ニュース アーカイブ

3 / 2142 ページ (全 21413 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Counter-Strike: Global Offensive CS:GO 1Dayトーナメント『FIVES CUP BEGINNING Season2』が10月8日(日)に開催

fivescup2

CS:GOの1Dayトーナメント『FIVES CUP BEGINNING Season2』が10月8日(日)に開催されます。

FIVES CUP BEGINNING Season2

『FIVES CUP』は、CS:GOプレイヤーがチームを超えた交流をしながら、"優勝"という共通の目的を目指しプロアマ問わず全力で戦い合える場を作ることを目的に開催されるコミュニティ主催大会です。

開催情報

  • 開催日: 2017年10月8日(日)17:00~
  • 出場募集チーム数: 16
  • トーナメント形式: シングルイリミネーション方式
  • マップ: Inferno、Mirage、Cache、Cobblestone、Nuke、Overpass、Train
  • 賞品:
    • 優勝: CS:GOスキン 15,000円分
    • 準優勝: CS:GOスキン 10,000円分
    • MVP: CS:GOスキン 2,000円分

スケジュール

  • 17:00~ 第一試合開始
  • 18:30~ 第二試合開始
  • 20:00~ 第三試合(準決勝)開始
  • 21:30~ 第四試合(決勝戦)開始

ストリーミング配信

Watch live video from solidusfive on www.twitch.tv

  • 実況・解説: Titor-Johnn、Golma3

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 日本最大級のLANパーティ『C4 LAN 2017 WINTER』のチケットが10/9(月・祝)12時より発売開始

c4lan

日本最大級のLANパーティ『C4 LAN 2017 WINTER』のチケットが10/9(月・祝)12時より販売されます。

C4 LAN 2017 WINTER

『C4 LAN 2017 WINTER』は、ゲームタイトル・コミュニティの枠を超え、ゲームを遊び倒す参加者持ち込み型のゲームパーティ(LANパーティ)として実施されます。

前回は2017年4月に東京・浅草橋の「ヒューリックホール」にて約160席規模で実施されましたが、今回は会場を東京・平和島の「東京流通センター」に移し、約300席と2倍の規模に拡大して開催。

チケットは「パスワーク」のプラットフォーム上にて10/9(月・祝)お昼の12時より発売開始となります。

チケット情報

販売サイト

チケットの種類は下記のようになっています。

C. BYOC席つき全日程入場券 (早割)

  • [販売期間] 10/9(月)12:00~11/17(金)23:59
  • [価格] 8,500円

D. BYOC席つき全日程入場券 (通常)

  • [販売期間] 11/18(土)00:00~12/16(土)23:59
  • [価格] 9,500円

E. BYOC6席つきグループパック

  • [販売期間] 10/9(月)12:00~11/17(金)23:59
  • [価格] 50,000円

F. BYOC8席つきグループパック

  • [販売期間] 10/9(月)12:00~11/17(金)23:59
  • [価格] 60,000円

G. [BYOCオプション] モニターレンタル

  • [販売期間] 10/9(月)12:00~12/13(水)23:59
  • [価格] 4,000円

H. [BYOCオプション] PC本体レンタル

  • [販売期間] 10/9(月)12:00~12/13(水)23:59
  • [価格] 4,000円

A. BYOC席なし単日入場券

  • [価格] 3,000円

B. BYOC席なし全日程入場券

  • [価格] 4,000円

イベントの最新情報は、下記にてチェックすることが出来ます。

昨年は会場で『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』をプレーするゲーマーが多く流行の兆しを見せていましたが、現在は『Steam』で最大同時接続数180万を越える人気タイトルとなっています。今年もかなりの人気となるのではないでしょうか。

DSC_8267

各ゲームコミュニティでまとめて席を取る呼びかけの動きもあるので、Twitter ハッシュタグ 「#C4LANJP」や上記のDiscordチャンネルをチェックしてみてください。

情報元

関連ニュース

DOTA 2 Dota Pro Circuit初回大会『SL i-League Dota 2 Invitational Season 3』の開催スケジュール発表、10/12(木)スタート

sl-dota2

賞金総額30万ドルで開催されるDota 2マイナー大会『SL i-League Invitational Season 3』の試合スケジュールが発表されています。

SL i-League Dota 2 Invitational Season 3

『SL i-League Invitational Season 3』はDota 2の2017-2018競技シーズン「Dota Pro Circuit」の初回大会として開催されます。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

「メジャー」は11回、「マイナー」は16回予定されており世界各国で毎月3~5回実施予定。本大会は「マイナー」大会となり、「メジャー」より賞金・ポイントは少ないですがツアーポイント形式は少しずつでもポイントを積み上げていく事が大切になるため決してあなどることは出来ません。

ポイント

  • 1位: 150
  • 2位: 90
  • 3-4位: 30
  • 3-4位: 30

出場チーム

招待

  • United States Team Liquid - MATUMBAMAN, Miracle-, MinD_ContRoL, GH, KuroKy
  • China Newbee - Moogy, Sccc, kpii, Kaka, Faith

ヨーロッパ予選通過

  • Europe Team Secret - Ace, MidOne, FATA-, YapzOr, Puppey

CIS予選通過

  • Ukraine Natus Vincere - Crystallize, Dendi, GeneRaL, RodjER, SoNNeikO

北米予選通過

  • United States compLexity Gaming - Chessie, Limmp, Moo, Zfreek, melonzz

南米予選通過

  • Brazil SG e-sports - FuckinEh, 4dr, Liposa, Bardo, Thiolicor

中国予選通過

  • China Vici Gaming - Paparazi灬, Ori, eLeVeN, LaNm, Fenrir

東南アジア予選通過

  • Philippines Mineski - NaNa, Mushi, iceiceice, Jabz, ninjaboogie

『The International 2017』優勝のUnited States Team Liquidと準優勝の China Newbee が招待出場。Europe Team SecretとUkraine Natus Vincereはメンバー変更がありながらも勝ち上がってきているのは流石です。

東南アジア予選を勝ち抜いた Philippines Mineskiはレジェンド Mushi、iceiceiceが所属しているチームです。東南アジアも国際シーンで存在感を出すチームが増えてきているので今大会での活躍にも期待が高まります。

グループステージ

Group A

  • Brazil SG e-sports
  • United States Team Liquid
  • China Vici Gaming
  • Philippines Mineski

Group B

  • China Newbee
  • Europe Team Secret
  • United States compLexity Gaming
  • Ukraine Natus Vincere

グループステージはダブルイリミネーション方式トーナメントで行なわれ、各グループの上位2チームがプレーオフに進出します。

スケジュール (日本時間)

10/12(木)

  • 18:00 — [A] China Vici Gaming [vs] Brazil SG e-sports
  • 21:00 — [A] United States Team Liquid [vs] Philippines Mineski

10/13(金)

  • 00:00 — [A] 1st place decider
  • 18:00 — [B] China Newbee [vs] United States compLexity Gaming
  • 21:00 — [B] Europe Team Secret [vs] Ukraine Natus Vincere

10/14(土)

  • 00:00 — [B] 1st place decider
  • 15:00 — [A] Elimination match
  • 18:00 — [B] Elimination match
  • 21:00 — [A] 2nd place decider

10/15(日)

  • 00:00 — [B] 2nd place decider
  • 18:00 — Semifinal #1
  • 21:00 — Semifinal #2
  • 24:30 — Grand-Final

配信ページの発表はまだ正式に行なわれていませんが、おそらく下記のTwitchチャンネルで行なわれるでしょう。

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch League』ダラスチームの名称が「Dallas Fuel」に決定

ow-fuel

公式リーグ『Overwatch League』に出場するアメリカ・ダラスチームの名称が United States Dallas Fuel に決定したと発表されています。

『Overwatch League』ダラスチームの名称が「Dallas Fuel」に決定

『Overwatch League』は世界の都市を拠点とする12のフランチャイズチームが出場し、賞金総額350万ドルで開催されます。2017年12月6日よりスタートするプレシーズンを前に、各チームの情報が順次明らかにされています。

今回、Team EnVyUsとHersh Interactive Groupが共同オーナーとなっているダラスチームの名称が United States Dallas Fuel に決定。

公式サイトではチーム名の由来について「エネルギー分野で発展してきたこの地域の伝統に敬意を表するだけでなく、チームがダラスのeスポーツファンの間に巻き起こすであろう熱気を象徴しています」と紹介されています

Dallas Fuel

  • Finland Timo "Taimou" Kettunen (DPS/Flex)
  • Korea Kim "EFFECT" Hyeon (DPS)
  • United States Brandon "Seagull" Larned (DPS/Flex)
  • Thailand Pongphop "Mickie" Rattanasangchod (Flex)
  • Sweden Christian "cocco" Jonsson (Tank)
  • Sweden Sebastian "chipshajen" Widlund (Support/Flex)
  • Spain Jonathan "HarryHook" Tejedor Rua (Support/Flex)

Mike Rufail氏のコメント(Team EnvyUSオーナー、CEO)

この名前を選んだ理由は、私たちが持つテキサスのルーツに語りかけるとともに、パートナーである Ken Hersh と Hersh Interactive Group の歴史に敬意を表し、成長を続ける e スポーツに地元のファンたちの注目を集めることができると考えたからです。Fuel は成し遂げてくれるでしょう。ここテキサスを恒久的な本拠地に据える Dallas Fuel のことを誇りに思います。

Dallas Fuel でオーバーウォッチ リーグのチームをダラスに誕生させることは始まりに
すぎません。プロチーム、数千人のファンが声援をあげて試合をライブで観戦できるアリーナ、トレーニングセンターなどを用意して、私たちはこの地域を e スポーツ文化とファンの中心地にしたいと考えています。

情報元

関連ニュース

PUBG 招待制大会『IEM Oakland PUBG Invitational』の出場チーム発表スタート

iem-pubg

招待制大会『IEM Oakland PUBG Invitational』の出場チーム発表が開始されています。

IEM Oakland PUBG Invitational

『IEM Oakland PUBG Invitational』は、アメリカ・ヨーロッパの20チーム80名が出場し、賞金総額20万ドルで競われる『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のオフライン大会です。

出場チームの内訳は招待、予選通過がそれぞれ10チームずつとなっており、そのうち5つの招待チームが発表されています。

招待チーム

  • TSM - Viss, aimPR, SmaK, BreaK
  • Team Liquid - Hayz, Scoom, Molnman, ollywood
  • Noble - Boom, Edakulous, DazFPS, Interrogate
  • Luminosity - Ninja, JP2, Drassel, Chipzy
  • Alliance - Ciggzy, OdinThor, Romz, Veazyy

Gamescomで開催された『PUBG Invitational』SQUAD部門優勝のLuminosity、3位 Noble、4位Team Liquid、5位 TSM、『Dota 2』2013年世界王者で知られるAlliaceのPUBG部門などの有名チームが名を連ねています。

出場チーム - 20チーム

  • 招待: アメリカ×5
  • 招待: ヨーロッパ×5
  • 予選: アメリカ×5
  • 予選: ヨーロッパ×5

賞金 - $200,000

  • 1位: $60,000
  • 2位: $45,000
  • 3位: $30,000
  • 4位: $20,000
  • 5位: $15,000
  • 6位: $12,000
  • 7位: $10,000
  • 8位: $8,000

ルール

  • SQUAD FPP (Team - First person perspective)
  • 8試合を実施し、合計獲得スコアで順位を決定

情報元

Overwatch DetonatioN Gamingが新生Overwatch部門の所属メンバーを発表

dng-ow

プロeスポーツチーム Japan DetonatioN Gamingが、新たな『Overwatch』部門の始動を発表しました。

DetonatioN Gamingが新生Overwatch部門の所属メンバーを発表

2017年4月に『Overwatch』部門を解散し、再結成に向けて選考を続けていた Japan DetonatioN Gamingは、半年を経て下記のメンバーを新たに迎えました。

DNG Overwatch

  • Japan nosuke(のすけ) [Tank]
  • Japan kuronon(くろのん) [Flex]
  • Japan Nephrite(ネフライト) [DPS]
  • Japan ameken(あめけん) [DPS]
  • Japan Kinoko(キノコ) [Support]
  • Japan Xeraphy(セラフィー) [Support]
  • Japan Minase(みなせ) [コーチ]
  • Japan Rylax(りらっくす) [マネージャー]

全員がライバル・プレイでTOP500に入った経験を持つほか、国内のプロチームで活動していたメンバーも含まれています。

チームは本日より開幕となる『Overwatch Open Division Japan Season2』に出場。出場リストに名前はありませんでしたが、Japan 皇帝 として登録しているのが Japan DetonatioN Gaming になります。

Japan DetonatioN Gamingは初戦で Japan AstonishGaming DiabloDeathTouch と対戦予定です。

情報元

関連ニュース

Overwatch プロチームDeToNatorとの対戦イベントが大阪・ヨドバシ梅田で10/21(土)、22(日)に開催

dtn-yodobashi

プロゲームチーム Japan DeToNatorのメンバーとの対戦イベントが、10/21(土)、22(日)に大阪・ヨドバシ梅田で開催されます。

DeToNator 1on1チャレンジ

『DeToNator 1on1チャレンジ』と題された本イベントには、Overwatch部門の Japan siorin選手、人気ストリーマーのJapan YamatoN氏、Japan StylishNoob氏が登場し、『Overwatch』での1vs1対戦が行なわれます。

開催情報

  • 開催日: 2017年10月21日(土)、22日(日)
  • 場所: ヨドバシカメラマルチメディア梅田 地下1F パソコン売り場
  • 参加費用: 無料
  • 出演: Japan siorin選手、Japan YamatoN氏、Japan StylishNoob氏

10月22日(日)は『PUBG JAPAN CHAMPIONSHIP 2017』のオンライン決勝戦が予定されており、Japan YamatoN氏、Japan StylishNoob氏は大会に出場し決勝まで進出した場合は21日(土)のみの出演となる可能性もあるとのことです。

情報元

関連ニュース

Quake Champions 『Quake Champions』アーリーアクセス アップデート(5.10.17)パッチノート

qc-changelog

『Quake Champions』アーリーアクセス アップデート(5.10.17)のパッチノートがリリースされています。

taharasanさん、翻訳テキストのご提供ありがとうございました。

Patch Notes - Early Access Update - 5.10.17

今回のパッチは、様々な問題やバランス調整を含む大規模なアップデートとなっています。

ゲームバランス修正

  • 小ヘルスバブルとライトアーマーはそれぞれ、常に+25HP/APを加算するようになった。
  • DuelsでRespawn位置をより予測しにくいよう改善した。
ゲームオプション
  • 自動武器変更オプションを追加した。この設定を有効にすると、武器を拾った際に自動的にその武器に切り替えられる。
プロジェクタイルに関する変更
  • Rocketがミスとなる問題に関し、多数の問題を解決した。
  • プレイヤーがアビリティを使った際に、Rocketがミス判定となる問題に対処を試みた。
  • プレイヤーが死亡直前に空中で発射したRocketがミスとなる同期ズレ問題を解決した。
  • Rocketのクライアント側予測およびサーバーサイド認証を改善した。
  • Rocketに対する決定論的(アルゴリズム)シミュレーションを実装した。
  • Rocketが軌道を描かず、横方向に飛んでいく問題を修正した。
ゲームクライアント修正
  • 様々なメモリーリークを修正した。
  • 送信帯域の最適化を行った。
  • 稀にユーザーが射撃やその他のアクションができなくなってしまう問題に対処を試みた。(主にカナダの特定ISPを利用しているユーザーから報告されていた)
  • ターゲットのディスプレイを変更した際に、クライアントがフリーズする問題を修正した。
  • オンデマンド読み込みのメモリー最適化対応を追加した。
チャンピオンのバランス調整
  • 全体
    • チャンピオンのライティングを変更し、より近距離で敵・味方のカラーがつくようになった。参考動画
    • アウトライン描画開始距離を、120u以内から256以内と延長した。
  • Anarki
    • ストレーフ中の傾きのアニメーションを弱めた。参考動画
  • BJ Bkazkowics
    • Dual Wieldのcooldownを50秒から48秒に短縮した。
    • Dual Wield時のShotgun、Tri-bolt、Rocket Launcher、Railgunの連射速度を向上した。
  • Clutch
    • 開始時のヘルスポイントを25増加した。
    • Mining Drill射撃中の移動ペナルティを削除した。
  • DOOM Slayer
    • Berserk中の飛び殴りの精度を向上した。
  • Scalebearer
    • アーマーの最大値を25増加した
  • Slash
    • Plasma Trailをあらゆる方向に使用できるようになった。
  • Sorlag
    • Acid Spit後の武器射撃までのディレイを、0.6秒から1.0秒に増加した。
    • Acid Spitのオーバータイムダメージを10から7に減少し、結果として合計50ダメージが35ダメージに減少した。
  • Visor
    • Piercing Sightのボイスラインを、マップ全体に聞こえる仕様から使用者自身のみが聞こえる形式に変更した。
    • Piercing Sightのクールダウンを45秒から43秒に減少した。
武器調整
  • Nailgun (スタートロードアウトのもの)
    • 射撃間隔を向上し、毎秒100ダメージだったものを133ダメージまで向上させた。
  • Super Shotgun
    • スーパーショットガンの散弾具合を、800から750に変更した。
  • Tri-bolt
    • ボルトの視認性を向上した。
    • ボルトが敵に直撃した場合、即座に爆発するようになった。(計50ダメージ)
XP/ショップに関する更新情報
  • 10/5-9までをXP2倍ウィークエンドとした。
  • Vanityの価格を600 platinumから500platinumへ変更した。
  • Vanityの売却報酬を150 shardsから200 shardsへと増加させた。
  • チャンピオン重複獲得時の報酬を150 shardsから200 shardsへと増加させた。
  • iconとnameplateのバックパックからのドロップレートを向上した。
    • 下記のバンドルパックを10/5で削除した。
      • Quake 1 Rocket Bundle
      • Quake 2 Railgun Bundle
      • Quake 3 Machinegun Bundle
      • Quake 4 Lightning Gun Bundle
      • El Diablo Shotgun Bundle
      • Vanity – Phase Projector
    • 下記の新しいバンドルパックを10/5から追加した。
      • Ranger Raider Complete Set
      • Ranger Shambler Head
      • QR3-LL Rocket Launcher
      • Starter Shader Pack
Vanityに関する更新情報
  • AnarkiのBone Daddyコスチュームの頭部及び胴体に炎のアタッチメントを追加した。
Loreシステムに関する更新と修正
  • “Lore Found”のアナウンスが、Lore Scrollを発見した本人にのみ再生される仕様に変更した。
  • Lore Scrollを試合を完了しないと取得できないように変更した。
  • ファーミングをよりしにくくする対策として、Lore Scrollに関する複数の修正を実施した。
Goreシステムに関する更新情報
  • ラグドールが床のクリップを通り抜けてしまう問題を修正した。
  • 特定の死亡ケースで、死亡アニメーションが発生しない問題を修正した。
音声についての更新と修正
  • 試合後の表彰台にて、勝利/敗北の音楽が追加された。
  • 歩いて進入した場合だけでなく、ジャンプパッドにジャンプしながら乗った場合にも音声が再生されるようになった。
  • Constructor (Q4 Nailgun)の低音エフェクトが他のプレイヤーに聞こえていたものを、クライアント側のみに限定した。
UIの更新
  • ホームスクリーンのチャンピオンのボイスラインと、アニメーションを追加した。
  • IconとNameplateの両方がコンタクトリストに表示されるように変更した。
  • 試合後の表彰台シーンを、ネームプレートが含まれるよう変更した。
  • パーティへの招待がメニュー内チャットに表示されるようになった。
  • ストアタブのアートワークを更新した。
  • ストアメニューの値引き情報がプライスタグ上に表示されるよう変更した。
チャンピオンの修正
  • 全てのチャンピオン
    • 一人称で武器アニメーションが発生しない問題を修正した。
    • Loreセットは他のコスチュームセットと混合で使用できないように修正した。
    • Ruby-Nyxを含む、特定のLoreセットにシェーダーを適用できていた問題を修正した。
    • しゃがんでいる最中にアクティブアビリティを使用できるように修正した。
    • 死亡直前にアクティブアビリティを有効化した場合、Respawn直後にアビリティが起動してしまう問題を修正した。
    • 敵同士が動いている場合、両者が衝突しないように修正した。
  • Anarki
    • マッチロビーでボード上に浮いていることがある問題に対処した。
  • DOOM Slayer
    • Silent Protagonist (寡黙な主人公) Passive Abilityをメニューに表示した。
    • Leap Strike (飛び殴り) が敵をロックしていながら、パンチがミスとなる問題を修正した。
    • Battle Report画面でモデルが正しく表示されるよう修正した。
    • Berserk使用後に4秒間ズームができなくなっていた問題を修正した。
    • ヒットボックスのズレから、頭部とヘルメットにあたり判定が無かった問題を修正した。
    • 敵をロックオンした際に、クロスヘアーが赤色に変化するよう変更した。
  • Nyx
    • スクリーンアニメーション中に手の透明部分が透けていなかった問題を修正した。
  • Ranger
    • 稀にDire Orbで2度テレポートすることがある問題を修正した。
    • 空中でDire Orbを投げると無音になっていた問題を修正した。
  • Scalebearer
    • メインメニューの低解像度テクスチャーを修正した。
  • Sorlag
    • 敵や味方の矢印マークが見えなかった問題を修正した。
    • メインメニューの低解像度テクスチャーを修正した。
武器に関する修正
  • 全ての武器
    • インベントリに既にある武器を再度取得した際に、弾薬を獲得しすぎる問題を修正した。
    • 新マップの武器Respawn時間を正しい値に修正した。
    • ズーム・解除を繰り返した場合に、ズームのHUDオーバーレイが残ってしまう問題を修正した。
  • Shotgun
    • DOOM 2 Super Shotgunのリロードアニメーションを修正した。
    • Shotgun射撃時に腕がアニメーションしない問題を修正した。
  • Railgun
    • マップ地形のコーナー部分付近で敵を射撃した際に、あたり判定が一定でなかった問題を修正した。
MedalとRuneに関する修正
  • Combo KillとHeadshotメダルが正しく出現するよう修正した。
XP/ショップに関する更新情報
  • 重複アイテムの報酬Shardの量が一定でなかった問題を修正した。
  • Loot Boxから出たVanityが表示されなかった問題を修正した。
  • Vanityアイテムの価格がPlatinumではなくShardで表示されることのある問題を修正した。
  • アイテム購入時にディスカウントが適用されなかった問題を修正した。
Mapの更新と修正
  • Blood Covenant
    • Scragがマップ外を浮遊するようになった。
    • Rocket Launcherエリアの光エフェクトを削除した。
    • RangerがDire OrbでObelisk Aのジャンプパット付近の柱の中にテレポートできる問題を修正した。
    • RangerがDire Orbでマップの下、およびObelisk A内部にテレポートできる問題を修正した。
    • 報告されていた多数のホール(穴)を修正した。
  • Blood Run
    • 殺した敵のそばにRespawnしてしまう問題に対処を試みた。
  • Burial Chamber
    • Sacrifice以外をプレイ中に、Sacrifice限定エリアに進入できる問題に対処を試みた。
  • Church of Azatoth
    • 武器のRespawn時間を修正した。
    • 中央のジャンプパッドの奥側に着地するとジャンプパッドが発動しない問題を修正した。
    • 多数のコリジョン修正を行った。
  • Lockbox
    • 報告されていた多数のホール(穴)の修正を行った。
    • Tempest Shrine
    • RangerのDire Orbで、階段の隙間からプレイエリア外にテレポートできる問題を修正した。
    • 壁越しに敵のマーカーが見えてしまう問題を修正した。
    • いくつかのエフェクトがチラつきや光源の点滅をを引き起こす問題に様々な修正を行った。
カスタムゲームに関する修正
  • ロビーのオーナーが試合開始後に試合設定を変更できない仕様に更新した。
リマッチに関する修正
  • プレイヤー待ち画面で、パーティ内のプレイヤーが別チームに割り当てられることのある問題を修正した。
  • リマッチが成立した際に、Waiting For Player画面が表示されないよう更新した。
  • 両チームで同数のプレイヤーが同意しても、不公平なマッチアップの場合リマッチが開始されないよう更新した。
  • Waiting For Player画面から動けなくなる問題を修正した。
チュートリアルに関する修正
  • Basic Trainingのコリジョンに多数の修正を行った。
  • 射撃ホールの的が壁から近すぎる地点に発生する問題を修正した。
  • プレイヤーがスタートルームで、後向きでゲート側に面してSpawnする問題を修正した。
観戦機能の修正
  • 観戦者モードで、いくつかのサウンドが再生されない問題を修正した。
  • 一人称フォローモードで、三人称のプレイヤーが表示される事がある問題を修正した。
  • プレイヤー切り替えを行った際に、ラグが発生する問題を修正した。
UIに関する修正
  • Duelの試合後に誤った試合結果が表示される問題を修正した。これにより、これより最終ラウンドだけでなく全ラウンドを合計した結果が表示される。
  • Duelの最初のラウンドで獲得したメダルが、その後のラウンドのスコアボードに表示されていない問題を修正した。
  • 受付期間が経過した後も、Remachテキストが表示され続ける問題を修正した。
  • チャンピオンカスタマイズ画面で、ワイプによるアイテム表示をした際にビジュアルバグが発生していた問題を修正した。
  • ワイプ表示で特定のアイテムの表示が誤っている問題を修正した。
  • いくつかのEpicコスチュームセットが販売できない問題を修正した。
  • いくつかのEpicコスチュームセットが、アタッチメントを獲得してしまうと販売できなくなる問題を修正した。
  • Vanityアイテムのプレビュー時に、いくつかのチャンピオンの手の関節動作が正しくない問題を修正した。
  • スライダーの動きが意思に反し、一度にひと目盛以上動くことがある問題を修正した。
  • ゲーム起動後にVoice Chatボタンがデフォルトキーに戻る問題を修正した。
  • チャンピオンの背中のアイテムを見せるカメラが正しく動作しない問題を修正した。
  • ワイプ表示でSorlagの卵Vanityが中央に表示されていなかった問題を修正した。
  • いくつかのチャンピオンのコスチュームと、Vanityアイテムのワイプ表示がずれていた問題を修正した。
  • DOOM Slayerのカスタマイズ画面で、正面ではなく横からの姿が描画されることがある問題を修正した。
  • Duelにて敵のレベルが0と表示される問題を修正した。
  • カスタムゲームのオーナーがロビーから離脱した際の通知を追加した。
  • Sacrificeのスコアボードに、余分な数字が表示される問題を修正した。
  • uncommonアイテムのいくつかが、緑ではなくグレーで表示されていた問題を修正した。
  • rareアイテムのいくつかが、青ではなく紫で表示されていた問題を修正した。
  • epicアイテムのいくつかが、紫ではなく青で表示されていた問題を修正した。
  • いくつかのepicアイテムのドロップ時に、レアリティのアナウンスが正しく再生されない問題を修正した。
  • 特定の条件下で、カスタマイズのタブがクリックできなくなる問題を修正した。
  • キーバインドのポップアップメニューで、ユーザーに再設定や画面の閉じ方を伝えられていなかった問題を修正した。
  • Voice Chatがサポートされていないゲームモードでも、Voice Chatアイコンが表示されている問題を修正した。
  • 低解像度での表示時に、たくさんのパターンシェーダーが表示される問題を修正した。
  • Storeメニューで、使用できない検索・フィルターのUIパーツが表示されていた問題を修正した。
  • 法的なドキュメントへの同意をプレイヤーが拒否した場合のウィンドウを更新した。
Steamに関する修正
  • 法的なドキュメントに同意した後に、オートログイン機能が必ず成功してしまう問題を修正した。
  • Bethesda.netアカウントとリンク済みのSteamアカウントでQuakeを初回起動した際に、「Emailアドレスの確認」ポップアップが表示される問題を修正した。
  • パスワードのテキストボックスに特殊記号を使用できない問題を修正した。
  • アカウント作成フローから、Emailアカウント認証を削除した。
  • アカウント作成フローから、「自動的に設定、ただし後に手動に変更可能」の表示を削除した。
  • ローンチャーを利用せずに、.exeファイルから直にゲームを起動できる問題を修正した。
既知の問題
  • 自身が倒された後も、チャンピオン選択画面で敵のマーカー表示が残る問題。これらのマーカーは倒された時点での敵の位置を示しており、Respawnするまでの間マーカーの位置が更新されることはない。
  • ClutchのMining Drill中に倒された場合、一瞬死後にもビームが表示され続ける問題を修正した。
  • ロビーオーナーが試合開始を選択した場合に、選ばれたマップの画像が表示されない問題。
  • Tribolt Godメダルが正しく出現しない問題。

『Quake Champions』のパッチノート情報は、Quake Champions JapanのDiscordおよび掲示板をチェックするといち早く手に入れることが出来ます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 賞金総額100万ドルのCS:GOメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston』が2018年1月に開催決定

EL_Major_Boston

賞金総額100万ドルのCS:GOメジャー大会『ELEAGUE Major: Boston』が2018年1月に開催されます。

ELEAGUE Major: Boston

『ELEAGUE Major: Boston』は、2017年7月に開催されたメジャー大会『PGL Major Kraków 2017』でベスト8に入賞した「Legends」チームと、オフライン予選を勝ち抜いた「Challangers」8チームを加えた16チームが出場する賞金総額100万ドルの大会です。

出場チーム

Legends

  • Russia Gambit Esports
  • Brazil Immortals
  • Denmark Astralis
  • Poland Virtus.pro
  • Denmark North
  • Sweden Fnatic
  • Brazil SK Gaming
  • Germany BIG

Challangers

  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過
  • オフライン予選 通過

オフライン予選

「Challangers」を決定するオフライン予選には、『PGL Major Kraków 2017』の9~16位の8チームに加えて、「アメリカ」「ヨーロッパ」「CIS」「アジア」で開催される「Minor(マイナー)」大会の上位2チームずつ(8チーム)が出場します。

出場チーム

  • United States Cloud9
  • Ukraine FlipSid3 Tactics
  • France G2 Esports
  • Ukraine Natus Vincere
  • Europe mousesports
  • Europe PENTA Sports
  • Russia Vega Squadron
  • Europe FaZe Clan
  • アメリカ予選 1位
  • アメリカ予選 2位
  • ヨーロッパ予選 1位
  • ヨーロッパ予選 2位
  • CIS予選 1位
  • CIS予選 2位
  • アジア予選 1位
  • アジア予選 2位

アジア予選

「アメリカ」「ヨーロッパ」「CIS」はオープン予選が行なわれますが、「アジア」は招待8チームのみ出場可能な『Asia Minor Championship』が10月26~29日に韓国のソウルで開催されます。

Liquipediaによると、いまのところ下記6チームの招待が確認されているとのことです。

出場チーム

  • China Flash Gaming - Summer, Attacker, LOVEYY, Kaze, Karsa
  • Mongolia The MongolZ - Tsogoo, ncl, Machinegun, Zilkenberg, maaRaa
  • Korea MVP PK - solo, glow, peri, zeff, HSK
  • Australia Renegades - AZR, jks, USTILO, Nifty, NAF
  • China TyLoo - Mo, DD, somebody, BnTeT, bondik
  • China ViCi Gaming - tb, zhokiNg, uki, Freeman, Savage
  • 未定
  • 未定

もし日本から出場出来るとしたら Japan SZ.Absoluteが最も確率が高いと思われますが、同チームは2017年10月26~29日にフィリピンで開催される『ROG MASTERS 2017』のアジア予選に出場することから、招待されたとしても日程バッティングとなってしまいます。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 1Dayトーナメント『GeForce CUP: CS:GO #02』が10/22(日)に開催、1チーム参加ごとに優勝賞金が千円加算

geforce-csgo

NVIDIAが賞金総額18万円のオンライン1Dayトーナメント『GeForce CUP: CS:GO #02』を10/22(日)に開催します。

GeForce CUP: CS:GO #02

『GeForce CUP』はNVIDIAが世界に挑戦するプレイヤーの育成、eSportsシーン活性化とより高品質なゲーム体験を提供するために実施するeスポーツ大会です。

今大会の賞金総額は18万円で、優勝チームには10万円の賞金が贈られます。今回は、参加チームが1つ増える度に優勝賞金に1,000円がプラスされるというユニークな仕組みが導入されており、大会の最大出場登録数が64チームとなっていることから、優勝賞金が最大64,000円増加する可能性があります。

開催情報

賞金・景品

  • 優勝: 100,000円(20,000円 × 5名)※1チーム参加登録毎に1,000円加算
  • 準優勝:50,000円(10,000円 × 5名)
  • ベスト4(2チーム): 15,000円(3,000円 × 5名)
  • 参加賞:BitCash 2,000クレジット × 10名
  • 視聴者プレゼント: BenQ ZOWIE XL2546ゲーミングモニター

大会は、一回戦からストリーミング配信が行なわれます。
現在のところ、すでに8チームがエントリーを行なっています。

出場チーム

2017年7月に開催された第1回大会では、 Japan SZ.Absoluteが優勝。レジェンドnoppo氏率いる Japan GTX Gaming も結成されベスト4入りとなりました。

今大会が実施される10月22日(日)は、アジア大会『eXTREMESLAND ZOWIE Asia CS:GO 2017』が開催されており、前回優勝の Japan SZ.Absolute はこちらに日本代表として出場するため不参加となります。

他のチームにとっては、『GeForce CUP: CS:GO #02』タイトル獲得のチャンスです。

情報元

関連ニュース

3 / 2142 ページ (全 21413 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar