『100 Thieves』がビザ問題によりCS:GO『ELEAGUE Major: Boston』出場を見合わせ

100t_hieves

『100 Thieves』が、賞金総額100万ドルのCS:GOメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston』出場を見合わせると発表しました。

『100 Thieves』がビザ問題に直面

『100 Thieves』のCS:GOチームはブラジル国籍を持つメンバーで構成されており、アメリカの入国にはビザが必要となります。チーム公式Twitterによると、業界トップクラスの弁護士と共に取り組みましたが、ビザ取得が叶わず出場を見合わせる事を決定したそうです。

『ELEAGUE』は本件についてチームより報告を受け、大会公式サイトにて出場チームの入れ替えを行なう予定と発表しました。

Brazil 100 Thievesは前回のメジャー大会『PGL Major Kraków 2017』に Brazil Immortalsとして出場し準優勝となり「Legends」ステータスを獲得することで1月19日からの「The New Legends Stage」に出場予定でした。

100 Thieves

入れ替え候補チームは?

『PGL Major Kraków 2017』に出場した16チームは、全て今回の『ELEAGUE Major: Boston』に出場しています。

可能性がありそうなのは、『ELEAGUE Major: Boston』の予選出場チームではないでしょうか。「The New Legends Stage」まで1週間を切っていることを考えると、開催国アメリカの予選「Americas Minor Championship」次点チームが候補となっていきそうです。

Americas Minor Championship - Boston 2018順位

情報元

Major Boston | ELEAGUE

ELEAGUE Counter-Strike: Global Offensive

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。