『Immortals』CS:GO部門のsteelが、stanislawに代わり『Team Liquid』へ加入

steel

Brazil Immortals CS:GO部門に所属していた、Brazil Lucas "steel" Lopes選手が、Canada Peter "stanislaw" Jarguz選手に代わり United States Team Liquidへ入団したことが発表されています。

※以下は投稿いただいた記事になります。名前の記載がありませんでしたが、ありがとうございました。

※現状、確証がとれない「ウワサ」は自分が書く場合には基本的に扱っていませんが、今回投稿していただいた方がかなり選手と近い間柄にある上で得た情報を元にしていると判断してそのまま掲載しています

『Immortals』のsteel選手が『Team Liquid』へ加入

Brazil Immortalsではチーム内での問題により Brazil Henrique "HEN1" Teles選手、Brazil Lucas "LUCAS1" Teles選手、 Brazil Vito "kNgV-" Giuseppe選手、そして Brazil Lincoln "fnx" Lau選手らが Brazil Immortalsではプレーしない事を発表。その後、Brazil Ricardo "boltz" Prass 選手がSK Gamingのメンバーとして出場するなど、先週までは下記のラインナップとなっていました

Immortals

しかし、zqk選手、Destinyy選手がビザのトラブルにより、zqk選手はアメリカではなくカナダから試合に参加していることが先週末に明らかになり、今後どうなるのか心配されていました。

steel選手がTeam Liquidへ移籍

Brazil Lucas "steel" Lopes選手は現地時間の12日まで Brazil Immortalsの選手として大会に参加していました。筆者が空港でアメリカへ帰国する際に直接話をする機会があったので訪ねてみたところ、11月9日(木)にはすでに United States Team Liquidへの移籍話がまとまっていたとの事です。

United States Team Liquidのコーチはアメリカ育ちのブラジル人 Brazil Wilton "zews" Prado氏である事、そしてSteel選手本人も英語が話せるという事で、United States Team Liquidにおけるコミュニケーションは心配ないとの事です。

United States Team Liquidからの公式発表があったとおり、ラインナップは以下のようになりました。

Team Liquid

しかしながら、Brazil Steel選手、そして現 Brazil SK Gamingのラインナップに加入するという話が出ている Brazil Ricardo "boltz" Prass選手は2018年に開催する『ELEAGUE Major: Boston 2018』には参加できません(SK GamingはJoão "felps" Vasconcellosを起用する事になっています)。
※ELEAGUE Major: Boston 2018の出場選手登録が締め切りを過ぎているため

こちらの問題については、Liquidではまだ確定ではないがおそらくWilton "zews" Prado氏が試合に出る事になるだろうとの事。

また、こちらはまだあくまでも噂レベルだと思っていただければと思うのですが、Brazil ImmortalsのCEOであるNoah Whinston氏は、SK Gamingの選手たちを獲得する事を検討しているとの事です。SK Gamingのメンバーは一月に『ELEAGUE Major: Boston 2018』を控えているため、この「噂」が実現するのであればおそらくその大会後に発表があるのではないでしょうか。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。