Negitaku.org esports > > ウメハラ(Daigo Umehara)

タグ

esports(eスポーツ) 産経新聞が有名格闘ゲーマー梅原大吾氏をギネスブック入りするプロゲーマーとして紹介

2010 年 7 月 22 日付けの『産経新聞』有名格闘ゲーマーの梅原大吾(以下、ウメハラ)氏が 2010 年 7 月 22 日付けの『産経新聞』13面にてギネスブック入りするプロゲーマーとして紹介されています。

世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー

ウメハラ氏は、先日アメリカのラスベガスにて開催された世界最大級の格闘ゲームイベント『Evo 2010』 Super Street Fighter 4 部門で優勝し、2 連覇を達成。優勝者として、賞金総額の約 2 万ドルの 7 割を獲得しています。

ウメハラ氏はこのような海外大会で 8 年間に渡り賞金を獲得しており、これが『世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー』として 8 月にギネス記録認定されるとのこと。

ここでのプロゲーマーの解釈は、「スポンサーを得て活動している」ということではなく、「大会で賞金を稼いでいる」というものになります。

新聞に掲載されている内容とは異なりますが、取材の際に行われたインタビューを Web にて読むことが出来ます。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 世界最大級の格闘ゲームイベント『Evo 2010』Super Street Fighter 4部門でウメハラ選手が優勝、2連覇を達成

Evo 2010(Evo Championship Series)

世界最大級の格闘ゲームイベント『Evo 2010』Super Street Fighter 4部門でウメハラ(Daigo)選手が優勝し、2連覇を達成しました。

Super Street Fighter 4部門

順位

  • 1位: Daigo Umehara (Ryu)
  • 2位: EG.Ricky Ortiz (Rufus, Chun-Li)
  • 3位: Infiltration (Akuma)
  • 4位: Mike Ross (E. Honda)
  • 5位: Bruce “GamerBee” Hsiang (Adon)
  • 5位: Vance “Vangief” Wu (Zangief)
  • 7位: Henry Cen (E. Honda, Dhalsim)
  • 7位: Shizza (Chun-Li)

決勝戦試合結果

  • Japan Daigo (リュウ) [3-1] United States EG.Ricky (ルーファス)

1試合目

  • Japan Daigo [×-○] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [○-×] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [○-×] United States EG.Ricky

2試合目

  • Japan Daigo [×-○] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [×-○] United States EG.Ricky

3試合目

  • Japan Daigo [○-×] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [×-○] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [○-×] United States EG.Ricky

4試合目

  • Japan Daigo [○-×] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [×-○] United States EG.Ricky
  • Japan Daigo [○-×] United States EG.Ricky

EVO 2010 SSF4 Grand Finals: Daigo vs. EG Ricky Ortiz

ファイナルは 3 試合先取(1 試合 2 ラウンド先取で勝利)にて行なわれました。

4 試合目の一番良いところで実況配信のサーバーがダウンしてしまい詳細はわかりませんでしたが、見事優勝となっています。

賞金総額は $20,000 以上で、取り分は優勝者(70%)、準優勝(20%)、3位(10%)。
優勝者の賞金は本日のレートで換算すると $14,000 (約124万円, $1=88.85円)以上となります。

ウメハラ選手は昨年のStreet Fighter 4 部門でも優勝しており、大会2連覇を達成です。

また、イベント内にて『Evo Championship Series』と『GODSGARDEN』のコラボイベントが 9 月に川崎にて行われることが明らかにされています。
こちらについては、後ほどサイトにて公式発表されると思われます。

情報元

esports(eスポーツ) ファミ通.comにプロゲーマー梅原大吾氏のインタビュー掲載中

梅原大吾(ウメハラ)選手『ファミ通.com』にプロゲーマー梅原大吾(ウメハラ)氏のインタビュー掲載中です。

ウメハラ氏のインタビューは、週刊ファミ通 2010 年 6 月 24 日号に掲載されていましたが、誌面に載せきれなかった内容を Web にて見ることが出来るようになっています。

インタビューは全4回となっており、先日までに2回分が公開されています。
第3回は本日アップ予定となっています。

以下のような興味深い話が盛りだくさんです。

豊泉 やっぱり格闘ゲームが大好きだったんですね。ところで、プロになってやってみたいことってありますか?

梅原 ありますよ。まわりから「アイツは、プロになっていい思いしてるじゃん」と思われるようになりたいですね。いい思いをしている俺を見てプレイヤーが増え、メーカーもやる気を出してくれるようになってくれたらいいなぁ、と考えています。いままでは、なるべく目立たないようにという感じだったけど、今後はどんどん目立っていきたいですね。それで格闘ゲームに興味がない人にも興味を持ってもらえるようになりたいな、と。
from 【インタビュー】プロゲーマー梅原氏に直撃インタビュー(第2回)

追記: 20:08

第3回へのリンクを追加しました。

情報元

Game 『週刊ファミ通』2010 年 6 月 24 日号にプロゲーマー梅原大吾氏のインタビュー掲載

『週刊ファミ通』2010年6月24日号本日発売の『週刊ファミ通』 2010 年 6 月 24 日号に、プロゲーマー梅原大吾(ウメハラ)氏のインタビューが掲載されています。

掲載されているのは、『スパフォー世代』というスーパーストリートファイターⅣのコーナーです(76 ~ 77 ページ)。

ファミ通編集者のブンブン丸氏、豊泉三兄弟(次男)氏、そしてウメハラ氏の 3 人による対談式のインタビューとなっています。

インタビューによると、ウメハラ氏は日々 5 時間ほどゲームをプレーしており、ゴールデンウィーク時は 2 日で 30 時間以上、1 週間で 2,000 試合をこなしたとのこと。

先日、韓国のプロゲームチーム WeMade Fox Counter-Strike チームのリーダーである Geun-Chul "solo" Kang 選手が一日に 10 時間のトレーニングをするというインタビュー記事を紹介しましたが、やはりトッププレーヤーとなるには、日々多くの時間を練習に充てる必要があるのは間違いないようです。

この他にも興味深い話がいろいろと載っていましたので本屋さんに足を運んでみてください。

情報元

Game NHK BS2『MAG・ネット』でストリートファイター特集、プロゲーマー・ウメハラ選手の取材アリ

NHK BS2『MAG・ネット』本日23時50分からNHK BS2『MAG・ネット』でプロゲーマー・ウメハラ選手ヘの取材を含むストリートファイター特集が放送されます。

MAG・ネット ストリートファイター特集

放送時間

  • 5月09日(日)23時50分~ (BS2)
  • 5月14日(金)24時20分~ (BShi)
  • 5月19日(水)17時15分~ (BShi)

内容

今や世界的にも有名となった対戦型格闘ゲーム「ストリートファイター」。
国際大会も開催され、そのファンの熱気は高まるばかり。
スーパープレイヤーとして名高いウメハラさんへの取材、
新作の開発プロデューサーインタビューなどを通して
その魅力を解き明かします!

こちらはアルカディア 2010年 06月号のウメハラ選手の対談内に掲載されていた情報です。
BS2を視聴できる方はお見逃しなく。

Twitter のハッシュタグは『#magnhk』となっています。
こちらで Twitter ユーザーの反応をリアルタイムで見ることができます。

情報元

esports(eスポーツ) 有名格闘ゲーマーの梅原大吾(ウメハラ)選手がゲーム周辺機器メーカー『Mad Catz』と契約しプロゲーマーに

梅原大吾(ウメハラ)選手有名格闘ゲーマーの梅原大吾(ウメハラ)選手が、 アメリカのゲーム周辺機器メーカー『Mad Catz』と契約しプロゲーマーとなったそうです。

先日、アメリカで行われたイベントにてウメハラ選手が『Mad Catz』の T シャツを着ていたことからスポンサー契約したのではないかと噂になっていました

ITMedia がウメハラ選手の公式サイトを通じて取材を行ったところ、ウメハラ選手のマネージャーを務めるクーパーズエンターテイメントの志乃氏が、『Mad Catz』と契約しプロゲーマーになった事を明らかにしたとのこと。
この件についての詳細は、4 月 30 日に発売される格闘ゲーム雑誌『アルカディア』に掲載されるそうです。

『Mad Catz』と契約したということは、ウメハラ選手モデルのアーケードスティックなどが製品化される可能性がありそうですね。

2010 年 6 月 30 日~ 7 月 4 日にフランスのディズニーランド・パリで開催される『Electronic Sports World Cup(ESWC)』は、ウメハラ選手がプレーする『Street Fighter IV』が公式競技となっています。
こちらの大会に出場するようなことになったりするのでしょうか。

Pete さん情報提供ありがとうございました。

情報元

esports(eスポーツ) 『闘劇 TV』で台湾のストリート 4 大会を中継、エキシビジョンマッチにはウメハラ選手が出場

Street Fighter IV(ストリート ファイター IV)

『闘劇 TV』にて、台湾・台北市で行われる台北ショッピングフェスティバルで開催されるストリートファイター 4 大会の中継が行なわれます。

大会の優勝者・準優勝者などの強豪選手が出場するエキシビジョンマッチには、2D 格闘ゲームの神こと Daigo "The Beast" Umehara(ウメハラ)選手が日本より参戦。

中継は以下のページより視聴することが出来ます。

11 時 30 分よりスタート予定とのことですが、まだ準備中のようです。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) 『Evo2009 Championship Series』Street Fighter IV 部門で ウメハラ選手が優勝

Evo2009 Championship Series

Daigo Wins Evo 2009 Street Fighter IV Championship Title格闘ゲームの世界大会『Evo2009 Championship Series』ストリートファイター 4 部門で日本のウメハラ(Daigo Umehara)選手が優勝となりました。

『Evo2009 Championship Series』 Street Fighter IV

ファイナル (Justin Wong Win 3-2)

  • Daigo Umehara(Ryu) [2-0] Justin Wong(Abel)
  • Daigo Umehara(Ryu) [0-2] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [0-2] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [2-1] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [1-2] Justin Wong(Balrog)

プレーオフ (Daigo Umehara Win 3-2)

  • Daigo Umehara(Ryu) [2-0] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [0-2] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [2-0] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [1-2] Justin Wong(Balrog)
  • Daigo Umehara(Ryu) [2-0] Justin Wong(Balrog)

ファイナルは 3 試合先取(1 試合 2 ラウンドで勝利)にて行なわれました。
敗者側トーナメントから勝ち上がってきた Justin Wong 選手が 1 試合目を落とした後からキャラクターを Balrog(日本でいうバイソン)にチェンジ。
この変更が見事に当たり、この試合は 3-2 で Justin Wong 選手が勝利しプレーオフに持ち込まれました。

プレーオフもスコアを見ての通りのシーソーゲームで 5 試合目までもつれ込む接戦となりましたが、ウメハラ選手が見事勝利し優勝となっています。

試合を見逃してしまった人は、以下から録画を見ることが出来ます(1:46:35 あたりから)。

リアルタイムで観戦していたのですが、Ustreamの視聴者数はピーク時で 2 万 3,000 人に達していました。
会場、チャット共に「Let's Go Justin!」や「USA!」コールが巻き起こるなどすさまじい盛り上がりで、完全アウェーのこの状態で接戦を制したウメハラ選手は見事としていいようがありませんでした。

先日、シンガポールで行なわれたストリートファイター 4 大会『K.O Touranement』では板橋ザンギエフ選手が優勝しており、日本人選手が世界に強さを見せつけています。

インタビュー

ニコニコ動画にインタビュー動画がアップされていました。

情報元

関連ニュース

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar