ニュース アーカイブ

1 / 2143 ページ (全 21427 件中 10 件)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOアジア大会『ZOWIE eXTREMESLAND 2017』で日本SZ.Absoluteが決勝トーナメント進出決定、10/21(土)17時よりViCiと対戦

extermesland2017

賞金総額10万ドルのCS:GOアジア大会『ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO Asia 2017』に出場するJapan SZ.Absoluteの初戦が決勝トーナメント進出を決めました。

ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO Asia 2017

『ZOWIE eXTREMESLAND CS:GO Asia 2017』は、アジア各国で開催された予選を勝ち抜いた16チームが出場し、2017年10月19~22日に中国・上海で開催されます。

日本からは、9月17日に開催された日本予選『GALLERIA GAMEMASTER CUP』で優勝した Japan SZ.Absoluteが出場。

sza
写真左より: Barce, Poem, Laz, Crow, t4k3J

Japan SZ.AbsoluteはグループステージでグループAに割り振られており、10/19(木)18時から Pakistan vRn と対戦予定でしたが、Pakistan vRn がビザの問題で出場出来なくなった事から初戦は不戦勝となりました。

Japan SZ.Absoluteは自動的にグループAの勝者側ファイナルに進出となり、Mongolia KhARUMに勝利したAustralia Kings Gaming Clubと対戦しましたが、3-16で敗退。

敗者側トーナメントで残り一つのプレーオフ進出枠をかけてMongolia KhARUMと対戦し、見事に2マップ連続で勝利をおさめプレーオフ進出となりました。

ストリーミング配信

賞金 - $100,000

  • 1位: $40,000
  • 2位: $20,000
  • 3-4位: $8,000
  • 3-4位: $8,000
  • 5-8位: $4,000
  • 5-8位: $4,000
  • 5-8位: $4,000
  • 5-8位: $4,000
  • 9-12位: $1,000
  • 9-12位: $1,000
  • 9-12位: $1,000
  • 9-12位: $1,000
  • 13-15位: $1,000
  • 13-15位: $1,000
  • 13-15位: $1,000

出場チーム

  • Japan SZ.Absolute - Laz, poem, barce, crow, t4k3J
  • China Eclipse - KingZ, bottle, shuadapai, Ayaya, ed101
  • China Flash Gaming - Summer, Attacker, LOVEYY, Kaze, Karsa
  • China ViCi Gaming - tb, zhokiNg, uki, Kong Freeman, Savage
  • Taiwan Talon Esports - crazyface, RaiNy, Naimres, Nyx, Sayoko
  • United Arab Emirates NASR eSports - breAker, havoK, Nami, KarriBob, kitkat
  • India Entity Gaming - Ace, Excali, ribbiZ, astaRR, HuNtR
  • Indonesia Recca Esports - xccurate, roseau, FrostMisty, Sys, Nextwins
  • Australia Kings Gaming Club - wizard, liazz, emagine, hatz, sico
  • Singapore B.O.O.T-dreamScape - ImpressioN, splashske, Tommy, moxie, Benkai
  • Thailand Beyond.Maple Club - j9, NIFFY, Leaf, HSK, JUSTCASE
  • Philippines Mineski - Hannibal, dispenser, DubsteP, Retrac, GII
  • Viet Nam UTM Esports - Stefano, Tee, kotk, Naokai, crazyguy
  • Malaysia Fire Dragoon E-sports - Taz, d4v41, 3nable, Clickzai, YooNgHwe1
  • Mongolia KhARUM - Stormrage, Rado, ar1ko, sKINEE, risen
  • Pakistan vRn - Jordan, Storax, traNz, HSB, KriminaL (ビザ問題で不出場)

グループステージ

※参考として、各チームの後ろにHLTV.orgによるチームランキングの順位を記載しています。

Group A

  • Australia Kings Gaming Club (54位)
  • Mongolia KhARUM (210位)
  • Japan SZ.Absolute (154位)
  • Pakistan vRn

Group B

  • China ViCi Gaming (40位)
  • Malaysia Fire Dragoon E-sports (153位)
  • Thailand Beyond.Maple Club (197位)
  • Taiwan Talon Esports (196位)

Group C

  • Indonesia Recca Esports (115位)
  • Viet Nam UTM Esports (231位)
  • United Arab Emirates NASR eSports (141位)
  • China Flash Gaming (57位)

Group D

  • Singapore B.O.O.T-dreamScape (74位)
  • India Entity Gaming (152位)
  • China Eclipse (111位)
  • Philippines Mineski (148位)

各グループの上位2チームが、8チームによるシングルイリミネーション方式トーナメント行なわれるプレーオフに進出します。

試合スケジュール (日本時間)

10/19(木)

  • China ViCi Gaming [16-05] Thailand Beyond.Maple Club (Overpass)
  • Malaysia Fire Dragoon E-sports [16-13] Taiwan Talon Esports (Mirage)
  • Singapore B.O.O.T-dreamScape [16-14] India Entity Gaming (Train)
  • China Eclipse [16-03] Philippines Mineski (Overpass)
  • Indonesia Recca Esports [16-12] United Arab Emirates NASR eSports (Train)
  • Viet Nam UTM Esports [09-16] China Flash Gaming (Cobblestone)
  • Australia Kings Gaming Club [16-02] Mongolia KhARUM (Inferno)

10/20(金)

  • Group B winners' match China ViCi Gaming [12-16] Malaysia Fire Dragoon E-sports (Inferno)
  • Group D winners' match China Eclipse [16-11] Singapore B.O.O.T-dreamScape (Inferno)
  • Group C winners' match China Flash Gaming [16-11] Indonesia Recca Esports (Mirage)
  • Group A winners' match Japan SZ.Absolute [03-16] Australia Kings Gaming Club (Overpass)
  • Group B elimination match Thailand Beyond.Maple Club [19-17] Taiwan Talon Esports (Mirage)
  • Group D elimination match India Entity Gaming [16-14] Philippines Mineski (Train)
  • Group C elimination match United Arab Emirates NASR eSports [16-03] Viet Nam UTM Esports (Cobblestone)
  • Group A decider match (Best of 3) Mongolia KhARUM [0-2] Japan SZ.Absolute
    • Mongolia KhARUM [03-16] Japan SZ.Absolute (Mirage)
    • Mongolia KhARUM [14-16] Japan SZ.Absolute (Train)
  • Group B decider match (Best of 3) Malaysia Fire Dragoon E-sports [0-2] Thailand Beyond.Maple Club
    • Malaysia Fire Dragoon E-sports [02-16] Thailand Beyond.Maple Club (Overpass)
    • Malaysia Fire Dragoon E-sports [07-16] Thailand Beyond.Maple Club (Cobblestone)
  • 20:00 Group C decider match (Best of 3) Indonesia Recca Esports [vs] United Arab Emirates NASR eSports
    • Indonesia Recca Esports [16-10] United Arab Emirates NASR eSports (Mirage)
    • Indonesia Recca Esports [09-16] United Arab Emirates NASR eSports (Nuke)
    • Indonesia Recca Esports [vs] United Arab Emirates NASR eSports (Train)
  • Group D decider match (Best of 3) Singapore B.O.O.T-dreamScape [2-0] India Entity Gaming
    • Singapore B.O.O.T-dreamScape [16-10] India Entity Gaming (Mirage)
    • Singapore B.O.O.T-dreamScape [16-11] India Entity Gaming (Inferno)

10/21(土) (Best of 3)

  • 11:00 Quarter-final #1 Australia Kings Gaming Club [vs] Thailand Beyond.Maple Club
  • 14:00 Quarter-final #2 China Flash Gaming [vs] Singapore B.O.O.T-dreamScape
  • 17:00 Quarter-final #3 China ViCi Gaming [vs] Japan SZ.Absolute
  • 20:00 Quarter-final #4 China Eclipse [vs] Indonesia Recca Esports [or] United Arab Emirates NASR eSports

10/22(日)

  • 12:00 Semi-final #1 (Best of 3)
  • 15:00 Semi-final #2 (Best of 3)
  • 19:00 Grand final (Best of 3)

情報元

関連ニュース

DOTA 2 日韓Dota 2大会『ANTI LIFE TOURNAMENT SEASON 2』の出場チーム、グループ分け決定、10/21(土)18時開幕

antilife-s2-logo

日本と韓国を対象としたDota 2オンライン大会『ANTI LIFE TOURNAMENT SEASON 2』が本日10/21(土)18時よりスタートします。

ANTI LIFE TOURNAMENT SEASON 2

『ANTI LIFE TOURNAMENT SEASON 2』は日本と韓国のチームを対象に行なわれるオンラインのDota 2大会です。

開催情報

  • リーグ: 2017年10月21日(土)、22日(日) 18:00~
  • トーナメント: 2017年10月28日(土)、29日(日) 18:00~
  • 優勝賞金: 250,000ウォン (約24,600円, 1ウォン=0.098円)

ストリーミング配信

  • ストリーミング配信: https://www.twitch.tv/japandotatv

    グループステージ

    Group A

    • Korea TEAM DOTRESS
    • Japan 蝦夷 GAMING
    • Korea DOG DOTA
    • Japan LITTLEGIANTS
    • Japan SCARUS
    • Japan THK

    Group B

    • Korea D2ONE
    • Korea CALL OF DUTY
    • Japan TEAM MARVELHEROES
    • Japan TEAM ATLAS
    • Japan BETRAYAL

    決勝トーナメント

    • トーナメント形式: ダブルイリミネーション方式
    • 各グループの上位2チームが勝者側トーナメント、3位・4位が敗者側トーナメントに振り分け

    決勝戦のみBest of 3、その他の試合はリーグ戦、決勝トーナメントともにすべてBest of 1形式で実施されます。

    ストリーミング配信

    試合は、下記のTwitch チャンネルで観戦可能となります。

    日本語

    韓国語

    情報元

    関連ニュース

  • PUBG 『PUBG ASIA INVITATIONAL』フィリピン予選『Drop to Busan』が10/21(土)20時より開催

    drop-to-busan-

    11/17(金)~19(日)に韓国で開催される『PUBG ASIA INVITATIONAL』のフィリピン予選『Drop to Busan』が、10/21(土)20時よりスタート予定です。

    『PUBG ASIA INVITATIONAL』フィリピン予選『Drop to Busan』

    『Drop to Busan』は「GLOCOGaming」と「PeenoiseRealm」によってオンラインで開催されます。

    開催情報

    韓国で行なわれる『PUBG ASIA INVITATIONAL』予選のため、フィリピン国籍であること、有効なパスポートを所持していることが参加条件となっています。

    予選では、「SQUAD」(1チーム4人制)にて「晴れ」「雨」「霧」の天候条件で3ゲームを行ない、順位とキル数に応じたポイントの合計で総合順位が決定されます。
    出場チーム数は23となるようです

    大会はTwitchのストリーミング配信を通じて観戦可能となります。

    ちなみに、日本予選は明日10/22(日)15時頃より開催予定です。

    情報元

    Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』アップデート(2017-10-20)、新「Dust2」の調整・バグ修正を実施

    CS:GO

    Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

    Release Notes for 10/20/2017

    Dust II

    • 太陽が表示されないのを修正した
    • X-Boxからスモークを炊けるようCT spawnの地形を滑らかにした
    • 特定の車からタクシーの表示を削除した
    • プレーヤーが判断しやすくなるようトンネルのアルファペインティングをきれいにした
    • キャットウォークの上にウィンドウシャッターを追加した
    • ローエンドの設定でCTモデルが光るのを修正した
    • フォグの値を調整した
    • CT MidからSuicideに向かって見やすくなるようにした
    • Bボムサイトのcover propsの衝突を改善した
    • Bのcover props上で適切な地面の音が鳴らないのを修正した
    • いくつかのクリッピングをリファインした
    • 建物におけるいくつかの壁抜きバグを修正した
    • CT spawnにグレネードのクリップを追加した
    • トンネル外の小さな壁にジャンプで登れないようにした
    • 適切に並ばないいくつかのモデルを調整した
    • Midのバレルを修正した
    • プレーヤーがツルされてしまうAのいくつかのクレートを修正した
    • Aの車の後ろ側の壁をスムースにした
    • CT rampの角度がきつすぎるのを修正した

    情報元

    関連ニュース

    esports(eスポーツ) 米プロ野球チーム『ニューヨークヤンキース』がeスポーツに参入、プロゲームチーム『EchoFox』に投資するVision Esportsと提携

    ny-echofox

    アメリカプロ野球・メジャーリーグベースボールのトップチーム United States New York Yankees(ニューヨークヤンキース)が、eスポーツへの参入を公式発表しました。

    米プロ野球チーム『ニューヨークヤンキース』がeスポーツに参入

    ヤンキースは、Japan イチロー選手や Japan 松井秀喜選手が所属していたことで日本人にも馴染みが深いアメリカのプロ野球チームです。

    1900年頃からの長い歴史と、数々の優勝実績、豊富な資金力でスター選手が勢ぞろいするヤンキースはスポーツ界のトップブランドといえる存在です。

    そのヤンキースが、世界トップクラスのプロゲームチーム United States Echo Fox、『H1Z1』のプロリーグを運営する United States Twin Galaxies、eスポーツの独自コンテンツやライブ配信などを手がける制作会社 United States Vision Entertainment の主要投資会社であるUnited States Vision Esportsと契約しeスポーツに参入することになりました。

    プロ野球とeスポーツのノウハウを融合し、eスポーツエコシステムの構築を目指す

    ヤンキースは、Vision Esportsが保有する「Echo Fox」「Twin Galaxies」「Vision Entertainment」といったプロパティにプロ野球で培ってきたノウハウを注入。

    広告、スポンサーシップ、メディア・放送権、グッズ、チケット、命名権、オリジナルコンテンツ、テレビ放送・ストリーミング配信などをフル活用し収益チャンスを最大化させながら、3プロパティを急成長させていく計画です。

    Echo Foxには日本人プロゲーマー ときど、ももち、チョコブランカ選手が所属

    United States Echo Foxは元NBAプレーヤーのRick Fox氏が2016年1月に設立したプロゲームチームです。

    「League of Legends」「Street Fighter V」「Call of Duty」「Injustice 2」「Sumer Smash Brothers」「Tekken 7」「Gears of War」「H1Z1」「Vainglory」といったタイトルで活動しており、「Street Fighter V」には『Evo 2017』優勝の Japan ときど選手、『Capcom Cup 2014』『Evo 2015』王者のJapan ももち選手、日本初の女性プロゲーマー Japan チョコブランカ選手が所属しています

    echo-fox-players

    左より: チョコブランカ選手、ももち選手、ときど選手

    情報元

    関連ニュース

    esports(eスポーツ) フランスで開催のeスポーツ世界大会『ESWC PGW FIFA18 CHALLENGE』に日本のマイキー選手が招待出場

    eswc

    コンソール版の『FIFA18』を使用して開催されるeスポーツ世界大会『ESWC PGW FIFA18 CHALLENGE』の招待出場選手が発表されました。

    日本のマイキー選手が『ESWC PGW FIFA18 CHALLENGE』に招待出場

    『ESWC PGW FIFA18 CHALLENGE』は、「PlayStation 4」と「XBOX One」で開催される『FIFA18』の世界大会です。

    大会には、世界大会での入賞者やプロゲームチーム等に所属する世界トップクラスの招待選手、予選通過選手が出場予定で、日本のマイキー選手が招待選手として出場することが発表されました。

    PlayStation 4 招待選手

    • Germany Tom "TimoX" Siep (Vfl Wolfsburg所属)
    • France Johann "Maniiika" Simon (PSG eSports所属)
    • United Kingdom Shaun "xShellzz" Springette (Unilad所属)
    • Denmark August "Agge" Rosenmeier (Hashtag所属)
    • Russia Andrei "Timon" Gurev (Gambit所属)
    • Germany Kai "deto" Wollin

    XBOX One 招待選手
    • France Corentin "Rocky" Chevrey (Vitality所属)
    • Mexico Rodrigo "Ul1barri" Ulibarri
    • France Florian "Rayziaah" Maridat (Monaco所属)
    • Iran Navid "AdamanT" Bohrani
    • France Lucas "DaXe" Cuillerier (PSG eSports所属)
    • Japan Subaru "Mikey" Sagano

    マイキー選手はクラウドファンディングでの支援を受けながら2016年大会に出場し自己最高となるベスト16入賞を果たしました。

    今回はさらなる上位を目指すとのことです。

    情報元

    関連ニュース

    Quake Champions 『DreamHack Denver Quake Championship』が2017年10月20~22日に開催、グループ分け決定

    dh-denver

    『Quake Champions』のeスポーツトーナメント『DreamHack Denver Quake Championship』がアメリカ時間の2017年10月20~22日に開催されます。

    DreamHack Denver Quake Championship

    『DreamHack Denver Quake Championship』は、アメリカのデンバーで開催される『DreamHack Denver 2017』の会場にて「Duel」「Sacrifice」の2部門にて賞金総額$75,000で実施されます。

    賞金総額 - $75,000

    Duel

    • 1位: $14,000
    • 2位: $8,000
    • 3位: $4,000
    • 4位: $4,000
    • 5-8位: $12,50

    Sacrifice

    • 1位: $20,000
    • 2位: $10,000
    • 3位: $5,000
    • 4位: $5,000

    Duel

    Group A

    • Netherlands Vo0
    • Sweden Toxjq
    • United States Dooi
    • United States ScizR

    Group B

    • Hungary Raisy
    • United States Rapha
    • Canada Gellehsak
    • Canada Griffin

    Group C

    • Austria noctis
    • Germany k1llsen
    • Sweden Fazz
    • United States Sane

    Group D

    • United States Dahang
    • Ukraine Xron
    • Sweden Spart1e
    • United Kingdom GaRpY

    マップ

    • Blood Covenant
    • Blood Run
    • Corrupted Keep
    • Ruins of Sarnath

    Sacrifice

    4vs4の「Sacrifice」部門は、アメリカとヨーロッパで行なわれる予選を通過したそれぞれ2チーム、計4チームが出場し、ダブルイリミネーション方式トーナメントで実施されます。

    出場チーム

    • Europe Stacked - noctis, fazz, toxjq, 2GD
    • United States Team Liquid - rapha, DaHanG, whaz, kgb
    • Canada Unlovable ESC - botmode, ckap, sen, Kane
    • Europe winrar license salesmen - lithz, Juven1le, spart1e, Busdriverx

    勝者側 準々決勝

    • United States Team Liquid [vs] Europe winrar license salesmen
    • Canada Unlovable ESC [vs] Europe Stacked

    「winrar license salesmen」のネーミングセンスが尋常じゃないですね。

    マップ

    • Blood Covenant
    • Ruins of Sarnath
    • Burial Chambers
    • Lockbox
    • Tempest Shrine

    スケジュール(日本時間)

    10/21(土)

    • 03:45 - Sacrifice Winner Bracket Semi Finals
    • 06:00 - Duel Group Stage
    • 11:15 - Sacrifice Loser Bracket Round 1
    • 12:30 - Sacrifice Winner Bracket Final

    10/22(日)

    • 08:00 - Duel Quarter Finals
    • 13:15 - Sacrifice Loser Bracket Final
    • 14:15 - Duel Semi Finals

    10/23(月)

    • 11:00 - Duel Grand Final
    • 12:45 - Sacrifice Grand Final

    ストリーミング配信

    Watch live video from quakechampions on www.twitch.tv

    試合は下記のTwitchチャンネルで視聴可能となります。

    情報元

    関連ニュース

    Counter-Strike: Global Offensive 『CS:GO』アップデート(2017-10-18)、マップ「Dust2」リメイク版が正式公開

    CS:GO

    Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

    Release Notes for 10/18/2017

    今回のアップデートでは、ベータ版で先行公開されていたシリーズ定番マップ「Dust2」のリメイク版が正式に公開されました。。

    map1

    アップデートのコンセプト

    • マップ全体の可視性向上
    • マップ全体の動きやすさの細かい調整
    • 最近リリースされたマップの世界観と合うようビジュアルをアップデート

    Ts
    テロリストのプレーヤーモデルも追加

    下記で特設ページが公開されており、こちらではスライダー付きで新旧マップの変更箇所を確認することが出来ます。

    現在は、eスポーツ大会等で使用される競技向けマップのリストには追加されていませんが、今後の調整等で採用となる可能性は高いと思われます。

    dust2

    GAMEPLAY

    • アップデート版の「de_dust2」を追加した
    • 「de_nuke」のBotナビゲーションを向上させた

    AUDIO

    • 主要な地面に独自のジャンプ着地音を割り当てた
    • 武器、グレネード、弾薬を拾う時に独自音を割り当てた
    • 乗り物やタルへ着弾した時のユニークな音を割り当てた
    • music kitのボリュームを全体的なゲームボリュームとバランスが良くなるよう再調整した
    • HRTFアルゴリズムのリソリューションとクオリティを改善した

    Misc
    – Perfect World Sticker Capsule Limited Time Offers」と「Perfect World Graffiti Capsule Limited Time Offers」の両方がワールドワイドで利用可能となった
    –-ノーマルマップに「Gut Knife | Autotronic」「Bayonet | Autotronic」「M9 Bayonet | Autotronic」を追加した
    –マップや視線外で炸裂したフラッシュグレネードのブラインド効果を受けてしまう場合があるのを修正した

    情報元

    関連ニュース

    PC・ゲーミングデバイス SteelSeriesが独自光学センサー「TrueMove1」を搭載するゲーミングマウス『Rival 110』を10/26(木)より国内販売開始

    rival110

    『SteelSeries』の最新ゲーミングマウス『Rival 110』が、2017年10月26日(木)より日本国内で販売開始となります。

    Rival 110

    『Rival 110』は、SteelSeriesがPixArt社と共同開発した「TrueMove1」オプティカルセンサーが搭載するゲーミングマウスです。

    「TrueMove1」はマウスの動きとゲーム内のマウスカーソルを「1対1」で正確に動作させることを可能とし、ゲーマーに超精密なコントロールを提供します。

    スペック

    • センサー: TrueMove 1
    • CPI: 200 - 7,200
    • 最大トラッキング: 240 IPS
    • 最大加速度: 30g
    • クリック耐久性: 3,000万クリック
    • デザイン: 一体型
    • ポーリングレート: 1000hz, 1ms
    • 形状: 右きき用のユニバーサルデザイン
    • 32ビットARMプロセッサ: 搭載無し
    • 価格: $39.99 ($59.99)
    • 統合ソフトウェア「SteelSeries Engine」を通じて様々なイルミネーションエフェクト、マウス設定が可能
    • サイズ: 縦120.6mm×横58-68mm×高さ38.12mm
    • 重量: 87.5g

    製品価格は5,600円で、日本国内のSteelSeries製品取り扱い点および公式オンラインショップで購入可能となります。

    情報元

    関連ニュース

    PC・ゲーミングデバイス 多数のゲーマーが愛用したマウス『IE3.0』が3200dpiセンサーを搭載し『Microsoft Classic Intellimouse』として復活

    Microsoft Classic Intellimouse

    米Microsoft公式サイトにて、『Microsoft Classic Intellimouse』の情報が公開されました。

    『IE3.0』の形状を踏襲したマウス『Microsoft Classic Intellimouse』が登場

    安価で入手しやすく、持ちやすい形状と安定した動作で多くのゲーマーが愛したマウス『Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0(IE3.0)』の形状を踏襲し、センサーを400dpiから3,200dpiにパワーアップさせた『Microsoft Classic Intellimouse』が発表されました。

    『IE3.0』は生産終了となってからも、存在している製品を大切に使ったり、他社がその形状をインスパイアしたゲーミングマウスを次々に発表するなどゲーマーに根強い人気を誇るレジェンド的存在のマウスです。

    IntelliMouse Explorer 3.0(IE3.0)
    IE3.0

    Classic_Intellimouse
    Microsoft Classic Intellimouse

    スペック

    • 解像度: 3,200dpi
    • ボタン数: 5 (左右・ホイール・左サイド×2)
    • ポーリングレート: 1,000hz/1ms
    • USB 2.0フルスピード対応
    • Microsoft BlueTrackテクノロジー対応
    • サイズ: 縦132 mm × 横69 mm × 高さ43mm
    • 重さ: 129グラム

    解像度、ポーリングレート、USB 2.0フルスピード対応という要素だけでもゲーム使用に耐えうる印象です。

    『IE3.0』の公式スペック(pdf)と比較してみるとサイズは完全に一緒ながら、重量は163グラムから129グラムへと軽量化されています。そもそも、『IE3.0』はそんなに重かったっけという感じもするので、もしかすると163グラムはケーブル重量込みの表記かもしれません。

    『Microsoft Classic Intellimouse』の価格は39.99ドルで、発売日についてはAmazon.comに10月30日発売という記載がありました。日本での取り扱いはいまのところどうなるかわかっていません。

    『Classic Intellimouse』の登場でゲーミングマウスはどうなる?

    『IE3.0』の形状かつ現代でも使い勝手が良いセンサースペックを持つ『Classic Intellimouse』の登場により、安定したスペック・使い安いデザインのマウスを安価に入手しやすくなります。

    現在のゲーミングマウスはカラフルに光るLEDの搭載が当たり前となっており、ゲーマーに売るためには必要な要素とされています。最近のゲーマーには『Classic Intellimouse』を「LED」すら乗っていないマウスというような印象を持つ人もいるかもしれませんが、それでもゲーマーに次々と購入されることになれば、非常に面白い展開だと思います。

    現在のゲーミングマウスは、センサーの性能が向上したことにより、ある程度のラインを越えるセンサーを載せたゲーミングマウスはトッププランドから無名まで製品としては大差のないものとなってきています。上位ブランドは、独占供給による高スペックなセンサや、有線よりも速い無線技術を搭載するなどして次世代ゲーミングマウスの開発競争を繰り広げています。

    そういったメーカーが『Classic Intellimouse』の登場で新技術を採用した製品開発というアプローチを止めるとは思えませんが、多くのゲーマーが『Classic Intellimouse』で満足してしまう状況が発生し、新たなゲーミングマウスに対する需要が減ってきてしまうと、ゲーミングデバイスメーカーにとってはあまり良い状況とならないと思うので、個人的にはそんな心配も少ししています。

    とはいえ、『Classic Intellimouse』によるデバイスシーンの変化は個人的にかなりの興味があるので、今後の登場を楽しみにしています。

    情報元

    関連ニュース

    1 / 2143 ページ (全 21427 件中 10 件)

    1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

    スポンサードリンク

    ZOWIE GEAR

    SteelSeries

    Razer

    ROCCAT

    ARTISAN

    MIONIX

    EIZO

    ビットフェローズ

    Gunnar