Negitaku.org esports > > > vesslanのAWPガイド

ニュース

Counter-Strike vesslanのAWPガイド

Gamers.nu の『AWP STRATEGY GUIDE』を訳してみた。
この AWP 解説をしているのは AWP を使わせたら世界で 5 本の指に入ると言われている vesslan だ。
vesslan 本人による参考デモがアップされている。
無料のレジストを行うことによってダウンロードすることができるようになる。
このデモをみるとムダのない AWP の aiming に驚く事になるだろう。

AWP STRATEGY GUIDE

私は AWP を練習する方法についてちょっと話をするつもりだ。
MAFIA や NiP 以来、AWP を多く使っていたプレースタイルを変更した。
現在の MR12 ではすべての武器を扱うことが出来ることが本当に重要だと考えている。
個人的に、私はいくつかのマップでのみ AWP を使用する。
いくつかのファンダメンタルについての説明から始めるつもりであり、AWP を使う異なるスタイルについて記述する。

Practicing vs. Bots

最初に、私は AWP を使用することに決めている
de_aztec、de_train、de_cbble で LAN ゲームをスタートする。
SKILL80 に設定された PODBOT でサーバーを満たす。
POD BOT は武器を持っているとあなたを補足すると直ちにヘッドショットしてくるだろう。
以前は銃を持たせた 8 体の BOT とプレーしていたが、
いまはナイフオンリーに設定している。

サーバーを建てるときは use sv_lan 0、sv_maxupdaterate 101 にすることを忘れないこと。
私は CPL 標準の rate 25000、cl_updaterate 101、cl_cmdrate 101、ex_interp 0.1 に設定している。
画面サイズは個人の好みだが、AWP を使うにあたっては
17-21 インチのモニタで 1024*768 にすることを推奨する。

私は 1024*768 で AK を使うの使うのが好きじゃないので 800*600 を使用している。
そして AWP での『ドラッグショット』(後ほど説明する)は 800*600 において非常によい。
1024*768 で AWP を使用する理由は、フィールドビューのためだ。
そして私は 800*600 において赤いドットの照準が多くの割合を占めると考えている。

hud_fastswitch 1 を使用し、スマートにプライマリとセカンダリを
切り替えられるようになっていることを確かめてほしい。
この設定にする理由は、AWP →ピストル→ AWP と素早く切り替えればリロード時間を短くでき、
より速く移動することができるようになるからだ。
私にナイフに切り替えるべきかピストルに切り替えるべきかという
質問をする人たちがいるが、いつもピストルに切り替えるべきだと答えている。
なぜならばピストルはナイフと同じくらいの速さで移動できるし、
敵が目の前に出てきたときは身を守ることが出来るからだ。

Techniques

デモでは 2 つのテクニックに焦点を当て、少し大げさに試している。
練習では集中することが重要だ。
私はプレイ中に MP3 を聞いたり、いい加減にやったりはしない。
常にシャープでいることを意識している。
そのかわりにあまり長くやらず、短期間で集中した練習が私にはベストだ。
ゴルフのように、同じターゲットに向かって連続して 100 発撃つようなことはしてはいけない。
ゴルフではチャンスは一回しかないし、全てのシチュエーションは異なるんだ。
CS もそれにすごく似てると思うよ。
私は自分が"ポシショニング"、"ドラッグショット"と呼んでいる、
2 つのメジャーなテクニックを使っている。
ポジショニングは最も重要だと思う。
ズーム及び撃つ前に、あらかじめ照準をいい位置に置いておく。
この方法では、マウスを大きく動かす必要がないから、相手より速く撃てるんだ。
デモの中で、Aztec の橋とダブルドアで、デモンストレートをしている。

画像を見て欲しい。ズームする前からいいポジションに照準をおいて、動いている。
どうやってこれを練習しているか、デモの中で示している。
また異なった敵の現れるキーポジションを、
どのようにして切り替えているかも見ることができる。

ドラッグショットは CS1.5 で多くの人が使っている。
ジャンプショットとの組み合わせが非常にいい。
だいたい T 側で有効で、敵の位置がわからないとき、
ズーム無しでジャンプし、敵を捕捉し、すぐにズームドラッグショットをする。
これは特別な練習が必要だ。でもいったん身につければ非常に有効だ。
aztec の B1 と接近戦でこれを示している。

他にはデモでヘッドショットのみの aim を試している。
ヘッドショットの練習は、aim をより正確にする。"aim が正確なら、ミスも減る"

接近戦は、BOT に自分を囲ませて、すぐに振り返り反射的に撃つ練習をしている。
スピードの練習。これはポジショニングや全ての動作を速めて練習することだ。
またゆっくり、確実に全ての弾を当てる練習もしている。これは自分を集中させる。

Advanced

もし他の AWP 使いと 1 対 1 になったら、敵が撃った後に
AWP を保持したまま右と左に移動するのに続く音を聞くとよいだろう。
(いつも s_eax 1 にしているとよく聞こえる)

例えば、aztec のブリッジ上で箱の後ろで守っているとしよう。
敵は反対側から AWP を撃って飛び出してくる。
注意深く聞くと、敵がリロードするために右か左に
移動するのを聞き取ることが出来るだろう。
次に照準を聞き取ったその位置に置き、敵が再び覗いたらショットすればよい。

自分の立場になったときに同じ誤りを回避するため、
横に移動する前に前か後ろにステップすることにより、音を 0.5 秒遅らせることができる。
この方法については反対側にいるプレーヤーは知るよしもないだろう。
より速く移動するとともに、ピストルに切り替えるとさらに有用になるだろう。

AWP の sensitivity をデフォルトと違ったものにしたいと思うか?
そうだったら zoom_sensitvity_ratio を変更すればいい。
私は他の武器と比較して AWP の sensitivity を高めに設定するのを好む。
これは私をより速く反応させ、ライフルを低い sensitivity でよくリコイルコントロールさせる。
私はズームの感度を 1.3 にセットしている。デフォルトは 1.2 だ。
人々は低い sensitivity が AWP に適していると言うが、
速い sensitivity の方が敵を殺しやすいとハッキリ言う!

ドラッグショットについては、1.1 ~ 1.2 のような低い zoom_sensitvity_ratio を好む。
だが、ポシショニングには 1.3 がよい。

あなたが高等レベルになるのを望むなら、
クラン戦の T と CT で違う zoom_sensitvity_ratio を使うことに挑戦してほしい。
CT ではポジショニング、T ではドラッグショットが重要だ。

1 つ覚えておいて欲しいのは、ピストルは今日のゲームで
非常に大事な部分になっているということだ。
AWP の練習にピストルの練習も取り入れてくれ。

デモについては、解像度 800*600 で sensitivity は 1.7、
zoom_sensitvity_ratio は 1.2 を使用している。
通常、私はブリッジ、ダブルドアー、水上などで 30 体の BOT を相手に練習をしている。
デモでは私がこのテキストで説明しようとしたいくつかのテクニックのみを見せている。
もし追加の質問があるなら、フォーラムでそれらに答えようじゃないか。

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメント (4)

これのデモずっと前に見たんだけど説明文の方の
こまかいニュアンスがどーもわかりづらかった!
これでバッチリ。Yossyさん愛してるZE!!

ご苦労様です。スバラシイです。
野鯖でawpを練習するには、すぐには金が溜まりませんし、
そのため消極的になってしまいがちです。
やはりBOT相手に練習するのが一番ですね。

ども。BAT先生に手伝ってもらってがんばって訳しました。
プロの解説だからいろいろためになりますな。
SK insiderの解説もきになるなあ

[投稿者削除]

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング