ニュース アーカイブ

5 / 2158 ページ (全 21577 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

Counter-Strike: Global Offensive 賞金総額30万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2018』が2018年7月に開催

esl-one

『ESL』が、賞金総額30万ドルのCS:GO大会『ESL One Cologne 2018』が2018年7月6~8日に開催すると発表しました。

ESL One Cologne 2018

『ESL One Cologne 2018』は、世界トップクラスの実力を持つ16のCS:GOチームが出場し、ドイツのケルンで開催されます。

グループステージが2017年7月3~5日、プレーオフはドイツ最大の屋内競技場「Lanxess-Arena」にて7月6~8日に実施。
今年の賞金総額は30万ドルと、昨年よりも5万ドルが増額されました。

入場チケットは、2018年12月1日(金)20時頃より大会公式サイトにて発売開始となる予定です。

2017年大会は、決勝戦で Brazil SK Gaming が United States Cloud 9 を 3-0で下し優勝となっています

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『Counter-Strike: Global Offensive』アップデート(2017-11-28)

CS:GO

Counter-Strike: Global Offensive』のアップデートがリリースされています。

Release Notes for 11/28/2017

AUDIO

  • 3Dオーディオのパフォーマンスを向上させ、位置オーディオの反応をより早くした。

War Games

  • War Gamesの試合終了後投票において3マップからの選択が可能となった
  • War Gamesコミュニティサーバー管理を簡略化するため、試合終了後の投票設定をコントロールするためのコマンドを追加した

Misc

  • サーバーのHTTPログ配信において、remote listenerが登録されているログ行に正しくタイムスタンプが記載されるようになった
  • 新しいプレーヤーが接続・ダウンロードしゲームの状態を初期化するときにゲームサーバーが重くならないようにした
  • 公式ゲームサーバーに影響する突然のクラッシュを修正した
  • GOTV+の配送で3秒間余計にディレイが発生することがあるのを修正した
  • ネットワーク文字列テーブルのSSE4最適化により、新しいプレーヤーが接続する時の負荷を軽減出来るようになった
  • convar「con_timestamp」を使用する事で、ゲームサーバーのコンソール出力にタイムスタンプを付ける事が可能となった

TRUST FACTOR

  • データとフィードバックに基づき、トラストアルゴリズムをアップデートした。これをより改善するため、タイトルを「Trust Factor Feedback」として本文に説明とSteam IDを記載し、 CSGOTeamFeedback@valvesoftware.com宛てにメールをお送りください。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 賞金総額25万ドルのCS:GO大会『DreamHack Masters Stockholm 2018』が2018年8~9月にスウェーデンで開催

DreamHack Masters Stockholm 2018

CS:GO大会『DreamHack Masters Stockholm 2018』が2018年8~9月にスウェーデンで開催されます。

DreamHack Masters Stockholm 2018

『DreamHack Masters Stockholm 2018』はメインタイトルにCS:GOを採用し、賞金総額25万ドル、全16チームの出場で行なわれます。

日程的には2018年8月29~31日にグループステージ、9月1~2日にプレーオフが予定されています。

Marcus Lindmark氏のコメント (DreamHack AB, CEO & President)

DreamHack Mastersをストックホルムで開催することにとても興奮しています。ストックホルムにはDreamHackの本社があり、会場のStockholm Liveは世界でも最高の施設です。可能な限り最高のイベント体験をオフライン、オンライン両方の観客達にお届け出来るよう、全ての手を尽くます。

情報元

関連ニュース

Overwatch ブリザードが『Overwatch』2018年公式大会のブランド統合・仕組みを改定、プロ選手になるための道のりを整備

Overwatch

Overwatch League』公式サイトにて、「2018年、プロへの道」と題された公式大会の仕組み整備に関する発表が掲載されました。

2018年、プロへの道

『Overwatch』のeスポーツでは、あらゆるスキルレベルのプレーヤーが競技者・チームとして成長できるエコシステムの創出・維持を基本理念とした展開を行なっていくとのこと。

これに伴い、2018年は大会ブランドの統合や入れ替え戦などの仕組みを導入すると発表しました。

2018年大会からの変更点

  • 「Overwatch Contenders」ブランドに中国、韓国、台湾で実施していたプレミア大会を統合
    • 上記3エリア、既存のアメリカ、ヨーロッパに南米、オーストラリアを加え7地域で開催
    • ヨーロッパ、アメリカ、アジアパシフィック、オーストラリア、韓国、中国、南米
  • 2018年1月より「Overwatch Contenders」と同じ7エリアで下部リーグ「Overwatch Open Division」を開催
    • シーズンの終了頃に「Contenders」の下位4チーム、「Open Division」上位4チームが出場する入れ替え戦「Contenders Trials」を開催 (初回は2018年2月予定)
  • Overwatch Open Division → Overwatch Contenders → Overwatch League と昇格を目指していく

Overwatch Contenders

  • Europe Contenders Europe
  • United States Contenders North America
  • World Contenders South America [NEW]
  • Australia Contenders Australia [NEW]
  • Korea Contenders Korea (旧 Korea Overwatch APEX)
  • China Contenders China (旧 China Overwatch Premier Series)
  • World Contenders Pacific (旧 World Overwatch Pacific Championship)

日本シーンへの影響は?

『旧Overwatch Pacific Championship』は台湾の「Blizzard Estadium」にて開催され、台湾、日本、韓国、オーストラリア、タイ、香港といった地域のチームが出場。Season 1 には Japan DeToNator.GOLD と Japan SunSister、Season 2には Japan Libalent Supreme が参戦しました。

日本では『Overwatch Open Division Japan』がSeason 1~3まで開催されており、今後はこちらで結果を残すことで『Contenders Pacific』の入れ替え戦『Contenders Trials』に出場出来る可能性がありそうです。

『Contenders Pacific』は先の通り、複数の国が出場する大会のため、日本に枠が設けられたとしても、枠数的に出場出来るのは優勝チームくらいになるでしょうか。

構造的気になる部分も

公式サイトでは、これらの仕組みを通じて「これまで以上にプレイヤーの活躍の場が広がり、それにあわせてプレイヤーがオーバーウォッチ リーグのスカウトの目に留まる可能性も高まります」と説明されています。

最高峰のプロリーグ『Overwatch League』には12のフランチャイズチームが出場となり、所属選手はチームからのオファーを通じて交渉にて決定されます

『Overwatch Open Division』『Overwatch Contenders』まではチーム単位での活動ですが、その先となる『Overwatch League』に進むことが出来るのは選ばれし個人のみとなります。

つまり、プロチームとして投資を行ない『Overwatch Contenders』まで勝ち上がっても、優秀な選手が『Overwatch League』フランチャイズチームからのオファーで引き抜かれ、チームとしては戦力が落ちる、その先のモチベーションを維持出来ないといったことが発生する可能性が考えられます(Contendersの賞金、移籍金の収入はありそうですが)。

「プロチーム」として活動する団体にメリットがあまりなさそうですが、それをブリザードとしてはどのように考え、このような仕組みにすると決定したのでしょうか。

より詳しくは2017年12月に発表予定とのことです。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 世界大会『World Electronic Sports Games(WESG) 2017』のCS:GO、Dota 2ヨーロッパ・CIS代表チームが決定

wesg

eスポーツ世界大会『World Electronic Sports Games(WESG) 2017』ヨーロッパ・CISエリアの予選が終了しました。

WESG 2017 CS:GO、Dota 2ヨーロッパ・CIS代表チームが決定

ヨーロッパ・CIS予選は各国で開催された国別予選を勝ち抜いた20チームが出場。
5チーム×4グループの総当たり戦が行なわれ、各グループの上位3チーム(計12チーム)が本戦への出場権を獲得しました。
※その後、プレーオフトーナメントで順位を決定

中国で開催される本戦のCS:GO、Dota 2部門には、下記のチームが出場します。

プロゲームチームそのままで出場しているチームもありますが、国別選抜チームとして出場しているチームも存在します。

CS:GO、Dota 2共にウクライナチームは、なかなか見ることがない豪華ラインナップとなっています。

CS:GO

  • 1位: Ukraine Team Ukraine - Zeus, Edward, s1mple, bondik, markeloff
  • 2位: Sweden GODSENT - twist, disco doplan, freddieb, pyth, hampus
  • 3位: Turkey Space Soldiers - XANTARES, DESPE, ngiN, MAJ3R, Calyx
  • 4位: Sweden Fnatic - JW, flusha, Golden, Lekr0, Brollan
  • 5-8位: France Team EnVyUs - Happy, SIXER, RpK, xms, kioShiMa
  • 5-8位: Belgium Belgium - Ex6TenZ, to1nou, FARIS, YOUYOU, ScreaM
  • 5-8位: Poland AGO Gaming - TOAO, Furlan, GruBy, phr, snatchie
  • 5-8位: Spain Wololos - mixwell, loWel, Kairi, SOKER, EasTor
  • 9-12位: Norway NOREG - RUBINO, zEVES, cromen, Marcelious, Radifaction
  • 9-12位: France Limitless Addict - kan4, polox, Maka, Smyli, LoWkii
  • 9-12位: Russia Russia - seized, flamie, Dosia, WorldEdit, electronic
  • 9-12位: Germany BIG - gob b, LEGIJA, tabseN, nex, keev

Dota 2

  • 1位: Russia AntiHype - RAMZES666, iLTW, 9pasha, RodjER, Solo
  • 2位: Greece mousesports - Keyser, ThuG, SkyLark, Maybe Next Time, SsaSpartan
  • 3-4位: Ukraine Team Ukraine - Resolut1on, No[o]ne, Ghostik, Lil, ArtStyle
  • 3-4位: Ukraine UAshki - Nefrit, Iceberg, Mag~, Bignum, MaTa
  • 5-8位: Russia Ultima Thule - Silent, Miposhka, Dale, VANSKOR, NoFear
  • 5-8位: Sweden Team Sweden - Loda, miCKe, Gorgc, iNsania, Akke
  • 5-8位: Turkey ANT E-Sports - CoblackK, FuN^KeFaL, Furi, infi, PosingAsMe
  • 5-8位: Romania Team Romania - canceL^^, bOne7, SynerGy, w33, bufni
  • 9-12位: Germany Team Germany - Qupe, Blazemon, Jabbz, Shak, Luft
  • 9-12位: Finland Team Finland - Trixi, nemphy, Topson, okcya, Peksu
  • 9-12位: Serbia Team Serbia - Swiftending, BoraNija, grizine, LeBronDota, Emperor606
  • 9-12位: Poland Team Albatross - Infi, Fey, Mnick, Raveczek, Junih
  • 9-12位: Netherlands Team Netherlands - SingSing, Mouse, SexyBamboe, Seleri, Irvine
  • 9-12位: Turkey Royal Bandits - Rocco, Scyther, KERTENKELE, NRS, eko

日本が出場する「東アジア予選」は、12月7日に実施となる予定です。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) ドイツのeスポーツ団体『eSport-Bund Deutschland(ESBD)』設立、22のチーム・団体が加盟

esbd

2017年11月27日に、ドイツのeスポーツ団体『eSport-Bund Deutschland(ESBD)』が設立されました。

ドイツのeスポーツ団体『eSport-Bund Deutschland(ESBD)』が設立

『ESBD』は、ドイツを拠点とするプロ・アマ20チームとゲーム業界団体「BIU」が加盟して設立された団体です。

設立総会には、世界最大のeスポーツカンパニー『ESL』も含めた団体の関係者40名が出席し、eスポーツをドイツにおける公式なスポーツとして認めてもらう事を目指し活動していくことを誓い合ったとのこと。

「eSport-Bund Deutschland」を翻訳サイトにかけてみたところ、日本語にするとおそらく「ドイツeスポーツ連盟」というような名称になるかと思われます。

加盟団体

加盟チーム(プロ)

  • ALTERNATE aTTaX
  • BIG CLAN
  • BLUEJAYS
  • EURONICS Gaming
  • H2K
  • Final-Gaming
  • Fraport Skyliners
  • Mysterious Monkeys
  • Sprout
  • Planetkey Dynamics
  • Playing Ducks
  • Unicorns Of Love
  • Wind and Rain
  • Wize Wizards

加盟チーム(アマチュア)

  • 1. Berliner E-Sport Club
  • ESports Nord e.V.
  • Gamer Verein Regensburg
  • Magdeburg eSports e.V.
  • TSV Oftersheim eSports
  • TSV Hamelspringe

団体

  • BIU - Bundesverband Interaktive Unterhaltungssoftware

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 最年長は81歳、シニアCS:GOチーム『Silver Snipers』が世界最大のLANゲームパーティ『Dreamhack Winter 2017』に参戦

silver-snipers

62~81歳の5名で構成されるシニアCS:GOチーム『Silver Snipers』が、2017年12月1~4日に開催される『Dreamhack Winter 2017』に参戦します。

『Silver Snipers』が『Dreamhack Winter 2017』に参戦

『Silver Snipers』は、男性3名・女性2名で構成された最年少62歳、最高齢81歳(平均年齢71.2歳)という、おそらくCounter-Strike史上最高齢となるシニアチームです。

メンバーはプレーヤー名が「Teen Slayer(10代殺し)」だったり、モットーが「楽しんだ時間は、無駄ではない」「人生ではWarrior(戦士)たれ、Worrier(心配性)になるな」などシニアならではの迫力や説得力のようなものを感じるプロフィールとなっていました。

silver-snipers-roster

レジェンドプロゲーマーPottiがヘッドコーチを担当

チームを指導するのは、「Counter-Strike」シリーズのレジェンドチーム Sweden Ninjas in Pyjamas の初期メンバーとして世界王者の座を獲得したこともある Sweden Tommy "Potti" Ingemarsson氏。

potti

特設サイトに掲載されている各メンバーのプレー時間は60時間前後なので、まだまだビギナーレベルだとは思われますが、『Dreamhack Winter 2017』では事前応募から選ばれたチームと対戦を実施する予定とのことです。

特設サイトでは『Silver Snipers』のジャケット、Tシャツ、キャップがグッズとして販売されていますが、現在はすべて売り切れとなっていました。

「年齢、性別、体型など関係なしに競い合うことが出来るのがeスポーツの魅力」という紹介がありますが、『Silver Snipers』はまさにそれを象徴するチームと言えるでしょう。

情報元

DOTA 2 Dota 2プロサーキット『Perfect World Masters』でNewbeeが優勝

pfmasters


Dota 2プロサーキット対象大会『Perfect World Masters』で China Newbee が優勝となりました。

Perfect World Masters

『Perfect World Masters』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として11月19日(日)~26日(日)に中国で開催されました。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

本大会には、招待3チーム、予選通過7チームを併せた10チームが出場。
グループステージでは5チーム×2グループに別れての総当たり戦が行なわれ、各グループの上位4チームずつ・計8チームがプレーオフに進出。プレーオフはシングルイリミネーション方式トーナメントで実施され、賞金総額は30万ドル、付与ポイント総数は150となります。

決勝は中国対決、China Newbeeが3-0で勝利

決勝戦は、China Newbee と China Vici Gamingの対戦となり、China Newbee が3-0のストレートで勝利しています。

China Newbeeで印象的だったのは、Supportに「Ogre Magi」を全ゲーム、「Gyrocopter」をCarryとして2ゲーム選択していた点です。

「7.07」にアップデートされる前に「Gyrocopter」がピックされた時は海外大会のTwitchチャットで「2017年にGyrocopterピックとか正気か?」というようなコメントを見たのがものすごく印象的で、前バージョンではそのようなことを言われるほど弱体化されていました。バージョンが上がってからは以前よりは見かける頻度が上がっているものの、まだピック率はそれほど高くありません。

China Newbee は「Ogre Magi」による味方の攻撃・移動速度アップスキルとそんな「Gyrocopter」のGank(奇襲)での瞬間的な高火力、オブジェクト破壊力、集団戦で広範囲を巻き込むことが出来るアルティメイトスキルなど上手く活かす運用で序盤からキルを奪って、集団戦でも負けないレベル・アイテム差を作り勝利を重ねていました(3ゲーム目は耐えての逆転勝利という流れでしたが)。

順位

  • 1位: China Newbee - $150,000、150ポイント
  • 2位: China Vici Gaming - $60,000、90ポイント
  • 3位: China LGD.Forever Young - $30,000、45ポイント
  • 4位: United States compLexity Gaming - $18,000、15ポイント
  • 5-6位: Poland Team Kinguin
  • 5-6位: Europe Team Secret
  • 7-8位: Philippines Mineski
  • 7-8位: Russia Vega Squadron
  • 9-10位: China LGD Gaming
  • 9-10位: Brazil SG e-sports

ファイナル

出場チーム

招待

  • China Newbee - Moogy, Sccc, Kpii, Faith, Kaka
  • China LGD.Forever Young - Monet, Super, Inflame, Ahfu, ddc
  • Europe Team Secret - Ace, MidOne, FATA-, YapzOr, Puppey

中国予選

  • China LGD Gaming - Ame, Maybe, fy, Victoria, Yao
  • China Vici Gaming - Paparazi灬, Ori, eLeVeN, LaNm, Fenrir

北米予選

  • United States compLexity Gaming - Chessie, Limmp, Moo, Zfreek, Kyle

南米予選

  • Brazil SG e-sports - FuckinEh, 4dr, Liposa, Bardo, Thiolicor

ヨーロッパ

  • Poland Team Kinguin - Exotic_Deer, Nisha, Patos, eL lisasH, kacor

CIS予選

  • Russia Vega Squadron - ALOHADANCE, G, AfterLife, Zayac, CemaTheSlayeR

東南アジア予選

  • Philippines Mineski - NaNa, Mushi, iceiceice, Jabz, ninjaboogie

Dota 2 Pro Circuit チームランキング

  • 1位: ― Virtus.pro - $525,000、2,295ポイント
  • 2位: ― Team Secret - $230,000、1,440ポイント
  • 3位: ― Team Liquid - $350,000、1,350ポイント
  • 4位: ↑ Newbee - $275,000、1,035ポイント
  • 5位: ↓ Mineski - $190,000、720ポイント
  • 6位: ― Vici Gaming - $125,000、540ポイント
  • 7位: ― LGD-GAMING - $52,000、201ポイント
  • 8位: ― compLexity Gaming - $48,000、135ポイント
  • 8位: ― LGD.Forever Young - $30,000、135ポイント
  • 10位: ↓ Evil Geniuses - $30,000、90ポイント
  • 10位: ↓ Immortals - $30,000、90ポイント

『Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出される方式です。

NewbeeがMineskiを抜き4位にランクアップ。
「マイナー」で細かく稼いでいくことも大切ですが、やはり「メジャー」で上位入賞し大きくリードしないとなかなか安心する事は出来なさそうです。

次回は、2017年12月1~3日にスウェーデンの『DreamHack Winter 2017』会場にて賞金総額100万ドル、総ポイント1500の『DreamLeague Season 8』が開催されます。

情報元

関連ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『G2 Esports』CS:GO部門所属KennyS選手モデルのゲーミングマウスパッドが『Flicks』から登場

kennys

プロCS:GOプレーヤー France Kenny "kennyS" Schrub 選手モデルのゲーミングマウスパッドが『Flicks』から登場しています。

KennyS選手モデルのゲーミングマウスパッド

KennyS選手モデルのゲーミングマウスパッドは表面に滑らかな滑りを実現する布、背面にグリップ力の高いラバーを採用し、外周をステッチ加工した定番仕様に加えて、KennyS選手デザインの特別モデルとなっています。フランス語なのではっきりわかりませんが、製品名は「Avatar」のようです。

サイズは縦400mm×横480mmと大型で、厚さが5mmと一般的なゲーミングマウスパッドよりも厚めになっているのが特徴(大体は2mm、厚めで4mmが多いかと)。

価格は39.99ユーロで、メーカー公式サイトから購入可能です。

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 招待選手と一般参加者の混合チームCS:GOトーメント『FIVES CUP Mix Tournament Season1』が11/26(日)に開催

mix_tournament-768x432

CS:GOの混合チームトーナメント『FIVES CUP Mix Tournament Season1』が11/26(日)に開催されます。

FIVES CUP Mix Tournament Season1

『FIVES CUP Mix Tournament Season1』は招待16選手、一般参加24選手が混合チームを作って戦うオンライントーナメント大会です。

人数の割合的に招待2名×一般3名で構成された8チームが、4チーム×2グループに別れて総当たり戦を実施。それぞれのグループで順位を競い合います。

対戦表

公式チャンネルでのストリーミング配信は現状行なわれていませんでした。
出場各選手が配信しながら出場しているようなので、下記のリストから気になる選手のTwitter告知を確認してみてください。

出場選手

招待

一般参加

スケジュール

  • 17:00 - 第一試合開始
  • 18:15 - 第二試合開始
  • 19:30 - 第三試合開始

情報元

関連ニュース

5 / 2158 ページ (全 21577 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar