FnaticがDota 2部門のメンバー変更に関連しOhaiyo選手とファンに公式謝罪

fnatic

プロゲームチームFnaticがDota 2部門のメンバー変更に関連する経緯説明と謝罪を公式サイトに掲載しました

FnaticがOhaiyo選手とファンに公式謝罪

2018年1月13日、Fnaticは 元Evil Geniusesの United States Saahil "UNiVeRsE" Arora 選手を獲得し、Malaysia Khoo "Ohaiyo" Chong Xin 選手に代えてオフレーンで起用することを発表しました。

この発表が賞金総額100万ドルのメジャー大会『ESL One Katowice 2018』の東南アジア予選でMalaysia Fnaticが優勝した翌日に行なわれたこと、Ohaiyo選手がFnatic Dota 2チームの創設メンバーであること、予選でも大いに活躍していたことからファンから猛反発を受ける結果となりました。

また、Malaysia Ohaiyo選手も自身のFacebookでこの決定を批判したことにより、チームの Chief Gaming Officer である Sweden Patrik "cArn" Sättermon氏が公式サイトで経緯説明と謝罪を行なう結果となりました。

Ohaiyo選手

公式サイトによる説明のまとめ

cArn氏はまず冒頭でMalaysia Ohaiyo選手とファンに不快な思いをさせる結果となってしまったことを謝罪すると共に、Malaysia Ohaiyo選手のFnaticに対する貢献に感謝を述べました。

そのうえで、なぜFnaticが今回の起用を決断したかを下記のように説明しています。

cArn氏は、Ohaiyo選手と前向きな対話を継続しながら次のキャリアに向けての支援を継続していくことを明らかにしていました。

公式メンバー登録は、フェーズ1が2018年1月22日(月)、フェーズ2が2月2日(月)に締め切りとなります。Ohaiyo選手がこれからの競技シーンに参加していくためには、この期限までに新たな所属先と契約し登録を完了させる必要があります。

情報元

fnatic Dota 2

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。