『2018 Overwatch Open Division Season 1』の参加登録がスタート

ow

2018年からスタートする『Overwatch』の公式大会の参加登録がスタートしました。

『2018 Overwatch Open Division』の参加登録開始

ブリザードは2017年11月に、2018年の公式競技シーンに関する発表を下記の通り行ないました。

2018年からはヨーロッパ、アメリカ、アジアパシフィック、オーストラリア、韓国、中国、南米の7地域を対象に下記の3部門による大会が実施されます。

大会フォーマット

『Overwatch Open Division』は誰でも出場可能。『Overwatch Contenders』はまず招待チームが出場し、シーズン終了後に「Contenders」の下位4チーム、「Open Division」上位4チームが出場する入れ替え戦「Contenders Trials」を実施。

そしてプロリーグ『Overwatch League』は12のフランチャイズチームにスカウトされ契約を締結したプロ選手が出場となります。

『Overwatch Open Division』の参加登録スタート

詳細

基本的にはBlizzardアカウントに紐付いたエリアでの参加となるため、日本は「アジアパシフィック」エリアを対象としたエントリーになるかと思います。

エントリーページ スケジュール

出場チームリストを見てみたところ、まだ日本チームの登録は内容でした。
日本のプロゲームチーム Japan DeToNatorの韓国チーム Korea DeToNator.KR がすでにエントリーを完了していました。

『Overwatch Contenders』の招待チーム発表

また、上位大会『Overwatch Contenders』の招待チームも発表。2017年にAPEX、プレミアシリーズ、パシフィックチャンピオンシップで上位入賞したチームが招待チームに選ばれています。

パシフィックエリアでは Japan Libalent Supreme が招待権を得ていますが、先日活動休止が発表されたため辞退になる可能性が高そうです。

China Europe Korea North America Pacific

この他にも、『Overwatch League』に出場する9チームによって設立されるアカデミーチームが下記エリアの『Overwatch Contenders』に参戦します。こちらは、新たな選手の育成を目的としているそうです。

情報元

Overwatch Overwatch Open Division Overwatch Contenders Overwatch League

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。