-2018競技シーズンが『Dota Pro Circuit』として展開されること発表されました。

Dota Pro Circuit

『Dota Pro Circuit』は公式世界大会『The International 2018』の招待出場8チームを決定する「Qualifying Point」をかけて実施されます。

現在のところ、11の「Major」大会と16の「Minor」大会の開催が予定されており、それぞれの大会でベスト4に入賞することで「Qualifying Point」を獲得することが出来ます。

「Major」と「Minor」の違いは賞金総額と付与されるポイントとなります。

ポイント配分

3位決定戦がない場合 3位決定戦がある場合

仮に「1,500」ポイントの「Major」大会で優勝した場合、優勝は50%の配分なので「750」ポイントを獲得。この「750」ポイントはラインナップの各選手に付与されます(750を5人で割って150ポイント、ということになりません)。

今後の大会スケジュール、獲得ポイント、賞金、主催者のリストを下記の特設サイトで確認することが出来ます。

情報元

DOTA2

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。