ニュース アーカイブ

5 / 2142 ページ (全 21415 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

DOTA 2 『Dota 2』マッチメイキングの公平性を向上させるアップデートがリリース

Dota 2

『Dota 2』のアップデートがリリースされています。

Dota 2 Update - October 3rd, 2017

今回のアップデートでは、自動で対戦相手を探す「マッチメイキング」機能の改善が行なわれています。
実力に見合った公正なマッチングが行なわれるよう、悪意をもった行動や不正を行なうプレーヤーがシステムを利用出来なくなるなど、仕組みが強化されています。

  • マッチメイキングに関する様々なバグを修正した
  • 行動マトリクスに与えられる重み付けを、一般的なプレーヤー人口に対するより、非常に少ないパーセンテージの最も無礼なプレーヤーにフォーカスするようにした (※不正や悪意のある行動を行なったプレーヤーに対してマイナスなアカウント評価を付ける事が重視されるようになる感じでしょうか)
  • 新規プレーヤーについては、行動よりもプレーしたゲーム数によって影響が出るようマッチメイキングを調整した。しかし、sumrf(アカウントを変えて低い実力になりすます行為)として検出された場合は、主にスキル部分を判定され、プレーゲーム数はそれほど影響をうけない (※ある程度のプレーが出来るとシステム的に判断されたら新規プレーヤー扱いではマッチングされにくくなり、低レート狩りを抑制しやすくなるという事かと。)
  • 行動スコアシステムを向上させた。合わせて既存の行動スコア値を再調整した
  • バグ使用者、Bot、アカウント業者、(※おそらくですが悪意のある)ゲーム内Feederの検出を向上させた。このようなタイプのプレーヤーにはMatchmakingのBAN(参加禁止)が適用される。

()書きの補足が多くて読みにくいですがご容赦ください。

情報元

Overwatch Overwatch『APAC Premier 2017』の出場12チーム発表

apac

Overwatch『APAC Premier 2017』の出場チームが発表されています。

『APAC Premier 2017』の出場チーム発表

『APAC Premier 2017』は「Blizzard Entertainment」と「Banana Gaming & Media」の共催にて中国で実施されるオフライン大会です。

大会には、2017年9月末に中国で行なわれた『Overwatch Premier Series 2017』の上位4チームと、招待8チームを併せた12チームが出場して実施されます。

招待チーム

Overwatch Premier Series 2017ベスト4

  • China 1246
  • China Miracle Team One
  • China Miraculous Youngster
  • China Vici Gaming

韓国招待枠

  • Korea MVP Space
  • Korea Afreeca Freecs
  • Korea 未定
  • Korea 未定

Overwatch Pacific Championship招待枠

  • Taiwan Flash Wolves
  • Taiwan ahq e-Sports Club
  • Australia Blank Esports

アメリカ招待枠

  • United States EnVision eSports

2016年大会と同フォーマットであれば、4チーム×3グループに別れてダブルイリミネーション方式トーナメントのグループステージを実施し上位2チーム(計6チーム)がプレーオフに進出。さらに、各グループの3位チームによる総当たり戦で残り2つのプレーオフ進出チームが決定されます。

賞金総額は1,560,000元(約2639万円, 1元=16.92円)で、優勝賞金は600,000元(約1,015万円)となっています。

昨年は Japan DeToNator と Japan Unsold Stuff Gaming が招待出場しましたが、今年は参加枠が用意されませんでした。

情報元

関連ニュース

Overwatch 公式大会『Overwatch Open Division Japan Season2』の出場11チームが発表

ow-season2

PC版『Overwatch』公式大会『Overwatch Open Division Japan Season2』の出場11チームが発表されました。

Overwatch Open Division Japan Season2

『Overwatch Open Division Japan』は、高いスキルを持つプレーヤー達を結び付け、世界で活躍する機会を提供する事を目的として開催されます。

大会に出場出来るのは、シーズン5のイバル・プレイでマスターランク(スキルレート3,500以上)に到達している上級プレーヤーのみ。出場チームは8つのプレーオフ進出枠をかけてスイスドロー方式にて6回のオンライン予選に挑みます。

今回出場するのは、以下の11チームです。

出場チーム

  1. Japan 野良連合
  2. Japan Green Leaves
  3. Japan Cast
  4. Japan ASKIA
  5. Japan CYCLOPS athlete gaming
  6. Japan TEAM ENCOUNT NG
  7. Japan 皇帝
  8. Japan Rascal Jester MaVeNick
  9. Japan AstonishGaming DiabloDeathTouch
  10. Japan SunSister
  11. Japan SCARZ

Season 1にあたる『Overwatch Challenger Series(OCS)』で優勝した Japan 7th heaven、ベスト8入賞の Japan RPG-KINGDOM、Japan Crest Gaming.Zero、Japan SPRING、Japan DeToNator.GOLDは今回は不出場に。変わって、Season 2は新たな7つのチームが参戦しています。

試合は今週末10月7日(土)18:30より開始され、以下のTwitchチャンネルで観戦することが可能となります。

配信ページ

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive ムービー『CS:GO Fragmovie "GRow"Galleria Gamemaster Highlight』

galleria

2017年9月17~18日に開催された『GALLERIA GAMEMASTER CUP』CS:GO部門のフラグハイライトムービーが公開されています。

ムービー『CS:GO Fragmovie "GRow"Galleria Gamemaster Highlight』

ムービー制作はNo1t4minA RapidWorksで、オフラインに出場した日本トップクラスのCS:GOチーム Japan SZ Absolute、Japan ALTERNATIV、Japan DETONATOR、Japan zxcv が繰りだしたスーパープレーが厳選されて収録されています。

MVPに選ばれた Japan Fisker 選手によるAWP Aceや、Japan Reita 選手のAWP予選抜き、Brazil Guin選手のグレネードをトリックに使った見事な頭脳的プレーなどが収録されています。

awp-1

awp-2

ムービーは以下からどうぞ。

関連ニュース

Overwatch 『JCG OW Master 2017 Summer Finals』で CYCLOPS が優勝

jcg-ow

『JCG』主催『Overwatch』大会サマーシーズンのチャンピオンを決定する『JCG OW Master 2017 Summer Finals』決勝戦で Japan CYCLOPS が優勝しています。

JCG OW Master 2017 Summer Finals

『JCG OW Master 2017 Summer Finals』には、これまでに開催された #1~5 の大会で入賞し、順位に応じて付与されるポイントを「6」以上獲得した5チームが出場。

オンラインにてダブルイリミネーション方式トーナメントの勝者側・敗者側決勝までが行なわれ、王者を決定するオフラインファイナルが東京・秋葉原の「e-sports SQUARE AKIHABARA」で行なわれました。

対戦組み合わせは勝者側トーナメントを勝ち上がった Japan CYCLOPS、敗者側トーナメントを勝ち抜いた Japan RPG-KINGDOMとなり、4-0でJapan CYCLOPSが優勝となっています。

順位

  • 1位: Japan CYCLOPS - 12万円
    • niko, Sa1nt, Shikumun, Bep, ta1yo, clairel, tbnpeltor
  • 2位: Japan RPG-KINGDOM - 6万円
    • DeXo, Lasty, Llydia, ろく6935, Yoz, kisame, Ynnnnnnn
  • 3位: Japan SCARZ - 3万円
    • garaden, saik-A-, TENSYO, はせがわ, Neichel, sylvie, AsianSushi, gekip1
  • 4位: Japan USG Iridata
    • Novady, Vader, Aktm, kaminage, uruca, さばげー, Defuse
  • 5位: Japan CGCrest Gaming - 6万円
    • Mystique, BaLDeL, BATA, たかし, けんもほろろ, XmasKill

ファイナル

  • Japan CYCLOPS [4-0] Japan RPG-KINGDOM (配信アーカイブ)
    • Japan CYCLOPS [2-1] Japan RPG-KINGDOM (King's Row)
    • Japan CYCLOPS [2-1] Japan RPG-KINGDOM (Nepal)
    • Japan CYCLOPS [1-0] Japan RPG-KINGDOM (Route 66)
    • Japan CYCLOPS [1-0] Japan RPG-KINGDOM (Horizon Lunar Colony)

実況・解説

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive 『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』に挑んだDeToNator.KOREA、グループステージ通過ならず

ow-apex

『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』挑戦し1部リーグを目指していた Korea DeToNator.KOREAですが、残念ながらグループステージ通過はなりませんでした。

OGN Overwatch APEX Challengers Season 5

『OGN Overwatch APEX Challengers Season 5』は、世界最高峰の韓国Overwatchリーグ『OGN Overwatch APEX Season 5』の出場を目指す8チームが出場する大会です。

2017年8月28日にスタートした1次グループステージでは8チームが総当たり戦を行ない、上位6チームが2次グループステージに進出となります。

日本のプロゲームチーム Japan DeToNator のOverwatch韓国部門はオフライン予選を全勝して挑戦権を獲得していましたが、グループステージでは Korea KNC Vmax 以外には敗退し1勝6敗の8位で予選通過はなりませんでした。

Group Stage 1 順位

  • 1位: 7勝0敗 Korea Lunatic-Hai 2 - Bunny, MedalOfHonor, Guardian, DoHyeon, Alarm, Flash
  • 2位: 6勝1敗 Korea Seven - Ukn0w, TTuba, Shubil, eVo, Bazzi, Mika
  • 3位: 4勝3敗 Korea Element Mystic - Vesta, Guard, Sp9rk1e, Fearless, Rapel, Jecse
  • 4位: 3勝4敗 Korea Nc Wolves - JJANGGU, Edison, Ritz, Villain, Swoon, Mentalist, Mitos
  • 5位: 3勝4敗 Korea CHG - SongBoos, Kurosensei, SeeYA, Care, Apache, Ci3Lo
  • 6位: 2勝5敗 Korea Bon's Spirit Gaming - innovation, xav1o, NOHJIWON, Leo, wellp1ay, SLIME
  • 7位: 2勝5 敗 Korea KNC Vmax - Attune, NokB, GyuBo, Quinas, Need, Jinius, withsiN
  • 8位: 1勝6敗 Korea DeToNator.KOREA - Blitz, Stellar, Modern, beksul, Insanity, AMY

8位のKorea DeToNator.KOREAは、賞金40万ウォンと次回のオフライン予選シード権を獲得しています。

情報元

Counter-Strike: Global Offensive 『WCA2017』CS:GO中国予選ワイルドカード出場枠をかけた予選にSZ.Absoluteが出場中、10/1(日)21:30~よりNew4と対戦

wca2017

世界大会『World Cyber Arena 2017』CS:GO部門の予選に Japan SZ.Absoluteが出場中です。

World Cyber Arena 2017

『World Cyber Arena 2017』は『CS:GO』『Dota 2』を競技タイトルとして開催される世界大会です。本戦には招待・予選通過を合わせた12チームが出場。

出場チーム

  • 招待×1
  • アジア予選×2 ( Australia Chiefs eSports Club、Singapore B.O.O.T-dream[S]cape)
  • 中国予選×2、
  • ヨーロッパ予選×3
  • 中東予選×2 (Iraq Next Generation、Iraq Aimers Alive)
  • アメリカ予選×1
  • 南アメリカ予選×1

アジア予選の代表はすでに決定していますが、Japan SA.Absoluteは本戦出場を狙い中国予選に設けられているワイルドカード枠の獲得に挑んでいます。

流れ

  1. Autumn Challenge Cup - 18チーム出場、上位2チームがワイルドカード予選進出
  2. Wild Card - 4チーム出場(Autumn Challenge Cup×2、オフライン予選×2)、上位1チームが中国予選進出
  3. 中国予選 - 予選通過4チームが出場(中国×3、ワイルドカード×1)、上位1チームがWCAS2017本戦進出

Japan SA.Absoluteが出場しているのは『Autumn Challenge Cup』で、9チーム×2グループで行なわれているグループステージのグループBにて現在3勝0敗の1位に付けています。

グループステージ

戦績

本日は、下記の時間よりChina New4との対戦が行なわれます。

10/1(日)21:30~

  • Japan SZ.Absolute [vs] China New4

ストリーミング配信

情報元

関連ニュース

Overwatch 『Overwatch』公式大会『OPC Season 2』予選最終日、日本Libalent Supreme vs MEGA Thunderが10/1(日)21:30開始予定

opc2

『Overwatch』公式大会『Overwatch Pacific Championship 2017 Season 2』のレギュラーシーズンが10/1(日)に最終日を迎えます。

OPC Season 2

『OPC Season 2』は、2017年8月18日~10月15日にかけて台湾の「Blizzard Estadium」で開催されます。

レギュラーシーズンではホーム&アウェイ方式で各チームが総当たり戦を行ない、上位4チームがプレーオフに進出となります。

現在の順位・成績

  • 13-0 Korea Ardeont
  • 11-2 Taiwan Flash Wolves
  • 7-6 Taiwan ahq e-Sports Club
  • 7-6 Hong Kong Hong Kong Attitude
  • 7-6 Australia Blank Esports
  • 4-9 Thailand MEGA Thunder
  • 3-10 Hong Kong Machi Esports
  • 0-13 Japan Libalent Supreme

プレーオフ進出は4チームのため、成績的に上記上位5チームによる争いとなります。
日本からは Japan Libalent Supremeが出場していますが、いまのところ残念ながら勝ち星を得ることが出来ていません。最終日には、Thailand MEGA Thunderとの対戦が行なわれます。

10/1(日)21:30 (予定)

  • Japan Libalent Supreme [vs] Thailand MEGA Thunder (Best of 5)

ストリーミング配信

情報元

関連ニュース

Counter-Strike: Global Offensive CS:GOプロチームSZ.Absolute出演、テレビ番組『モーニングCROSS』の動画アーカイブがYouTubeで公開

maxresdefault

2017年9月11日、TOKYO MXのテレビ番組『モーニングCROSS』にCS:GOプロチーム Japan SZ.Absoluteが出演した際のアーカイブがYouTubeで公開されました。

eスポーツ選手の生活とは? ゲーミングハウス潜入

Japan SZ.Absoluteはプロチーム Japan SCARZ のCS:GO部門にあたるチームで、現在、国内大会10連覇の記録を継続する日本の最強チームです。

Japan SZ.Absoluteが登場したのは番組内「週刊アスモノ」のコーナーで、今回は「eスポーツ選手の生活とは? ゲーミングハウス潜入」と題して千葉県市川市の Japan SCARZ ゲーミングハウスで取材が行なわれました。

レポーターは、週刊アスキー編集部 eスポーツ担当のジサトラアキラ氏と、YouTuberのせきぐちあいみさん。SZ.AbsoluteがCS:GOで練習や試合に挑む様子や、インタビューなどが5分近くに渡って紹介されています。

テレビで実銃を使ったFPSを紹介するのは非常に難しいという話をよく聞きますが、朝の情報番組にも関わらずかなりたくさんのゲームシーンが紹介されていた点に驚かされました。

動画は以下より視聴することが出来ます。

Japan SZ.Absoluteは2017年10月に2つのアジア大会に日本代表として出場します。
これを記念してTwitterにて下記の応援キャンペーンが実施されています。

PC・ゲーミングデバイス 『SteelSeries』が新開発のメンブレンスイッチを採用するゲーミングキーボード『Apex 150』を発表

apex150

『SteelSeries』が新開発のメンブレンスイッチを採用するゲーミングキーボード『Apex 150』を発表しました。

SteelSeries Apex 150

『SteelSeries Apex 150』は、新開発された「SteelSeries Quick Tension Switch」を採用するメンブレン式のゲーミングキーボードです。

新開発のキースイッチは、キーと悪チュエーションポイントの距離を近づけることによる極めて素早い入力、静かな打鍵感、2000万回のクリック耐久性、耐水性などを特徴としています。

24キーロールオーバー、アンチゴースティング、5つのゾーンにわかれたRGBイルミネーション、「Apex M750」から採用されたゲーマー向けのコミュニケーションツール「Discord」との連携なども特徴となっています。

機能紹介ムービー

『SteelSeries Apex 150』は、SteelSeriesの公式オンラインショップにて$49.99で販売が開始されています。日本国内での販売は現状で未定とのことでした。

情報元

関連ニュース

5 / 2142 ページ (全 21415 件中 10 件)

<< 前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar