日本プロゲームチーム『DeToNator』がDota 2東南アジア部門を設立、フィリピンにゲーミングハウスを設置

dtn-dota

Japan DeToNatorが、再び『Dota 2』部門を立ちあげたと公式サイトにて発表しました。

新生DeToNator Dota 2部門は東南アジアリージョンの現地選手と契約し活動へ

Japan DeToNatorは2015年1月にDota 2部門を設立。2017年6月に活動休止となりましたが、2017年11月に新マネージャーと契約し再始動を目指していることを報告していました

新たなフィールドは東南アジアリージョン

今回の発表によると、DeToNatorの新たなDota 2チームは公式世界大会『The International 2017』の出場経験者を含む東南アジアのチームで、ゲーミングハウスをフィリピンに設立し、東南アジアリージョンで活動していくことになります。

メンバー

年々レベルが上がる東南アジア

東南アジアは『Dota 2』が非常に活発で、『ESL』と提携した『ESL One Manila』や『The Manila Major』などの世界大会も開催されるほどです。

20160424_Helena-Kristiansson_ESLOneManila_2793
2016 ESL One Manila (ESL Flickrより)

レベルも年々上がっており、昨年の公式世界大会『The International 2017』では Philippines TNC Pro Teamかベスト12に入賞。現在の『Dota Pro Circuit』ランキングでは Philippines Mineskiが5位、 Philippines TNC Pro Teamが10位にランクインしています。

また、ヨーロッパやアメリカ活躍実績を持つ Canada EternaLEnVy選手、United States UNiVeRsE選手が Malaysia Fnaticに移籍するなど、優秀な選手が集まるリージョンとなりつつあります。

DeToNatorの新チームがいきなり東南アジア上位に食い込めるかはわかりませんが、実績的にはかなり優秀な選手が集まっているので、まずは東南アジアエリアのリージョンファイナル予選の出場権を定期的に獲得出来るようなチームを目指すような形でしょうか。

Dota 2の世界大会は基本的にオープン予選が開催され、出場するチャンスが誰にでも開かれているので、夏に開催される『The International 2018』にも挑戦していくことになるでしょう。

今後の出場大会

情報元

DeToNator

Twitter (@DeToNator_GG)

DeToNator Dota 2

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。