CS:GOメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston』の開催フォーマット変更、全24チームのゲーム内ステッカーアイテムを販売

eleague

2018年1月に賞金総額100万ドルで開催されるCS:GOメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston』の開催フォーマットが変更されました。

CS:GOメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston』の開催フォーマット変更

これまで、CS:GOのメジャー大会は、1つ前に実施されたメジャー大会の上位8チーム「Legends」、前大会の9~16位チームと各エリア予選通過8チームが出場するオフライン予選を勝ち抜いた上位8チーム「Challengers」を合わせた16チームの出場で実施されました。

オフライン予選が本大会に含まれる形に変更

新フォーマットでは、オフライン予選を本イベントに含む形に変更し、下記の3段階方式で進行されていくことになります。

The New Challengers Stage (旧「Offline Qualifier」) The New Legends Stage (旧「Group Stage」) The New Champions Stage (旧「Playoffs」)

これにより、メジャー大会でリリースされるチーム・選手のステッカーゲーム内アイテムに「The New Challengers Stage」出場チームも含まれるようになります。

売上の50%が選手やチームに配分される仕組みもあるため、出場チームやファンにとっては非常にうれしい変更となります。

ELEAGUEでゼネラルマネージャーchristina alejandre氏のツイート

出場チーム

Current Legends (PGL Major Kraków 2017 上位8チーム) Current Challengers (PGL Major Kraków 2017 下位8チーム) Minor Champions and Runners up (予選通過チーム)

情報元

Counter-Strike: Global Offensive ELEAGUE

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。