タグ

Counter-Strike threat 選手の Counter-Strike1.6 1vs1 連勝記録がギネスレコードに認定

Bjorn Bjorn "threat" Pers 選手が Dreamhack Summer2009 のイベントにて達成した Counter-Strike1.6 1vs1 連勝記録がギネスレコードに認定されたことが発表されています。

イベントは、Counter-Strike1.6 の aimmap における 10 ポイント先取の勝ち残り 1vs1 対決を行ない、12 時間のうちに最も多くスコアを獲得したプレーヤーが Guinness world Record "Gamers Edition"に記録認定者として掲載されるというものでした。

threat は見事 518 ラウンド勝利(前回のリリースでは 528)という記録を打ち立て、ギネス記録として認定されたそうです。

Bjorn "threat" Pers 選手のコメント
最初の目標は 300 ラウンドでしたが、将来的に記録を破るのを困難にするためにしようと思い、記録は最終的に合計 500 ラウンドに達しました。
記録達成までに私は疲れ果てており、体もかなり消耗していましたがそれだけの価値がありました。
Guinness World Records Gamer ’ s Edition の一部となることは、全てのゲーマーが夢見るものです。

記録に挑戦する方法

threat 選手の記録には誰でも挑戦することが出来ます。
挑戦までの手順が説明されていました。

  1. QPAD AIM マップをダウンロード
  2. 挑戦は 12 時間以内
  3. 最初に 10 フラグを勝利したプレーヤーが勝ち残る方式
  4. 12 時間以内に 518 ラウンドの記録を超える
  5. ゲーム内からの設定変更のみ可
  6. Counter Terrorist のスキンは両サイドでおなじ物にしなければならない
  7. マウスホイールへのしゃがみバインド禁止
  8. スクリプトの使用禁止
  9. フリーズタイムは 0 秒
  10. 10 フラグとなったら、詳細なドキュメントともに写真で記録

あとは、アカウントを作成し報告を行なえばよいとのことです。

ね、簡単でしょう?

情報元

関連ニュース

Counter-Strike threat 選手が 528 ラウンド勝利の Counter-Strike1.6 1vs1 ギネス記録を達成

Bjorn 6 月 13 ~ 16 日にスウェーデンで開催された世界最大の LAN ゲームパーティ『Dreamhack Summer 2009』にて行なわれた Counter-Strike1.6 1vs1 のギネス記録に挑戦するイベントで、Bjorn "threat" Pers 選手が 528 ラウンド勝利という記録を達成しました。

ギネス記録挑戦ルール

Counter-Strike1.6 の aimmap における 10 ポイント先取の勝ち残り 1vs1 対決を行ない、12 時間(最初の発表は 6 時間)のうちに最も多くスコアを獲得したプレーヤーが Guinness world Record "Gamers Edition"に記録認定者として掲載されるというものでした。

4 時間 45 分で 528 ラウンド勝利

記録を達成したのは、Counter-Strike1.6 プロトーナメントで SK Gaming に勝利し優勝した Lemon Dogs の threat 選手です。

時間制限によりストップとなった際の記録は 4 時間 45 分で 528 ラウンド勝利(52 人抜き)というものでした。
開始時間によっては、さらに記録が伸びていた可能性もあります。

threat vs faceイベントの様子

threat 選手には賞品として Samsung 2333SW モニタ、Logitech Z Cinema sound system, QPAD HeatoN Gaming mouse pad and、QPAD QH-1339 Premium headset が贈られた他、2009 年の Guinness world Record "Gamers Edition"に記録が掲載されます。

順位

  • 1位: Bjorn "threat" Pers - 528 ラウンド勝利
  • 2位: Axel "vattenskall3n" Gustafson - 207 ラウンド勝利
  • 3位: Robin "wertsson" Arvidsson - 168 ラウンド勝利

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) マレーシアで開催された LAN ゲームパーティ『Cyber Fusion』が 38 時間連続プレーのギネス新記録を達成

Cyber Fusionマレーシアで開催された LAN ゲームパーティ『Cyber Fusion』がイベントにおいて 38 時間連続でゲームをプレーし続けるというギネス新記録を達成しました。

LAN ゲームパーティとは、参加者がパソコンやゲーム機をイベント会場に持ち込み LAN 接続してゲームを楽しむイベントです。

これまでの世界記録は、昨年にアメリカで開催された『NVISION 08 GeForce LAN Party』が保持しており、203 名が参加し 36 時間の連続プレーを達成していました。

今回記録を更新したのはマレーシアで開催された『Cyber Fusion』で、こちらは約 300 人のゲーマー達が連続 38 時間以上の連続プレーを記録しています。

このイベントの写真は、flickr で写真を見ることが出来ます。

松井さん情報提供ありがとうございました。

情報元

関連ニュース

Quake4 Fatal1ty が Quake4 DM17 FFA でギネス世界記録を樹立

Fatal1tyFatal1ty がイベントにおける Quake4 DM17 FFA でギネス世界記録を樹立したとのニュースが ESReality に掲載されていました。

Fatal1ty が挑戦したのは、計 6 プレーヤーが参加する Quake4 の FFA(デスマッチ、マップは dm17)で 60 分間にどれだけフラグを獲得できるかというもので、最終的に 672 フラグを記録したとのこと。

この記録は先日開催された『Copenhagen E-sport Challenge』にて行なわれたイベントで樹立されたもので、ESReality のコメント欄には記録達成時の写真が掲載されていました。

Fatal1tyの記録

イベントの紹介ページにはあまり詳しいことが書かれていないので、参加したのがどのくらいの実力を持つプレーヤーだったのか、もしくは BOT を相手にしていたのかなど、詳しいレギュレーションがわからないのですが Fatal1ty が 1 時間で FFA をするとこのくらいの記録になるということがわかったのはおもしろいのではないかと思います。

60 分で 672 フラグということは 1 分で約 11 フラグ、5~6 秒に 1 フラグのペースで敵を倒し続けていたことになります。
1時間のアベレージでこのスコアというのはすごい気がしますがどうでしょうか。
とりあえずは、BOT 相手にローカルで同じチャレンジをしてみたら Fatal1ty のすごさがよくわかるかもしれませんね。

また、Fatal1ty のインタビューで Team Fortress 2, Quake Live, Call of Duty: World at War などを最近よくプレーしていることが明らかにされていました。

情報元

関連ニュース

esports(eスポーツ) LANゲームパーティ『GeForce LAN』36時間連続プレーのギネス記録達成

GeForce LAN4Gamer.net にて、 LAN ゲームパーティ『GeForce LAN』が、36 時間の連続プレーギネス世界記録を達成したとの情報が紹介されています。

『GeForce LAN』は、アメリカの『NVISION 08』というイベントにて開催された LAN ゲームパーティで 203 名が参加。
常時 100 名以上が 36 時間連続でゲームをし続けるという脅威の記録を達成したそうです。

LAN ゲームパーティのギネス記録としては、スウェーデンで開催された『DreamHack』が、10,544 台のPCを同一ネットワークに接続したというものもあります。

今月13日(土)~14日(日)には、36 時間とはいきませんが 24 時間開催のLANゲームパーティ『Tokyo Game Night #2』が東京・阿佐ヶ谷にて開催されます。
現在参加者を募集中ですので、まずは24時間からトライしてみては?

情報元

タグ一覧

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

ビットフェローズ

Gunnar