Negitaku.org esports > > > 脱「初心」者のススメ

ニュース

Counter-Strike 脱「初心」者のススメ

前回は脱「超」初心者でしたが、こんかいは1レベル上の「初心者」から
いかにして脱出するかを書いていきたいと思います。
私自身、ようやく初心者脱出しました、といっても良いかなぁ?くらいです。がんばろう。

『設定編』

  • Last Used Weaponを使いこなす。プライマリーを打ち切って、リロード中に死亡というのは頂けない。
  • 『rate』『cl_updaterate』『cl_cmdrate』に気を遣う。
  • 便利なbindはとことん使用する。(スクリプトはいろんな意見アリ)

『Play編』

  • リロード癖がついている人は、矯正する。敵を一人殺して、すぐにリロードするのは往々にして良くない。
  • Primary撃ちきり→ハンドガンorナイフへの切り替えを素早く行う。この際にLast Used Weaponを使いこなすこと。
  • 照準は常に敵の頭の位置で動かす。上下の移動は基本的「意図した際のみ行う」ようにする。(実は「しゃがみの頭の位置に合わせると良い」や、「解像度によって狙う位置は異なる」など諸説あり)
  • 移動時においては、照準の位置は「敵が出てきた時に、もっとも短い移動距離で合わせられる位置に置く」こと。
  • Sensitivityは「低め」が流行りとなっているが、あまり低すぎるのも良くない。180度の振り向きが意図したように出来ないのは×。
  • M4,AK,そしてハンドガンのブレ修正を必死扱いて覚える。(壁を撃ち続けて練習すべし)
  • ハンドガン戦を焦らない。特に1stラウンドのハンドガン対決は、先にHSを決めたほうが勝ちです。焦って全然違うところを撃たないように。狙いをしっかりつけて、確実にHS。
  • 距離によって異なるブレ修正の仕方を覚える。(たとえば、aztecの扉対扉でAKの4,5発目までを同じ位置に着弾させる修正など「かなり微妙なマウスの下げ」は必須事項。)
  • しゃがみ動作の最中は、照準はブレています。完全にしゃがんだ瞬間からしか目的の位置には飛びません。(DEなどで検証するとわかりやすい)しゃがみ動作は思っている以上に時間をとるものです。
  • 左右の平行移動から、短時間で確実に止まる訓練をする。
  • クリアリングをしっかりしていますか?「撃ち合う」というイベントの前に殺されるのは避けるべし。(私はこれがまだまだ)
  • 音をしっかり聞きましょう。足音で、「何人がどのくらいの距離」まで判別できるようにする必要があります。
  • レーダーを見る癖をつけましょう。(これは永遠のテーマ)
  • 近~中間距離で2,3点のバーストを行っていませんか?特に中間距離においては、「Fullバースト→ブレ修正」のほうが有効です。上手い人のdemoを見ると「3発目くらいで殺している」のですが、あれは3点バーストではなく「Fullバースト→ブレ修正」の結果、3,4発目までで相手が死んでいるという状態です。
  • 完全しゃがみからのFullバーストで、向かってくる敵を4人以上殺すのは難しいです。2,3人を殺したら、即回避行動をとり(平行移動等)落ち着いて次の初弾を敵の頭にたたき込みましょう。

【重要】

敵と遭遇してもいつも撃ち負けるという方、demoを撮って見て、ゆっくりの速度で検証してみましょう。
まず、初弾の着弾点は頭~首に行っていますか?
(初弾の着弾点には諸説あり。まぁ、HS狙いが良いかと)

そして、自分がしゃがんでいる場合は、しゃがむ前に発砲していますか? これが重要。
せっかく頭に合わせていても、撃ち出す前にしゃがむ場合、
敵に比べて単純に撃ち出しが遅くなります。
いわゆる「しゃがみ癖」ですが、まずは「敵より速く撃ち出す」こと。
しゃがむのは初弾~2,3発目が出てからでも良いはずです。(特に超近接でない遭遇)

さらに、最初にしゃがんでしまえば、
当然着弾点は照準から2部位(頭なら胴体へ等)ほど下へ下がります。
このコンマ数秒の世界と、微妙な着弾部位が、撃ち負けるか否かを左右します。
考え方としては、 「ブレで上にずれる分を、しゃがみで相殺する」
という感じで良いと思います。

『スタイル編』

  • 自分のタイプがどういうタイプか把握すること。pingやマシンスペックが良く、初弾をHSに確実に当てていくタイプなのか?
    それとも遭遇してからの連射→ブレ修正に自信があるタイプなのか?この2点だけでも異なります。(内輪の話で申し訳ないですが、nLで言えば、この考え方であるとENZAとXectorは全く異なるタイプでした。)
  • 敵の心理を読む。相手にしてみれば、敵のいるところにHEを投げ込むのは良くあること。補足されたと思ったら、同じ位置にとどまらず、HEの回避等細かいHP管理に気を遣う。
  • 野鯖は基本的に特効Play。
  • demoやMovieを見て、mapごとにどの位置が有利なのかを把握する。

まだまだ沢山あるような気もしますが、
とりあえずこれらがある程度できるようになって、
「初めて初心者を脱出できる」のではないかと思います。
私自身もまだまだ、みんな頑張りましょう。

著者紹介

Kyodog

2015/1 あけましておめでとうございます。 そろそろ2児の父親になります。 2011/3/5 現在 近々、父親になります。 CS暦:2000年12月~   2002年9月~2005年1月30日(クラン活動)  クラン暦:DVI→nL→P.→1sN→BT→P.      →1sN(2003年5月結成~2005年1月休眠) NCT優勝2回; CSCTL Season1, Season3 実況  【近況】 2010年4月:GWが暇なのでCSOを始めてみました。ラグい。 2010年1月: PCをかなり換装しました。i7-860とHD5850で、超美麗なBFBC2やCoD:MW2やEQ2をボチボチ楽しんでいます。たまーにCSもやってます。 【メッセージ 2006年】 Counter Strikeというゲームに出会ってから、5年ほどが経ったでしょうか。コーヒーを飲みながら朝から晩までPCの前に座り、ひたすらトッププレイヤーのdemoを見続けた日々。気がつけば5時間、6時間と経っていた野鯖でのプレイ。クランとは、チームプレイとは、組織とは、仲間とは、一体どうあるべきかを何度も語り合った1sNでの活動。もっと自分が若い頃にCSと出会っていたら、今、一日中CSに浸かれる時間があったらと懐かしくなります。 そして今、その頃に出会った皆々との関係が、途切れることなく続いていることを嬉しく思っています。CSのコミュニティー、BF2(2142)のコミュニティー、双方で出会った沢山の人から沢山のことを学ばせていただきました。プレイヤーとしてこれといった実績がある訳でもない私と、長い時間を共にしてくれた多くのゲーマーに、心より感謝とお礼を申し上げます。 ゲームとは、生涯スポーツであり、生涯エンターテイメントであると思います。いくつになっても、ふとした時に戻っていける場所がある。これからも、そんな素晴らしいコミュニティーをそこに存在するゲーマー全員の不断の努力により、盛り立て、守っていきましょう。

http://
http://blog.livedoor.jp/team1sn/
http://

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

注目ニュースランキング